面接官の心に残る、志望動機の3つのコツ|転職の面接対策

面接志望動機,面接対策,面接

今回のポイント
  • 転職においても志望動機は、新卒採用のときと同じくらい重要なポイント
  • 相手(面接官)の立場になって「採用したい」と思わせる志望動機を考える
  • 短い面接の中でできるだけ多くの不安や心配を取り除く
面接官の心に残る、志望動機の3つのコツ|転職の面接対策
筆者:つばさ
筆者:つばさ
面接官の心に残る、志望動機のコツについて書きました。志望動機を答えるというだけでもいくつかのテクニックがあります。他の転職者と少しでも見せ方を変えるだけで面接官からの印象もグッと変わってきますよ。

経歴:転職3回、フリーター3年以上、フリーランス7年以上、エージェント利用10社以上、人材会社でのキャリアもあり

面接官の心に残る、志望動機の3つのコツ

転職は「実績や経験がモノをいう」と思っている人がほとんどではないでしょうか。確かに、新卒採用とは異なる、実務経験や実績があることは強力なアピールポイントになります。

しかし実は、新卒採用と同じくらい志望動機は採用の合否を左右する重要なポイントです。

今回は転職者でも新卒者と同等、もしくはそれ以上に面接担当者の心に残る志望動機のコツについてお話ししましょう。

面接官の心に残る、志望動機の3つのコツ
志望動機では自分個人の実力ではなく、組織の中での自分について話をする
「働きたい」では志望動機にならない!「貢献したい」は心に残るキーワード
志望動機の中に面接官が聞きにくいことを混ぜる

志望動機では自分個人の実力ではなく、組織の中での自分について話をする

採用面接では志望動機が必ず聞かれます。

新卒採用の面接のように

転職者
転職者
私は英語ができます!
私は社交的でコミュ力が高いです!

自分個人の長所や実力だけをアピールして「御社に合っている」と志望動機を伝えても面接官の心にはあまり印象が残りません。

なぜならば「熱さ」だけで志望動機に厚みを出すならば、お金がかかる転職者よりも、より人件費を抑えて採用ができる新卒者のほうが企業から見ればメリットは大きいからです。

企業の採用担当者が高い人件費を払ってでも転職者を採用する理由は「企業は組織であり、組織の中での自分の立場をすでに社会人経験のある転職者はしっかりと理解できているから」ではないでしょうか。

採用面接では、やる気や個人の実力だけではなく「組織の中でいかに自分の立ち位置を確保できるのか」、またそのためには「具体的にどうしていくつもりなのか」を志望動機の中に入れたほうが良いでしょう。

組織の中での自分の立ち位置をはっきりとイメージしていることを伝えたうえで、さらにやる気や熱意をアピールすることができれば、面接担当者の心に残る志望動機となります。

「働きたい」では志望動機にならない!「貢献したい」は心に残るキーワード

「働きたい」では志望動機にならない!「貢献したい」は心に残るキーワード

転職活動を始める事情は人それぞれです。自分の気持ちとは裏腹に転職せざるを得なくなってしまった人もいます。

「転職せざるを得なくなってしまった人」が面接でやりがちな失敗が「働きたい」「採用してほしい」と一方的にお願いをしてしまうことです。

志望動機を聞かれているにもかかわらず、ただひたすらに「お願いします」を繰り返してしまっては、面接官の心に残ったとしても、それは「かわいそうなひと」と思われるだけかもしれません。

面接担当者から見れば「転職せざるを得なくなった人」も「転職に前向きな人」も同じ転職者です。したがって、自分がどんな状況に置かれていたとしても、採用面接では相手(面接官)の立場になって「採用したい」と思わせる志望動機を考えることが大切です。

