既卒で職歴なしでもマイナビエージェントは使える?利用しても良いひと、利用しない方が良いひと。

エージェント,既卒マイナビエージェント,既卒

既卒で職歴なしでもマイナビエージェントは使える?利用しても良いひと、利用しない方が良いひと。
筆者:つばさ
筆者:つばさ
既卒で職歴なしでもマイナビエージェントは使えるのか?についてお答えします。『既卒でマイナビエージェントを利用しない方が良いひとにおすすめの就職サービス』も掲載しているのでぜひ参考にしてくださいね。

経歴:転職3回、フリーター3年以上、フリーランス7年以上、エージェント利用10社以上、人材会社でのキャリアもあり

マイナビエージェントの概要

マイナビエージェント
マイナビエージェント
エリア関東、中部、関西
対象年齢20代以上
学歴・経歴不問
業種・職種全般
オンライン面談
料金無料
エージェントのココがおすすめ
エージェントのココがおすすめ吹き出し(スマホ用)
  • はじめて転職するひとにも、丁寧で安心できるサポート
  • 各業界の転職事情に通じた専任アドバイザー
  • 企業担当アドバイザーのバックアップもあり

既卒・職歴なしでもマイナビエージェントは使える

既卒・職歴なしでもマイナビエージェントは使える

マイナビエージェントのサービスは基本的には社会人経験のある転職者向けのものですが、既卒・職歴なしのひとでもマイナビエージェントを一部利用することはできます。

しかし、既卒・職歴なしのひとに本当にマイナビエージェントが向いている就職サービスなのかという点では懸念が生じます。既卒や社会人経験が無いひとは、『既卒でマイナビエージェントを利用しない方が良いひとにおすすめの就職サービス』に掲載している就職サービスを利用するようにしてください。

既卒・職歴なしのひとが使えるマイナビエージェントのサービス
マイナビエージェント
おもに中途採用・転職者向け。
マイナビジョブ20s(20代の社会人経験が浅い方向けのエージェントサービス)
おもに20代の転職者向け。一部既卒者も利用可能。

既卒・職歴なしがマイナビエージェントをなるべく使わない方が良い4つの理由

 既卒・職歴なしがマイナビエージェントをなるべく使わない方が良い理由

上記で記載したように、マイナビエージェントは基本的には中途採用・転職者や第二新卒者をメインユーザーとして展開しているサービスです。

それらのサービスの中に既卒・職歴なしのひとが応募できる求人もありますが、求人数が限られていたり、求人を載せている企業が既卒・職歴がないひとの獲得に積極的なのか、というと決してそうではありません。やはりマイナビエージェントに求人を掲載している企業も即戦力となる中途採用者を欲しがっていますし、既卒者などの社会人経験が少ないひとでもウェルカムという企業は少ないのが現実です。

既卒・職歴なしがマイナビエージェントをなるべく使わない方が良い4つの理由
マイナビエージェントで既卒・職歴なしのひとを対象としている求人は極端に少ない
マイナビエージェントに求人を掲載している企業も、そこまで既卒・職歴なしのひとを欲しているわけではない
利用者が多く、既卒・職歴なしのひとへのサポート優先度が低い
社会人経験のある転職者と選考が被った場合に、職歴がないと不利になる

以下で詳しく解説します。

マイナビエージェントで既卒・職歴なしのひとを対象としている求人は極端に少ない

マイナビエージェントで既卒・職歴なしのひとを対象としている求人は極端に少ない

既卒や職歴なしのひとがマイナビエージェントのサービスをどれだけ使いこなせるかを調べるために、実際にマイナビエージェントで既卒・職歴なしのひとを対象としている求人の数をリサーチしてみました。

パターン1:キーワードを「既卒」に設定して求人検索

マイナビエージェント「既卒」で検索

結果 該当求人数は25件。マイナビエージェントに掲載されている国内の求人全体の約0.04%

パターン2:キーワードを「職歴なし」に設定して求人検索

マイナビエージェント「職歴なし」で検索

結果 該当求人数は0件

パターン3:絞り込み条件のこだわりで「業界未経験歓迎」を選択して求人検索

マイナビエージェント「業界未経験歓迎」で検索

結果 該当求人数は約1,800件。マイナビエージェントに掲載されている国内の求人全体の約2.8%

 

