転職して1週間で辞めたい!アリ?ナシ?するべきこと、してはいけないこと

転職1週間,辞める,転職,短期離職

転職して1週間で辞めたい!アリ?ナシ?するべきこと、してはいけないこと
筆者:つばさ
筆者:つばさ

転職をしてまだ1週間。しかし、「この会社、もう辞めたい」という気持ちが芽生えてしまうひともいるでしょう。

そんな状況で、この先ずっとその不安を抱えながら働き続けるのは想像以上につらいですよね。

ここでひとつ確認してみましょう。

その感情は本当に「今すぐにでも辞めたい」というものなのでしょうか?それとも「辞める以外に解決策はないのか?」という不安から来ているのでしょうか?

この記事では、そんな転職初期の迷いや不安について、その原因と解決策を深堀りしていきます。また、本当に会社を辞めることになった場合の注意点や、すべき行動についても詳しく解説しています。

短期離職でも
利用できる転職サービス!
優良求人、キャリア相談、充実した面接対策も
キャリアカウンセラー
無料今すぐ見る
公式サイトはこちらから

転職して1週間で辞めたいと感じるのは普通?

転職して1週間で辞めたいと感じるのは普通?

まず最初に明らかにしておきたいのは、新しい環境に馴染めずに転職後1週間で「辞めたい」と思うのは決して珍しいことではない、ということです。

新しい環境に適応しようとするとき、人はストレスを感じることがあります。新たな職場での人間関係や業務内容、会社の雰囲気など、様々な要素が自分の心を揺さぶります。こうした変化の中で、期待と現実とのギャップ、疲労、孤立感、不安などから

転職者
転職者
転職して1週間しか経ってないけど、もう辞めたい…

と感じることは普通です。

「辞めたい」という感情が一時的であれば、時間が解決してくれるかもしれません。しかし、感情が持続し、毎日の生活に影響を与えるようであれば、深刻な健康や心理的な問題が発生する可能性があります。その場合は、具体的な問題の特定、問題解決のための具体的な行動など、積極的な対応が必要となってきます。

転職して1週間で会社を辞めるのはアリかナシか?

転職して1週間で会社を辞めるのはアリかナシか?

転職して1週間で会社を辞めるのはアリか?ナシか?について考えてみましょう。

1週間で「辞める」という結論を出すのは早い

新しい職場に馴染むには時間が必要です。どれだけ経験豊富でスキルを持っていても、新しい環境に適応するには人間誰しも一定の時間が掛かります。

従って、1週間という短期間で全てを評価し、決断するのは早計と言えるでしょう。

それでも、どうしても今の会社を本気で辞めたいと思ったら、すぐに辞めるべき

しかし、あらゆる面で自分に合わないと感じ、心身の健康を害するようなら、すぐにその会社を辞めるのも選択肢の1つです。

自分の心身の健康が第一であり、自分に害が及ぶという状況下では、その会社で働き続けるという無理をそれ以上継続する必要はないでしょう。

いまより状況が良くなるという将来像を描けないのに、いつまでもその会社に留まるべきではない

自分が今の職場で何を学び、どのように成長していけるのか、具体的なビジョンが描けない場合、無理に居続ける理由はありません。

逆に、辞めて新しいチャンスをつかむことで、自分の成長やキャリアをより良い方向に進められる可能性もあるのです。

辞めるなら早い方が良い。自分のためにもその会社のためにもならない

「転職して1週間で辞めたい」と感じるなら、それが最良の選択となる場合もあります。

早く辞めることで、自分自身の精神的ストレスを減らすだけでなく、会社側も新たな採用活動を早く開始できます。

結論:入社して1週間で会社を辞めるのはアリ

以上のことから、「転職して1週間で会社を辞めるのはアリ」と言えます。

ただし、その決断に至るまでには自己をかえりみたり、周囲とのコミュニケーション、自分のキャリアについての深い考えが必要です。

この後のセクションでは、「転職して1週間で会社を辞めたいと感じるひとの主な理由とその対処法」について詳しく解説します。一緒に見ていきましょう。

転職して1週間で会社を辞めたいと感じるひとの主な理由とその対処法

転職して1週間で会社を辞めたいと感じるひとの主な理由とその対処法

では、具体的に転職して1週間で会社を辞めたいと感じる主な理由と、その対処法について考えてみましょう。

転職して1週間で会社を辞めたいと感じる理由
期待と現実のギャップ
職場環境
人間関係
仕事内容

1週間で辞めたいと感じる理由1:期待と現実のギャップ

職場や仕事についての期待と現実のギャップは、新しい会社で働く上で非常に大きなストレス要因になります。入社前のイメージと異なる業務内容、待遇、働く環境などに対するギャップは、辞めたいと感じる大きな理由となり得ます。

