【TOP5】就労移行支援事業! 障害者におすすめの就労移行支援を解説付きでご紹介✏

障害者就労移行支援,障害者雇用,障害者

障害者におすすめの就労移行支援事業,就労移行支援を解説

就労移行支援を見る

「就労移行支援は必要ない」という方は、こちら↓の記事をご覧ください。

障害者の方におすすめの就労移行支援事業を紹介

人材業界に携わってきた私の経験と知見を活かした、最新の障害者の方におすすめの就労移行支援事業をご紹介します。
就職活動を確実に進めて行きたい障害者の方とって、就労移行支援は最適な方法と言えますよ。

この記事では、サポートの質や障害への理解、実績、就労移行支援の充実度などを総合的に見て、本当に障害者の方におすすめできる就労移行支援事業だけを掲載しています。

障がい者
障がい者
働きたいけど体調やメンタル面で不安。
コミュニケーションや人間関係が不安。
治療と仕事を両立させたい。

という方など、身体障害、精神障害、発達障害、知的障害、難病などを含むさまざまな境遇の障害者をサポートしている就労移行支援事業を紹介しています。

キャリアを形成することは誰にでもできます!
あなたのキャリアをしっかりと見つめサポートしてくれる存在。それが就労移行支援事業です。

就労移行支援は自分のレベルに合ったところを利用しよう

また、自分のレベルに合った就労移行支援を受けることが就職や転職のカギとなります。

自分のレベルと就労移行支援のサポートレベルのミスマッチを無くすために、利用前に必ず複数の就労移行支援の見学会や初回面談に参加するようにしましょう。詳しくはこの記事の『就労移行支援は「意味がない」「ひどい」のか?就労移行支援の実態』をご覧ください。

就労移行支援はこんな障害者におすすめ

就労移行支援は次のような障害者におすすめです。

下のケースに1つでも当てはまっている方は、就労移行支援事業を利用することでスムーズに就職活動を進められると思いますよ。
就労移行支援がおすすめの障害者
スキルを身につけて安定的に働きたい方
長く働ける、障害に理解のある企業で働きたい方
働いた経験が無い・ブランクがある方
感情やストレスのコントロールに不安がある方
コミュニケーションが苦手な方
治療と仕事を両立させたい方

年齢・エリア・障害者手帳の有無から就労移行支援事業を選ぶ

障害者におすすめの就労移行支援事業を年齢、エリア、サポートしている障害の種類、障害者手帳の有無による利用可不可、就労移行支援の有無を軸にまとめています。

あなたに合った就労移行支援事業を利用してみてください。
就労移行支援事業年齢エリア障害者手帳の有無
Cocorportどの年代でも東京、神奈川、千葉、埼玉
大阪、愛知、福岡
問わず
ミラトレどの年代でも東京、神奈川、千葉、埼玉
愛知、大阪、兵庫
問わず
LITALICO
ワークス
どの年代でも全国問わず
atGPジョブトレどの年代でも東京、千葉、神奈川、埼玉
大阪、京都、兵庫、奈良
あり、申請中
申請前の方
atGPジョブトレ
IT・Web
どの年代でも東京、千葉、埼玉あり、申請中
申請前の方

就労移行支援を見る

就労移行支援とは

就労移行支援とは

就労移行支援とは、簡単に言うと、働くためのトレーニングやスキル学習、就職後フォローなどが付いた、障害者のキャリアをトータルでサポートしてくれるサービスのことです。
就労移行支援とは

就労移行支援とは、障害者総合支援法によって定められた障害福祉サービスのひとつで、障害者のキャリアをサポートするものです。

働くために必要な知識やスキルを習得できる機会を提供してくれるとともに、就職・転職活動で必要なサポート(キャリア相談や求人紹介、応募書類の添削、面接対策、職場定着のための支援)を実施してくれるサービスです。

また、就労移行支援は厚生労働省の資料「就労移行支援について」で以下のように説明されています。

サービス内容:

  • 一般就労等への移行に向けて、事業所内や企業における作業や実習、適性に合った職場探し、就労後の職場定着のための支援等を実施
  • 通所によるサービスを原則としつつ、個別支援計画の進捗状況に応じ、職場訪問等によるサービスを組み合わせ
  • 利用者ごとに、標準期間(24ヶ月)内で利用期間を設定

対象者:

一般就労等を希望し、知識・能力の向上、実習、職場探し等を通じ、適性に合った職場への就労等が見込まれる障害者(65歳未満の者)
① 企業等への就労を希望する者

就労移行支援プログラムは運営会社や事業所によってさまざま

就労移行支援は上記のように政府によって定められていますが、そのプログラム内容は運営会社や事業所によってさまざまです。

それぞれの就労移行支援事業がどんなプログラムを提供しているかは、『障害者におすすめの就労移行支援』のそれぞれの事業所解説の中の『就労移行支援の内容』に詳しく記載していますので、そちらをご覧ください。

就労移行支援の利用料金は?

この記事で紹介している就労移行支援事業では、9割の方は無料で利用していますよ。

就労移行支援の利用料金は厚生労働省によって定められており(下記表参照)、前年の世帯収入よって月の負担額の上限が決められています。

(世帯収入は、18歳以上の場合は本人と配偶者の収入の合計。18歳未満の場合は保護者世帯の収入の合計。)

区分世帯の収入状況月の負担上限
生活保護生活保護受給世帯0円
低所得者市町村民税非課税世帯(※1)0円
一般1市町村民税課税世帯(所得割16万円未満 ※2)
※入所施設利用者(20歳以上)、グループホーム、ケアホーム利用者を除く(※3)
9,300円
一般2上記以外37,200円

※1:3人世帯で障害者基礎年金1級受給の場合、収入が概ね300万円以下の世帯が対象。
※2:収入が概ね600万以下の世帯が対象。
※3:入所施設利用者(20歳以上)、グループホーム、ケアホーム利用者は、市町村民税課税世帯の場合「一般2」。

障害者の就職活動には就労移行支援事業がおすすめ!その5つの理由

障害者の就職活動には就労移行支援事業がおすすめ!その7つの理由

わたしが障害者の方に就労移行支援をおすすめする理由はつぎの5つです。
就労移行支援がおすすめの5つの理由
就労移行支援事業は、障害に理解がある企業の求人を扱っているから
さまざまな障害に対しての理解が深く、それを考慮してサポートしてくれるから
障害者に対するキャリアサポートのノウハウを蓄積しているから
働く中でのその障害に対する対策や対処法を熟知していて、レクチャーしてくれるから
働きだすための準備ができるだけでなく、新しいスキルや知識を学べる機会を提供してくれるから

以上のことから、障害者の方には就労移行支援を利用することをおすすめします。

「就活をしているのに内定がなかなかもらえない」「就活の進め方がわからない」「障害者に理解のある企業を探している」という障害者の方は、ぜひ就労移行支援事業を利用してみましょう。
内定率やキャリアへのモチベーションが格段にアップするとともに、働きだすための身体や心の準備ができるはずです!

