エージェントの採用選考の4つのメリットと1つのデメリット

エージェント選考,エージェントのデメリット,エージェントのメリット

今回のポイント

  1. エージェント(人材紹介会社)を利用して転職や就職活動をする上での採用選考に関するメリットとのデメリットを紹介。4つのメリットと1つのデメリットがある
  2. エージェントのメリットとデメリットを全て把握した上で、メリットを最大限に活かせるような利用を心がけよう
就職・転職エージェントの採用選考の4つのメリットと1つのデメリット

エージェントの採用選考のメリット、デメリットを紹介

今回はエージェントの採用選考に関する4つのメリットと1つのデメリットを紹介します。

どのような採用選考の対策をしてくれるのでしょうか?

そして、エージェントを通して企業の採用選考を受けると得られるメリットは?デメリットは?

エージェントの利用を検討している方、もうすでに利用をしている方、人材紹介会社って何?と気になっている方、すべての方に対してどこのサイトよりも分かりやすく、詳しくエージェントを利用した場合の採用選考に関するメリットとデメリットを解説をしていきます。
 

その他のエージェントのメリットとデメリットが気になる方は、下の「【完全版】エージェント(人材紹介会社)の全22のメリットと10のデメリット」の記事をチェック!

下の記事ではエージェントのデメリットを上手くカバーした利用方法裏ワザ、そもそも利用するべきかの判断材料なども紹介しています。

エージェントの採用選考に関する4つのメリット

エージェントの採用選考に関する4つのメリット

エージェント(人材紹介会社)を利用して転職や就職活動を行う上での採用選考に関するメリットは次の4つです。

採用選考に関するエージェントの4つのメリット
魅力的な自己PRや志望動機の内容、伝え方を教えてもらえる
応募書類へのアドバイスや添削をしてくれる
面接対策を実施してくれる
企業の人事部と直接的なパイプを持っており、選考を有利に進められる

それぞれのメリットの詳細については、次の項目で述べているので、気になる方は参考にしてください。

採用選考に関するエージェントのメリットの詳細

エージェント(人材紹介会社)を利用する上での、採用選考に関するメリットの詳細の解説をしていきます。

1.魅力的な自己PRや志望動機の内容、伝え方を教えてもらえる

キャリアカウンセリングを通して得た情報をもとに、自己PRや志望動機の見直しをしてくれます。

また、それぞれの企業や採用担当者の特色を抑えた上での伝え方なども伝授してくれるので、書類や面接の通過率をより一層高めることができるようになるメリットがあります。

2.応募書類へのアドバイスや添削をしてくれる

書類作成が苦手という人も、エージェントを利用していれば何も問題はありません。

基本的な応募書類の書き方から、応募する企業ごとのアレンジの仕方までアドバイスしてくれた上で、添削までをおこなってくれます。

3.面接対策を実施してくれる

転職活動や就職活動において面接が苦手という人は少なくありません。

立派な経歴や学歴、スキルを持っていて書類通過まではいくけれど、毎回面接で落とされてしまうという人は面接の対策が足りないのかもしれません。

逆に経歴に自信がないようなギリギリで書類通過をしたような人で、面接で印象や評価を大幅にアップさせたいという人もいるでしょう。

エージェントはそんな方達に対して模擬面接などを通して面接対策を実施しています。

企業の採用担当者並に、もしくはそれ以上に人を見る目のあるキャリアカウンセラーに面接の対策をしてもらえることは採用選考においてとても大きなメリットです。

1人では行うことのできない面接官を意識した対面での模擬面接をしているからこそ、リラックスして本番の面接にものぞめるようになります。

4.企業の人事部と直接的なパイプを持っており、選考を有利に進められる

エージェントは企業の採用担当者との直接の関係性があり1人で応募するよりも有利に採用選考を運べることもあります。

たとえば、あなたはどういった人物であるのか、どんな能力や性格が優れているのか、などの情報を企業に事前に伝えることにより、企業に対してあなたの魅力付けをおこなってくれたりもします。

他には、信頼しているエージェントが推薦してきた人なら、企業はその人の採用を前向きに検討しようとなるケースなどもあります。

エージェントの採用選考に関する1つのデメリット

エージェントの採用選考に関する1つのデメリット

次の1つが、エージェント(人材紹介会社)を利用して転職や就職活動を行う上での採用選考に関するデメリットになります。

採用選考に関するエージェントの1つのデメリット
採用コストが企業側に掛かるため、自主応募には負ける場合もある

それぞれのデメリットの詳細については、次の項目で述べているので、気になる方は参考にしてください。

採用選考に関するエージェントのデメリットの詳細

エージェント(人材紹介会社)を利用する上での、採用選考に関するデメリットの詳細の解説をしていきます。

1.採用コストが企業側に掛かるため、自主応募には負ける場合もある

もし同じ能力の人が2人同時に選考を受けていて、片方は採用コスト10万円、もう片方は50万円掛かるとしたらどちらを採用するでしょうか?

答えは簡単で、もちろん採用コストの低いほうが採用されるでしょう。

人材紹介会社を使った採用には、相場的に見て安くても一人当たり50万円以上のコストが掛かります。

それだけの採用コストが掛かるとなると、もしコストのあまり掛からないルートから別の応募が同時期にあった場合、選考で不利になる可能性もゼロではありません。

エージェント利用の採用選考に関するメリットを最大限に活かそう

今回はエージェント(人材紹介会社)を利用して転職や就職活動をする上での採用選考に関するメリット、デメリットを紹介しましたがいかがでしたでしょうか?

「魅力的な自己PRや志望動機の内容、伝え方を教えてもらえる」「応募書類や面接の対策をしてくれる」「企業の採用担当者と繋がりがあり、選考を有利に進められる」など、利用のメリットはたくさんある一方で、そのデメリットも少なくありません。

エージェントを利用する際は、採用選考に関するメリットとデメリットを把握して、メリットを最大限に活かした利用をするように心がけることが大切です。

 

その他のエージェントのメリットとデメリットが気になる方は、下の「【完全版】エージェント(人材紹介会社)の全22のメリットと10のデメリット」の記事をチェック!

下の記事ではエージェントのデメリットを上手くカバーした利用方法裏ワザ、そもそも利用するべきかの判断材料なども紹介しています。