転職の引き止め対策:上手な対応法5選

転職引き止め

転職の引き止め対策:上手な対応法5選

キャリアカウンセラーこの記事は、以下のような読者を対象にしています。女性キャリアカウンセラー

  • 転職を考えているが、現職の会社や上司からの引き止めに不安を感じている方。
  • 引き止められた際の適切な対応方法を知りたいと思っている方。
  • 退職の決断を迷っており、自分の状況に合ったアドバイスを求めている方。
  • 転職に際して円満な退職を目指したいと考えている方。
  • 上司や同僚との良好な関係を維持しながら、自分のキャリアプランを優先したい方。

引き止めに対処して転職を成功させるための重要ポイント

ジョブハンティング.com|就活・転職解説
引き止めに対処して転職を成功させるための重要ポイント

この記事では、転職を考えている際に遭遇する可能性のある「引き止め」にどう対処すべきかをご紹介します。以下がその重要ポイントです。

引き止めに対処するときの重要ポイント

  • 転職によってのみ実現可能な夢や目標を伝え、理解を求めることが重要です。
  • 強固な引き止めには、転職への確固たる意志を示すことがカギとなります。
  • 転職に際して不安や悩みがある場合は、専門の転職エージェントの利用を検討してみましょう。

転職は、新たなキャリアを築く大きな一歩です。それを現在の職場に伝えることは、心理的に大きな負担となることもありますが、新しい挑戦に向かうためには避けて通れないステップです。

しかし、退職の意志を伝えたとしても、必ずしも容易に受け入れられるわけではありません。特に価値ある貢献をしてきた社員の場合、上司や会社からの引き止めに遭遇することも珍しくありません。ここでは、そうした状況に直面した際の効果的な5つの対応策について詳しくご説明します。

会社や上司があなたを転職から引き止めたいと考える理由

ジョブハンティング.com|就活・転職解説
会社や上司があなたを転職から引き止めたいと考える理由

転職を考えている社員に対して会社や上司が引き止める理由は、多岐にわたります。その背景を詳しく解説しましょう。

まず、社員が会社を離れることは、企業にとって大きな損失となります。特に、あなたが担当していた仕事が進まなくなることは、業務の大幅な遅延を意味します。さらに、新しい人材を見つけ、その人に仕事を教えるためには、時間とコストがかかります。採用プロセス自体も簡単ではなく、適切な人材を見つけるまでには長期間が必要となる場合も少なくありません。また、新しい社員の育成には、他の社員の時間と労力も必要となり、これがさらなる負担となるのです。

上司にとっても、部下の退職は頭の痛い問題です。これは、上司の管理能力やチームの統率力に疑問符がつく可能性があるからです。部下の退職が多いと、上司の評価に悪影響を及ぼすこともあります。また、上司は部下との関係性を築くために時間と労力を投じてきており、その投資が無駄になることも懸念されます。

加えて、企業は社員の将来的な成長と貢献を期待しています。特に優秀な人材が転職を考えている場合、会社としてはその能力と可能性を失いたくないと考えるものです。社員が自社でさらなるキャリアアップを図れるようサポートすることもありますが、それでも転職を決意した場合、会社はその人材を引き止めようとすることが多いのです。

円満退職するための引き止め回避策:転職時の効果的な5つの方法

ジョブハンティング.com|就活・転職解説
円満退職するための引き止め回避策:転職時の効果的な5つの方法

円満な退職を目指す上で、会社や上司からの引き止めを上手に回避することが重要です。以下に、退職のタイミング、上司とのコミュニケーション、転職理由の伝え方に焦点を当て、スムーズな転職のための戦略をご紹介します。

転職を引き止められた時のパターン別対策5選

  1. 退職時期の選定:繁忙期を避けて計画的に
  2. 早期の退職相談:上司へは最低でも1ヶ月前に通知
  3. 明確な転職理由の提示:現職では叶えられない目標を明示
  4. 引き継ぎの事前準備:円滑な後任者へのバトンタッチを
  5. 強固な退職の意志:揺るぎない決意の表明

1. 退職時期の選定:繁忙期を避けて計画的に

退職を計画する際、会社の繁忙期を避けることは非常に重要です。繁忙期には各社員の業務負担が増大し、その時期に退職を申し出ると、引き止められるリスクが高まります。同僚からの圧力や上司からの特別な要請も予想されるため、できるだけ業務が落ち着いている時期を狙い、円滑な退職を目指しましょう。

