1ヶ月~3ヶ月以内の(超)短期離職でも転職が決まる方法|短期離職のマイナスイメージを払拭する転職理由

転職転職,短期離職

1ヶ月~3ヶ月以内の(超)短期離職でも転職が決まる方法|短期離職のマイナスイメージを払拭する転職理由
筆者:つばさ
筆者:つばさ
1ヶ月~3ヶ月以内の(超)短期離職でも転職が決まる方法について書きました。短期離職のマイナスイメージを払拭する転職理由の構成についても書いているのでぜひ参考にしてくださいね。

経歴:転職3回、フリーター3年以上、フリーランス7年以上、エージェント利用10社以上、人材会社でのキャリアもあり

1ヶ月~3ヶ月以内の(超)短期離職でも転職が決まる方法

1ヶ月~3ヶ月以内の(超)短期離職でも転職が決まる方法

1ヶ月~3ヶ月以内の短期離職をすると転職が決まらない?

短期離職者
短期離職者
1ヶ月~3ヶ月も持たず超短期間で会社を辞めてしまった…
つぎの転職なかなか決まらないんだろうな…

筆者が関わってきたひとの中にも、1ヶ月~3ヶ月で会社を辞めた、3日で会社を辞めた、という短期離職者は数多くいました。

しかし、「転職が決まらない」のかというとまったくそんなことはありません。しっかりと対策をすれば、1ヶ月~3ヶ月以内の短期離職をしたひとでも次の転職を決めることができます。

1ヶ月~3ヶ月の短期離職でも転職が決まる方法

1ヶ月~3ヶ月以内の(超)短期離職でも転職が決まる方法は、ズバリ、短期離職に強い転職エージェントを利用することです。その理由については次の項目で解説しています。

短期離職に強い転職エージェントを使うべき理由

短期離職に強い転職エージェントを使うべき理由

原因はどうであれ、1ヶ月~3ヶ月以内という短い期間で短期離職をしたひとは転職活動では不利を背負ってしまいます。その不利を自分で打開できそうにないひとは、短期離職に強い転職エージェントを利用しましょう。

転職エージェントは、多くの転職者を、もちろん多くの短期離職者をもサポートしてきた実績があります。さまざまな短期離職・超短期離職の理由を知ってるので、的確なアドバイス、受け答えの仕方をしっかりとレクチャーしてもらいましょう。

短期離職で転職エージェントを使った方が良い理由
多くの短期離職者(1ヶ月~3ヶ月以内のひとも含む)のキャリアサポート実績がある
さまざまな短期離職パターンを熟知していて、ノウハウを持っている
1ヶ月~3ヶ月以内の短期離職の場合でも、応募書類にどう書けば良いか、面接時にどう答えれば良いのかをレクチャーしてくれる

1ヶ月~3ヶ月以内の短期離職でも転職が決まる転職エージェント

それでは、1ヶ月~3ヶ月以内などの(超)短期離職にも強い転職エージェントを見てみましょう!
ここでは、短期離職者のキャリアサポート実績が豊富な転職エージェントを掲載しています。

JAICのココがおすすめ –

  • 未経験から正社員に就職!
  • 就職成功率81.1%以上 / 入社後定着率91.5%
  • キャリア支援実績23,000名以上
  • 厚生労働省委託事業の「職業紹介優良事業者」
JAIC

第二新卒エージェントneoのココがおすすめ –

  • 既卒・フリーターでも就職できる
  • 就職成功者15,000人以上
  • 未経験OKの求人が5,000件以上
  • 入社前・後のアフターフォローもバッチリ

第二新卒エージェントneo

アドプラのココがおすすめ –

  • 東海エリアの20代就職・転職に特化
  • 東海エリアの企業数No.1、取引社数は1万社以上
  • ホワイト企業を扱い、入社後の定着率97%
  • 創業から40年の確かな実績
アドプラ
UZUZ(ウズウズ)

UZUZ(ウズウズ)のココがおすすめ –

  • 20代専門だから内定率86%!
  • 他社の10倍時間をかける20代専門の就職・転職サポート
  • 厳正な自社基準でブラック企業を完全排除
  • 大手上場からベンチャーまで優良企業多数
UZUZ(ウズウズ)

1ヶ月~3ヶ月以内の短期離職のマイナスイメージを払拭する転職理由

1ヶ月~3ヶ月以内の短期離職のマイナスイメージを払拭する転職理由

1ヶ月~3ヶ月以内の短期離職をしてしまったひとが、次の転職活動で一番困るのは「転職理由」を話すときです。

1年程度の短期離職ならまだしも、1ヶ月や3ヶ月といった短いスパンで前の会社を辞めてしまった場合、つぎの転職先でも

採用担当者
採用担当者
うちの会社に来ても、またすぐに辞めてしまうのではないか…

というマイナスイメージを持たれてしまうのを前提に考える必要があります。

まず、マイナスイメージを持つ面接官に、

短期離職者
短期離職者
前の会社はここがダメだった!
上司がくそだった!
仕事内容がおかしい!

その結果として、「転職を決意しました」というような愚痴や不平不満を織り交ぜた転職理由を話すのはNGです。

1ヶ月~3ヶ月以内で短期離職を決意したひとは、もちろん、並々ならぬ原因が前の会社にもあったということは誰にでも想像はできますが、それを当の本人が否定的な言葉を並べて文句を言うだけでは、次の会社の採用担当者には何も伝わりません。かえって自分自身のイメージをより一層悪くしてしまう可能性しかありません。

ひとに説明をしていると、その時の感情が蘇ってきて文句を言いたくなる気持ちも分かりますが、そういった感情を抑えて冷静かつ客観的に状況を説明する必要があります。

では、具体的にどういった構成で短期離職からの転職理由を話せば良いのかというと、次のような構成を用いて転職理由を話すようにしましょう。

1ヶ月~3ヶ月以内の短期離職のマイナスイメージを払拭する転職理由の構成
最初に、自分の考えや見通しが甘かったことを認める
今後短期離職しないように何に注意をするのか、具体的にどういった対策を取るかを説明
短期離職をしてしまった経験を今後のキャリアでどのように活かすかを説明
最後は必ず「長く働きたい」という意志を示す

1ヶ月~3ヶ月以内の短期離職のマイナスイメージを払拭するのはそう簡単には行きませんが、自分自身をつぎの会社のひとがより受け入れやすくなれるような話の構成を考えてみてください。

1ヶ月~3ヶ月以内の(超)短期離職でも転職が決まる方法以外の転職活動に関するノウハウ

ジョブハンティング.comではこのページで紹介したもの以外にも、転職活動に関するノウハウ情報を提供しています。「もっと転職活動に関する情報を知りたい」という方は、ぜひこちらのコンテンツもチェックしてみてください。

転職活動ノウハウまとめ

転職活動ノウハウまとめ

短期離職に関するコラム

まとめ|1ヶ月~3ヶ月以内の短期離職でも対策すれば転職を決められる

1ヶ月~3ヶ月以内の短期離職でも、

  • 短期離職に強い転職エージェントを利用する
  • 短期離職の理由を客観的に説明できるようにする
  • 今後の対策やミスマッチが起こらないように気をつけていることなどを説明できるようにする

などの対策を取って転職活動をすることで、必ず次の会社を見つけることができます。

短期離職に1ヶ月や3ヶ月などの期間はあまり重要ではありません。短期離職をしてしまった状況を整理し、今後取れる対策などについて考えるようにしましょう。