就労移行支援事業を選ぶときの手順・見るべきポイント

障害者の方が就労移行支援を選ぶときの手順や見るべきポイントを紹介します。

障がい者
障がい者
就労移行支援事業は数が多くてどれを選べばよいか分からない…

という方も多いのではないでしょうか。

以下の手順に沿って選択肢を絞っていくと、よりスムーズにあなたに合った就労移行支援事業を選ぶことができるので、ぜひ参考にしてください。

就労移行支援事業を選ぶときの手順・見るべきポイント
住んでいる・働きたいと思っている地域の求人があるのか、その地域をサポートしているのかを確認
自分の障害をサポートしているかを確認
障害者手帳の有無によりサービスを利用できるかを確認
複数の説明会・見学会・体験・初回面談などを受ける
自分のレベルに合った就労移行支援事業の利用を開始

障害者におすすめの就労移行支援

それでは障害者におすすめの就労移行支援事業を紹介します。
今回は、就労移行支援のプログラム内容や障害者のキャリアサポート実績が充実している5つの就労移行支援事業を厳選して掲載しています。

就労移行支援のサポート内容はさまざまです。自分の障害のレベルに合った就労移行支援を受けることが就職成功のカギとなります。複数の就労移行支援事業の見学会や初回面談に参加し、あなたに合ったサポート内容の就労移行支援を受けるようにしましょう。

失敗しない 障害者キャリアサポート選び決定版!

おすすめ就労移行支援事業|Cocorport(ココルポート)|バランスの取れた多彩なプログラムですべての障害者におすすめ

更新日:2024/05/24

  • 年齢
  • 10代
  • 20代
  • 30代
  • 40代
  • 50代
  • 60代
  • 手帳の有無
  • 手帳あり
  • 手帳申請中
  • 手帳なし
おすすめ
料金無料(9割以上の方が0円で利用中)
対象エリア群馬, 埼玉, 千葉, 東京, 神奈川, 愛知, 大阪, 兵庫, 福岡
オンライン見学・面談

Cocorport(ココルポート)

Cocorport(ココルポート)のココがおすすめ

  • 自分のペースでスタート・継続できる(参加希望制の就労移行支援)
  • 障害の種類に関わらず一人ひとりに対応した柔軟性のあるサポート
  • バランスの取れた多彩な就労移行支援プログラム
  • ビジネス経験豊富なスタッフが就職活動を支援
  • 就職したあとのフォロー、職場定着支援も
Cocorport(ココルポート)とは

Cocorport(ココルポート)とは

就労移行支援サービスを2012年に開始し、2023年7月現在で3,334名の就職と自立に向けたサポートをしてまいりました。

2020年4月からは新たに「Cocorport College(ココルポートカレッジ)」という障がいのある青年期の方が自立に向けた様々な知識や経験を積んでいただく学びの場の提供も開始。今後も「ご利用者様お一人おひとりに適した支援を提供する(個別支援)」にこだわって支援を提供してまいります。

Cocorport(ココルポート)の就労移行支援の内容

Cocorport(ココルポート)の就労移行支援の内容

日々提供している就労移行支援のプログラムは、就職活動のためのものだけでなく、強みを伸ばすものや課題解決のためのものなど、多種多様に用意しています。全Office(ココルポートの支援センターはofficeと呼ばれます)共通で提供する標準プログラム(70種類以上)のほかに、各Officeを利用される方の必要性に合わせて企画する独自プログラムもあります。

参加も希望制のため、利用される方の目的に沿った内容でトレーニングを進めることができます。

PCトレーニング

  • 一人一台パソコンが自由に使える環境
  • 個々のレベルに合わせたパソコン講座の開催
  • 自己学習用にeラーニングを導入
  • データ入力等、職場でPCを使うことを想定した訓練
  • PC資格取得もバックアップ
  • まったくの初心者の方でもスキルアップが可能

ココルポート独自のプログラム

  • ビジネスマナー・スキルを身につけられる【座学型講座】
  • グループワーク【体験型講座】
  • ソーシャルスキルトレーニング【コミュニケーション実践形式】
  • ブレインストーミング【考える力を養う】
  • WRAP【元気回復プログラム】

実践トレーニング

  • 工賃業務【実際に工賃が発生するトレーニング】
  • 模擬就労【会社で行われる仕事を模してグループもしくは個人で業務を行う】
  • 企業実習【実際の企業へ行き、業務を行う職場体験型トレーニング】
  • 模擬面接【企業経験豊富なスタッフが、面接官として模擬的に面接を行い、良い点・課題点をフィードバック】

余暇プログラム

  • 働き続けるために、ご自身に合ったリフレッシュする方法を身につける【プロの講師によるアロマセラピー、ダンス、ストレッチ、農業プログラム等】グループワークを通じてコミュニケーション力・目標達成力を高める【新聞企画、イベント企画等】
  • 働き続けるための体力をつける【ウォーキング、卓球、フットサル等】
Cocorport(ココルポート)はこんな方におすすめ

Cocorport(ココルポート)はこんな方におすすめ

  • 就職経験がない方
  • キャリアにブランクがある方
  • 一般就労を目指す方
  • 新たなスキルを習得したい方
  • キャリアアップを目指す方
Cocorport(ココルポート)に関する#タグ

引用:Cocorport(ココルポート)

