未経験業界・未経験職種への転職面接で伝えるべき3つのポイント|転職の面接対策

面接面接対策,未経験,面接

今回のポイント
  • 未経験業界・職種への転職面接でも、現職での経験や実績が重要視される
  • その未経験業界・職種を学ぼうとしている姿勢が大切
  • 「楽できそう」「華やかそう」といった勝手なイメージは、転職面接時に面接官に感づかれたり、入社後のギャップに苦しめられたりするので要注意
未経験業界への転職面接で伝えるべき3つのポイント|転職の面接対策
筆者:つばさ
筆者:つばさ
未経験業界・未経験職種への転職面接で伝えるべき3つのポイントについて書きました。面接が苦手、練習するのがめんどくさい、というひとでも最低限この3つのポイントだけは抑えて面接にのぞみましょう。

経歴:転職3回、フリーター3年以上、フリーランス7年以上、エージェント利用10社以上、人材会社でのキャリアもあり

転職者が未経験業界・職種へ転職する理由

未経験の業界・職種への転職を希望される方は、比較的多いものです。

希望する理由としては「新しい分野へ一歩踏み出したい」「自分が本当にやりたいことを見つけたい」といったことを考えたり、あるいは単純に年収アップ、キャリアアップを目指す上での第一歩であったり、又あるいは今居る将来性のない業界に見切りをつけて、将来性を感じる分野へ踏み出したい時などに人は未経験の業界への転職を試みます。

あなたもそんな方々の1人かもしれませんね。しかし、お分かりでしょうが未経験業界への転職は当然のことながら経験してきた業界への転職よりも基本難しいものです。

如何に相手企業側が望む人材であるか(人材になれるのか)、面接などではそうした需要に合った自己アピールをしていく必要があります。

企業が未経験者を採用する理由

企業が未経験者を採用する理由としてはつぎのようなものがあります。

企業が未経験者を採用する理由
経験者である必要性があまり高くない
業界の色に染まっていない人が欲しい
新たな商品やサービスを開発するために、新しい視点やアイディアが欲しい
その人のスキルに注目しているのであって、経験者かどうかは関係ない
若手を増やしたい
特殊な職種で経験者自体が少ない

まず経験者である必要性があまり高くない職種は多いですね。例えば美容・ブライダル業界であったり販売職などが代表的です。

何か特殊な資格が必要な専門職以外であれば、求人にも基本「未経験者歓迎」の文字が出ていることが多いです。資格が必要な職種の場合でも、最初は資格なしで採用して入社後に取得できたり、取得を支援してくれる企業も多いですね。

また、業界の色に染まっていない人や異業種に居た人を企業が求めることも多いです。そういったひとは、長年特定の業界に留まっているひととは違う視点やアイディアを持っていたり、いまの会社の社員が持っていないようなスキルを持っていたりします。そうした人のほうが新たな可能性という意味で期待度は高いですからね。

また、若い人もそうした可能性が期待でき、ポテンシャル採用になりやすいものです。

職種によっては経験者自体が少ない場合もあります。そうした場合は当然ながら他の職種・業界からも広く募集を募って人事が適正判断をして採用することになります。

未経験業界・職種への転職面接成功へ ~伝えるべき3つのポイント~

未経験の業界・職種への転職を成功させたい場合、つぎの3点を面接でうまく伝えることができれば採用される確率を高めることができます。

未経験業界・未経験職種への転職面接で伝えるべき3つのポイント
未経験業界・職種へ興味を持った理由
現職での経験・実績
未経験業界への転職のために独自に学んできたこと

まずはじめに、面接でのアピール失敗例と成功例を見てみましょう。

アピール失敗例

転職者
転職者
アパレル店の店長として5年間勤務して参りました。日々の店づくりをしていく中で人事職に興味を持ちましたので、これまでの採用業務の経験も活かして人事職にチャレンジしたいと思い、今回志望しました。

アピール成功例

転職者
転職者
アパレル店の店長として5年間、正社員5名、アルバイト20数名のマネジメントを行って参りました。日々の業務の中で働く環境づくりに興味を持ちましたので、これまでの採用業務経験を活かして御社の人事職にチャレンジしたいと思い、独学で労働基準法のことも学んで今回志望しました。

実際に文字に起こしてみると、受ける印象が全く違うことが分かりますね。以下で詳しく解説をしていきます。

未経験業界・職種へ興味を持った理由

これをうまく伝えられなければ意欲面で適性判断されずに不採用となる可能性は高いでしょう。

真剣に今回志望する未経験業界への転職をしたいのであれば何らかのきっかけとなった出来事であったり、思い至った理由があるはずです。そうしたことをうまく伝えると良いでしょう。

現職での経験・実績

これを伝えることは未経験業界への転職だけでなく、同一業界における別職種への転職の際にも大きな意味があります。

新卒採用の場合は未経験であってもポテンシャル採用されることは多いですが、中途採用では転職者の年齢が高いほど過去の経験を活かした上での採用になってきます。ゆえにまずは現職での充分な経験そして実績が出せているかという点が採否の決定では重視されます。