対処法

事前の情報収集を徹底的に行い、転職先の会社についてリアルな情報をつかむことが重要です。また、転職活動の段階で気になる点は積極的に質問し、明確な認識を持つことも大切です。

1週間で辞めたいと感じる理由2:職場環境

働く環境が自分に合わない、と感じることもあります。これには物理的な環境(オフィスの位置や雰囲気)だけでなく、会社の文化や方針も含まれます。

対処法

自分がどのような環境で働きたいのかを理解し、転職活動の段階でその会社が自分の求める環境に合っているかを確認することが大切です。

1週間で辞めたいと感じる理由3:人間関係

新しい職場の人間関係が思った以上に難しく、ストレスを感じることもあります。人間関係のトラブルは、職場でのパフォーマンスに大きな影響を及ぼします。

対処法

人間関係のトラブルは、コミュニケーション能力を上げることである程度は防げます。また、人間関係に悩む前に、早めに上司や人事部門に相談することも重要です。

1週間で辞めたいと感じる理由4:仕事内容

仕事内容が自分のスキルや興味に合わない場合、仕事へのモチベーションが下がり、辞めたいと感じることもあります。

対処法

自分のスキルや興味を明確にし、それに合った職場を探すことが基本です。また、スキルや興味が合わない仕事でも、それを成長の機会と捉え、自己成長のためにどのように活用できるかを考えることも大切です。

まずは、「辞めたい理由」を明確にしましょう。

自分が具体的に何に問題を感じているのかを見極めることで、適切な対策を立てることができますよ。

転職して1週間で辞める時にするべきこと

転職して1週間で辞める時にするべきこと

転職して1週間で辞める時にするべきことについて説明していきます。

転職して1週間で辞める時にするべきこと
1週間で会社を辞めると「つぎの転職活動で不利になる」と自覚する
退職理由を整理し、客観的に説明できるように考える
短期離職でも利用できる転職エージェントを利用する

するべきこと1:1週間で会社を辞めると「つぎの転職活動で不利になる」と自覚する

転職した会社をすぐに辞めることは、転職市場においてリスク要素となり得ます。これはなぜなら、短期間での転職は、新たな雇用者から見て「転職が多い」「長続きしない」「仕事に対する姿勢が軽い」などと受け取られかねないからです。また、1週間という短期間での退職は、次の雇用者に対して、あなたが職場環境に適応する能力が不足しているのではないか、という疑念を抱かせる可能性もあります。

したがって、「1週間で会社を辞めると次の転職活動で不利になる」と自覚することは重要です。辞職を決定する前に、その長期的な影響を考慮することで、より深く、そして客観的な視点から自分の状況を評価することが可能になります。この自覚があることで、感情的な決定ではなく、冷静かつ理性的な判断をする助けとなるでしょう。

するべきこと2:退職理由を整理し、客観的に説明できるように考える

短期間での退職は、次の転職活動において説明が求められるケースがほとんどです。その際に、自分自身が納得できる明確な理由を持っていなければ、説明が曖昧になってしまうことがあります。また、退職の理由が自分の感情に基づいている場合、他人から見たときに理解しにくく、あるいは非論理的に映る可能性もあります。

そこで、退職の理由を客観的に整理し、他人から見ても理解しやすい形で説明できるようにすることが大切です。具体的な事例を挙げたり、自分がどのようにその状況に対応したか、その結果どう感じたかなどを具体的に伝えると良いでしょう。また、自分が何を求め、それが現状の会社ではなぜ得られなかったのかという点も明確にすることが大切です。これにより、将来的に同じ問題に直面したときに、どのように対処すべきかを理解する手助けにもなります。

するべきこと3:短期離職でも不利にならない転職エージェントを利用する

短期離職者は次の転職活動で不利になる可能性があるため、転職エージェントの利用は強く推奨されます。転職エージェントは、あなたの経験とスキルを見つけ出し、それを最大限に活用できる新たな職場を見つける手助けをします。さらに、自分の経歴やスキルをどのようにアピールすれば良いか、履歴書や面接でどのように伝えれば良いかといった具体的なアドバイスも提供してくれます。

また、転職エージェントは求人市場のトレンドや業界情報に詳しく、あなたが希望する業種や職種に関する有益な情報を提供できます。これにより、自己分析と市場調査を組み合わせて、自分にとって最適な職場を探すことが可能になります。

さらに、転職エージェントの中には短期離職者に対して特化したサービスを提供しているところもあります。これらのエージェントは短期離職者が直面する特有の問題や課題を理解しており、それに対応したキャリア支援を提供してくれます。