おすすめ就労移行支援事業|パーソルチャレンジ・ミラトレ|人材大手が運営する就労移行支援

更新日:2024/05/24

  • 年齢
  • 10代
  • 20代
  • 30代
  • 40代
  • 50代
  • 60代
  • 手帳の有無
  • 手帳あり
  • 手帳申請中
  • 手帳なし
おすすめ
料金無料(9割以上の方が0円で利用中)
対象エリア埼玉, 千葉, 東京, 神奈川, 愛知, 大阪, 兵庫
オンライン見学・面談

パーソルチャレンジ・ミラトレ

※その他のサービス:dodaチャレンジ

パーソルチャレンジ・ミラトレのココがおすすめ

  • 人材大手パーソルグループならではの支援
  • 一人ひとりに最適な個別支援計画
  • コミュニケーションスキルを重視
  • 実際の職場のような疑似就労環境をご用意
  • 就職後も長く活躍できるよう支援
パーソルチャレンジ・ミラトレとは

パーソルチャレンジ・ミラトレとは

はたらく未来をあきらめない

私たちがご提供するのは、あなたが「はたらく自信」を手にし、未来の可能性を広げるための就労移行支援。仕事の上手な進め方、障害との向き合い方、自分に合った仕事の探し方。

各分野の専門家が連携し合い、一人ひとりに配慮しながら、長くはたらき続けるためのスキルを高めます。

「はたらく未来」を叶えるトレーニングを、私たちと一緒に始めませんか?

パーソルチャレンジ・ミラトレの特徴

パーソルチャレンジ・ミラトレの特徴

パーソルグループならではの支援

運営会社であるパーソルダイバースは、総合人材サービス「パーソルグループ」の特例子会社として、障害のある社員とともにはたらく会社です。また就労移行支援以外にも、障害者向け転職・就職支援「dodaチャレンジ」を運営しており、障害者雇用に関する豊富なノウハウや実績を培ってまいりました。そうした知見が、利用者さまへの支援に活かされています。

一人ひとりに最適な個別支援計画

支援員が一人ひとりのお悩みやお困りごとをしっかりヒアリングし、それぞれの状況やペースに合わせた個別支援計画を作成いたします。無理なく続けられるから、着実にはたらく力が身につきます。

コミュニケーションスキルを重視

企業が採用時に重視するポイントは、コミュニケーション能力。はたらく上で求められる様々なコミュニケーションを想定し、円滑に進めるための実践的なプログラムをご用意しています。

実際の職場のような疑似就労環境をご用意

事業所の内装やプログラムの内容は、実際の職場を想定して作られています。リアルな疑似就労体験ができるので、はたらく自分を明確にイメージしながらプログラムに取り組むことができます。

就職後も長く活躍できるよう支援

本当のスタートははたらき始めてから。就職先でのお悩みやお困りごとが生じた場合、私たちが利用者さまと企業の懸け橋となり、長く活躍できるよう支援を行います。

パーソルチャレンジ・ミラトレの就労移行支援の内容

パーソルチャレンジ・ミラトレの就労移行支援の内容

パソコンの使い方や書類の作成練習といった基本的なスキルを習得するトレーニングはもちろん、職場でのコミュニケーションに関するプログラムも豊富にご提供しています。対人関係や職場での振る舞い方に不安をお持ちの方にも、ご安心いただける内容です。

はたらく準備を整えるトレーニング

  • 障害理解
  • 自己理解
  • 生活リズムを整える
  • 通所できる体づくり
  • (健康面・体力面)
  • 勤怠ルールの遵守
  • あいさつなど
  • 基本的なコミュニケーション

労働習慣・職業適性を身につけるトレーニング

  • ビジネスマナー
  • コミュニケーション
  • グループワーク
  • 事業所を会社に見立てた
  • 疑似就労
  • PCを活用した書類作成
  • 発表・プレゼンテーション練習

さまざまな実習・実践的トレーニング

  • プレゼンテーション実践
  • 面接会への参加
  • オフィスワークボランティアへの参加
  • 雇用含み実習

就職活動に備えるトレーニング

  • 職種・企業研究
  • キャリアカウンセリング
  • 面接訓練・模擬面接
  • 履歴書・職務経歴書の作成
  • 求人検索
  • 求人票の読み取り方
パーソルチャレンジ・ミラトレはこんな方におすすめ

パーソルチャレンジ・ミラトレはこんな方におすすめ

  • 就活をしているがうまくいかない方
  • 就職しても長く働くことができるか不安な方
  • コミュニケーションが苦手な方
  • 生活リズムが乱れがちな方
  • 感情のコントロールに不安がある方
パーソルチャレンジ・ミラトレに関する#タグ

引用:パーソルチャレンジ・ミラトレ

おすすめ就労移行支援事業|LITALICOワークス|全国で幅広く展開、知名度の高い就労移行支援

更新日:2024/05/24

  • 年齢
  • 10代
  • 20代
  • 30代
  • 40代
  • 50代
  • 60代
  • 手帳の有無
  • 手帳あり
  • 手帳申請中
  • 手帳なし
おすすめ
料金無料(9割以上の方が0円で利用中)
対象エリア全国
オンライン見学・面談

LITALICOワークス

LITALICOワークスのココがおすすめ

  • これまでに13,000名以上の障害者をサポート
  • 新たな職場への定着率は80%以上
  • 就労専門スタッフがいる事業所を全国に約120ヶ所持つ
  • LITALICOワークス独自の200種以上のプログラム
  • 気になる企業での職場体験も
LITALICOワークスとは

LITALICOワークスとは

LITALICOワークスはあなたと未来の職場をつなぐお手伝いをします。

私たちLITALICOワークスは、障害のある方のための福祉サービスである就労移行支援を提供しています。全国約120ヶ所の事業所で、累計13,000名以上の障害のある方の就職をお手伝いしてきました。

就労移行支援とは、働くために必要な知識やスキルの習得、企業実習、職場環境を整えるお手伝いなど、働く前から働き出した後まで不安や心配を解消し、あなたの「働きたい」に寄り添うサービス。

(障害手帳がなくても利用できます。9割以上の方が無料で利用しています。)