2. 早期の退職相談:上司へは最低でも1ヶ月前に通知

法的には2週間前の通知で退職が可能ですが、多くの企業では1ヶ月前の事前通知が求められます。早めに退職の意向を伝えることで、会社に対する配慮と理解を示し、円滑な退職へと導くことができます。また、このような姿勢は引き止めを防ぐ助けとなり、信頼関係の維持にもつながります。

3. 明確な転職理由の提示:現職では叶えられない目標を明示

上司への引き止めを避けるためには、明確かつ具体的な転職理由の提示が必要です。「異業種への挑戦」など、現職では叶えられないキャリアの目標や夢を伝えることで、退職の正当性を示し、引き止めを回避することができます。

4. 引き継ぎの事前準備:円滑な後任者へのバトンタッチを

退職の際には、後任者への引き継ぎが重要なポイントとなります。引き継ぎプロセスがスムーズであれば、退職日の延期などのリスクを減らすことが可能です。事前に必要な作業をリストアップし、マニュアル化しておくことで、後任の社員が円滑に業務を引き継げるよう配慮しましょう。

5. 強固な退職の意志:揺るぎない決意の表明

引き止めに対して最も効果的なのは、強い退職の意志を持つことです。相手に「交渉可能性」を感じさせないためにも、断固とした決意を持ち、それをはっきりと伝えることが必要です。感情に流されずに自分の決断を貫くことで、引き止めを効果的に防ぐことができます。

転職を引き止められた時のパターン別対策5選

ジョブハンティング.com|就活・転職解説
転職を引き止められた時のパターン別対策5選

転職を考えている際に直面することが多いのが、会社からの引き止めです。ここでは、様々な引き止めパターンに対する効果的な対処法をご紹介します。

転職を引き止められた時のパターン別対策5選

  1. 突然の高評価の引き止め
  2. 周囲への影響を考慮した引き止め
  3. 待遇や条件アップの引き止め
  4. 転職リスクの不安を煽る引き止め
  5. 「辞めさせない」などの強引な引き止め

転職引き止め対策1. 突然の高評価の引き止め

退職を申し出ると、突然あなたの価値を高く評価し始めるケースがあります。もしもこれまで特別な扱いがなかったにも関わらず、退職の申し出後に急に評価されるようになった場合、本当にそれが転職を思い留まらせるほどの価値があるのかを慎重に考える必要があります。

転職を考えた当初の理由を再度振り返り、突然の評価アップに惑わされることなく、自分のキャリアプランを優先しましょう。

転職引き止め対策2. 周囲への影響を考慮した引き止め

社員の退職は会社にとって負担となります。特に、あなたが担当していた仕事を引き継ぐ必要がある同僚の負担が理由で引き止められることがあります。しかし、自分のキャリアと幸せを最優先に考え、心を鬼にして退職の意思を貫きましょう。

どんな状況でも、誰かに迷惑をかけずに退職することは難しいため、自分の将来に目を向けることが重要です。

転職引き止め対策3. 待遇や条件アップの引き止め

待遇や勤務条件の改善を理由に引き止められることもあります。ただし、これらの条件が実際に改善されるかは不確実なため、退職の意思を変更する前に十分に検討することが重要です。

条件が改善されたとしても、退職を考える本来の理由が解消されるかどうかをじっくり考えてから、最終的な決断を下しましょう。

転職引き止め対策4. 転職リスクの不安を煽る引き止め

上司から「転職はリスクが伴う」「今のスキルでは厳しい」といった不安を煽るような引き止めが行われることがあります。このような場合は、自分のキャリアに対する自信を持ち、退職の意思を堅持することが効果的です。

転職することによるリスクを理解しつつも、自分の成長とキャリアのために前進する強い意志を持つことが重要です。

転職引き止め対策5. 「辞めさせない」などの強引な引き止め

最も厄介なのが、強引な引き止めです。「辞めさせない」「退職は認めない」といった強い言葉での引き止めには、冷静かつ堅固な対応が必要です。話し合いが困難な場合は、書面での退職の意思表示を検討しましょう。

