3年以内の短期離職でも転職が決まる方法|前向きな転職理由を用意しよう

転職転職,短期離職

3年以内の短期離職でも転職が決まる方法|前向きな転職理由を用意しよう
筆者:つばさ
筆者:つばさ
3年以内の短期離職でも転職が決まる方法について書きました。3年以内の短期離職でも前向きな転職理由があれば問題ないこと、についても書いているのでぜひ参考にしてくださいね。

経歴:転職3回、フリーター3年以上、フリーランス7年以上、エージェント利用10社以上、人材会社でのキャリアもあり

3年以内の短期離職でも転職が決まる方法

3年以内の短期離職でも転職が決まる方法

3年以内の短期離職をすると転職が決まらない?

世間一般では入社したら「まず3年は働きましょう」という考えを持っているひとが大多数です。とくに年齢を重ねているひとほどこの考えを持つ割合は増えていきます。

そのため、

短期離職者
短期離職者
3年も持たず短期間で会社を辞めてしまった…
つぎの転職なかなか決まらないんだろうな…

と心配をしているひとも多いのではないでしょうか?

筆者が関わってきたひとの中にも、3年以内に会社を辞めた、という短期離職者は数多くいました。

しかし、「転職が決まらない」のかというとまったくそんなことはありません。しっかりと対策をすれば、3年以内の短期離職をしたひとでも次の転職を決めることができます。

3年以内の短期離職でも転職が決まる方法

3年以内の短期離職でも転職が決まる方法は、ズバリ、短期離職に強い転職エージェントを利用することです。その理由については次の項目で解説しています。

短期離職に強い転職エージェントを使うべき理由

短期離職に強い転職エージェントを使うべき理由

原因はどうであれ、3年以内という短い期間で短期離職をしたひとは転職活動では不利を背負ってしまいます。その不利を自分で打開できそうにないひとは、短期離職に強い転職エージェントを利用しましょう。

転職エージェントは、多くの転職者を、もちろん多くの短期離職者をもサポートしてきた実績があります。さまざまな短期離職の理由を知ってるので、的確なアドバイス、受け答えの仕方をしっかりとレクチャーしてもらいましょう。

短期離職で転職エージェントを使った方が良い理由
多くの短期離職者(3年以内のひとも含む)のキャリアサポート実績がある
さまざまな短期離職パターンを熟知していて、ノウハウを持っている
3年以内の短期離職の場合でも、応募書類にどう書けば良いか、面接時にどう答えれば良いのかをレクチャーしてくれる

3年以内の短期離職でも転職が決まる転職エージェント

それでは、3年以内などの短期離職にも強い転職エージェントを見てみましょう!
ここでは、短期ージ離職者のキャリアサポート実績が豊富な転職エェントを掲載しています。

20代の短期離職に強い転職エージェント

JAICのココがおすすめ –

  • 未経験から正社員に就職!
  • 就職成功率81.1%以上 / 入社後定着率91.5%
  • キャリア支援実績23,000名以上
  • 厚生労働省委託事業の「職業紹介優良事業者」
JAIC

第二新卒エージェントneoのココがおすすめ –

  • 既卒・フリーターでも就職できる
  • 就職成功者15,000人以上
  • 未経験OKの求人が5,000件以上
  • 入社前・後のアフターフォローもバッチリ

第二新卒エージェントneo

UZUZ(ウズウズ)

UZUZ(ウズウズ)のココがおすすめ –

  • 20代専門だから内定率86%!
  • 他社の10倍時間をかける20代専門の就職・転職サポート
  • 厳正な自社基準でブラック企業を完全排除
  • 大手上場からベンチャーまで優良企業多数
UZUZ(ウズウズ)

30代・40代の短期離職に強い転職エージェント

dodaのココがおすすめ –

  • 転職者満足度No.1!
  • 転職支援実績、取扱い求人数は日本最大級
  • あなたにピッタリの仕事が見つかる
  • 大手・優良企業などのdoda限定の求人多数
doda
パソナキャリア

パソナキャリアのココがおすすめ –

  • 創業から40年間、女性転職のサポート実績
  • 業界トップクラスの求人数
  • 公開されていない求人情報
  • あなたの希望と適正に合った安心サポート
パソナキャリア
リクルートエージェント