LITALICOワークスの特徴

LITALICOワークスの特徴

気になる企業で職場体験

自分に合う仕事や、自分らしい働き方を見つけるための機会として、企業での職場体験実習をおこなっています。職場体験実習の中で、長く働ける工夫や、自分に合った働く環境が見えてきます。

理想的な働き方を企業と連携して探します

LITALICOワークスは、履歴書作成や面接時の同行はもちろん、長年の経験を持つスタッフが、一人ひとりに最適なサポートを柔軟におこない、ご本人のアピールポイントを引き出します。また、企業開拓にも力をいれており、開拓した独自の求人情報をご提供します。企業と連携して職場見学や実習などを通じてあなたに合った働き方を一緒に探すことができます。

専門的な視点で、その人にあった支援と職場へ働きかけます

就職を実現するためのニーズやプロセスは一人ひとり違います。LITALICOワークスではそのひとりに最適な支援を提供するために、専門的なアセスメントと具体的な計画、本人だけでなく職場環境や関係機関を巻き込んでその人に合った働くを実現することを目標にしています。

LITALICOワークスの就労移行支援の内容

LITALICOワークスの就労移行支援の内容

希望・性格・得意不得意などで、一人ひとり適した職場は異なります。LITALICOワークスでは3つのポイントを通して、自己と職場理解を深め、安定して働ける環境づくりをサポートします。

LITALICOワークス独自の200種以上のプログラム

長年の就労支援で培われたノウハウが詰まった、独自のプログラムは200種以上。キャリアチェンジにも対応したLITALICOワークス独自のオリジナルテキストも魅力のひとつです。 ビジネスマナー、ストレスマネジメント、コミュニケーションスキルなど、働くための幅広い知識を身につけることができます。

働く前の取り組み

就職だけでなく、将来の希望や不安など、幅広くスタッフに相談しながら、あなたらしい働き方を見つけます。伸ばすべき能力、対策すべき課題などを整理しながら、働くための土台を磨き、企業実習などを通して、就労に必要な知識や能力の向上を目指します。

就活時のサポート

LITALICOワークスは、履歴書作成や面接時の同行はもちろん、長年の経験を持つスタッフが、一人ひとりに最適なサポートを柔軟におこない、ご本人のアピールポイントを引き出します。

また、企業開拓にも力をいれており、開拓した独自の求人情報をご提供します。企業と連携して職場見学や実習などを通じてあなたに合った働き方を一緒に探すことができます。

入社後の定着支援

就職後、「働き続けられるだろうか」「新しい環境で困ったらどうしよう」と、不安や悩みを抱える方は少なくありません。LITALICOワークスでは、こうしたご本人の不安・心配を、企業との間に入ってサポート。長期にわたって働き続けられる環境づくりを目指します。

LITALICOワークスはこんな方におすすめ

LITALICOワークスはこんな方におすすめ

  • 向いている仕事が自分ではわからない
  • 人混みが苦手で通勤ができるか心配
  • 体調が不安定で、働き続ける自信がない
  • 自分の人柄や障害を理解してもらって働きたい
  • 職場でのコミュニケーションが不安
LITALICOワークスに関する#タグ

引用:LITALICOワークス

おすすめ障害者エージェント|atGPジョブトレ|5つの障害に特化したコース制の就労移行支援

更新日:2024/05/24

  • 年齢
  • 10代
  • 20代
  • 30代
  • 40代
  • 50代
  • 60代
  • 手帳の有無
  • 手帳あり
  • 手帳申請中
  • 手帳なし
atGP(アットジーピー)ジョブトレ
おすすめ
料金無料(9割以上の方が0円で利用中)
対象エリア埼玉, 千葉, 東京, 神奈川, 京都, 大阪, 兵庫, 奈良
オンライン見学・面談

atGPジョブトレ

※その他のサービス:atGPジョブトレ IT・WebatGP (アットジーピー)

atGPジョブトレのココがおすすめ

  • 障害者のための就労移行支援、20年以上のサポート実績
  • 5つの障害に特化したコース制の就労移行支援サービス
  • atGPエージェントと連携した就職サポートが受けられる
  • 利用者満足度92%
  • 事務職での就職率94%
atGPジョブトレとは

atGPジョブトレとは

就職後も、ご自身の障害や症状とうまく付き合いながら働き続けたい方向けの、障害別専門支援の就職支援サービスです。「うつ症状コース」「発達障害コース」「統合失調症コース」「聴覚障害コース」「難病コース」をご用意し、ご自身の障害・症状に特化したカリキュラムを受講できます。

事務職で即戦力として働くための豊富なカリキュラムと、atGP転職を含む様々なチャネルを活用して”就職後も自分らしく働き続ける”ためのトレーニングと就職サポートを行っています。

障害・症状と付き合いながら自分らしく働き続けていくには、「障害理解・対処スキル」「ビジネススキル」「実践スキル」をバランスよく身につけることがポイントです。模擬職場スタイルでの実践トレーニングと、それを発揮する場としての企業実習の機会もご用意しています。

atGPジョブトレの特徴

atGPジョブトレの特徴

就職準備

障害への対処スキル、PCなどのビジネススキルといった、就職に必要なスキルを身につけます。

実践トレーニング

実際の職場を想定した模擬業務や、企業実習に取り組み、実践力を身につけます。

就職活動サポート

求人紹介、書類作成、面接と、就職活動もトータルサポートします。

職場定着サポート

就職後も安定して働いていただけるよう、定期面談など最大3年半引き続きサポートします。

atGPジョブトレの就労移行支援の内容

atGPジョブトレの就労移行支援の内容

障害理解・対処スキル習得

自分に合った仕事・働き方で、長く働き続けていくためには、自己理解を深め、自己対処できることを増やしていくことが大切です。

  • ストレスマネジメント
  • 認知行動療法
  • アンガーマネジメント

ビジネススキル習得

事務職での就職・活躍を目指し、コミュニケーションやPCスキルなどのビジネススキルを習得していきます。

  • ビジネスコミュニケーション研修
  • 対人コミュニケーション研修
  • PC研修
  • RPAトレーニング
  • 電話対応研修
  • 文章研修
  • 庶務業務研修