法的な手段を含め、自分の権利を守りながら退職へと進むことが大切です。

転職の引き止めに直面した際のNG行動

ジョブハンティング.com|就活・転職解説
転職の引き止めに直面した際のNG行動

転職の引き止めに対処する際、避けるべき行動があります。特に注意すべきは、「引き止めの話を一切聞かない」という態度です。

退職を決意したとしても、実際に会社を去るまでには通常1ヶ月程度の期間があります。この期間中、上司や同僚との関係を良好に保つことは、ストレスの少ない職場環境を維持するためにも重要です。引き止めの話を聞かない態度は、不要な対立を生むことになりかねません。

したがって、相手の意見に耳を傾け、自分の考えや感情もしっかりと伝えることが大切です。それにより、自分の意志を堅持しつつも、円満な人間関係を保ちながら退職へと進むことが可能になります。

引き止められたときの重要な判断ポイント:退職か継続か

ジョブハンティング.com|就活・転職解説
引き止められたときの重要な判断ポイント:退職か継続か

会社からの引き止めに直面した際、多くの方が迷いに直面します。長年勤めた会社を去る決断は簡単ではありません。ここでは、退職すべきか、それとも会社に残るべきかを判断するための基準について考えてみましょう。

引き止めにも関わらず退職を選ぶべきケース

引き止めに遭遇した際には、転職を決意した根本的な理由に焦点を当てることが重要です。例えば、「現在の職場で自分の目標を達成できるか」「理想の働き方が可能か」といったことを改めて考える必要があります。もし、現職でのキャリアアップが難しいと感じるのであれば、退職する決断を固めるべきかもしれません。

自身のキャリアプランが実現不可能であったり、現職に留まっても解決できない問題が存在する場合は、退職の意志を明確に伝えましょう。

引き止められた後に会社に残るべきケース

引き止めの際に待遇改善の話が出ることもあります。もし退職を考えた理由が給与や労働環境の問題であれば、改善された条件が自分の望むものであるかをじっくり考える時間が必要です。

提案された待遇改善が自分の悩みを根本的に解消する可能性がある場合は、現職に留まる選択も一考の価値があります。ただし、どんなに魅力的な条件であっても即断せず、慎重に検討することが重要です。また、改善される条件が口約束に終わらないよう、文書にして確認することも忘れてはなりません。

退職に関する悩みも相談に乗ってくれる転職エージェント集

キャリアサポート◎
20代向けサービス
優良求人、キャリア相談、充実した面接対策も
下記ではキャリアサポート機能が充実した、みんなに人気のある20代向けサービスを紹介します。
キャリアカウンセラー

20代向け|キャリアスタート|若者のキャリア、地域の人材市場を熟知した面接対策

更新日:2024/05/25

  • 学歴
  • 院卒
  • 大卒
  • 短大卒
  • 高専卒
  • 専門卒
  • 高卒
  • 特化
  • 若年層
おすすめ料金無料
対象エリア全国 ,
経歴経歴不問 ,
オンラインサポート

キャリアスタート

キャリアスタートのココがおすすめ

  • 20代がおすすめする転職支援会社No.1
  • 内定率86%、年収アップ率83%
  • 徹底したマンツーマンフルサポート
  • サービス登録者数6万人以上
  • 未経験OK求人多数
キャリアスタートとは

キャリアスタートとは

可能性が花開く場所、キャリアスタートで見つけよう

キャリアスタートは、皆様のそんな思いに寄り添い、全員が輝ける仕事に就けるよう並走します。

-

あなたの可能性を広げる転職・就職を全面サポート!

キャリアスタートはこんな方におすすめ

キャリアスタートはこんな方におすすめ

  • 20代でも転職して年収アップを狙いたい
  • 残業の少ない長く続けられる仕事をしたい
  • 未経験からIT業界へチャレンジしたい
  • フリーターから正社員になりたい
  • 事務職につきたい
  • 自分に向いている職種、企業がわからない
キャリアスタートの主なサポート・機能

キャリアスタートのキャリアサポート・機能

  • キャリアカウンセリング
  • 求人紹介
  • 応募書類添削・アドバイス
  • 面接対策
キャリアスタートに関する#タグ

引用:キャリアスタート

20代向け|Re就活エージェント|Re就活が運営するエージェント。20代の転職・就職に強い

更新日:2024/05/25

  • 学歴
  • 院卒
  • 大卒
  • 短大卒
  • 高専卒
  • 専門卒
  • 高卒
  • 特化
  • 若年層
おすすめ料金無料
対象エリア全国 ,
経歴経歴不問 ,
オンラインサポート

