【新卒1年目の転職】新卒1年目でも上手くいく転職方法や考え方

20代・第二新卒新卒1年目,転職

【新卒1年目の転職】新卒1年目でも上手くいく転職方法や考え方
筆者:つばさ
筆者:つばさ

新卒1年目で転職を考える人も多いかと思いますが、転職には様々な理由があります。新しい環境に挑戦することで成長したい、今の職場に不満がある、スキルアップを目指したいなど、それぞれの理由があるかと思います。しかしながら、新卒1年目の転職は一般的に難しいとされています。また、新卒1年目で転職することで、将来的にキャリアに悪い影響を与えるかもしれません。

そこで本記事では、新卒1年目でも上手くいく転職方法や考え方について解説していきます。新卒1年目で転職を考えている方は、ぜひ参考にしてくださいね。

新卒1年目の転職背景

新卒1年目の転職背景

近年では、新卒1年目で転職するという行為も珍しいことではなく、その背景には様々な要因が考えられます。

新卒1年目の転職背景
  • 若者のキャリアに対する価値観の変化
  • 過去の出来事から、より自分の希望を重要視するようになった
  • 技術の進歩によって、新たな産業や職種が次々に生まれている

若者のキャリアに対する価値観の変化

まず、若者のキャリアに対する価値観の変化が挙げられます。かつては、一つの企業に入社し、そこで一生を過ごすというのが一般的でしたが、現在では多様な働き方やキャリアプランが存在するため、自分に合った環境や仕事内容を求め、早期に転職をする人が増えています。

過去の出来事から、より自分の希望を重要視するようになった

また、就職氷河期を経験した世代からの影響もあると考えられます。就職氷河期には、就職先が限られ、希望の仕事に就けない人も多くいました。そのため、現在の若者は、より自分の意向に合った仕事やキャリアの道筋を見つけるために、早期に転職することに対して抵抗が少ない傾向にあります。

技術の進歩によって、新たな産業や職種が次々に生まれている

さらに、技術の進歩によって生まれた新しい産業や職種が増えたことも、新卒1年目での転職を促す要因となっています。新しい職種に対する需要が高まり、一度は別の分野で就職した人が、自分が本当にやりたいことを見つけて、すぐに転職に移すひとも多くなっています。

これらの要因により、新卒1年目での転職は一般的になりつつありますが、転職にはリスクや不安も伴います。そのため、転職を考える際には、よく自分のキャリアプランや将来像を考え、慎重に判断することが大切です。

新卒1年目でも転職はできる?

新卒1年目でも転職はできる?

新卒1年目でも転職はできる

新卒1年目でも転職をすることは可能です。

就職活動時に就職先を決めたものの、思っていた職場環境と実際の現場での仕事内容が合わなかった、人間関係がうまくいかなかった、スキルアップのために転職をしたいという理由など、様々な背景があるかもしれません。

新卒1年目の転職は、今や珍しいことではありません。多くの新卒が入社後に自分自身のキャリアプランを見つめ直し、新しい可能性を模索するために転職を考えるようになっています。また、企業側も採用の際に新卒採用者には長期的なキャリア形成を促すという姿勢を示す一方で、定着率の低さに悩まされることもあるようです。

新卒1年目の転職には様々な背景がありますが、中でも自己成長のためのチャレンジやキャリアアップを目指すための転職が多い傾向にあります。

新卒1年目などの第二新卒者を積極採用している企業は多い

また、最近では新卒1年目などの第二新卒者を積極採用している企業も多くあります。

どの企業も若年層の人材確保はいまや重要な課題です。そのため、新卒1年目で転職をしても、第二新卒者として再度就職することが可能となっています。

ただし転職をする際には、在職期間が短い間であったとしても、今までの職場での実績やスキル、人間関係などを総合的に評価されるため、慎重に考える必要があります。また、転職する理由がしっかりしていることや、次の職場で何を目指しているかを明確にすることが大切です。

新卒1年目でも会社を辞めて良い?

新卒1年目でも会社を辞めて良い?

新卒1年目のひとが会社を辞める要因には、様々な事情があり得ます。

代表的なもので言えば、

  • 労働環境や人間関係が合わない
  • 仕事内容に自分の興味関心が合わない
  • 給与や福利厚生が自分の希望に合わない

などの理由が挙げられます。また、就職先のイメージと実際の仕事内容が異なることにがっかりしたり、自分にとっての理想とする働き方との相性が悪かったりする場合もあるでしょう。

そんなときには、会社を辞めることも一つの選択肢です。

ただし、すぐに転職先が見つかるとは限らないため、転職を考える前に自分自身のやりたいことやキャリアプランをしっかりと考えることが重要です。

新卒1年目で会社を辞める場合には、転職をする前にその背景や理由をよく考え、客観的に自分を見れるようになりましょう

そして、客観的に自分を見つめなおした結果をもとに、自分の価値観やキャリアプランに合わせた転職先を見つけることが重要です。客観的に自分を見れていないひとは、つぎの会社に転職したとしても同じ問題に直面する可能性が高いからです。

また、仕事の辞め方や転職先の選び方には注意が必要であり、自分の状況や目的に合わせた最適な選択をすることが望ましいです。

新卒1年目でも会社を辞めることは可能ですが、その際には、自分の将来のためにもしっかりと自己分析を行い、転職理由やビジョンを明確にすることが大切です。

新卒1年目で短期離職をすると転職で不利になる?

