転職の面接対策:質問編『この仕事で一番大切なことはなんだと思いますか?』の上手な答え方

面接面接

今回のポイント

  1. 「この仕事で一番大切なことは?」は配属予定先の仕事内容をしっかりと理解しているかを探るための質問で、採用選考の結果に大きくかかわる
  2. 一番大切だと思っていることを伝えるとともに、仕事の内容や厳しさなどについても言及する
  3. “自分の経験から見つけた" 大切なことを話せると面接官の印象に残りやすい

転職の面接対策:質問編「この仕事で一番大切なことはなんだと思いますか?」

「この仕事で一番大切なことはなんだと思いますか?」の上手な答え方を解説

転職面接では、就職面接よりも仕事について深い質問が多くされます。

中でも、希望職種や配属予定の仕事についての理解度を確認する質問は合否を左右する大切な質問です。

今回は、転職面接でよく聞かれる質問「この仕事で一番大切なことはなんだと思いますか?」への上手な答え方についてお話しします。

「この仕事で一番大切なこと」の意図を読めるかがポイント

この質問は「面接担当者がなぜこのような質問をしたのか」を考えることが大切です。

質問では、一般的な仕事についての話ではなく「この仕事」と仕事を限定しています。

転職するときには、それまでのスキルや職務経験から配属される部署や仕事の種類がほぼ決まっていることがほとんどです。

「この仕事」とは「配属予定の仕事を意味している」と理解しましょう。

つまり、質問を言い換えれば「配属予定先の仕事で一番大切なことはなんだと思いますか」となります。

これは、配属予定先の仕事内容をしっかりと理解しているかを探るための質問で、採用選考の結果に大きくかかわってきます。

転職面接で聞かれる「この仕事で一番大切なことはなんだと思いますか?」への上手な答え方

面接官
面接官
この仕事で一番大切なことはなんだと思いますか?

と聞かれたら、仕事内容を理解できていることもあわせて伝えるようにしましょう。

例えば、営業職に配属予定の転職者ならば

営業希望の転職者
営業希望の転職者
営業はお客様との信頼関係が一番大切だと思います。

信頼関係をしっかりと築くためにもひとつひとつの対応に誠意をこめるように努めています。

と答えるといいでしょう。

「一番大切なこと」は、その仕事をするうえで「一番必要なこと」でもあります。

もう一つの例を挙げると、経理部に配属予定にも関わらず「きちんとコツコツがんばること」と答えてしまっては、頼りない印象を与えるでしょう。

経理部は、コツコツと作業をこなすことも大切ですが、決められた期日までに確実に仕事をこなすことのほうが大切であり、それが経理職の本質ではないでしょうか。

ですので、

経理希望の転職者
経理希望の転職者
経理の仕事で一番大切なことは、期日内にきちっと仕事をこなすことだと思っています。

毎日の作業を着実に進めるとともに、ミスの無いようにしっかりと確認しつつ仕事を進めるようにしています。

と答えると良いでしょう。

また、「仕事の厳しさや現実をわかっている」ということをアピールできることも転職者の強みでもあるので、回答に盛り込むと良いでしょう。

「この仕事で一番大切なことはなんだと思いますか?」の質問で言ってはいけないこと

「この仕事で一番大切なことはなんだと思いますか」という質問をされたとき、しばしば「自分にとって大切なこと」と解釈してしまう人がいます。

転職面接では、あくまでも「自分が会社に貢献できること」を前面に出しましょう。

例えば、営業職に配属予定の人が

営業希望の転職者
営業希望の転職者
外回りは体力勝負です。

しっかりと自己管理をすることが一番大切だと思います。

と答えたとします。

一見、健康管理することは基本であり、大切なことのような気がします。

しかし「健康管理」はすべての仕事に共通して大切なことです。

「この仕事」と指定されているにもかかわらず仕事全般について話をしてしまうと、過不足ない答えにはなりますが、面接担当者の心に残らない印象の薄い答えになってしまいます。

面接担当者の心に残るように話を進めるコツは「自分の経験から大切なことをみつけた」というようにストーリー仕立てで話しをすることです。

営業職ならば

営業希望の転職者
営業希望の転職者
台風で物流が滞ったときがありました。

多くのお客様は他社に乗り換えてしまいました。

しかし私が担当していたお客様は「あなたがいいから」と言って取引を継続してくださいました。

のように具体的な経験から

営業希望の転職者
営業希望の転職者
ですので、信頼関係が大切だと思います。

とつなげると印象に強く残ります。

話し方

また、同じ答えであっても、言い方によっては印象を悪くすることがあります。

「信頼関係じゃないですか」というように「じゃないですか」と語尾につけると、一番大切なことについて話をしているにも関わらず「適当に言葉を並べている」という印象を受けます。

「一番大切なこと」のように正解がなく、自分の価値観で話をするときには、語尾を言い切るようにしましょう。

まとめ|面接官の印象に残るように回答しよう

「この仕事で一番大切なことはなんだと思いますか?」という質問は、その転職者が経験してきたことの深さを知り、仕事への理解度を確認することができる質問です。

表面的にきれいな言葉を並べるのではなく、自分の言葉で自分らしく伝えてみると印象に残る答えができるのではないでしょうか。

面接面接