転職の面接対策:質問編『転職活動中に挑戦したことはありますか?』の上手な答え方

面接質問,面接対策,面接

今回のポイント
  1. 「転職活動中に挑戦したことはありますか?」の質問は、転職者の内面や向上心を探る目的がある
  2. 資格の勉強をしていた、という方は取得ができた資格がある場合にのみ答えとして使おう
  3. 「趣味をしていた」や「遊んだ」というような答えはしない
転職の面接対策:質問編「転職活動中に挑戦したことはありますか?」

転職面接で聞かれる「転職活動中に挑戦したことはありますか?」の上手な答え方を解説

面接では、転職者の内面や性格を見抜くための質問がたくさんあります。

中でも最近は、プライベートな時間の過ごし方を探る質問も多くされています。

しかし、面接では「仕事に関係がない私生活の部分に触れる質問」は聞きにくいものです。

そこで登場する質問が「転職活動中に挑戦したことはありますか?」なのです。

ということで今回は、転職面接で良く聞かれる質問「転職活動中に挑戦したことはありますか?」の上手な答え方を紹介しましょう。

「転職活動中に挑戦したことはありますか?」の質問の意図

面接で、

面接官
面接官
転職活動中に挑戦したことはありますか?

聞く目的は2つあります。

ひとつ目は、退職したあとで転職活動を行っている人の場合ですが、「仕事」のようなやるべきことが無い中の過ごし方で、その人はどういった時間の使い方をするのか、ということを知るためです。

仕事を辞めたあとの転職活動中は、自由に使える時間がたくさんあります。

自由に使える時間をどのように使ってきたかを知ることで、転職者の内面を探る目的があるのです。

ふたつ目は、向上心がある人材かを探る目的です。

自由に使える時間は、使い方によって有意義にもなるし浪費することにもなります。

面接担当者は「転職活動中に挑戦したことはありますか?」と聞くことで、転職者の価値観や向上心を探っているのです。

つまり、この質問に対して

転職者
転職者
ゆっくりと過ごしていました。
転職者
転職者
転職活動に集中していました。

のような答えでは面接官の質問の意図を理解していないことになります。

また、「どのように?」などと質問された場合は、できるだけ具体的なエピソードを交えて答えるようにしましょう。

「転職活動中に挑戦したことはありますか?」の上手な答え方

転職活動中の過ごし方には、その人の性格があらわれます。

例えば、

転職者
転職者
土日に会えない友達に久しぶりに会いました。

と答えれば、仕事が始まると平日は自由に時間が使えなくなるため、転職活動中の平日を有意義に使ったことが伝えられます。

「先を見越して上手に時間を使う」ということは、計画的に物事をすすめられるスキルの持ち主であることをアピールできる答え方でしょう。

また、転職活動中に資格試験に挑戦する人もいます。

転職活動中は、仕事で成果をあげることはできません。

しかし、資格試験は成果として残るだけでなく、転職活動を有利に進めていく手段としても使うことができます。

転職活動中に、

転職者
転職者
資格の勉強をしていました。

と答える人は意外と多いのですが、勉強しただけで資格取得ができていなければ説得力に欠けます。

できるだけ、資格を取得して形に残すことを心がけましょう。

この場合の上手な答え方としては、

転職者
転職者
転職活動中は経理の経験をもとに簿記の勉強をしていました。2月の試験で簿記2級を取得しました。

というように答えることができれば向上心を感じる答え方になります。

さらに、面接担当者が親近感を持てるような答え方も良いでしょう。

例えば、

転職者
転職者
前職では仕事が忙しい毎日だったため、転職活動中は子どもの保育園への送り迎えを担当しました。

と答えれば、家族を大切にしていることが伝わります。

このように面接担当者との距離を縮めることは、面接を成功させるコツでもあります。

「転職活動中に挑戦したことはありますか?」の質問で言ってはいけないこと

転職活動中の過ごし方についての質問は、形を変えてされることもあります。

どのような形で質問されたとしても、

転職者
転職者
せっかくの自由な時間なのでサーフィン三昧でした。

のように、「たくさん遊んだ」というような答えはしないようにしましょう。

転職活動中に好きなことをして楽しく過ごしていたことだけを伝えてしまうと、

面接官
面接官
本当に働く気があるのかな?

と面接担当者は心配になるかもしれません。

面接では、すべて正直に答えれば良いということではありません。

嘘はいけませんが、言わなくて良いことまで言う必要はありませんね。

「転職活動中に挑戦したことはありますか?」以外の面接対策に関するノウハウはこちら

ジョブハンティング.comではこのページで紹介したもの以外にも、面接対策に関するノウハウ情報を提供しています。

「もっと面接対策に関する情報を知りたい」という方は、ぜひこちらのコンテンツもチェックしてみてください。

まとめ:質問の意図をしっかりとくみ取ろう

転職活動中の過ごし方を質問することで、その人の意外な一面が見えることもあります。

面接で私生活について多くを語る必要はありませんが、その中でも面接内で話せることを考えておくようにしてください。

そして、「転職活動中に挑戦したことはありますか?」と質問の意図をしっかりとくみ取り、自分のアピールになるような答え方をしてみましょう。

AGENT- キャリア別にエージェントを紹介 -

失敗しないエージェント選びの決定版!

SCHOOL- キャリアに役立つスクール特集 -

キャリアをブーストさせるスクール!