「自己アピール」を成功させる3つのコツ|転職の面接対策

面接自己アピール,自己PR,面接対策,面接

今回のポイント
  • 自己アピールは簡潔に
  • 自己アピールで知識自慢をしない
  • 自己アピールには目標や展望を交える
「自己アピール」を成功させる3つのコツ|転職の面接対策

「自己アピール」を成功させる3つのコツ

面接は、面接官の質問に答えていくことで進んでいきます。

そのため、面接官の雰囲気や会話の運び方に流されてしまう傾向があるのです。

しかし、

面接官
面接官
自己アピールをお願いします。

と言われれば、これは求職者のターン、自分をアピールする最大のチャンスです。

自己アピールは、面接の流れを一気に自分のペースに持っていくことができる絶好の機会でもあります。

そして、自己アピールを成功させることは、面接の合否に大きく関わってくるのでとても重要です。

そこで今回は、転職や就活面接で「自己アピール」を成功させる3つのコツについてお話ししましょう。
「自己アピール」を成功させる3つのコツ
自己アピールは簡潔に
自己アピールで知識自慢をしない
自己アピールには目標や展望を交える

下記で、「自己アピール」を成功させる3つのコツについて解説してきます。

➀ 自己アピールは簡潔に

転職面接では、短時間でいかに自分の凄さや採用したときのメリットなどを伝えるかが勝負です。

とくに「自己アピール」の時間は積極的に自分の能力や経験をアピールしたいと思うのではないでしょうか。

しかし、面接官も人間です。目の前で、

転職者
転職者
自分はこんなにすごい人間です!

とあまりにも強烈にアピールされれば、嫌味に聞こえ良い印象を与えることはできません。

自己アピールをするときには、自分が持っているすべての能力をアピールするのではなく、会社にとってプラスになる部分だけを切り取ってアピールすることがポイントです。

こうすることで自己アピールが簡潔になり、面接官により自分を印象付けることができます。

自己アピールの項目が多すぎてどれも内容が薄くなってしまい、結局面接官にはどれも印象に残らない、というような自己アピールは避けましょう。

また、自己アピールの時間の目安ですが、1~2分程度が妥当です。

4分も5分もダラダラと話していると、話をまとめる能力が欠けているとも捉えられかねませんので、この点にも注意が必要です。

その他でよくある失敗が「自分の中ではアピールできる部分だと思っていたけれど、世間的に見ればたいしたことではない」ということです。

自分の能力が「井の中の蛙」ではなく、客観的に見てどの程度なのかを査定して自己アピールに使えるかを判断しましょう。

② 自己アピールで知識自慢をしない

面接官が「自己アピールしてください」というと「待ってました」とばかりに自分の知識を自慢する転職者がいます。

しかし、知識量は転職面接ではアピールにはなりません。

まして、アピールしている知識が基本的なことであったり、レベルが高くなければ、逆に評価を下げることもあるのです。

自己アピールでは、誰でも学べば知ることができる知識ではなく、自分しか持っていない経験やキャリア、考え方をアピールするようにしましょう。

あまりにも的外れな知識量をアピールしてしまうと、面接官は「この会社よりも適した会社があるのではないか」と思うかもしれません。

自分の知識量に自信があり、知識量を自己アピールに使いたいと思うならば、企業研究や業界研究を十分にして、自分の知識をどのように活かしていきたいのかを話すようにするとい良いでしょう。

③ 自己アピールには目標や展望を交える

自己アピールは、過去の経験やキャリアについての話だけで終わらせない方が説得力があります。

自分の経験やスキルを活かして、新しい会社でどのように活躍したいのか、目標や展望を交えるとい良いでしょう。

面接官は、目標や展望を伝えられることで、

面接官
面接官
このひとはあの部署に合いそうだな…
このポジションが合いそうだな…
この仕事が向いてそうだな…

というような、その転職者を採用したあとのビジョンが見えてくることがあるからです。

一方で、その目標や展望と会社が募集しているポジションとでは乖離してくるケースも出てきます。

そうすると、

面接官
面接官
うちの会社とは合わないかもなぁ…
今回募集しているポジションや部署とは合わないかもしれないなぁ…

と思われる場合もあるでしょう。

こういった事態を避けるために、転職活動で使う自己アピールは会社ごとに変える必要があります。

たとえば、分かりやすい例ですが「社交的で活発」な自己アピールがすべての会社にウケるとは限りません。

会社によっては、社交的な能力よりも理論的に相手に話ができる人のほうが求められていることもあります。その逆もまたしかりです。

できるだけこういった失敗を回避するために企業研究を十分にを行い、会社が求めている人物像に近い自己アピール作ることも面接合格へのコツです。

面接対策が充実している転職エージェント

面接が不安…
面接対策をもっと充実させたいけど、どうやったら良いのか分からない…

というひとはつぎの転職エージェントを利用してみましょう。

自己PRのやり方や志望動機の話し方などの基本的な面接練習から、企業ごとの面接対策など、充実のサポートをうけることができます。転職活動に割く時間も節約できるので、おすすめの転職活動方法の1つです。

失敗しない 転職エージェント選び決定版!

20代におすすめの転職エージェント

JAICのココがおすすめ –

  • 未経験から正社員に就職!
  • 就職成功率81.1%以上
  • キャリア支援実績23,000名以上
  • 入社後の定着率91.5%
JAIC

第二新卒エージェントneoのココがおすすめ –

  • 既卒・フリーターでも就職できる
  • 就職成功者15,000人以上
  • 未経験OKの求人が5,000件以上
  • 入社前・後のアフターフォローもバッチリ

第二新卒エージェントneo

30代・40代におすすめの転職エージェント

dodaのココがおすすめ –

  • 転職者満足度No.1!
  • 転職支援実績、取扱い求人数は日本最大級
  • あなたにピッタリの仕事が見つかる
  • 大手・優良企業などのdoda限定の求人多数
doda

WORKPORTのココがおすすめ –

  • 転職決定人数 No.1
  • 創業19年の豊富な転職ノウハウ
  • 転職相談実績50万人以上
  • 特に、エンジニア、クリエイティブ、営業、事務、管理に強み
WORKPORT

「自己アピール」を成功させる3つのコツ以外の面接対策に関するノウハウはこちら

まとめ|「自己アピール」はプラスにもマイナスにも働く

自己アピールは、使い方によってプラスにもマイナスにもなる大切なポイントです。

転職面接では、つい「かっこいい自分」をアピールしたくなりますが、合格するコツは「面接官がどう感じるか」をイメージしながら話すことです。

この記事で述べた『「自己アピール」を成功させる3つのコツ』を意識して、面接官の印象に残る自己アピールを準備しましょう。