新卒1年目で短期離職をすると転職で不利になる?

新卒1年目での短期離職を経験した場合、次の転職活動で不利になるのではないかと不安を抱く人もいるかもしれません。

しかし、短期離職で不利になるかどうかは、離職理由によって異なります。

新卒1年目の短期離職でも離職理由に筋が通っていれば不利にならない

新卒1年目での短期離職は、転職先を探す上で不利になることがあると言われています。しかし、離職理由が明確で筋が通っている場合は、不利になることはありません。

例えば、労働環境の悪さや仕事内容と自分のスキルとのミスマッチなど、転職先にとっても理解できる理由がある場合は、採用担当者からも納得されやすくなります。

短期離職を繰り返している場合には不利になる

しかし、短期離職を繰り返している場合は、転職先に不安要素が残り、採用選考で不利になりやすくなります。

特に、同じ理由で何度も転職をしている場合は、採用担当者に「この人は長く働けない」という印象を与えてしまうため、採用されにくくなることが考えられます。

短期間での転職が多い場合は、安易に転職をする傾向があると見られ、採用担当者からは「この人は自分のキャリアプランが明確ではなく、転職先も選び方が適当」と思われるため、採用にこぎ着けたとしても、その転職先でのキャリアアップに悪い影響を与えるかもしれません。

新卒1年目でも上手くいく転職方法や考え方

新卒1年目でも上手くいく転職方法や考え方

新卒1年目でも転職はできることが分かりましたが、どのように転職活動を進めていけば良いのでしょうか。ここでは、新卒1年目でも上手くいく転職方法や考え方について紹介します。

新卒1年目でも上手くいく転職方法や考え方
  • いまの会社を辞める前に転職活動をする
  • 新卒1年目の転職には転職エージェントを使う
  • 転職理由は前向きな理由にする
  • 就活と転職活動は違うことを理解する
  • 希望や条件を増やしすぎない

いまの会社を辞める前に転職活動をする

新卒1年目で転職を考えている場合、現在の会社を辞める前に転職活動を始めることをおすすめします。

いまの会社を辞める前に転職活動をすることは、経済的な安心感を維持ためにとても大切なことです。

退職してから転職活動を始めると、失業期間が生じてしまうため、経済的な負担が大きくなる場合があります。経済的に余裕が無いと焦って次の転職先を探してしまったり、妥協して最初に内定をもらえた企業に決めてしまったり、と転職活動において良い影響があるとは言えません。

新卒1年目の転職には転職エージェントを使う

転職エージェントは、企業と求職者を仲介するサービスを提供しています。特に新卒1年目の転職においては、転職エージェントの利用が有効です。

転職エージェントは、求職者に代わって転職先の企業を探してくれるため、自分自身で転職先を探す手間が省けます。また、転職エージェントは、求職者のキャリアプランに合わせた企業を提案してくれるため、自分に合った転職先を見つけることができます。

特に20代などの若年層をターゲットに転職サポートを実施しているエージェントには、若い人材を求めている企業の求人が集まってくるのも大きなメリットです。

経験の少ない20代の転職サポートが充実している転職エージェント

20代に人気、実績◎の転職エージェント3選

無料で20代向けの「キャリア相談」や「就活サポート」「求人紹介」「面接対策」などが受けられる、サポート内容が充実している転職エージェントです。ぜひ参考にしてみてください。

キャリアスタートについてもう少し詳しく

更新日:2024/05/24

キャリアスタートのココがおすすめ

  • 20代がおすすめする転職支援会社No.1
  • 内定率86%、年収アップ率83%
  • 徹底したマンツーマンフルサポート
  • サービス登録者数6万人以上
  • 未経験OK求人多数

キャリアスタート

キャリアスタートに関する#タグ
  • #院卒
  • #大卒
  • #短大卒
  • #高専卒
  • #専門卒
  • #高卒
  • #経歴不問
  • #若年層
  • #未経験可
  • #短期離職可
Re就活エージェントについてもう少し詳しく