このように既卒・職歴なしのひとを対象とする求人がマイナビエージェントには極端に少ないことが判明しました。

また、既卒や職歴なし、業界未経験歓迎の条件で求人を検索すると、派遣会社の求人が出てくることにも注意しましょう。

既卒から正社員を目指していたはずなのに、良く分からない間に派遣会社に就職していて、良く分からない企業に配属になっているという事態は避けるべきでしょう。

マイナビエージェントに求人を掲載している企業も、そこまで既卒・職歴なしのひとを欲しているわけではない

マイナビエージェントに求人を掲載している企業も、そこまで既卒・職歴なしのひとを欲しているわけではない

マイナビエージェントに求人を掲載している企業は基本的にはキャリアのある転職者を求めています。マイナビエージェントに既卒可の求人が少ないのもこれが理由です。

また、既卒や職歴なし、未経験歓迎の求人を出している企業も中途採用をしたい、というのが本音でしょう。

実際にマイナビエージェントに掲載されている求人票の「給与」や「応募条件」を見てみると、

  • 年収○○万円(インセンティブを含む)
  • 月収○○万円~○○万円(年齢・経験などを考慮)
  • 社会人経験〇年以上
  • 実務経験のある方

といった文言が散見されます。

これは逆に考えると、既卒や職歴なしのひとも選考を受けられるけど、「条件は厳しいですよ」といったことを意味しています。

マイナビエージェントだけに限りませんが「未経験歓迎」という言葉に踊らされすぎると、条件のあまり良くない、本来であれば選考を受ける候補に入ってくることがない企業とマッチングしてしまうかもしれません。

利用者が多く、既卒・職歴なしのひとへのサポート優先度が低い

利用者が多く、既卒・職歴なしのひとへのサポート優先度が低い

マイナビエージェントは知名度もあって、多くのひとが転職活動をするときに利用するサービスです。そしてマイナビエージェントもそんな転職者をメインターゲットとしてサービスを展開しています。

そもそもが、既卒で職歴のないひとが利用することを前提に運営されているものではありません。

また、既卒で職歴なしのひとをマイナビエージェントが一生懸命サポートしたとしても、就職が成功する可能性が低いため、マイナビエージェント側から見て既卒者はコストパフォーマンスがあまり良くないユーザーでしょう。

コストパフォーマンスが合わないユーザーのサポートはあまり重要視されませんし、サポートの優先度が低くなるのも必然です。

社会人経験のある転職者と選考が被った場合に、職歴がないと不利になる

社会人経験のある転職者と選考が被った場合に、職歴がないと不利になる

マイナビエージェントを利用している転職者は多く、企業の人事担当者から見れば、既卒や職歴なしのひとも中途のひとも同じ選考を受けに来るひとりにすぎません。

ほぼ同時期に採用選考を受ける場合、既卒でもキャリアのある社会人でも、同じ土俵で比較されるわけです。

もし採用枠に限りがあったら、あなたならどちらを採用するでしょうか?

既卒のひとがとても魅力的なスキルや資格を持っていなければ、正直なところキャリアのあるひと一択です。

このように、マイナビエージェントを利用して就職活動を行う場合、マイナビエージェントの利用者全員がライバルとなりえます。既卒・職歴なしのひとは不利な戦いを強いられることは頭に入れておく必要があります。

既卒でマイナビエージェントを利用しても良いひと、利用しない方が良いひと

既卒でマイナビエージェントを利用しても良いひと、利用しない方が良いひと

ここまでマイナビエージェントは既卒・職歴なしのひとにはあまり向いていない就職サービスだということを書きましたが、もちろん「マイナビエージェントを絶対に利用するな」ということを言っているわけではありません。就職活動の選択肢の1つとして利用するのは全然ありです。

どういったひとがマイナビエージェントを利用しても良いかマイナビエージェントを利用しない方が良いかをリストアップしましたので、マイナビエージェントを利用しようか迷っているひとは参考にしてみてください。

マイナビエージェントを利用しても良いひと

  1. 既卒・職歴なし以外の領域で選考を受けれるだけの、中途採用者にも引けをとらないスキルや資格を持っているひと
  2. 本気で就職を考えているわけではなく、とりあえず幅広い求人を比較検討したいひと
  3. 既卒・職歴なしに向いている、向いていないに関わらず、それでも大手の転職サービスを使いたいと考えているひと
  4. 地方に在住で、使える就活媒体に限りがあるひと