実践トレーニング

模擬職場スタイルでの実践トレーニングと、それを発揮する場として企業実習の機会を用意しています。

【模擬業務例】

  • 人事総務部門として社内イベント企画
  • マーケティングアシスタントとして経営会議用の資料作成 ...など
  • 企業での実習(インターン)にもチャレンジできます。

就職活動サポート

就職活動における基本的な知識やノウハウを、座学とグループワークを通して習得していきます。

  • 就職活動の準備をする
  • 多様な選択肢から自分に合った就職先と出会う
  • 丁寧な個別サポートで就職が決まる

職場定着サポート

  • 定期面談
  • 就職先企業への定期訪問
  • 定期アンケート
  • OBOG会
atGPジョブトレはこんな方におすすめ

atGPジョブトレはこんな方におすすめ

  • 事務職を希望する
  • 職場での人間関係がうまくいかず、転職を繰り返してしまう
  • 自分に向いている仕事がわからない
  • 長く働くために、自分の障害に合った対策を立てられるようになりたい
  • 職場で上司や同僚とうまくコミュニケーションがとれない
  • 実務の経験がない
atGPジョブトレに関する#タグ

引用:atGPジョブトレ

おすすめ就労移行支援事業|atGPジョブトレ IT・Web|IT・Webに興味がある障害者におすすめ

更新日:2024/05/24

  • 年齢
  • 10代
  • 20代
  • 30代
  • 40代
  • 50代
  • 60代
  • 手帳の有無
  • 手帳あり
  • 手帳申請中
  • 手帳なし
atGP(アットジーピー)ジョブトレ IT・Web
おすすめ
料金無料(過半数以上の方が0円で利用中)
対象エリア埼玉, 千葉, 東京, 大阪
オンライン見学・面談

atGPジョブトレ IT・Web

※その他のサービス:atGP (アットジーピー)

atGPジョブトレ IT・Webのココがおすすめ

  • 障害者雇用のパイオニアとして、20年以上に渡り障害者のキャリアをサポート
  • IT・Web職に就職した3人に1人がスキル未経験
  • 幅広い年齢層で就職を実現
  • あらゆる障害の方が就職を実現
  • 症状悪化を予防するストレスや生活習慣の管理法も学べる
atGPジョブトレ IT・Webとは

atGPジョブトレ IT・Webとは

障害者のためのIT・Web専門就労移行支援サービス

その場で講師に質問できるから安心!未経験でもWebデザイン、プログラミングが身につく

-

「働き続ける力」が身につくカリキュラム設計

IT・Webの専門スキルと同時に、障害・症状への対処法、ビジネススキルも身につけるからこそ、安定就労を実現できます。

-

IT・Web専門職以外の就職も目指せます!

atGPブランドの豊富な企業ネットワークを活用し、学んだスキルを活かせる事務職など、他の職種への就職もサポートします。

atGPジョブトレ IT・Webの特徴

atGPジョブトレ IT・Webの特徴

未経験でも実践的なIT・Webスキルが身につく

  • わからないことはプロ講師にいつでも聞ける
    教室には、現役で活躍しているWebデザイナー、ITエンジニアの講師が常駐しています。一人ひとりのペースに応じてサポートしますので、ご安心ください。
  • デジタルハリウッドの動画講座で基礎をマスター
    デジタルハリウッドの動画講座を無料で受け放題!丁寧でわかりやすい説明で、初心者の方でも簡単に理解できます。
  • 豊富な実践課題でスキルが身につく!
    実際の職場を想定した、サイト制作などのオリジナル課題に個人やグループで取り組んでいきます。学習したスキルを何度も実践することで、就職後に即戦力になることを目指します。

“安定就労”と“活躍する”ためのトレーニングと就職サポート

  • 自分の障害や症状に対処できるようになる
    自分の障害特性や苦手を理解し、仕事をする上でうまく対処できるようになることを目指し、ストレスマネジメントやアンガーマネジメントなどの研修でスキルを身につけます。
  • 初めての就職でも安心!ビジネススキルも習得
    職場での人間関係や仕事をスムーズに進められるようになることを目指し、ホウレンソウ(報告・連絡・相談)や、コミュニケーションなどのビジネススキルを、研修やグループワークを通して身につけます。
  • 障害者の転職サービス業界No1のatGPによる就職サポート
    障害者雇用支援サービスのパイオニアとして20年以上の実績と、2,500社にも及ぶ業界トップクラスの求人企業ネットワークがあります。求人紹介はもちろん、書類や面接もマンツーマンでサポートします。

受講スタイル

通所型

  • 週4日以上を目安に施設に通っていただきます。
  • 営業日は月~土曜日。
  • 時間は10時~16時が基本です。
  • 決まった時間に通所することで生活リズムを整えていきます。

PC設備完備

  • PCや学習に必要なソフトはすべて一人一台準備していますので、ご用意いただく必要はございません。

仲間・スタッフの存在

  • 通所している障害のある仲間と切磋琢磨できる環境があります。
  • IT・Webスキルを習得する講座も転職支援もそれぞれ専門スタッフが施設におります、どんなことでもお気軽にご相談ください。
atGPジョブトレ IT・Webの就労移行支援の内容

atGPジョブトレ IT・Webの就労移行支援の内容

選べる2つのコース

未経験OK!初心者でも就職につながるIT・Webスキルが身につきます。

Webデザイナーコース

目指せる職種

  • Webデザイナー
  • HTMLコーダー

身につくスキル

Webサイト制作に必要なWebレイアウト・デザインの基本から、HTML5やJavaScriptなどのコーディングスキルまで、幅広く学べます。

  • Photoshop
  • Illustrator
  • HTML/CSS
  • Javascript
  • Wordpress

ITエンジニアコース

目指せる職種

  • プログラマー
  • システムエンジニア

身につくスキル

データベースと連携するシステム開発の基礎を学習します。これらの言語は、Webサイト、アプリ、ゲーム開発に必要なスキルです。

  • PHP
  • Javascript
atGPジョブトレ IT・Webはこんな方におすすめ

atGPジョブトレ IT・Webはこんな方におすすめ

  • Webデザインに興味がある
  • Webサイトを作ってみたい
  • プログラミングに興味がある
  • サービス開発に携わってみたい
atGPジョブトレ IT・Webに関する#タグ