例えば、「働きたい」という言葉よりも「貢献したい」という言葉を選んだ方が冷静さを感じます。

「働きたい」という言い方はお願いのイメージが強く、ときには転職者の実力を実際よりも下に感じさせてしまうかもしれません。

一方、同じ「働きたい」と伝えるにしても「貢献したい」という言葉には多少「上から」のイメージがあります。

採用面接では面接官に対して「下手に出なくてはいけない」と思い込んでいる人がいますが、実務経験がある転職者はあえて「上から」のイメージをかもしだすことで「できる人」を演出できることがあります。ただし傲慢な言葉を選んで偉そうに振る舞えということではないので、そこは誤解しないようにしてください。なるべく丁寧な言葉をチョイスするようにしましょう。

志望動機の言葉には「働きたい」「働かせてください」よりも「貢献したい」「活かしていきたい」という言葉を選ぶことで、より面接担当者の心に残る志望動機になるでしょう。

志望動機の中に面接官が聞きにくいことを混ぜる

面接官の心に残る志望動機には「インパクト」が必要です。

マニュアル本にのっているようなきれいな言葉を並べても、たくさんの人数と面接をしている担当者の印象には残りません。

心に残す志望動機の最大のポイントは「面接担当者が一番気になること」「一番聞きにくいこと」を志望動機に自ら混ぜて、聞かれる前に話すことです。

例えば、前の会社を人員削減で辞めなくてはならなくなった、という転職の動機の場合は、

転職者
転職者
とても魅力的な職場でしたが、この時世でやむを得ない状況となり退職することになりました。予定外の転職となりましたが、自分の人生を通して考えれば絶好のタイミングと思い異業種にチャレンジすることにしました。

というように答えましょう。

人員削減という暗い状況にも関わらず、前を向いて将来を考えられる性格はとても魅力的に思われるでしょう。

そして、あえて面接担当者が聞きにくいことを自ら話すことで面接担当者の不安を取り除くことができます。

不安や心配は、転職者だけでなく面接担当者にとっても「後ろ向き」の材料です。短い面接の中でできるだけ多くの不安や心配を取り除くことが採用を勝ち取るコツになります。

面接対策が充実している転職エージェント

面接が不安…
面接対策をもっと充実させたいけど、どうやったら良いのか分からない…

というひとはつぎの転職エージェントを利用してみましょう。

自己PRのやり方や志望動機の話し方などの基本的な面接練習から、企業ごとの面接対策など、充実のサポートをうけることができます。転職活動に割く時間も節約できるので、おすすめの転職活動方法の1つです。

失敗しない 転職エージェント選び決定版!

20代におすすめの転職エージェント

JAICのココがおすすめ –

  • 未経験から正社員に就職!
  • 就職成功率81.1%以上 / 入社後定着率91.5%
  • キャリア支援実績23,000名以上
  • 厚生労働省委託事業の「職業紹介優良事業者」
JAIC

第二新卒エージェントneoのココがおすすめ –

  • 既卒・フリーターでも就職できる
  • 就職成功者15,000人以上
  • 未経験OKの求人が5,000件以上
  • 入社前・後のアフターフォローもバッチリ

第二新卒エージェントneo

30代・40代におすすめの転職エージェント

dodaのココがおすすめ –

  • 転職者満足度No.1!
  • 転職支援実績、取扱い求人数は日本最大級
  • あなたにピッタリの仕事が見つかる
  • 大手・優良企業などのdoda限定の求人多数
doda

WORKPORTのココがおすすめ –

  • 転職決定人数 No.1
  • 創業19年の豊富な転職ノウハウ
  • 転職相談実績50万人以上
  • 特に、エンジニア、クリエイティブ、営業、事務、管理に強み
WORKPORT

面接官の心に残る、志望動機のコツ以外の面接対策に関するノウハウはこちら

まとめ|志望動機は素直に伝えよう

転職の面接でも、新卒採用と同様の質問を数多くされます。

「どうせ志望動機なんて口だけと思われている」と軽く考えず、どのような質問に対しても誠実に答えていくことが大切です。

面接官は、転職者の話し方や目の動きで本心を見抜こうとするものです。きれいな言葉を並べるだけでは面接担当者の心に残る志望動機にはなりません。

本当に自分の心にある志望動機を素直に伝えることが実は一番心に残る志望動機を作るポイントなのです。