マイナビエージェントを利用しない方が良いひと

  1. 本気で就職を考えているひと
  2. 既卒・職歴なしの期間が長いひと
  3. 特別なスキルや資格を持っていないひと
  4. しっかりとした就職サポートを受けたいひと
  5. 既卒・職歴なしでも、できるだけ条件の良い会社に入社したいひと
  6. 既卒・職歴なしでも、選考で不利にならないような求人に応募したいひと

既卒でマイナビエージェントを利用しない方が良いひとにおすすめの就職サービス

既卒・職歴なしで就職を本気で考えているひとは、次の就職サービスを使って就活を進めていきましょう。
ここでは、既卒の就活サポートや実績が充実している就職サービスを掲載しています。

失敗しない 既卒就職サービス選び決定版!

JAICのココがおすすめ –

  • 未経験から正社員に就職!
  • 就職成功率81.1%以上 / 入社後定着率91.5%
  • キャリア支援実績23,000名以上
  • 厚生労働省委託事業の「職業紹介優良事業者」
JAIC

第二新卒エージェントneoのココがおすすめ –

  • 既卒・フリーターでも就職できる
  • 就職成功者15,000人以上
  • 未経験OKの求人が5,000件以上
  • 入社前・後のアフターフォローもバッチリ

第二新卒エージェントneo

UZUZ(ウズウズ)

UZUZ(ウズウズ)のココがおすすめ –

  • 20代専門だから内定率86%!
  • 他社の10倍時間をかける20代専門の就職・転職サポート
  • 厳正な自社基準でブラック企業を完全排除
  • 大手上場からベンチャーまで優良企業多数
UZUZ(ウズウズ)
就職Shop

就職Shopのココがおすすめ –

  • 未経験でも正社員就職を徹底サポート
  • リクルートの仕事紹介カウンター
  • 書類選考なし、人物本位の正社員求人
  • 利用者数は10万人を突破
就職Shop

就職サービスを効率的に、賢く利用する方法

複数のエージェントに相談して、最終的に1社に絞り込む

エージェントを効率的に利用する方法

エージェントなどの就職・転職サービスを使う場合には、最初は幅広い媒体を複数同時に利用することをおすすめします。同時に利用することで、どのサービスが自分に最も適しているかを比較し判断することができますし、それが内定を獲得できる確率の大幅にアップにも繋がるからです。

メリットは上図に示したとおりで、エージェントの強みや弱みを判断できるとともに、キャリアの選択肢も広がります。

ここで面倒なのは、登録作業やキャリア相談の対応を各社ごとに実施しなくてはならないところですが、採用選考で一番面倒な応募書類の作成などは2社目以降は大幅にはぶくことができます。

キャリア相談でも、聞かれる内容の大筋は各エージェントでそこまで変わりはありません。一度こなしてしまえば、2社目以降はスムーズに自分の経歴や希望などを伝えられるようになっているはずです。面接練習なども各エージェントで実施してくれるので、「習うより慣れよ」という言葉があるようにかなりの場数を踏めるので、話ベタなひとや自分の頭の中身を整理したいひとほど複数利用のメリットは大きいでしょう。

複数の就職・転職サービスを利用することで多くのメリットを受けられます。最初から利用する媒体を1つに絞るのではなく、複数利用のメリットをしっかり活かすことで効率的に、賢く進めていきたいですね。

また、転職や就活を成功させている人は3~4社、多い人で5社のエージェントを利用しているのが現状です。実際に、人材大手のリクルートキャリアが発表した「エージェント利用社数に関する調査」でも下記のような結果が出ています。

エージェントの利用社数
転職成功者平均4.2社
全体平均2.1社

少しでも気になるエージェントがある場合は、最低でも2社以上登録し、並行して利用するように心がけましょう。

「既卒で職歴なしでもマイナビエージェントは使える?」以外の既卒就活に関するノウハウ

まとめ|既卒・職歴なしがマイナビエージェントを使いこなすのは難しい

今回は、「既卒で職歴なしでもマイナビエージェントは使える?」という疑問にお答えしました。

マイナビエージェントはあくまで中途採用・転職者向けのサービスで、既卒者がマイナビエージェントを使いこなすのは難しいという結論です。

就職を真剣に考えているひとは、既卒で職歴なしからでもハンデにならない就職サービスを利用するのがベストです。

既卒でマイナビエージェントを利用しない方が良いひとにおすすめの就職サービス』を参考に、自分に合ったキャリアサポートを見つけましょう。