面接日は変更してもらえる?転職面接の日に仕事を休めない!

面接面接日

面接日は変更してもらえる?転職面接の日に仕事を休めない!
筆者:つばさ
筆者:つばさ

仕事をしながら転職活動をしている場合、転職面接の日程に平日を指定されることも多く、現職の出勤日と面接日が重なってしまうということもよくあります。

職場によっては仕事が忙しかったり休みが取りにくいという会社もあり、働きながらの転職活動は時間の調整が難しいのが悩みです。そこで今回は、転職面接の日程変更についてお話します。

転職面接の日程変更をしてもうらうことはできるのか?

転職希望の会社が土日休みの場合、当然、平日に転職面接が行われることもあります。現職があり自分の仕事が休みにくい場合、できれば面接を休日の土日にしてもらいたいと思う人もいるかもしれません。

しかし、これはなかなか難しいです。

土日休みの会社に休日の面接をお願いするということは、あなたのために面接官に休日出勤をしてもらうということになるからです。平日は仕事が忙しいからあえて休日に転職面接をする会社もありますが、そうではないのであれば社員がふつうに出勤している平日に転職面接をしたいということです。

そこでまず考えたいのは休日への変更ではなく、面接日に指定された日の中で時間の変更ができないか?ということです。

平日の仕事が終わってから面接を受けにいくことはできないでしょうか?

ただ、それでも変更が難しいということもあります。

というのも、面接官はあなたの面接のために自分の仕事を抜けてくるからです。

人事担当の人でさえ面接だけを仕事にしている人はおらず、他の仕事の合間に採用面接をします。また、現場の人間、上役、人事担当者と面接に関わる人が多ければ多いほど全員のスケジュールをあわせるのが難しくなります。

社外との取引の多い会社ではお客さんの都合で動くことも多いので、指定された面接日にようやく全員の日程をあわせたということもあるので、転職者にとって面接の日程変更は難しい問題です。

転職活動のために今の仕事を休むには?

そもそも、転職活動というのは自分のために行うものです。

ヘッドハンティングなど相手に誘われて面接にいくのであれば別ですが、自分の都合で次の働き先を見つけたいということであれば日程変更をお願いする前に、まずはどうにかして自分の予定を調整できないか考えましょう。

仕事をしながら転職活動をする人が出勤日に面接を受けに行く場合、解決策として一番多いのは有給をとることです。有給であれば前倒しで仕事を片付けるなど自分で仕事の調整ができるし、休む理由を深く追求されることも少ないです。

もし有給休暇が取れない場合は、奥の手として面接当日に体調不良といって欠勤します。

「子どもが熱を出した」や「高齢の親の体調がおかしく病院につきそわなければいけない」など家族を理由にして休む人もいます。

また、どうしても会社に行かなければいけないという人の中には仕事中に抜けるという人もいます。

営業職の人なら外回りといって外出したり、平日の昼にしかできない役所の手続きがあるといって時間をもらうという人もいました。

嘘をついて仕事を休むのは心苦しいですが、誰のための転職活動なのかと考えると、どうにかして時間を作るというのは必要です。

どうしても転職面接の日程変更をお願いしたい場合は、どう伝える?

しかし、自分が抜けると仕事がまわらない、などどうにも仕事を休めないという場合は先方に日程の変更をお願いしてみるしかありません。

採用側があなたの状況を把握していて理解のある場合は、面接の日程変更に応じてくれることもあります。転職面接の日程変更を申し出る際は指定日にいけない理由をきちんと説明し、他の日に変更してもらええないかお伺いを立てます。

ただ、転職面接の場合、仕事を休むなどどうにかして時間を作って面接を受けにくる人も多いので、日程変更を申し出る理由がただ「仕事が休めない」だけだと難しいかもしれません。

なぜ仕事が休めないのか、その理由をしっかりと相手に理解してもらえるように伝えることが大切です。

また先方への伝え方には細かなところにも気をつけます。

転職者
転職者

面接を別の日時で行っていただけませんか?

だと、こちらが上の物言いで偉そうに聞こえてしまいます。

そもそも、面接日時は決定事項で受験者に選択権はないこともあります。そのため、まずは日時の変更を“検討”してもらう必要があります。

転職者
転職者

面接の日時の変更をご検討いただくことは可能でしょうか?

など、そこからお伺いを立てる気持ちでいるのが大切です。

面接対策が充実している転職エージェント

面接が不安…
面接対策をもっと充実させたいけど、どうやったら良いのか分からない…

というひとはつぎの転職エージェントを利用してみましょう。

自己PRのやり方や志望動機の話し方などの基本的な面接練習から、企業ごとの面接対策など、充実のサポートをうけることができます。転職活動に割く時間も節約できるので、おすすめの転職活動方法の1つです。

失敗しない エージェント選び決定版!

20代におすすめの転職エージェント

更新日:2024/04/10

JAIC(ジェイック)のココがおすすめ

  • 未経験から正社員に就職!
  • 就職成功率81.1%以上
  • キャリア支援実績23,000名以上
  • 定着率91.5%のホワイト企業求人
  • 厚労省委託の「職業紹介優良事業者」

JAIC(ジェイック)

JAIC(ジェイック)に関する#タグ
  • #院卒
  • #大卒
  • #短大卒
  • #高専卒
  • #専門卒
  • #高卒
  • #経歴不問
  • #若年層
  • #未経験可
  • #短期離職可
JAIC(ジェイック)の関連記事

第二新卒エージェントneoのココがおすすめ

  • 既卒・フリーターでも就職できる
  • 就職成功者15,000人以上
  • 未経験OKの求人が5,000件以上
  • 入社前・後のアフターフォローもバッチリ

第二新卒エージェントneo

30代・40代におすすめの転職エージェント

更新日:2024/04/10

doda(デューダ)のココがおすすめ

  • 転職者満足度No.1
  • 転職支援実績、求人数は日本最大級
  • 大手・優良企業のdoda限定の求人多数
  • 転職市場に精通した専門スタッフ
  • 転職活動の手続き代行

doda(デューダ)

doda(デューダ)に関する#タグ
  • #院卒
  • #大卒
  • #短大卒
  • #高専卒
  • #専門卒
  • #高卒
  • #経歴不問
  • #大手総合型
doda(デューダ)の関連記事

WORKPORTのココがおすすめ

  • 転職決定人数 No.1
  • 創業19年の豊富な転職ノウハウ
  • 転職相談実績50万人以上
  • 特に、エンジニア、クリエイティブ、営業、事務、管理に強み

WORKPORT

「面接日は変更してもらえる?」以外の面接対策に関するノウハウはこちら

JOB HUNTING.comでは、面接対策に関するノウハウ情報を提供しています。「面接対策に関する情報を知りたい」という方は、ぜひこちらのコンテンツもチェックしてみてください。

面接対策ノウハウ記事

まとめ|転職面接を受けるときは現職に影響が出ないように注意しよう

現職の仕事をしながら転職活動をする場合、面接の日は有給をとって仕事を休むというのが一番無難な方法です。休む理由を詮索されることも少ないし、社内や取引先に迷惑がかからないように調整もできます。

また、嘘をつくと後々嘘がばれてしまうというリスクがあります。

今回の面接の結果がどうなるかわからないですし、この先もしばらくその職場で働くかもしれません。

社内の関係をなるべく崩さない方法をとることもそれはそれで大切です。