更新日:2024/05/24

Re就活エージェントのココがおすすめ

  • エージェント 20代比率 3年連続NO.1
  • 20代キャリア支援 累計69,000名以上
  • 入社後定着率93%
  • 担当者の80%は第二新卒・既卒経験者
  • 将来の選択肢広がる未経験可求人多数

Re就活エージェント

Re就活エージェントに関する#タグ
  • #院卒
  • #大卒
  • #短大卒
  • #高専卒
  • #専門卒
  • #経歴不問
  • #若年層
  • #大手総合型
  • #未経験可
  • #短期離職可
Re就活エージェントの関連記事
UZUZについてもう少し詳しく

更新日:2024/05/24

UZUZ(ウズウズ)のココがおすすめ

  • 20代専門だから内定率86%!
  • 他社の10倍時間をかけるサポート
  • 厳正な基準でブラック企業を完全排除
  • 大手からベンチャーまで優良企業多数

UZUZ(ウズウズ)

UZUZ(ウズウズ)に関する#タグ
  • #院卒
  • #大卒
  • #短大卒
  • #高専卒
  • #専門卒
  • #経歴不問
  • #若年層
  • #未経験可
  • #短期離職可
UZUZ(ウズウズ)の関連記事

参照:『経験の少ない新卒1年目の転職サポートが充実しているの転職エージェント

転職理由は前向きな理由にする

新卒1年目で転職をする際、転職理由は非常に重要です。転職理由が前向きなものであれば、採用担当者に好印象を与えることができます。

例えば、「自分のスキルアップのために、新しい環境で働きたい」といった理由は前向きなものです。一方で、「現在の職場が嫌だから…」といった理由は、採用担当者に悪い印象を与えてしまいます。

就活と転職活動は違うことを理解する

就活と転職活動は、目的ややり方が異なることを理解しましょう。

就活は、まだ社会人になっていない学生が初めての職場を探すことで、企業側も新卒の求職者を大きな目で見てくれます。一方、転職活動はすでに社会人経験のある人が転職先を探すことで、多少多めに見てくれるといったようなことはありません。応募する企業の条件や求められるスキルについて、より現実的に考える必要があります。

また、転職活動では、自分自身の希望やキャリアプランを明確にし、それに合った求人情報を探すことが重要です。そのためにも、自分自身の強みやアピールポイントを整理し、履歴書や職務経歴書に盛り込むことが必要となります。就活と転職活動は、目的ややり方が異なるため、それぞれに向けたアプローチを取ることが重要です。

希望や条件を増やしすぎない

新卒1年目の転職活動で重要なのは、自分が求める条件や希望が実現できるかどうかです。しかし、希望や条件を増やしすぎると、転職活動が難航する可能性があります。特に、経験が浅い場合は、条件にこだわりすぎると転職が難しくなることがあります。

そのため、まずは自分が本当に求める条件を明確にし、必要な条件と妥協できる条件を区別することが大切です。また、自分が今後のキャリアアップについてどのような考えを持っているのかも考慮する必要があります。

希望や条件を明確にしたら、それに合う求人情報を探しましょう。

ただし、自分にとって最適な求人情報が見つからなかった場合でも、あきらめずに転職活動を続けることが重要です。転職活動は時間と労力がかかるものですが、焦らずに地道に取り組むことで、最適な求人情報に出会うことができるかもしれません。

新卒1年目で転職をしても良いケースと転職はしないほうが良いケース

新卒1年目で転職をしても良いケースと転職はしないほうが良いケース

新卒1年目で転職をしても良いケース

新卒1年目で転職をしても良い代表的なケースには、以下のようなものがあります。

  • 入社前のイメージと現実が大きく異なる場合
  • 将来性が見込めない会社である場合
  • 職場環境が極端に合わない場合
  • 業務内容が明らかに自分の望むものではなく、毎日嫌々仕事を行っている場合
  • スキルアップやキャリアアップの見込みが全くない場合
  • 倒産やリストラのリスクが高い場合

これらの場合は、新卒1年目であっても転職を検討することが適切であると言えます。

新卒1年目での転職はしないほうが良いケース

一方、新卒1年目での転職はしないほうが良い代表的なケースには、以下のようなものがあります。

  • 転職理由が不明確である場合
  • 業界や職種を変えたいだけで、業績や待遇に不満はない場合
  • 過去に何度も転職している場合
  • 今後も転職が頻繁になる可能性がある場合

これらの場合は、新卒1年目での転職は避けたほうが良いと言えます。転職回数が多いと、将来的に転職活動やキャリアアップが難しくなる可能性があるからです。また、転職理由が不明確な場合は、企業からの信頼を失うことにもなりかねません。