引用:atGPジョブトレ IT・Web

就労移行支援事業を利用した人の評判

就労移行支援事業を利用した人の評判

男性気分障害
30代男性
働く上でのうつ症状への対処法が明確になった

自分では解決策が見つからず就労移行支援を利用しました。最初は事業所に通うのも億劫だったのですが、専任のカウンセラーが丁寧にサポートしてくれたおかげで、徐々に精神的にも安定していったと思います。特に、職場でのコミュニケーションの取り方などを学べるプログラムの経験はいまも役立っています。また入社した会社もうつ病に理解のある会社で、私の症状を考慮してくれているのも大きいですね。

女性発達障害
30代女性
人とあまり関わりの無い職場に就職できた

人とコミュニケーションを取るのが苦手で、特に電話対応やミーティングといった人と会話をしながら物事を進めて行く仕事が苦手です。なのでなるべく人と関わりの無い求人を探していたのですが、なかなか見つからず。就労移行支援を使えばなんとかなるのでは、と思い利用をはじめました。就活時にスタッフが私の意向と仕事内容などを照らし合わせてくれ、無事に会話が少ない、会話をしなくても仕事を進められる会社に入社することができました。

男性発達障害
20代男性
疑似職場体験で報連相のコツを掴めた

疑似職場体験ができる就労移行支援事業を利用しました。私はひとに報告や連絡をするのが苦手です。仕事をするとなるとどうしても報連相が必要になるので困っていました。そこで、就労移行支援の事業所では、普通の会社のように仕事や役割が与えられるプログラムを行いました。そのトレーニングの中で会話の聞き方や話し方を学ぶことで、コミュニケーション能力が少しは向上したと思います。

男性精神障害
30代男性
前向きに考えられるようになった

就労移行支援の利用を開始して、生活リズムの改善が進みました。さまざまなプログラムを通して、だんだん前向きに考えられるようになったのがとても大きいです。また、自分と同じ障害を抱える仲間とグループワークをすることで、症状が悪化したときの対処法や考え方などを共有し学ぶこともできました。

就労移行支援事業のサポート内容と登録後の流れ

つぎに、就労移行支援事業のサポート内容と登録後の流れを順を追って説明していきます。

会員登録・見学予約後にどのような流れでサポートを受けられるのかを理解していることは、就労移行支援事業を利用する上でとても大切です。

就労移行支援の全体像が見えていれば、就職を成功させるまでのイメージができて、計画も立てやすくモチベーションも維持させやすいですよね!

障害者の雇用支援を行っているエージェントのサポート内容と登録後の流れは次のようになっています。

エージェントによって、サポート内容が若干異なったり、順序が入れ替わったりしますが、ここでは一般的な障害者エージェントのサポート内容を紹介しています。

エージェントのサポート内容,登録後の流れ(障害者)

就労移行支援とは

就労移行支援とは、障害者総合支援法に定められた「障害福祉サービス」のひとつです。障がいのある方が就労に向けたトレーニングを行い、働くために必要な知識やスキルを習得し、就職後も職場に定着できるようサポートを行います。

引用元:Cocorport(ココルポート)

サポート内容・登録後の流れ詳細

1.登録 / 予約する(無料)

1.登録 / 予約する(無料)

障害者エージェントの公式サイトで、必要な情報を入力して登録、もしくは予約を完了させしましょう。

また、障害者手帳を所持している(申請中も含む)、障害者の方しか利用できないエージェントもあるので各エージェントのホームページで確認をしてください。

最近のエージェントの傾向として、登録が簡単で、すぐに完了できるところも増えてきています。名前や電話番号、メールアドレスなど以外は選択式で会員情報を入力できて、あまりストレスがかからず登録できるのは良いですね。
2.本人確認の連絡

2.本人確認の連絡

登録後は、電話もしくはメールなどで本人確認の連絡が来ます。

(聴覚障害など、電話が困難な方へはメールで本人確認の連絡がくるので、普段使っているメールアドレスを登録しましょう。)

登録内容に誤りがないことをきちんと確認しましょう。

また、初回面談や見学などの日程調整がおこなわれる場合もあるので、障害者エージェントを利用する際は自分のある程度のスケジュールを把握しておいてください。

障害者エージェントによっては本人確認のついでに、経歴や就職、転職意志などの簡単なヒアリングも行われることがあります。時間にして10~15分、長い場合だと20分くらいは掛かってしまう場合もあるので、時間が無いときは後ほど折り返すか、折り返しの電話をしてもらうよう頼みましょう。
3.説明会 / 見学 / 体験 / キャリアカウンセリング

3.説明会 / 見学 / 体験 / キャリアカウンセリング

まずはじめに、説明会や施設見学、研修体験などを行っているエージェントもあります。

それらの過程をへて、最終的にその障害者エージェントを利用しようとなった方に対して、本格的にエージェントが就職・転職サポートを行ってくれます。

また、キャリアカウンセリングでは、エージェントの担当者と対面(もしくはテレビ電話など)で面談を実施し、あなたの経歴やスキル、キャリアデザインや希望条件などのヒアリング、アドバイスなどが行われます。

このキャリアカウンセリングは、企業の選考とはまったく関係の無いものです。リラックスしてあなたの本音を伝えるようにしましょう。
4.就労移行支援(スキル学習・研修期間)

4.就労移行支援(スキル学習・研修期間)

就労移行支援を設けている障害者エージェントもあります。

ITやWeb関連の新たなスキルを身に着けられる研修を実施しているところや、働くことに慣れてもらうために研修を実施しているエージェントがあったりと、まちまちです。

あなたのニーズに合った障害者エージェントを利用するようにしましょう。
5.求人紹介

5.求人紹介

キャリアカウンセリングの結果や研修の内容を元にあなたの適正を判断し、将来のキャリアデザインや希望に合った求人を複数紹介してくれます。

紹介される求人の数は、障害の種類やエージェント、研修内容、キャリアカウンセリングの結果によってまちまちです。1、2件しか紹介されない場合もあれば、5件以上の紹介をされることもあるでしょう。
6.応募書類添削