転職エージェントの利用は、短期離職者が次の職場を見つけるための大きな助けとなります。自分のキャリアに最適な転職エージェントを活用しましょう。

短期離職でも
利用できる転職サービス!
優良求人、キャリア相談、充実した面接対策も
キャリアカウンセラー
無料今すぐ見る
公式サイトはこちらから

転職して1週間で辞める時にしてはいけないこと

転職して1週間で辞める時にしてはいけないこと

次に、転職して1週間で辞める時にしてはいけないことについて説明していきます。

転職して1週間で辞める時にしてはいけないこと
突然バックレる
今後の計画や見通しが無いのに、感情を優先して辞める
他人に無礼な態度や敵対行動をとる
自己批判

してはいけないこと1:突然バックレる(何の連絡もなしに辞める)

辞めると決意したら、それを上司や人事部にきちんと伝えることが重要です。

突然の退職は、予期せぬ問題を会社に残すだけでなく、自身のキャリアにもマイナスの影響を及ぼす可能性があります。自分の仕事を急に放棄すると、信頼性や責任感が欠けていると見られ、今後の転職活動において大きなハンディとなります。特に、新たな仕事を探す際に、過去の雇用者からの推薦が必要な場合、その影響は深刻となりえます。

したがって、辞める決意が固まった場合でも、適切な手順を踏むことが重要です。具体的には、適切なタイミングで上司や人事部門に退職の意向を伝え、必要な手続きを進めるべきです。また、可能であれば後任の人材の確保や引き継ぎの準備も行い、自分の離職による組織への影響を最小限に抑える努力が求められます。

突然バックレると、会社に大きな迷惑をかけるだけでなく、自分自身の評価も下がりますし、自己肯定感も著しく低下する恐れがあります。

してはいけないこと2:今後の計画や見通しが無いのに、感情を優先して辞める

仕事に不満がある場合、感情に流されやすいものです。しかし、その感情が一時的なものか、本当に会社を辞めるべき状況なのか、冷静に判断することが重要です。つまり、自分が不満を感じている状況が一時的なもので、解決可能な問題なのか、あるいは根本的な価値観の不一致など解決が難しい問題なのかを見極める必要があります。

そして、仮に会社を辞めると決意したとしても、次に何をするのか、どのように生計を立てるのか、その見通しが無い状況で感情的に辞めてしまうと、一時的な解放感はあるかもしれませんが、その後の人生設計が揺らぎ、混乱を招く可能性があります。

例えば、新たな職を探すための時間や資金、自身のスキルセットが求められる市場など、具体的な計画を持って退職することが重要です。感情的な決断ではなく、将来の計画をしっかりと描いてから一歩を踏み出すことで、自分自身の生活を安定させるとともに、次のステップに向けてより確固たる自信を持つことができます。

してはいけないこと3:他人に無礼な態度や敵対行動をとる

転職する際、特に退職を考える段階で感じるストレスや不満が、周囲への態度に表れてしまうことがあります。しかし、それは非常に良くない行動であり、退職後も人間関係に影響を及ぼす可能性があります。特に、未練や怨みを相手にぶつけてしまうと、それが口コミとなり、あなた自身の評判を落とす原因となることもあります。

また、自分が会社を辞めると決めたからといって、他の人にも影響を及ぼす行動(例えば、他の社員に対して自分の不満を吹き込むなど)をするべきではありません。それは他人のキャリアに対する不必要な干渉であり、それぞれの人が自分自身のキャリアについて考える機会を奪う可能性があります。

したがって、自分が会社を辞める決断をした場合でも、常に他人への敬意を忘れず、尊重の精神を持って行動することが重要です。それが、自分自身のキャリアにおける人間関係を保つ上で、また新たなステップに進むためにも大切なことです。

してはいけないこと4:自己批判

転職をする際、特に1週間で辞めたいと感じてしまうと、自分を過剰に責める傾向が出てきます。

たとえば、

転職者
転職者
なぜこんな会社を選んでしまったのか…

自分は判断力、忍耐力がない…

などと、自分自身を否定的な視点で見てしまうことがあります。

しかし、これは心の健康を損なうだけでなく、次の転職活動にもマイナスの影響を与える可能性があります。

自己批判は改善の一環とも言えますが、過剰になると自己否定につながり、自分のなかの自分の評価を下げてしまいます。その結果、自分の能力を過小評価し、次の転職先で成功する自信を失ってしまうこともあります。

したがって、会社を辞める決断をしたときは、自己批判を避け、むしろ自己理解に向けた反省に時間を使うべきです。「なぜ自分はこの会社で働くのが難しかったのか」「どの部分が自分の価値観と合わなかったのか」などを深く考えることで、次の転職でより良い環境を選ぶヒントになるでしょう。

転職して1週間で辞めたい人におすすめの転職エージェント

短期離職者が転職エージェントを使うメリット

転職エージェントを使うと短期離職後でも転職活動が楽になる

転職エージェントは、離職後・離職直前の転職活動をサポートしてくれます。特に短期離職者には、次の転職活動をスムーズに進めるためのアドバイスや具体的なサポートを提供してくれます。これにより、再度転職市場に戻る際の不安を軽減することができ、より良い職場環境を見つけるためのサポートを受けることができます。

