転職の面接対策:質問編『休日の過ごし方は?』の上手な答え方

面接面接

今回のポイント

  1. 「休日の過ごし方」は転職者の価値観や人間性を問う質問
  2. 「休日の過ごし方」は無難に答えれば良い。面接官に不安や心配を与えないような答え方をするのが大切
  3. いまの休日の過ごし方に不安がある人は、身近な人の休日の過ごし方を想像しながら話す

転職の面接対策:質問編「休日の過ごし方は?」

「休日の過ごし方は?」の上手な答え方を解説

転職面接では、仕事以外の質問をすることで転職者の価値観や人間性を見極めようとすることがあります。

「休日の過ごし方」も転職者の価値観や人間性を問う質問です。

今回は、転職面接でよく聞かれる質問「休日の過ごし方は?」の上手な答え方についてお話ししましょう。

休日の過ごし方で問われていることは?

転職面接では、転職者の価値観や人間性を知るために、仕事以外の生活について質問されることがよくあります。

休日やプライベートな質問をされると「プライベートな質問は仕事に関係がない」と思う人もいますが、休日の過ごし方の質問は、なにも転職者のプライベートな側面を暴こうとしているわけではありません。

面接官
面接官
休日の過ごし方は?

と聞かれたときに実際に見ているポイントは、

面接官
面接官
この転職者はどういう人なんだろう?

というのを見極めようとしているのです。

休日の過ごし方についての質問も、転職者の人間性や価値観を知ることが目的なため、答えられる範囲で具体的に話し、自己アピールできる時間として活用しましょう。

また、休日の過ごし方の質問で注意が必要なことは、人間性のイメージダウンにつながるようなことは実際にそう過ごしていても答えないことです。

例えば、「一日中ずっと寝て過ごしています」とか「ゲーム三昧です」、「パチンコに出かけます」などではイメージダウンとなるので注意しましょう。

面接官はべつに「華やかな休日の過ごし方」を求めてはいない

休日の過ごし方を質問されると、つりやゴルフのように華やかな趣味について話をした方が盛り上がると考える人もいます。

たしかに休日をどう過ごしているかは、その人の価値観があらわれるかもしれません。

しかし、休日の過ごし方を聞かれたときには「華やかな過ごし方」がマイナスのイメージにつながることもあるのです。

なぜならば、小さな子どもがいるにもかかわらず

転職者
転職者
休日はゴルフに行きます。

と堂々と答えてしまえば、面接担当者は「家族とはうまくいっているのかな」と心配になるかもしれません。

家族がいる転職者ならば「休日は家族とホームセンターに買い出しに行きます。」と答えれば、家庭も大切にできる人材であり、仕事のストレスも家族がしっかりと受け止めてくれるかもしれないと期待するでしょう。

休日の過ごし方を聞かれたときには、見栄を張ったり、嘘をついたりせずに、ありのままの日常を話した方が無難でしょう。

転職面接で聞かれる「休日の過ごし方は?」の質問の上手な答え方

「休日の過ごし方は?」と聞かれたら、背伸びをせずにありのままの自分を伝えます。

家族がいる人ならば、

転職者
転職者
家族と近くの公園に行ったり、買い物に行ったりして過ごしています。

と答えれば十分です。

さらに続けて「休日の家族と過ごす何気ない時間は、自分にとって癒しの時間です」などと言えば、安定した家庭があることを伝えられるでしょう。

独身の人ならば、

転職者
転職者
午前中は、片づけをします。休日に部屋をきれいにすることで新しい1週間を始める意欲がわきます。

と答えてもいいでしょう。

必ずしも「休日はおでかけ」と答える必要はありません。

むしろ「休日は近場に旅行に行きます」や「休日はゴルフ三昧です」など派手なイベントを毎週末入れているような答えをしてしまえば、面接担当者は「給料だけで足りるのかな」と余計な心配をしなければならないでしょう。

この手の休日の過ごし方や趣味などの質問についてはとにかく、面接官に不安や心配を与えないような答え方をするのが大切です。

まとめ|休日の過ごし方に不安がある人は身近な人を想像しながら話そう

休日の過ごし方は、その人の価値観や人間性があらわれます。

見栄を張る必要はありませんが、規則正しく健康的なプライベートを過ごしていることをしっかりと面接官に伝えられればなにも心配はいりません。

しかし、実際のいまの休日の過ごし方に不安がある人もいると思います。

そういった場合は、家族や知人など身近な人の休日の過ごし方を想像しながら話すと話やすくなりますし、突発的な質問が来た時にも対応できるので実践してみてください。

面接面接