6.応募書類添削

エントリー先が決まれば、次に行われるのは応募書類の準備、添削です。

履歴書や職務経歴書の基本的な書き方から魅せ方まで、丁寧に添削をしてくれます。

エージェントの人は何百、何千という障害者の方の応募書類を見てきたプロフェッショナルです。エージェントの添削に頼れば、書類作成に自信がないという方でも安心ですね。
7.求人へ応募

7.求人へ応募

応募書類が完成したら、あなたの担当者が企業に提出をしてくれます。

応募書類の提出と一緒に、推薦文や推薦コメントを企業の人事担当に伝えてくれ、書類選考を有利に進められるのも障害者エージェントのメリットです。

求人サイトを利用する場合は、自分ひとりで応募書類をそろえ、エントリーなどの手続きも自分でやらなくてはいけません。もちろん、あなたを推薦してくれる人もいないでしょう。
こういった点でも、求人サイトよりも障害者エージェントを利用するほうがメリットは大きいと言えますね。
8.面接対策

8.面接対策

面接の対策では、基本的なマナーや受け答えの仕方、自己PRや志望動機、障害の内容の伝え方などをアドバイスしてくれます。

また、エントリー先企業ごとの面接対策も実施してくれる場合もあります。

それぞれの会社の業界や職種にマッチした面接対策はもちろん、採用担当者が何を求めているのか、というような面接の本質的なことまでを伝授してくれます。

アドバイスや対策を教えてくれるだけでなく、模擬面接の実施もしてくれるので、緊張せずに本番に臨むことができると思いますよ。
9.採用選考・面接

9.採用選考・面接

面接対策が終われば、いよいよ企業の採用担当者との面接に入ります。

面接の準備や選考スケジュールの調整などは、担当のカウンセラーがすべて行ってくれるので安心です。

また万が一、採用選考に漏れてしまったとしても、その理由を知ることができるのも障害者エージェントを利用する大きなメリットです。

残念ながら選考に漏れてしまったときには、エージェント側が落ちた理由を企業の採用担当者に確認をしてくれ、あなたに採用選考のフィードバックを伝えてくれるようになっています。
その内容を次の応募先企業との面接に活かすことができるので、ひとりで行う就活・転職活動よりも圧倒的なアドバンテージを得ることができるでしょう。
10.内定・入社サポート

10.内定・入社サポート

内定が出たら、エージェントの担当者から連絡が来ます。

入社日程の調整や、ときには給与面などの条件交渉も責任を持っておこなってくれるので、最後まで障害者エージェントに頼ってしまいましょう。

また、いまの会社を退職するときの手続きや退職ノウハウなども持っているので、「会社にどう退職を伝えれば良いのか分からない」などの悩みを持っている場合にも、エージェントは頼りになります。

内定が出たあとは、新たな会社への入社に備えて、健康面やメンタル面も含め万全の体制を整えましょう!

就労移行支援は「意味がない」「ひどい」のか?就労移行支援の実態

就労移行支援は「意味がない」「ひどい」のか?就労移行支援の実態

最後に就労移行支援の実態についてお話ししていきましょう。

ウェブ上の就労移行支援事業の評判や口コミを見ると、

障がい者
障がい者
就労移行支援は意味がない…
就労移行支援の内容がひどい…

というような意見を良く見かけます。

それもそのはずです。就労移行支援は運営会社や事業所、コース、プログラムなどによってレベルが大きく異なるからです。”レベルが大きく異なる”とは、その就労移行支援の良し悪しを言っているのではありません。

「就労移行支援」とひと言で言っても、そのレベルや種類はさまざま

障害の種類や重症度は、そのひとそのひとによって千差万別です。

そういった様々な障害を抱えているひとに対して、単一の定められたものによって全員を対象として就労移行支援を行うことは不可能です。もし可能だとしても、とても効率の悪いものになるでしょう。

障害者のさまざまなニーズに応えるために、就労移行支援事業を提供している企業は複数のプログラムを用意していることがほとんどです。

仕事に繋がるスキルを学べる就労移行支援プログラムもあれば、働き出すことにハードルを感じている障害者が仕事に慣れるためだけの就労移行支援プログラムなどもあります。

就労移行支援の事業所によって紹介してくれる求人の数や質に差がある

同じ分類の障害、そして障害の重症度も同じである、という人でも、利用する就労移行支援の事業所や運営会社によって紹介してくれる求人の数や質は異なります。

紹介してくれる求人は、それぞれの運営会社が独自に開拓や募集をした求人だからです。

そのため、あまり紹介実績のない企業が運営する就労移行支援を利用しても、その後になかなか良い求人を紹介してくれない、という事態に陥ってしまいます。

また、就労移行支援の事業所によって、扱っている求人の特色が異なることも抑えておきましょう。

障害のレベルが重いひと向けに単純作業の求人を多く保有しているところや、障害のレベルが軽くキャリア志向の障害者向けの求人を多く保有しているところなどもあります。

自分のレベルに合わない就労移行支援は「意味がない」し「ひどい」と感じる

上記の理由から、自分のレベルに合わない就労移行支援を受けているひとは「意味がない」し「ひどい」と感じて、利用者と就労移行支援とのミスマッチが起こっている現状があります。

しかし、一概に”就労移行支援”とひとくくりにして「意味がない」や「ひどい」といったネットの評判や意見を鵜呑みにして就労移行支援から距離を置いてしまうのは、就職への適切なルートをたどるための弊害になってしまうので注意が必要です。

複数の就労移行支援の事業所の見学会や初回面談に参加して、自分のレベルに合った就労移行支援を利用しよう

こういったミスマッチを回避するために、利用前に複数の就労移行支援事業を見学して、自分にはレベルが低すぎるのか、高すぎるのかをしっかりと見極める必要があります

障がい者
障がい者
見学だけではレベルの感覚があまり掴めなかった。

というような人は、就労移行支援事業所のスタッフの方と面談をし、相談や質問をすると良いでしょう。

とにかく、最初の就労移行支援事業所選びはとても大切です。レベル感が掴めるまで見学やヒアリングをすることで、事前にこのミスマッチを回避することができます。

「就労移行支援の事業所によって、ほんとうに様々な特徴を持っている。」ということを理解し見学会や初回面談にのぞみましょう。そして、さまざまな視点からその就労移行支援を吟味し、自分のレベルに合ったところを利用するようにしましょう。

就労移行支援に関するよくある質問(FAQ)

就労移行支援に関する質問、Q&A

就労移行支援に関するよくある質問(FAQ)を紹介します。

就労移行支援とは具体的にどのような支援を提供してもらえるのですか?