転職エージェントは短期離職者の転職支援実績が豊富

多くの転職エージェントは、短期離職者の転職支援実績が豊富です。そのため、同じような経験をした人たちがどのように転職活動を進め、成功したのか、具体的なアドバイスや指導を得ることが可能です。

短期離職でも不利にならない退職理由や転職活動の方法を教えてくれる

転職エージェントは、短期離職でも不利にならない退職理由の伝え方や、効果的な転職活動の方法を教えてくれます。これらのアドバイスは、自身で転職活動を進める上で非常に有用です。

若年層・20代向け|転職して1週間で辞めたい人におすすめの転職エージェント

キャリアサポート◎
転職エージェント!
優良求人、キャリア相談、充実した面接対策も
下記ではキャリアサポート機能が充実した、みんなに人気のある転職エージェント!を紹介します。
キャリアカウンセラー

若年層・20代向け|キャリアスタート

更新日:2024/06/12

  • 学歴
  • 院卒
  • 大卒
  • 短大卒
  • 高専卒
  • 専門卒
  • 高卒
  • 特化
  • 若年層
おすすめ料金無料
対象エリア全国 ,
経歴経歴不問 ,
オンラインサポート

キャリアスタート

キャリアスタートのココがおすすめ

  • 20代がおすすめする転職支援会社No.1
  • 内定率86%、年収アップ率83%
  • 徹底したマンツーマンフルサポート
  • サービス登録者数6万人以上
  • 未経験OK求人多数
キャリアスタートとは

キャリアスタートとは

可能性が花開く場所、キャリアスタートで見つけよう

キャリアスタートは、皆様のそんな思いに寄り添い、全員が輝ける仕事に就けるよう並走します。

-

あなたの可能性を広げる転職・就職を全面サポート!

キャリアスタートはこんな方におすすめ

キャリアスタートはこんな方におすすめ

  • 20代でも転職して年収アップを狙いたい
  • 残業の少ない長く続けられる仕事をしたい
  • 未経験からIT業界へチャレンジしたい
  • フリーターから正社員になりたい
  • 事務職につきたい
  • 自分に向いている職種、企業がわからない
キャリアスタートの主なサポート・機能

キャリアスタートのキャリアサポート・機能

  • キャリアカウンセリング
  • 求人紹介
  • 応募書類添削・アドバイス
  • 面接対策
キャリアスタートに関する#タグ

引用:キャリアスタート

若年層・20代向け|Re就活エージェント

更新日:2024/06/12

  • 学歴
  • 院卒
  • 大卒
  • 短大卒
  • 高専卒
  • 専門卒
  • 高卒
  • 特化
  • 若年層
おすすめ料金無料
対象エリア全国 ,
経歴経歴不問 ,
オンラインサポート

Re就活エージェント

※その他のサービス:Re就活

Re就活エージェントのココがおすすめ

  • 転職エージェント 20代登録比率 3年連続NO.1
  • 20代転職・就職サポート 累計69,000名以上
  • 入社後定着率93%
  • 担当アドバイザーの80%は、第二新卒転職・既卒就職経験者
  • 将来の選択肢が広がる、20代未経験歓迎求人多数
Re就活エージェントとは

Re就活エージェントとは

私たちRe就活エージェントは第二新卒・既卒・フリーター・ニートの転職や就職活動を全力でサポートします。

今の環境やスキルに不安を感じつつ、転職・就職に踏み出す勇気がなく焦っていませんか?

20代のあなたの可能性は、無限大です。自分では気づいてないあなたの魅力を、私たちが引き出し「新たなキャリアに賭ける想い」や「理想の自分を目指す気持ち」に応えます。

あなたが自信を持って新しいキャリアへの一歩を踏み出せるように、ひとりひとりに寄り添ったサポートすることをお約束します。

まずは私たちRe就活エージェントに相談してみませんか?