Re就活エージェント

※その他のサービス:Re就活

Re就活エージェントのココがおすすめ

  • 転職エージェント 20代登録比率 3年連続NO.1
  • 20代転職・就職サポート 累計69,000名以上
  • 入社後定着率93%
  • 担当アドバイザーの80%は、第二新卒転職・既卒就職経験者
  • 将来の選択肢が広がる、20代未経験歓迎求人多数
Re就活エージェントとは

Re就活エージェントとは

私たちRe就活エージェントは第二新卒・既卒・フリーター・ニートの転職や就職活動を全力でサポートします。

今の環境やスキルに不安を感じつつ、転職・就職に踏み出す勇気がなく焦っていませんか?

20代のあなたの可能性は、無限大です。自分では気づいてないあなたの魅力を、私たちが引き出し「新たなキャリアに賭ける想い」や「理想の自分を目指す気持ち」に応えます。

あなたが自信を持って新しいキャリアへの一歩を踏み出せるように、ひとりひとりに寄り添ったサポートすることをお約束します。

まずは私たちRe就活エージェントに相談してみませんか?

--

「初めての転職」を希望する20代を中心に、学生・若手求職者に選択肢(求人)を紹介

20代専門転職サイト「Re就活」ブランドとの相乗効果で、20代から圧倒的な支持を獲得。20代登録比率3年連続No.1(2021年~2023年 東京商工リサーチ調査 転職エージェント 20代登録比率 第1位)のエージェントとして、 「初めての転職」に挑戦する20代を中心に、20代の就職・転職を支援しています。

Re就活エージェントはこんな方におすすめ

Re就活エージェントはこんな方におすすめ

  • 初めての転職活動で不安
  • 残業の少ない会社で働きたい
  • キャリアの選択肢を明示してほしい
  • 第二新卒や既卒などの同じ経験をしたアドバイザーにサポートしてもらいたい
  • 地元の求人を紹介してもらいたい
Re就活エージェントの主なサポート・機能

Re就活エージェントのキャリアサポート・機能

  • キャリアカウンセリング
  • 求人紹介
  • 応募書類添削・アドバイス
  • 面接対策
Re就活エージェントに関する#タグ

引用:Re就活エージェント

20代向け|UZUZ|就活弱者のキャリアサポートに圧倒的強み

更新日:2024/05/25

  • 学歴
  • 院卒
  • 大卒
  • 短大卒
  • 高専卒
  • 専門卒
  • 高卒
  • 特化
  • 若年層
おすすめ料金無料
対象エリア関東 , 関西 , 愛知 ,
経歴経歴不問 ,
オンラインサポート

UZUZ(ウズウズ)

UZUZ(ウズウズ)のココがおすすめ

  • 20代専門だから内定率86%!
  • 他社の10倍時間をかける20代専門の就職・転職サポート
  • 厳正な自社基準でブラック企業を完全排除
  • 大手上場からベンチャーまで優良企業多数
UZUZ(ウズウズ)とは

UZUZ(ウズウズ)とは

第二新卒・既卒・フリーター・ニート

20代の就職を徹底サポート!

ウズウズのサービスは大手新聞社やメディアに数多く掲載されています!

UZUZ(ウズウズ)はこんな方におすすめ

UZUZ(ウズウズ)はこんな方におすすめ

20代で、第二新卒・既卒・フリーター・ニートだけど就職を成功させたい!ひと

  • やりたいことがなくて何となく卒業…
  • 気付けば2年間フリーター…
  • 20代半ばの今からでも就職できる?
  • 前職を3ヶ月で退職
  • 空白期間もある…
  • 書類選考や面接がとにかく不安!
  • 資格取得を目指して不合格続き…
  • 民間の就活をしたことがない
  • 何も知らない私でも大丈夫?
UZUZ(ウズウズ)の主なサポート・機能

UZUZ(ウズウズ)のキャリアサポート・機能

  • 求人紹介
  • キャリアカウンセリング
  • 応募書類添削・アドバイス
  • 面接対策
  • Youtubeなどの就職支援コンテンツ
  • 入社後フォロー
UZUZ(ウズウズ)に関する#タグ

引用:UZUZ(ウズウズ)

キャリアサポート◎
30代以上向けサービス
優良求人、キャリア相談、充実した面接対策も
下記ではキャリアサポート機能が充実した、みんなに人気のある30代以上向けサービスを紹介します。
キャリアカウンセラー

