転職の面接対策:質問編『仕事での失敗談を教えてください』の上手な答え方

面接質問,面接対策,面接

今回のポイント
  1. 仕事での失敗談を答えるときには、大きすぎる失敗は避ける
  2. 面接で「仕事での失敗談を教えてください」と聞かれたときには、その失敗から学んだこと、得たことを話す
  3. 失敗は誰にでもある。失敗も自分のキャリアのひとつ。面接では前向きな回答をしよう
転職の面接対策:質問編「仕事での失敗談を教えてください」

転職面接で聞かれる「仕事での失敗談を教えてください」の上手な答え方を解説

転職面接では、長所や良いことばかりだけではなく、短所や失敗談についても聞かれます。

ほとんどの質問は正直に答えればいいのですが、自分に不利になるようなことを話さなければならない短所や失敗談については、正直に話すことで本当に不利になってしまう可能性があるのです。

そこで今回は、転職面接でよく聞かれる質問「仕事での失敗談を教えてください」の上手な答え方をお話しします。

仕事での失敗談を話すときは、失敗のレベルに要注意

転職面接では、履歴書や職務経歴書だけではわからない仕事ぶりを知るために、失敗談を聞かれることがよくあります。

多くの転職者は、これまでの仕事でなんらかの失敗談を持っているため、その中から一つを選んで話をしましょう。

ただし、エピソードの選び方が大切です。

大きな失敗の方がインパクトがあると思い、大きな失敗談を堂々と話す人がいますが、大きすぎる失敗談はよくありません。

大きな失敗談は印象には残りますが、

面接官
面接官
こんなに大きな失敗をしてしまう人なのか…
仕事でまた同じ失敗をされたら困る…

というように、面接官の印象に強く残ってしまうでしょう。

仕事での失敗談を選ぶときには、大きすぎず「よくありがちな失敗」を選ぶようにします。

また、失敗について話してしまっては「自分は仕事ができない人」と思われてしまうと考え、

転職者
転職者
仕事での失敗談はありません。

などと答える人がいますが、そういう人は面接官に「失敗するほど仕事をしていない人」と思われてしまうので注意が必要です。

「仕事での失敗談を教えてください」の上手な答え方

失敗談を聞かれたときには、その失敗から何かを学んだことがあるエピソードを選ぶことが大切です。

例えば、

面接官
面接官
仕事での失敗談を教えてください。
転職者
転職者
とても忙しい時期で発注作業を後回しにしてしまい、納品がギリギリになってしまったことがありました。
その経験から、何事も「すぐにやる」という意識を持ち、すぐに行動に移すことを心がけるようにしました。

というように答えるといいでしょう。

失敗談でありながら、結果は失敗せずに無事に納品したという結末です。

さらに、失敗の原因が「仕事を後回しにしたから」であるということに気がつき、その後の行動をかえたと話しています。

失敗談を話すときには、必ず「どう克服したか」「失敗をどう活かしたか」を続けて話すようにしましょう。

「仕事での失敗談を教えてください」の質問で言ってはいけないこと

仕事ができると自負している人ほど、失敗談を話すことを嫌がります。

しかし、面接で質問されたからには話す必要があるでしょう。

つい「自分は悪くなかった」という気持ちがあると、

転職者
転職者
自分の部下のミスが原因で、、

転職者
転職者
失敗とは言えないのですが…

のように「自分は悪くなかった」という意味の言葉が口から出がちです。

しかし、面接で聞かれる失敗談は、失敗を責めたり評価したりするために質問をするわけではありません。

失敗談を話すことに抵抗を感じる人は「失敗談は面接の話のタネ」と思って、気持ちを軽くして話すようにしましょう。

また、中年以降の転職者は若いころの失敗を話す傾向があります。

あまりにも昔のエピソードは避けたほうが良いでしょう。

また、もしも前職を自分の失敗が原因で辞めた場合は、退職原因となった失敗は失敗談に登場させないようにしましょう。

面接では「すべてを言わなくてはいけない」ということはありません。

失敗談や短所についての質問はよく聞かれる質問なので、前もってエピソードを選んで、頭の中で整理をしておくと良いでしょう。

「仕事での失敗談を教えてください」以外の面接対策に関するノウハウはこちら

ジョブハンティング.comではこのページで紹介したもの以外にも、面接対策に関するノウハウ情報を提供しています。

「もっと面接対策に関する情報を知りたい」という方は、ぜひこちらのコンテンツもチェックしてみてください。

まとめ|仕事での失敗も自分のキャリアのひとつ

「仕事での失敗談を教えてください」の上手な答え方は、最初は失敗談から始まり、そこから学んだことに繋げるように答えることです。

さらには、その失敗があって学ぶことがあったからこそ成功できたエピソードもあれば、より良い回答をすることができます。

できるだけ失敗談を短くして、前向きな話を長くするように心がけてみましょう。

失敗談は、社会人経験がある転職者だからこそできる話です。

恥ずかしがったり、隠そうとしたりせずに、自分のキャリアの一部として堂々と話してみてください。

AGENT- キャリア別にエージェントを紹介 -

失敗しないエージェント選びの決定版!

SCHOOL- キャリアに役立つスクール特集 -

キャリアをブーストさせるスクール!