--

「初めての転職」を希望する20代を中心に、学生・若手求職者に選択肢(求人)を紹介

20代専門転職サイト「Re就活」ブランドとの相乗効果で、20代から圧倒的な支持を獲得。20代登録比率3年連続No.1(2021年~2023年 東京商工リサーチ調査 転職エージェント 20代登録比率 第1位)のエージェントとして、 「初めての転職」に挑戦する20代を中心に、20代の就職・転職を支援しています。

Re就活エージェントはこんな方におすすめ

Re就活エージェントはこんな方におすすめ

  • 初めての転職活動で不安
  • 残業の少ない会社で働きたい
  • キャリアの選択肢を明示してほしい
  • 第二新卒や既卒などの同じ経験をしたアドバイザーにサポートしてもらいたい
  • 地元の求人を紹介してもらいたい
Re就活エージェントの主なサポート・機能

Re就活エージェントのキャリアサポート・機能

  • キャリアカウンセリング
  • 求人紹介
  • 応募書類添削・アドバイス
  • 面接対策
Re就活エージェントに関する#タグ

引用:Re就活エージェント

若年層・20代向け|UZUZ

更新日:2024/06/12

  • 学歴
  • 院卒
  • 大卒
  • 短大卒
  • 高専卒
  • 専門卒
  • 高卒
  • 特化
  • 若年層
おすすめ料金無料
対象エリア関東 , 関西 , 愛知 ,
経歴経歴不問 ,
オンラインサポート

UZUZ(ウズウズ)

UZUZ(ウズウズ)のココがおすすめ

  • 20代専門だから内定率86%!
  • 他社の10倍時間をかける20代専門の就職・転職サポート
  • 厳正な自社基準でブラック企業を完全排除
  • 大手上場からベンチャーまで優良企業多数
UZUZ(ウズウズ)とは

UZUZ(ウズウズ)とは

第二新卒・既卒・フリーター・ニート

20代の就職を徹底サポート!

ウズウズのサービスは大手新聞社やメディアに数多く掲載されています!

UZUZ(ウズウズ)はこんな方におすすめ

UZUZ(ウズウズ)はこんな方におすすめ

20代で、第二新卒・既卒・フリーター・ニートだけど就職を成功させたい!ひと

  • やりたいことがなくて何となく卒業…
  • 気付けば2年間フリーター…
  • 20代半ばの今からでも就職できる?
  • 前職を3ヶ月で退職
  • 空白期間もある…
  • 書類選考や面接がとにかく不安!
  • 資格取得を目指して不合格続き…
  • 民間の就活をしたことがない
  • 何も知らない私でも大丈夫?
UZUZ(ウズウズ)の主なサポート・機能

UZUZ(ウズウズ)のキャリアサポート・機能

  • 求人紹介
  • キャリアカウンセリング
  • 応募書類添削・アドバイス
  • 面接対策
  • Youtubeなどの就職支援コンテンツ
  • 入社後フォロー
UZUZ(ウズウズ)に関する#タグ

引用:UZUZ(ウズウズ)

若年層・20代向け|マイナビジョブ20s

更新日:2024/06/12

  • 学歴
  • 院卒
  • 大卒
  • 短大卒
  • 高専卒
  • 専門卒
  • 高卒
  • 特化
  • 若年層
マイナビジョブ20's(就活エージェント)
おすすめ料金無料
対象エリア関東 , 中部 , 関西 ,
経歴経歴不問 ,
オンラインサポート

マイナビジョブ20s

マイナビジョブ20sのココがおすすめ

  • マイナビが提供する20代専門の転職・就職サービス
  • 入社後の定着率93.6%
  • 利用者数累計32万人突破
  • 20代対象求人4,100件以上
  • 若手の転職事情を熟知
マイナビジョブ20'sとは

マイナビジョブ20'sとは

マイナビジョブ20'sは20代の転職を専門にサポートしてきたからこそ、若手の転職事情を熟知しております。

カウンセリング・書類添削・面接対策・求人紹介など、皆さまが最適な企業と出会えるよう、転職のはじめから終わりまで徹底的にサポートします。

マイナビジョブ20'sはこんな方におすすめ

マイナビジョブ20'sはこんな方におすすめ

  • 初めての転職で不安
  • 第二新卒って転職できるの?
  • 履歴書や職務経歴書の書き方がわからない
  • 自分に合った仕事がわからない
マイナビジョブ20'sの主なサポート・機能

マイナビジョブ20'sのキャリアサポート・機能

  • キャリアカウンセリング
  • 求人紹介
  • 応募書類添削・アドバイス
  • 面接対策
マイナビジョブ20'sに関する#タグ

引用:マイナビジョブ20s

30代以上向け|転職して1週間で辞めたい人におすすめの転職エージェント

キャリアサポート◎
転職エージェント!
優良求人、キャリア相談、充実した面接対策も
下記ではキャリアサポート機能が充実した、みんなに人気のある転職エージェント!を紹介します。
キャリアカウンセラー