企業の考えとしては、業種・職種によって関連性の有無があったり見方も違いますが、基本的には前職で実績があるから今回志望する職種でも良い成果が期待できるかもしれない‥と考えるものです。実績なしの逃げの転職者ほど採用確率はやはり下がってしまいやすいものです。

新しい業界・職種に転職しようと思ったらまずは今いる場所で成果を出してからのほうが実は早い場合も少なくありません。

未経験業界への転職のために独自に学んできたこと

独学で学んできた知識はかなりのアピール材料になり、これを伝えることで大きな転職意欲も伝えることができます。

未経験だからこそ、これまでの経験と学んできた知識やスキルから企業はその適性を判断します。

未経験業界・職種への転職 ~2つの失敗パターン~

未経験業界への転職で失敗するパターンはつぎの2つです。

未経験業界への転職で失敗する2つのパターン
志望する職場の現実を理解していない
前職での実績がない

志望する職場の現実を理解していない

よくあるのがただ単に「楽できそう」や「華やかな」業界・職種へ転職したい、と転職者が思っているケースがあります。

未経験の業界・職種へ転職を希望する転職者の場合、面接官はまず

面接官
面接官
この業界・職種を経験したこともないのになぜ希望するの?
この業界・職種のことを本当に分かって言っているのだろうか?

といった疑問を持ちます。

自分自身のキャリアプランや明確な軸を持たずに、身近な知人から聞いたうらやましい現状の自慢話などがきっかけで自分もそうした環境が欲しいと思って転職します。まぁ当然といえば当然かもしれません。誰だって心の底では「地道な仕事はやりたくない」「華やかで待遇の良い職場で働きたい」と思うでしょう。

しかしそうしたことを理由にしての転職では、面接官に感づかれますし、その結果やはり採用されにくいものです。

また、これはどんな企業に行っても言えることですが、うまく採用されて転職できたとしても、入社前に思い描いていたことと入社後の企業に関するギャップは必ずあるものです。

未経験業界の企業に行った場合そのギャップは嫌でも感じることになるでしょう。理由は当然ですが、未経験ゆえに想像でしか企業やその業界・職種のことを考えられていないからです。

現時点で未経験なのであれば、少しでもその業界・職種を知る努力をすることが大切です。

例えば、業界本に手を伸ばしてみるのも良いですし、facebookやtwitterなどのSNSを活用して志望する業界人・職種の人を見つけて「お話を聞かせていただけませんか?」とコンタクトをとってみるのも1つの方法です。

面接時にはそうした、その業界や職種についてリサーチをしているということもかなりのアピール材料になります。

前職での実績がない

上記でも触れましたが、年齢が高くなる中途採用のケースほど過去の経験・実績が武器になります。

企業は多くの場合、基本的には即戦力となってくれる人材を求めていますから、若い人のようなポテンシャル採用はほぼ望めません。

前職で長く続いた経験・キャリア、そして数字的な実績も未経験業界の適性を判断する上で大切となります。

面接対策が充実している転職エージェント

面接が不安…
面接対策をもっと充実させたいけど、どうやったら良いのか分からない…

というひとはつぎの転職エージェントを利用してみましょう。

自己PRのやり方や志望動機の話し方などの基本的な面接練習から、企業ごとの面接対策など、充実のサポートをうけることができます。転職活動に割く時間も節約できるので、おすすめの転職活動方法の1つです。

失敗しない 転職エージェント選び決定版!

20代におすすめの転職エージェント

JAICのココがおすすめ –

  • 未経験から正社員に就職!
  • 就職成功率81.1%以上
  • キャリア支援実績23,000名以上
  • 入社後の定着率91.5%
JAIC

第二新卒エージェントneoのココがおすすめ –

  • 既卒・フリーターでも就職できる
  • 就職成功者15,000人以上
  • 未経験OKの求人が5,000件以上
  • 入社前・後のアフターフォローもバッチリ

第二新卒エージェントneo

30代・40代におすすめの転職エージェント

dodaのココがおすすめ –

  • 転職者満足度No.1!
  • 転職支援実績、取扱い求人数は日本最大級
  • あなたにピッタリの仕事が見つかる
  • 大手・優良企業などのdoda限定の求人多数
doda

WORKPORTのココがおすすめ –

  • 転職決定人数 No.1
  • 創業19年の豊富な転職ノウハウ
  • 転職相談実績50万人以上
  • 特に、エンジニア、クリエイティブ、営業、事務、管理に強み
WORKPORT

未経験業界・職種への面接で伝えるべきポイント以外の面接対策に関するノウハウはこちら

まとめ|未経験といっても面接官は最低限のチェックはしている

未経験業界・職種への転職は、決して楽なものではありません。

求人票に未経験者歓迎などと書いてある求人だとしても、面接官はそのひとのこれまでの経験や実績、今持っている最低限の知識なりを必ずチェックしています。

今回紹介した『未経験業界・未経験職種への転職面接で伝えるべき3つのポイント』だけは少なくとも抑えて、面接にのぞむようにしましょう。