30代以上向け|doda|一般転職からハイクラス転職まですべての方におすすめ

更新日:2024/05/25

  • 学歴
  • 院卒
  • 大卒
  • 短大卒
  • 高専卒
  • 専門卒
  • 高卒
  • その他
  • 大手総合型
おすすめ料金無料
対象エリア全国 ,
経歴経歴不問 ,
オンラインサポート

doda(デューダ)

doda(デューダ)のココがおすすめ

  • 転職者満足度No.1
  • 転職支援実績、取り扱い求人数は日本最大級
  • 大手・優良企業などのdoda限定の求人多数
  • 転職市場に精通した専門スタッフ
  • 転職活動の手続き代行
doda(デューダ)とは

doda(デューダ)とは

転職エージェントならdoda

転職のプロが完全無料であなたの転職活動をサポート

-

正社員としての就業を前提とする転職支援サービスです。転職のプロが、「非公開求人」も含む、あなたの希望に合った求人を紹介します。また必要に応じて、キャリアカウンセリングや応募書類の添削、模擬面接などを行い、転職活動全般をサポートします。

doda(デューダ)はこんな方におすすめ

doda(デューダ)はこんな方におすすめ

  • 1人だと何から始めればいいか分からない
  • 自分の強みが分からない年収や福利厚生の条件を維持したい
  • そもそも転職すべきか分からない
  • 第二新卒で大きな実績がありません
  • 向いていることや何をやりたいか分からない
  • 仕事が忙しくて時間がとれない
  • 企業と交渉するのが苦手
  • 今までの仕事の専門性を理解してもらえない
doda(デューダ)の主なサポート・機能

doda(デューダ)のキャリアサポート・機能

  • キャリアカウンセリング
  • 求人紹介
  • 応募書類添削・アドバイス
  • 面接対策
  • 企業との交渉・調整(給与・日程など)
  • 求人サイト機能
  • イベント各種
doda(デューダ)に関する#タグ

引用:doda(デューダ)

30代以上向け|リクルートエージェント|人材最大手リクルートが運営する転職エージェント

更新日:2024/05/25

  • 学歴
  • 院卒
  • 大卒
  • 短大卒
  • 高専卒
  • 専門卒
  • 高卒
  • その他
  • 大手総合型
おすすめ料金無料
対象エリア全国 ,
経歴経歴不問 ,
オンラインサポート

リクルートエージェント

リクルートエージェントのココがおすすめ

  • 転職成功実績No.1のエージェント
  • 業界トップクラスの求人数
  • 非公開求人20万件以上
  • ワンランク上の履歴書、職務経歴書に添削
  • 言いづらい「年収」「条件」「入社日程」の交渉もお任せ
リクルートエージェントとは

リクルートエージェントとは

リクルートエージェントは、キャリアアドバイザーが転職希望者の転職をサポートする「転職エージェント」です。自分で求人を探し、応募する求人サイトとは異なり、キャリアドバイザーが転職に関するご相談や非公開求人を含めた求人のご紹介、企業への応募や面接の日程調整なども行います。

キャリアアドバイザーは業界、職種、地域ごとの担当制で今までの実務経験を生かし、転職希望者の転職をお手伝いしています。各分野の経験者だからこそできるアドバイスにより、多くの転職希望者の転職を実現させています。

リクルートエージェントはこんな方におすすめ

リクルートエージェントはこんな方におすすめ

  • 各業界に精通したキャリアアドバイザーの転職サポートを受けたい
  • いまいる業界だけに限らず、いろいろな選択肢の中から求人を選びたい
  • より密度の高い企業情報を得たい
  • 自分のアピールポイントが分からない
  • どの企業が良いのかわからない
  • 在職中でなかなか転職活動の時間が取れない
リクルートエージェントの主なサポート・機能

リクルートエージェントのキャリアサポート・機能

  • キャリアカウンセリング
  • 求人紹介
  • 応募書類添削・アドバイス
  • 面接対策
  • 求人サイト機能
  • 企業との交渉・調整(給与・日程など)
リクルートエージェントに関する#タグ

引用:リクルートエージェント

30代以上向け|HUREX|地域密着型で地方の優良企業求人も多数

更新日:2024/05/25

  • 学歴
  • 院卒
  • 大卒
  • 短大卒
  • 高専卒
  • 専門卒
  • 高卒
  • その他
  • 中堅総合型
  • 地域密着型
おすすめ料金無料
対象エリア全国 ,
経歴経歴不問 ,
オンラインサポート