30代以上向け|doda

更新日:2024/06/12

  • 学歴
  • 院卒
  • 大卒
  • 短大卒
  • 高専卒
  • 専門卒
  • 高卒
  • その他
  • 大手総合型
おすすめ料金無料
対象エリア全国 ,
経歴経歴不問 ,
オンラインサポート

doda(デューダ)

doda(デューダ)のココがおすすめ

  • 転職者満足度No.1
  • 転職支援実績、取り扱い求人数は日本最大級
  • 大手・優良企業などのdoda限定の求人多数
  • 転職市場に精通した専門スタッフ
  • 転職活動の手続き代行
doda(デューダ)とは

doda(デューダ)とは

転職エージェントならdoda

転職のプロが完全無料であなたの転職活動をサポート

-

正社員としての就業を前提とする転職支援サービスです。転職のプロが、「非公開求人」も含む、あなたの希望に合った求人を紹介します。また必要に応じて、キャリアカウンセリングや応募書類の添削、模擬面接などを行い、転職活動全般をサポートします。

doda(デューダ)はこんな方におすすめ

doda(デューダ)はこんな方におすすめ

  • 1人だと何から始めればいいか分からない
  • 自分の強みが分からない年収や福利厚生の条件を維持したい
  • そもそも転職すべきか分からない
  • 第二新卒で大きな実績がありません
  • 向いていることや何をやりたいか分からない
  • 仕事が忙しくて時間がとれない
  • 企業と交渉するのが苦手
  • 今までの仕事の専門性を理解してもらえない
doda(デューダ)の主なサポート・機能

doda(デューダ)のキャリアサポート・機能

  • キャリアカウンセリング
  • 求人紹介
  • 応募書類添削・アドバイス
  • 面接対策
  • 企業との交渉・調整(給与・日程など)
  • 求人サイト機能
  • イベント各種
doda(デューダ)に関する#タグ

引用:doda(デューダ)

30代以上向け|リクルートエージェント

更新日:2024/06/12

  • 学歴
  • 院卒
  • 大卒
  • 短大卒
  • 高専卒
  • 専門卒
  • 高卒
  • その他
  • 大手総合型
おすすめ料金無料
対象エリア全国 ,
経歴経歴不問 ,
オンラインサポート

リクルートエージェント

リクルートエージェントのココがおすすめ

  • 転職成功実績No.1のエージェント
  • 業界トップクラスの求人数
  • 非公開求人20万件以上
  • ワンランク上の履歴書、職務経歴書に添削
  • 言いづらい「年収」「条件」「入社日程」の交渉もお任せ
リクルートエージェントとは

リクルートエージェントとは

リクルートエージェントは、キャリアアドバイザーが転職希望者の転職をサポートする「転職エージェント」です。自分で求人を探し、応募する求人サイトとは異なり、キャリアドバイザーが転職に関するご相談や非公開求人を含めた求人のご紹介、企業への応募や面接の日程調整なども行います。

キャリアアドバイザーは業界、職種、地域ごとの担当制で今までの実務経験を生かし、転職希望者の転職をお手伝いしています。各分野の経験者だからこそできるアドバイスにより、多くの転職希望者の転職を実現させています。

リクルートエージェントはこんな方におすすめ

リクルートエージェントはこんな方におすすめ

  • 各業界に精通したキャリアアドバイザーの転職サポートを受けたい
  • いまいる業界だけに限らず、いろいろな選択肢の中から求人を選びたい
  • より密度の高い企業情報を得たい
  • 自分のアピールポイントが分からない
  • どの企業が良いのかわからない
  • 在職中でなかなか転職活動の時間が取れない
リクルートエージェントの主なサポート・機能

リクルートエージェントのキャリアサポート・機能

  • キャリアカウンセリング
  • 求人紹介
  • 応募書類添削・アドバイス
  • 面接対策
  • 求人サイト機能
  • 企業との交渉・調整(給与・日程など)
リクルートエージェントに関する#タグ

引用:リクルートエージェント

30代以上向け|MEITEC NEXT

更新日:2024/06/12

  • 学歴
  • 院卒
  • 大卒
  • 短大卒
  • 高専卒
  • 専門卒
  • 高卒
おすすめ料金無料
対象エリア全国 ,
経歴エンジニア経験者 ,
オンラインサポート

メイテックネクスト

※その他のサービス:メイテックネクスト IT

メイテックネクストのココがおすすめ

  • 製造系からITまで、すべてのエンジニアにおすすめ
  • エンジニアの求人数、業界No.1
  • SIer、通信会社からメーカーまで幅広い知識
  • 将来性のある人気企業の選考も通過しやすい
  • 業界の先行きを鑑みたキャリアステップ提案も
MEITEC NEXTとは

MEITEC NEXTとは

メイテックネクストは、エンジニアの皆様の「失敗しない転職」を支援します

メイテックネクストは、1974年の設立以来、設計・開発や生産技術を中心に、優れた技術を持つエンジニアと延べ数千社に及ぶメーカーをマッチングしてきた「メイテックグループ」の一員です。