リクルートエージェントのココがおすすめ –

  • 転職成功実績No.1のエージェント
  • 業界トップクラスの求人数、非公開求人数は約179,000件以上
  • ワンランク上の履歴書、職務経歴書に添削
  • 言いづらい「年収」「条件」「入社日程」の交渉もお任せ

リクルートエージェント

3年以内の短期離職でも、前向きな転職理由があれば問題ない

後ろ向きの転職理由がダメな理由

短期離職をしたひとで、次の採用選考のときに後ろ向きの転職理由を話すひとはほとんどいないと思いますが、念のため後ろ向きの転職理由がダメな理由について整理してみます。

後ろ向きの転職理由の例
残業が多い、拘束時間が長い、休日が少ない
仕事にやりがいを感じられない
給料が低い、昇給が見込めない
将来のキャリアが不安
人間関係の悪化

代表的な後ろ向きの転職理由は、パッと思いつくだけでこれだけあります。

こういった理由を話すと、中途採用の面接官は、

採用担当者
採用担当者
同じような問題が発生した場合、うちもすぐに辞めるんだろうな…
うちの会社にも当てはまる問題があるな…

と感じてしまう可能性が大いにありえます。

採用担当者は「同じように短期離職されるリスク」を考慮して、それを避けて、なるべく長い期間働いていてくれるひとを採用したいわけですから、こういったネガティブな理由を言ってくるひとをなかなか採用しにくいのは当然のことです。

「プライベートな時間を取れない」「給料が低かった」などと次の転職活動のときに話しても、それは第三者から見たら「その人主観で見た、ただの愚痴」にしか聞こえませんし、ストレスを発散している行為に見えるだけでなんの解決にもつながりません。

いまの状況を解決するのは、あくまで「転職」という行為であって、それを遠ざけてしまうことは極力避ける必要があります。

しかし、絶対に譲れないポイントというのももちろん転職者側も持っているはずです。そういった自分の希望を伝えるときには、「いまの会社はこうだから…」とか「前の会社はここがダメだった…」というような文言は極力避けて希望だけに焦点をあてて相手に伝えるようにしましょう。

前向きな転職理由はなぜ許される?

短期離職をするほとんどのひとは、今の会社や仕事など現在の環境に満足いかない、という理由から転職を決断します。

つまり、何かしらのネガティブな理由が短期離職の原因に繋がっていることは明らかです。もちろんすべての会社の採用担当者もこれを把握していて、その上で転職理由について根ほり葉ほり聞いてくるわけです。

そこでネガティブな転職理由を伝えてしまうと、

採用担当者
採用担当者
うちの会社でもすぐに不満を持ちそう…

と思われてしまい、その時点で転職が失敗してしまいます。

そんな中で短期離職を許容している企業では、在職期間よりも転職理由や転職回数を重視しているところが多く、「前の会社は関係ない、いかにうちの会社に定着してくれるのか」という点を見ています。

前向きな転職理由は、「相手を不安にさせない」かつ「つぎの会社では長く働く意思を示す」ものであれば、こういった企業では短期離職はほとんど不利に働かない傾向があります。

 
リクルートエージェントJAICなどの転職エージェントでは、ポジティブな転職理由の例などを載せたコラムがとても参考になるので、興味のある方はぜひご覧ください。

3年以内の短期離職でも転職が決まる方法以外の転職活動に関するノウハウ

ジョブハンティング.comではこのページで紹介したもの以外にも、転職活動に関するノウハウ情報を提供しています。「もっと転職活動に関する情報を知りたい」という方は、ぜひこちらのコンテンツもチェックしてみてください。

転職活動ノウハウまとめ

転職活動ノウハウまとめ

短期離職に関するコラム

まとめ|3年以内の短期離職でも対策すれば転職を決められる

3年以内の短期離職でも、

  • 短期離職に強い転職エージェントを利用する
  • 短期離職の理由を客観的に説明できるようにする
  • 今後の対策やミスマッチが起こらないように気をつけていることなどを説明できるようにする

などの対策を取って転職活動をすることで、必ず次の会社を見つけることができます。

短期離職に3年などの期間はあまり重要ではありません。短期離職をしてしまった状況を整理し、今後取れる対策などについて考えるようにしましょう。