ヒューレックス

ヒューレックスのココがおすすめ

  • 地域の企業と関係が深い、地域密着型の転職エージェント
  • 大手にも掲載されない地元優良企業や成長企業など、さまざまな求人案件
  • 地域に根ざし、地域にとことんこだわった転職支援
  • 地域の転職マーケットを誰よりも知り尽くしたコンサルタント
  • 利用者満足度95%以上
HUREX(ヒューレックス)とは

HUREX(ヒューレックス)とは

ヒューレックスは地域密着でダントツ求人数

月収40万円、転勤なし、土日休み、賞与2回の求人など紹介中!

-

ヒューレックス(HUREX)は大手には掲載されない求人保有数ナンバーワンの転職エージェントです。

転職をご希望の方と、正社員を募集している 求人企業とを結びつけるサービスを行う厚生労働大臣の許可を受けた転職支援会社です。

HUREX(ヒューレックス)はこんな方におすすめ

HUREX(ヒューレックス)はこんな方におすすめ

  • 大手転職エージェントを利用したが、なかなか良い求人に出会えなかった
  • ワークライフバランスを重視した求人選びがしたい
  • IターンUターンができる仕事を探している
  • 地元の優良企業の求人に応募したい
HUREX(ヒューレックス)の主なサポート・機能

HUREX(ヒューレックス)のキャリアサポート・機能

  • キャリアカウンセリング
  • 求人紹介
  • 応募書類添削・アドバイス
  • 面接対策
  • 入社後フォロー
HUREX(ヒューレックス)に関する#タグ

引用:ヒューレックス

転職の引き止めに関するよくある質問(FAQ)

転職の引き止めに関するよくある質問(FAQ)を紹介します。

転職を決めたとき、会社からの引き止めがあった場合、どのように対応すべきですか?

転職を決めた際に引き止めがある場合、まずはその提案内容を冷静に考慮することが大切です。具体的な改善案や条件の変更があるかどうか、また自身のキャリア目標に合致するかを検討しましょう。感情に流されず、長期的な視点での判断が重要です。

引き止めに応じるべきかどうか、どのように判断すればよいですか?

引き止めに応じるかどうかの判断は、転職の理由やキャリアプランに基づいて行うべきです。現職場の改善提案が転職の動機(例えば給与、キャリアアップの機会、労働環境など)を解決する場合は検討する価値があります。しかし、元の理由が解消されない場合は転職を進める方が良いでしょう。

引き止めの交渉で重要なポイントは何ですか?

交渉では、自分の要望や条件を明確に伝えることが重要です。具体的な給与の額、役職、業務内容、労働環境の改善など、どのような条件変更が自分の転職を再考させるのかをしっかりと伝えましょう。

引き止めによる条件改善が約束された場合、それをどのように確認すべきですか?

条件改善が約束された場合、その内容を文書で確認することが重要です。口約束ではなく、書面による確認を求め、必要であれば契約書の改訂を行いましょう。これにより、約束された条件の履行を保証することができます。

転職の引き止めに感情的にならずに対応するためのアドバイスはありますか?

感情的にならずに対応するためには、自分の転職の動機を明確にし、客観的な視点を保つことが重要です。また、友人や家族、キャリアアドバイザーなど第三者の意見を聞くことで、冷静な判断を下しやすくなります。自分のキャリア目標に焦点を当て、長期的な視点での選択を心がけましょう。

「転職の引き止め」以外の転職に関するノウハウ記事

JOB HUNTING.comでは、転職活動に関するノウハウ情報を提供しています。「転職活動に関する情報を知りたい」という方は、ぜひこちらのコンテンツもチェックしてみてください。

転職活動ノウハウ記事

まとめ|引き止めに惑わされずに自分の未来を優先しよう

退職はしばしば、会社や同僚に負担をかける行動と捉えられがちです。しかし、何より大切なのは自分自身のキャリアと幸福です。引き止められたからといって現職に留まり自己犠牲を払う必要はありません。

会社からの引き止めに遭遇した場合でも、退職を考えた本来の理由や、転職によって達成したい目標を忘れずに、自分の意志を堅持することが重要です。退職という決断は、自分自身の未来をより良いものにするための一歩であるということを念頭に置きましょう。