エンジニアの皆様の転職に対する不安を払拭し、「失敗しない転職」を支援することで、日本の製造業の活性化と、皆様のご活躍を応援してまいります。

MEITEC NEXTはこんな方におすすめ

MEITEC NEXTはこんな方におすすめ

  • 現職の将来性が不安
  • 長期的に将来性のある事業で活き活きと仕事をしたい
  • 求人情報だけでは将来性のポイントが分からない
  • 自分が知らない隠れた優良企業があるかもしれない
  • 将来性のある企業が自分に合っているか心配
MEITEC NEXTの主なサポート・機能

MEITEC NEXTのキャリアサポート・機能

  • キャリアカウンセリング
  • 求人紹介
  • 応募書類添削・アドバイス
  • 面接対策
  • 企業との交渉・調整(給与・日程など)
MEITEC NEXTに関する#タグ

引用:メイテックネクスト

30代以上向け|HUREX

更新日:2024/06/12

  • 学歴
  • 院卒
  • 大卒
  • 短大卒
  • 高専卒
  • 専門卒
  • 高卒
  • その他
  • 中堅総合型
  • 地域密着型
おすすめ料金無料
対象エリア全国 ,
経歴経歴不問 ,
オンラインサポート

ヒューレックス

ヒューレックスのココがおすすめ

  • 地域の企業と関係が深い、地域密着型の転職エージェント
  • 大手にも掲載されない地元優良企業や成長企業など、さまざまな求人案件
  • 地域に根ざし、地域にとことんこだわった転職支援
  • 地域の転職マーケットを誰よりも知り尽くしたコンサルタント
  • 利用者満足度95%以上
HUREX(ヒューレックス)とは

HUREX(ヒューレックス)とは

ヒューレックスは地域密着でダントツ求人数

月収40万円、転勤なし、土日休み、賞与2回の求人など紹介中!

-

ヒューレックス(HUREX)は大手には掲載されない求人保有数ナンバーワンの転職エージェントです。

転職をご希望の方と、正社員を募集している 求人企業とを結びつけるサービスを行う厚生労働大臣の許可を受けた転職支援会社です。

HUREX(ヒューレックス)はこんな方におすすめ

HUREX(ヒューレックス)はこんな方におすすめ

  • 大手転職エージェントを利用したが、なかなか良い求人に出会えなかった
  • ワークライフバランスを重視した求人選びがしたい
  • IターンUターンができる仕事を探している
  • 地元の優良企業の求人に応募したい
HUREX(ヒューレックス)の主なサポート・機能

HUREX(ヒューレックス)のキャリアサポート・機能

  • キャリアカウンセリング
  • 求人紹介
  • 応募書類添削・アドバイス
  • 面接対策
  • 入社後フォロー
HUREX(ヒューレックス)に関する#タグ

引用:ヒューレックス

1週間で会社を辞めたいひとが抱える、よくある質問(FAQ)

1週間で会社を辞めたいひとが抱える、よくある質問(FAQ)を紹介します。

1週間で会社を辞めたいと感じるのは普通ですか?

新しい職場への適応は時間がかかるもので、その過程で不安やストレスを感じるのは一般的です。しかし、「1週間で辞めたい」と強く感じるかどうかは個々の状況や体験によります。問題がある場合は、感情の整理と問題の原因の特定を行い、可能なら解決策を探ることが大切です。しかし一方で、健康や幸せな生活などを脅かす状況に陥ってしまった場合、速やかに対策を講じるべきでしょう。

転職して1週間で会社を辞めることは、法的に問題はありますか?

日本の労働法では、労働者はいつでも「14日前までに辞意を通告すれば退職することが可能」とされています。したがって、会社に入ってからすぐに1週間で辞めたいと思っても、法的にはすぐに退職することはできません。退職の意向を伝えた後、最低でも14日間は会社に勤務する必要があります。ただし、就業規則によっては通告期間がそれ以上に設定されている場合もありますので、各自の就業規則を確認してください。

新しい職場でうまく適応できないとき、どうすればいいですか?

新しい職場でうまく適応できない場合、まず問題の特定から始めてください。次に、その問題を上司や人事部、同僚に相談しましょう。また、健康的な生活習慣を保つことでストレスを管理することも重要です。そして、新しい環境への適応には時間がかかるので、焦らずに自分ペースの時間を持ちましょう。しかし、これらの対策でも問題が改善しない、または健康に影響を及ぼす場合、専門家の助けを借りるか再度の転職を考慮することも必要です。

すぐに辞めることで、次の転職活動に影響はありますか?

短期間での転職は、次の転職活動に影響を与える可能性があります。企業は、短期間で退職した経歴を見て、勤務意欲や定着能力に疑念を抱くことがあります。ただし、辞職の理由が明確で合理的な場合、またはその経験を上手く説明しアピールできる場合、必ずしも大きなマイナスとはなりません。問題となるのは、転職を繰り返し、その都度の理由が不明瞭または非合理的な場合です。

新しい会社に対する不満をどうやって上司に伝えるべきですか?