就労移行支援は、障害を持つ人々が働くために必要な支援を提供するプログラムです。職業訓練や求職活動の支援、職場での適応支援、雇用主へのサポートなどが行われます。また、就労後もフォローアップが行われ、障害者が長期的に雇用されることをサポートします。個別のニーズや目標に合わせた柔軟な支援が提供されます。

障害者の就労移行支援はどのような機関や組織が提供していますか?

障害者の就労移行支援は、地方自治体の福祉部門や障害者支援課、障害者職業センター、障害者支援施設、職業訓練機関、民間の福祉団体などが提供しています。これらの機関や組織は、専門知識や経験を持った専門家が関与し、障害者の個別のニーズに応じた支援を提供しています。地域によって利用できる機関や組織が異なるため、地域の情報を確認することが重要です。

就労移行支援の期間はどのくらいですか?

就労移行支援の期間は、個人の状況やニーズによって異なります。一般的には、数ヶ月から1年程度の期間が設定されることが多いですが、必要な支援内容や目標の達成状況によって延長される場合もあります。具体的な期間は、就労移行支援を提供している機関やプログラムによって異なるため、相談や詳細な情報収集が必要です。障害者の就労移行を支援する目的で、個別のケースに合わせた期間が設定されることが一般的です。

就労移行支援に参加するためにはどのような条件がいりますか?

就労移行支援に参加するためには、障害の認定を受けていることや労働能力を持っていることが条件となります。また、本人や家族の就労の希望も重要な要素です。一部の場合を除き、地方自治体や関連機関からの紹介や申請が必要となります。具体的な条件や要件は、地域や提供機関によって異なるため、関係機関への相談が必要です。

就労移行支援の費用はかかりますか?

就労移行支援にかかる費用は、一般的には利用者に直接負担がかかることはありません。多くの場合、政府や地方自治体の予算や補助金によって支援が行われます。ただし、一部の特定のプログラムやサービスには、一部の費用負担や自己負担が求められる場合があります。具体的な費用については、就労移行支援を提供する機関やプログラムによって異なるため、相談や詳細な情報収集が必要です。支援の費用に関しては、関係機関に直接確認することをおすすめします。

就労移行支援を受けるにはどのような手続きが必要ですか?

就労移行支援を受けるには、まず地域の障害者支援機関や福祉部門に相談し、申し込みを行います。その後、面談や評価を受け、個別の支援プランが作成されます。支援プランに基づき、職業訓練や求職活動の支援などが提供されます。具体的な手続きや必要な書類は、地域や提供機関によって異なるため、関係機関に直接相談することが重要です。

就労移行支援を受けたいのですが、障害の重さは関係ありますか?

就労移行支援を受ける際、障害の重さは関係があります。就労移行支援は、障害の程度や種類に合わせて個別の支援プランが作成されます。支援内容やプログラムは、障害者の能力やニーズに合わせて適切にカスタマイズされます。障害の重さや程度が支援の提供範囲や内容に影響を与えることがありますので、詳細な相談や評価を通じて適切な支援が行われるようになります。したがって、障害の重さや程度を関係機関に正確に伝えることが重要です。

就労移行支援を受けながら、同時に別の支援やサービスを利用することは可能ですか?

はい、就労移行支援を受けながら、同時に別の支援サービスを利用することは可能です。例えば、福祉サービスやリハビリテーションプログラム、心理的なサポート、医療の支援など、他の機関や組織が提供するさまざまなサービスを併用することができます。ただし、異なる支援やサービスを利用する場合は、各機関や組織との連携が重要であり、情報の共有や調整が必要です。関連機関や担当者に相談し、利用可能なサービスや支援の組み合わせについて詳細を確認することが重要です。

就労移行支援を受けると、どのような効果や成果が期待できますか?

就労移行支援を受けることで、障害者は就職や雇用の実現を目指すことができます。また、自立した生活や社会参加を促進し、職場での適応力やスキルの向上も期待されます。職業訓練や職場適応支援を通じてスキルを習得し、雇用主との連携による職場環境の整備も行われます。さらに、就労後のフォローアップやキャリアアドバイスによって長期的な雇用の実現を支援します。効果や成果は個人によって異なるため、関係機関に相談し具体的な情報を得ることが重要です。

就労移行支援後の職場でのサポートはありますか?

就労移行支援後も、職場でのサポートが提供される場合があります。トラブル解決や相談窓口の提供、職場適応支援、職場調整のサポート、キャリアアドバイスやキャリアプランニングなどが行われます。これらのサポートは、就労移行支援を提供している機関や関連機関との連携によって提供されることが一般的です。関係機関や担当者とのコミュニケーションを維持し、就労後も必要なサポートを受けることが重要です。

就労移行支援事業以外の障害者の就活・転職活動に関するノウハウ

JOB HUNTING.comでは、障害者の就職・転職活動に関するノウハウ情報を提供しています。「障害者の就活・転職活動に関する情報を知りたい」という方は、ぜひこちらのコンテンツもチェックしてみてください。

障がい者の就職・転職活動ノウハウ記事

あなたに合った就労移行支援事業は見つかりましたか?

今回は、障害者の方におすすめの就労移行事業をご紹介しました。

ここで紹介している就労移行支援事業は、どこも障害者のキャリアサポートに長けており、サポート体制やプログラムが整っている就労移行支援事業です。

障害者が活躍できる社会づくりを本気で目指している就労移行支援事業は信頼できますし、とても頼りになる存在です。

キャリア形成をあきらめない。障害を抱えながらも社会に貢献しようとする。
そんな方々を心から応援しています。

就労移行支援事業の評判を募集しています

ジョブハンティング.comでは、あなたの利用した就労移行支援事業の評判を募集しています。

あなたと同じ境遇の方に少しでも役立つ就労移行支援事業情報を発信できるように、評判やご意見を有効活用させていただきます。

みなさまからのより多くの投稿をお待ちしています!

就労移行支援事業の評判を投稿する