面接前に知っておきたい、面接の3つの目的|面接対策

面接面接対策,面接

今回のポイント
  • 採用面接の目的を知ることで、質問に対しより的確に答えることができる
  • ざっくり面接の目的は「人物像を知る」「コミュ力を測る」「熱意を探る」ため
  • 内定がもらえる人は、面接官が面接後に「この人を採用すればこういう働きをしてくれるだろう」とイメージができる人
面接前に知っておきたい、面接の3つの目的|転職の面接対策
筆者:つばさ
筆者:つばさ
面接前に知っておきたい、面接の3つの目的について書きました。面接では求職者のスキルや経験を深堀するのはもちろんですが、それ以外にも対面でしか見極められない大切な目的があることを知っておきましょう。

経歴:転職3回、フリーター3年以上、フリーランス7年以上、エージェント利用10社以上、人材会社でのキャリアもあり

面接の3つの目的

採用選考の面接を成功させる秘訣は、ずばり面接の目的を知ることです。面接の目的を面接前に知っておくことで、より的確な答えができるようになります。

今回は、面接前に知っておきたい採用面接の目的を3つ挙げ、より内定に近づく答えを導き出すヒントを紹介しましょう。

面接前に知っておきたい、面接の3つの目的
どんな人物かを知るため
コミュニケーション能力を測るため
入社への熱意があるかを探るため

面接の目的1|どんな人物かを知るため

面接の一番の目的は、採用担当者が転職者の人物像を知り、転職者は企業の内面を知ることです。つまり、お互いにお互いのことを知る機会が面接になります。

面接前に、履歴書や職務経歴書を提出するため、基本的な情報は面接前に伝えてあります。面接の場では、書面だけでは伝えられなかった具体的なエピソードをより感情をこめて伝えます。

短い面接時間の中で、自分の良さや特徴をしっかりと伝えることができた人が内定に近づくことができるのは言うまでもありません。

「自分を伝える」ためには、面接の質問にただ答えるだけではいけません。

面接官は、多くの転職者に同じような質問をしています。

簡単な例ですが、

面接官
面接官
趣味はなんですか?

という質問に対して

転職者
転職者
釣りです。

と一言で答えた転職者と、

転職者
転職者
釣りです。ゆっくりとした時間の中で自分と向き合える時間ができるからです。

と答えた転職者がいれば、もちろん後者の方が印象が良いでしょう。

単に質問に答えるだけでは自分の内面を伝えることはできません。どのような質問をされても、自分のことを伝えるチャンスとして捉え、自分の言葉で少しでも多くの情報を伝えるように努力しましょう。

上手な言葉がでなかったとしても、一生懸命に自分の言葉で発信する姿は積極性のある人物として前向きに評価されるものです。

面接の目的2|コミュニケーション能力を測るため

履歴書や職務経歴書は満点にもかかわらず、内定が出ない転職者もいます。そのような人は、コミュニケーションの取り方に問題があるのかもしれません。

転職面接では、スキルや経験についての質問が多くされますが、それ以上によく見られていることがコミュニケーション能力です。これはもちろん新卒採用などの面接でも言えることです。

採用面接では、面接担当者も転職者も初対面です。初対面でお互いに質問をして答えることは、コミュニケーション能力が高い人にとっても大変なことでしょう。

しかし、転職者は新卒採用よりもコミュニケーション能力が重視されます。なぜならば、転職者は中途採用であり、すでに出来上がった人間の輪の中に入らなければならないからです。

コミュニケーション能力とは、口達者であることをいうわけではありません。聞き上手も立派なコミュニケーション上級者です。

面接官が質問をしているときには落ち着いてじっくりと話しを聞き、的確な言葉を選んで答えることが大切です。

話すのが苦手なひとは

言葉数が少ない人、話すのが苦手な人は、アイコンタクトを意識してみましょう。

質問されているときには話している面接官の目を見ます。

自分が答えるときには、面接官全員に視線を配りながら、ゆっくりと話すことがコミュニケーション能力を高く見せるコツです。

面接の目的3|入社への熱意があるかを探るため

採用面接は短い時間ですが、求職者と話していると「本当に入社・転職する意欲があるか」「この会社に対する熱意があるか」がわかります。企業の人事担当者もプロです。何十何百人との面接を経験して、実際に入社してくれたひと、入社してくれなかったひと、などの成功失敗体験談があります。

熱意や意欲は書面からも伝えることができますが、やはり実際に面と向かって話ができる面接で熱意や意欲を伝えることは一番のアピール材料になります。

かといって、感情的になって言葉を発してはいけません。転職者は社会人経験がある立派な大人です。

話しに道筋をたてて、タイミングを見ながら自分の熱意をアピールしましょう。

面接対策が充実している転職エージェント

面接が不安…
面接対策をもっと充実させたいけど、どうやったら良いのか分からない…

というひとはつぎの転職エージェントを利用してみましょう。

自己PRのやり方や志望動機の話し方などの基本的な面接練習から、企業ごとの面接対策など、充実のサポートをうけることができます。転職活動に割く時間も節約できるので、おすすめの転職活動方法の1つです。

失敗しない 転職エージェント選び決定版!

20代におすすめの転職エージェント

JAICのココがおすすめ –

  • 未経験から正社員に就職!
  • 就職成功率81.1%以上
  • キャリア支援実績23,000名以上
  • 入社後の定着率91.5%
JAIC

第二新卒エージェントneoのココがおすすめ –

  • 既卒・フリーターでも就職できる
  • 就職成功者15,000人以上
  • 未経験OKの求人が5,000件以上
  • 入社前・後のアフターフォローもバッチリ
第二新卒エージェントneo

30代・40代におすすめの転職エージェント

dodaのココがおすすめ –

  • 転職者満足度No.1!
  • 転職支援実績、取り扱い求人数は日本最大級
  • あなたにピッタリの仕事が見つかる
  • doda限定の求人多数
doda
リクルートエージェント

リクルートエージェントのココがおすすめ –

  • 転職成功実績No.1のエージェント
  • 業界トップクラスの求人数、非公開求人数は約179,000件以上
  • ワンランク上の履歴書、職務経歴書に添削
  • 言いづらい「年収」「条件」「入社日程」の交渉もお任せ
リクルートエージェント

面接前に知っておきたい、面接の3つの目的以外の面接対策に関するノウハウはこちら

まとめ|内定をもらえる人は採用後の働きがイメージができる人

転職などの面接で内定をもらえる人の多くは、面接官が面接後に「おそらく、この人を採用すればこういう働きをしてくれるだろう」とイメージできる人です。

採用後の様子をイメージできるということは、採用担当者にとって大きな安心であり、内定を出す決め手にもなります。

採用面接では、自分を高く見せようとするのではなく、「自分はこういう人です!」と具体的なイメージが沸くように話をしてみましょう。