新しい会社に対する不満を上司に伝える時は、具体的で建設的な内容を冷静に伝え、適切なタイミングを選ぶことが重要です。具体的な不満の事例を挙げ、それに対する解決策も一緒に提案することで、問題を理解してもらいやすく、建設的な議論につながります。また、感情的にならずに冷静に伝えること、そして適切なタイミングを選ぶことが、上司との良好なコミュニケーションと問題解決に繋がります。

1週間で会社を辞めると決めたとき、上司にどのように伝えるべきですか?

1週間で会社を辞めると決めたとき、上司に伝える際には、具体的な理由を明確に伝えることが重要です。また、新しい会社での経験や機会に対して感謝の意を示し、短期間で退職することについて謝罪の言葉を述べることも必要です。自分の感情や意見を正直に伝える一方で、尊重と敬意を持ってコミュニケーションすることが大切です。これらを心掛けることで、スムーズな退職が可能となり、また次の転職活動にも影響を及ぼさないようにすることができます。

転職して1週間で辞めたいと思った場合、それは自分の適性と関係がありますか?自分のせいですか?会社のせいですか?

転職して1週間で辞めたいと感じた場合、その原因は一概には言えません。自身の適性との不一致から来る場合もあれば、職場環境や企業文化、期待と現実のギャップなど、会社側の要因が影響している場合もあります。適性との不一致は「自分のせい」ではなく、自己理解と適性を活かす環境を見つける問題であり、会社の環境に馴染めない場合も必ずしも「会社のせい」とは言えません。原因を「自分のせい」か「会社のせい」かで問うより、具体的な原因を理解し、次のステップアップに活かすことが重要です。

転職後1週間で辞めたいと感じたとき、どうやって自分の感情を整理するべきですか?

転職後1週間で辞めたいと感じたとき、感情を整理するためには自己観察から始めることが重要です。自分が何を感じ、何がストレスの源になっているのかを理解しましょう。感情は日記に書く、信頼できる人に話すなどして表現し、具体的な問題を特定します。問題が解決可能なものであれば、そのための解決策を模索します。それが職務の調整や職場環境の改善など具体的なアクションにつながるはずです。結果として辞める選択をする場合でも、それは自己肯定の行為と捉え、自分自身を責めないようにしましょう。深刻なストレスを感じる場合は、心理的な支援を得るために専門家に相談することも重要です。

転職後すぐに辞めることはキャリアにどのような影響を与えますか?

転職後すぐに辞めることはキャリアに影響を与える可能性があります。具体的な影響は、その理由や対処方法、そして次にどのようなステップを踏むかによります。一つの可能性としては、頻繁に職を変えると「転職が多い」あるいは「定着できない」という印象を与え、転職活動に影響する可能性があります。その一方で、すぐに辞めることで得られる教訓や経験があれば、それを次の仕事に生かすことが可能です。何が起きても、それが自身のキャリアを左右する大きな要素となることはありません。最も重要なのは、どのようにその経験を自己成長の一部として捉え、未来のキャリアに活かすかという点です。

転職後1週間で辞めたいと感じるのは普通ですか?

転職直後に辞めたいと感じるのは、一定数の人々が経験することで、特別珍しい感情ではありません。新しい環境に適応することはストレスを伴うもので、初期の不満や混乱、期待と現実とのギャップから、辞めたいという感情が生じることがあります。ただし、その感情が持続するかどうか、どの程度強いかなどは個々の状況や感じ方によります。辞めたいと感じた場合、具体的な原因を理解し、それが一時的なものなのか、あるいは根本的な問題から来ているのかを見極めることが重要です。

「転職して1週間で辞める」以外の転職活動に関するノウハウ記事

JOB HUNTING.comでは、転職活動に関するノウハウ情報を提供しています。「転職活動に関する情報を知りたい」という方は、ぜひこちらのコンテンツもチェックしてみてください。

転職活動ノウハウ記事

短期離職でも
利用できる転職サービス!
優良求人、キャリア相談、充実した面接対策も
キャリアカウンセラー
無料今すぐ見る
公式サイトはこちらから

まとめ|「辞める」という結論を出すのは慎重に。良く考え自分にとって何が1番か考えよう

転職して1週間で辞めたいと感じることは、時には避けられないかもしれません。しかし、その判断は慎重に行い、自分にとって最善の選択をすることが大切です。

辞める決断をするかどうかは、一人一人の状況や感じ方によります。あなた自身が最も大切なのは何か、自分自身の幸せやキャリアにどう影響を与えるのかを考えましょう。

最後に、辞めると決意したら、その理由を整理し、客観的に説明できるようにすること。そして、感情だけでなく、次に何をするのか、どのように生計を立てるのか、といったことを冷静に考えてから会社を辞める決心をしましょう。