2/17ページ

2/17ページ

【転職面接の質問】「前の会社よりも規模が小さいですが大丈夫ですか?」の上手な答え方

今回のポイント 自分の中で会社の規模を比べるようなことはしていないとハッキリと伝えることが大切 業務内容に関することを答えの中に織り込むことが答え方のコツ 前の会社と比較するような質問がされたときには「自分が転職に何を求めているのか」を伝える 転職は「より規模が大きな企業」「より給料が高い企業」に移 […]

【転職面接の質問】「自分にあわない仕事でも大丈夫ですか?」の上手な答え方

今回のポイント 「あわない仕事」という言葉を使い、転職者の退職理由を探っている この質問の真意は、あわない仕事でも「大丈夫」か「大丈夫でない」かという答えを問うものではない 「自分にあわない仕事とどう向き合っていくのか」を言葉にして伝えることが大切 転職面接では、答えにくい質問を頻繁にされます。 と […]

【転職面接の質問】「最近、興味を持っていることは?」の上手な答え方

今回のポイント 面接官は「興味を持っていることは?」という質問をすることで、好奇心や向上心の有無を探っている 「興味を持っていることはない」という答えは避ける 内面や価値観を問う質問こそ他の転職者と差をつけるチャンスであり、自分を面接官の印象に残すチャンス 転職面接では、好奇心や向上心を探る質問が多 […]

【転職面接の質問】「あなたにとって仕事とは?」の上手な答え方

今回のポイント 「あなたにとって仕事とは?」と聞かれたときには、冷静に語ることがポイント 「今までの自分にとっての仕事」と「これからの自分にとっての仕事」を話す 面接の前にしっかりと自分の「仕事への考え方」を言葉にできるようにする 転職面接では、仕事への思いや考え方を問われることがあります。 「あな […]

【転職面接の質問】「今までの仕事の中で感じた不満は?」の上手な答え方

今回のポイント 「今までの仕事の中で不満はありません」という答えはマイナス評価に繋がることがある 不満を言ったあとは、必ず改善策を続けて言うようにする 想定外の質問を受けたときには、前向きな答えを考え出すことが大切 転職面接では、新卒の就職面接のようなストレートな質問は減ります。 転職者の本心を聞き […]

働き方改革によって転職はどう変わる?

今回のポイント 働き方改革によって転職市場は活気づき、転職はしやすくなる 働き方改革によって社会全体の中での自分の位置がわかりやすくなり、「社内評価」だけにとらわれずにすむ 仕事がライフワークの中の大部分を占めていた人は、働き方改革によってできた時間を活用し「自分がやりたいこと」について考えてみよう […]

転職に学歴はどれくらい影響する?学歴に自信がない方へ

今回のポイント 新卒採用のときとは違い、学歴はあくまでも評価対象の1つ 転職で重要なのは、学歴よりもスキルや経験 それでも学歴に自信が持てないときは転職エージェントを利用する 就職活動では、学歴がとても大切です。 学歴フィルターという言葉が良く聞かれるように、学歴が足りないがために書類選考すら通過で […]

転職で「資格取得」と「ブランクなし」優先するならどっち?

今回のポイント 資格取得を優先すべき転職とは、その資格があることでできる仕事の範囲が広がる転職 ブランクなしを優先すべき転職とは、ブランクが空いてしまうと作業の感覚が鈍ってしまう仕事への転職 転職活動に「強み」として使える資格ならば、ブランクになっても価値ある資格 転職を考えたとき、資格を取ってから […]

退職に付きもの「引き止め」からうまく逃げる3つの方法

引き止めをされたら 「上司に責任はない」とハッキリ言う 「意志は固い」とハッキリ言う 「引継ぎはきちんとやる」とハッキリ言う 転職するためには、前の会社を退職しなければなりません。 しかし、この退職は転職の大きな壁です。 「退職させてください」と申し出ても、上司から強烈な「引き止め」をされる人はたく […]

条件面談(オファー面談)とは?条件面談を受けるときの注意点

今回のポイント 条件面談(オファー面談)とは、採用に関する条件についてすり合わせをする面談 条件面談には内定前と内定後に行われる2パターンがあり、それぞれの場合に注意点がある 転職面接や条件面談で聞きたいことは、事前にまとめておく 転職するときには、企業側からの要求と転職者側の要求をすり合わせる必要 […]

1 2 17