転職面接で言わなくていい3つのこと

面接言わなくていいこと,面接

転職面接で言わなくていい3つのこと
筆者:つばさ
筆者:つばさ

転職面接では聞かれたことに対して、できるだけ素直に答えたほうが好印象を与えます。

しかし、だからといって自分のことをすべて言う必要はありません。

今回は、転職面接で「言わなくていい3つのこと」についてお話しします。「言うことでプラスになること」、そして「言わないことでプラスになること」それぞれを知っておくことで、より転職面接を賢く乗り越えましょう。

面接で言わなくていいこと1|仕事に関係ない離婚歴や結婚、出産の予定は言う必要はない

転職面接では、生真面目な人ほど言いすぎてしまって失敗します。

面接は、短い時間の中でいかに自分を知ってもらい、アピールできるかが大切です。

しかし「言うことでプラスになること」がある反面、逆に「言わなくていいこと」「言わないことでプラスになること」もあります。

転職面接はお見合いではありません。お見合いならば一緒に生きていくパートナーになるために自分のすべてを相手に伝えなければならないかもしれません。が、転職はつきあう範囲が「仕事」に限られています。

仕事の範囲を超えることについては面接で言う必要はなく、それを言うことでマイナスになることであれば言わない方がプラスになるでしょう。

とくに離婚歴について言うべきか悩む人は多くいます。「離婚はマイナスのイメージ」と思っている人がいますが、時代は変わっています。

人によって、離婚は前に進むための手段かもしれないし、離婚することによって大きく羽ばたける人もいるでしょう。もっといえば、離婚自体は仕事に一切関係ないことであり、プライベートの内容です。

転職面接の場で「私には離婚歴があります」と言われても、面接担当者の立場からいえば「だから何?」と思うだけなのです。

むしろ面接の場で言うことで「前の配偶者が職場まで来る可能性があるのか」や「前の配偶者の借金を背負っているのか」など余計な心配を生むだけです。

離婚歴と同様に結婚や出産の予定についても話す必要はありません。

出産が数か月後にせまっているようならば、仕事に影響が出るため言う必要があります。しかし、将来的に結婚したい、将来的には子どもがほしいという未定の予定は面接で言う必要は一切ありません。

未定の予定は架空の話をしていることと同じことです。これから先、どう転ぶかわからない話を仕事に関する採用面接の場で話すことは効率的ではありません。

最近はめったにありませんが、面接担当者から離婚歴や結婚出産の予定を聞いてくることがあるかもしれません。その場合は、未定の予定や仕事に関係ない話をしてくる「転職すべきでない会社」と思っていいのではないでしょうか。

面接で言わなくていいこと2|「できないかもしれないこと」は言わなくていい

転職者のすべてが自分に自信をもって転職活動するわけではありません。

多くの人は「これは苦手だけど大丈夫かな」「これはできないかもしれない」と思うことがあります。しばしば面接で「私は新規開拓の経験がないためできないかもしれません」や「高い所の作業はできないかもしれません」と自ら「できないかもしれないこと」をアピールしてくる人がいます。

転職面接では自分をアピールすること、売り込むことが基本です。

できないことやできないかもしれないことは、聞かれなければ答える必要はありません。

業務上できないと困ることは、言わなくても面接担当者の方から必ず質問してきます。質問されたときには見栄をはらずに正直に答えましょう。

中には80%はできるにもかかわらず、過小評価して50%程度ならできると答える人がいます。

80%できる状態ならば「90%はできる」と答えるぐらいのバイタリティが必要です。10%の差は、入社するまでに補っておけばいいのです。

面接で言わなくていいこと3|前の職場での人間関係の悪い点や言いたくないこと

転職者の中には、前の職場での嫌な思い出を引きずっている人がいます。とくに人間関係のトラブルがあった人は、つい転職面接の場で話したくなることがあるようです。

しかし、人間関係は本来は仕事には関係ありません。

人間関係が原因で前の仕事を辞めることになっていたとしても、採用面接の場では表向きな退職理由を言うようにしましょう。

どのような人でも嫌な話や悪い話を聞けば不快です。それは面接官にとっても同様なことです。

面接担当者に「自分はいじめられていた」と話をしても同情をかって採用してもらうことはできません。面接担当者からみればやった側もやられた側も「知らない人」であり、感情移入はしにくです。

前の職場で人間関係のトラブルがあると「前の職場に電話をして探られる前に自ら話してしまおう」と考えるかもしれません。

しかし、前の職場に電話されることがあったとしてもよほどのことがない限り「実は人間関係で大変なトラブルがありました」と話されることはないでしょう。

自分が面接官に知られたくないことのほとんどは「話さなくていいこと」です。

言いたくないことを暴露する場が面接ではありません。面接では自分のいいところや言いたいことを積極的に話しましょう。

面接対策が充実している転職エージェント

面接が不安…
面接対策をもっと充実させたいけど、どうやったら良いのか分からない…

というひとはつぎの転職エージェントを利用してみましょう。

自己PRのやり方や志望動機の話し方などの基本的な面接練習から、企業ごとの面接対策など、充実のサポートをうけることができます。転職活動に割く時間も節約できるので、おすすめの転職活動方法の1つです。

失敗しない エージェント選び決定版!

20代におすすめの転職エージェント

更新日:2023/12/03

JAIC(ジェイック)のココがおすすめ

  • 未経験から正社員に就職!
  • 就職成功率81.1%以上
  • キャリア支援実績23,000名以上
  • 定着率91.5%のホワイト企業求人
  • 厚労省委託の「職業紹介優良事業者」

JAIC(ジェイック)

JAIC(ジェイック)に関する#タグ
  • #院卒
  • #大卒
  • #短大卒
  • #高専卒
  • #専門卒
  • #高卒
  • #経歴不問
  • #若年層
  • #未経験可
  • #短期離職可
JAIC(ジェイック)の関連記事

第二新卒エージェントneoのココがおすすめ

  • 既卒・フリーターでも就職できる
  • 就職成功者15,000人以上
  • 未経験OKの求人が5,000件以上
  • 入社前・後のアフターフォローもバッチリ

第二新卒エージェントneo

30代・40代におすすめの転職エージェント

更新日:2023/12/03

doda(デューダ)のココがおすすめ

  • 転職者満足度No.1
  • 転職支援実績、求人数は日本最大級
  • 大手・優良企業のdoda限定の求人多数
  • 転職市場に精通した専門スタッフ
  • 転職活動の手続き代行

doda(デューダ)

doda(デューダ)に関する#タグ
  • #院卒
  • #大卒
  • #短大卒
  • #高専卒
  • #専門卒
  • #高卒
  • #経歴不問
  • #大手総合型
doda(デューダ)の関連記事

WORKPORTのココがおすすめ

  • 転職決定人数 No.1
  • 創業19年の豊富な転職ノウハウ
  • 転職相談実績50万人以上
  • 特に、エンジニア、クリエイティブ、営業、事務、管理に強み

WORKPORT

「転職面接で言わなくていいこと」以外の面接対策に関するノウハウはこちら

JOB HUNTING.comでは、面接対策に関するノウハウ情報を提供しています。「面接対策に関する情報を知りたい」という方は、ぜひこちらのコンテンツもチェックしてみてください。

面接対策ノウハウ記事

まとめ|仕事以外のことは基本気わなくていい

面接を成功させるコツは、お互いに心配なことや不思議に思っていることをなくすことです。

相手が不思議に思っていないならば、あえて答える必要はありません。

「転職面接は仕事上の面接」ということを頭に置いて、お互いに気持ちよく面接を終えられるようにしましょう。