転職の面接対策:質問編『この業界についてどう思いますか?』の上手な答え方

面接業界,面接

今回のポイント

  1. 「この業界についてどう思いますか?」の上手な答え方は、「褒める」「問題提起」「解決策」「自分が貢献できること」の4つを順序立てて話すこと
  2. まずはじめに必ず、その業界について良い点を挙げて褒める
  3. 面接先の会社がどの業界に属するのか、また業界の特徴と抱えている問題点くらいは基礎知識として知っておく

転職の面接対策:質問編「この業界についてどう思いますか?」

「この業界についてどう思いますか?」の上手な答え方を解説

転職面接では、会社についてだけでなく、業界についての質問がされることがあります。

転職者のほとんどは、面接を受ける会社の企業研究はしてくるのですが、業界について深く調べてくる人は意外と少ないのです。

そこで今回は、転職面接でよく聞かれる質問「この業界についてどう思いますか?」の上手な答え方についてお話ししましょう。

転職面接で聞かれる「この業界についてどう思いますか」の質問の意図とは

「この会社についてどう思いますか」は、会社のことをどれくらい知っているかを探る質問です。

「この業界についてどう思いますか」も、同じようにどれくらい業界についての知識を持っているかを面接で問う質問といえるでしょう。

しかし、業界についての説明を延々としただけではよくありません。

「どう思いますか」と聞かれたときには、事実だけでなく自分の考えも話さなければなりません。

「この業界についてどう思いますか」と聞かれたときには、その業界の現状で知っていることに触れ、「自分の共感できる点や良い点とその理由」「問題点と解決策」まで話すことができればいいでしょう。

この質問の意図は業界全体が見える視野を持つ人材かを判断するだけでなく、現状分析と問題提起そして解決策の提案がどれだけできる人材かを探る意図もあるのです。

「この業界についてどう思いますか」の上手な答え方

まず「この業界」と聞かれたときには、受けている会社がどんな業界に属するかを知らなければなりません。

企業研究ばかりに注意がいってしまい、意外と「どの業界に属するか」を知らずに面接に来てしまう人がいるのです。

面接を受けに行くときには、受ける会社がどの業界に属するのか、また業界の特徴と抱えている問題点くらいは基礎知識として知っておく必要があります。

また、業界に関するニュースもチェックしておきましょう。

面接官
この業界についてどう思いますか?

という質問の上手な答え方は、ずばり「褒める」「問題提起」「解決策」「自分が貢献できること」の4つを順序立てて話すことです。

例えば、運送業界ならば

転職者
ネット販売が増えていく中で、運送業界の需要はどんどん大きくなると思います。

ただそれに伴い、人手不足の問題があります。

私は、今まで人事を担当してまいりました。少しでも人手を減らさないためにも、待遇面や働きやすさについて常にアンテナを張りたいと考えています。

というように答えるといいでしょう。

もちろんそれぞれの業界で特色はさまざまです。

「褒める」「問題提起」「解決策」「自分が貢献できること」の各項目について、自分の言葉で簡潔に答えられるように面接の準備をしておくと良いでしょう。

「この業界についてどう思いますか」の質問に言ってはいけない言葉とは

「この業界についてどう思いますか」と聞かれると、悪い面を言わなければならないと思う人もいます。

しかし、どんな人でも外部の人に悪いことを言われるといい気持ちはしませんよね。

転職者は、まだ外部の人です。

面接官も自分たちの業界について悪く言う人を仲間として受け入れたいとは思わないでしょう。

「この業界についてどう思いますか」と聞かれたら、まずは必ず良い点を挙げて褒めます。

間違っても

転職者
この業界の将来は前途多難だと考えています。でも、対処次第ではいい方向に変えられると信じています。

のように偉そうに語らないように気をつけましょう。

会社について話をするとき、転職者は「採用してもらう立場だから下手に出ないと」と思います。

しかし、業界になると規模が大きすぎて「受け入れてもらう」という謙虚な気持ちを忘れがちです。

業界も会社も同じように考えて、謙虚な気持ちで質問に答えることが印象をよくするポイントです。

まとめ|面接先の業界情報はこまめにチェック

「この業界についてどう思いますか」という質問は、業界全体を大きくみる広い視野を持っている人材かを問う質問です。

普段から面接先の業界に関する情報は、新聞やニュースでこまめにチェックする癖をつけましょう。

そして事前に調べた客観的な事実をもとにして、業界に対する自分の考えをわかりやすく伝えることが大切です。

知らないことは知ったかぶりをせず、暗い話や過去の話にはできるだけ触れずに、知っている範囲で前向きに話をするようにしましょう。