新卒1年目で転職をするメリットとデメリット

新卒1年目で転職をするメリットとデメリット

新卒1年目で転職をするメリット

新卒1年目での転職には以下のようなメリットがあります。

新卒1年目で転職をするメリット
  • キャリア形成の早期化
  • スキルアップの機会
  • 収入アップの可能性
  • 職場環境の改善

キャリア形成の早期化

若いうちに様々な業界や企業に触れ、自分のキャリアを早期に形成することができます。また、新しい環境での経験を積むことで、自己成長する機会が増えます。

スキルアップの機会

新卒1年目で転職することで、今までの職場では得られなかったスキルアップの機会が増えます。また、新しい職場での経験や知識を習得することができます。

収入アップの可能性

転職により、給与アップの可能性が高まることがあります。また、適正な給与体系を持った企業に転職することで、将来的に経済面での安定を図ることができます。

職場環境の改善

自分が働きやすい環境を探すことができます。前職での人間関係や労働環境に不満があった場合には、新しい職場でその改善が見込めます。

新卒1年目で転職をするデメリット

新卒1年目での転職には以下のようなデメリットがあります。

新卒1年目で転職をするデメリット
  • 就職先の選択肢が限られる
  • 採用に対するマイナスイメージ
  • スキルアップの機会を逃す
  • 収入ダウンのリスク

就職先の選択肢が限られる

新卒1年目での転職は、就職先の選択肢が限られることがあります。転職する理由やスキル、経験などによって、求人数が限られるためです。

採用に対するマイナスイメージ

新卒1年目での転職は、採用に対してマイナスイメージを与えることがあります。また、長期勤務が難しいと判断されることがあるため、採用の際に不利になることがあります。

スキルアップの機会を逃す

新卒1年目で転職することで、今後その企業で得られるスキルアップの機会を逃すこともあります。職場での経験や知識を習得する前に辞めてしまうことで、スキルアップが遅れることがあります。

収入ダウンのリスク

転職により、給与アップの可能性がある一方で、給与面ダウンの可能性ももちろんあります。新しい職場での待遇が前職よりも悪くなってしまう場合があるため、慎重な判断が必要です。

新卒1年目でも転職活動が上手くいく人の特徴

新卒1年目でも転職活動が上手くいく人の特徴

キャリアプラン・やりたいことがはっきりしている

新卒1年目で転職を成功させる人には、自分のキャリアプランや将来のビジョンがはっきりしているという特徴があります。

将来どんな仕事をしたいのか、どのようなスキルを身につけたいのか、長期的な視野で自分のキャリアを見据えていることが重要です。自分の将来像を明確にしておくことで、転職先の企業が自分にとって合っているかどうかを見極めることができます。

また、自分がやりたいことや興味のある分野を見つけている人も、転職活動を成功させているひとの特徴です。自分が本当にやりたいことを見つけることで、自分自身がその仕事に向いているかどうかを判断することができます。

そして、その仕事に向いているかどうかが分かると、自分自身のアピールポイントを上手くアピールすることができます。

自分のアピールポイントを把握している

新卒1年目で転職を成功させるためには、自分自身のアピールポイントを把握していることも重要なポイントです。自分がどのようなスキルや経験を持っているのかをしっかりと把握し、転職先でどのような業務を担当できるのかを明確にすることが求められます。

また、自己分析を行うことで、自分自身がどのような性格や特徴を持っているのかも把握することができます。そして、その特徴を生かせる仕事や自分自身が成長できる環境を探すことができます。自分自身のアピールポイントをしっかりと把握し、それを面接などでアピールできるようにしておくことが、転職活動を成功させるためには必要なポイントです。

新卒1年目で転職するときの注意点

新卒1年目で転職するときの注意点

新卒1年目で転職するときの注意点
  • 転職理由は明確か?
  • 自己分析はしっかりできているか?
  • 企業研究は十分か?
  • 面接対策はできているか?

新卒1年目で転職するときには、いくつかの注意点があります。

転職理由は明確か?

まずは、転職理由が明確でなければなりません。自分がなぜ現在の会社で働くことができなくなったのか、どうして転職を考えたのか、その理由をしっかりと考え、まとめる必要があります。

自己分析はしっかりできているか?

また、自己分析をしっかりと行い、自分のスキルや強み、やりたいこと、将来のキャリアプランを明確にしておくことも重要です。これらが整理されていないまま転職をすると、目的のない転職となり、後悔する可能性が高くなります。

企業研究は十分か?

次に、転職先の企業について、十分な調査をすることが必要です。転職活動は、自分と企業とのマッチングが大切です。そのため、自分に合った企業を見つけるためには、事前に企業の理念やビジョン、社風、福利厚生などを調べる必要があります。また、過去の転職回数や短期間での離職が多い場合は、採用担当者から不信感を持たれる可能性があるため、転職先を選ぶ際には注意が必要です。

面接対策はできているか?

さらに、面接での印象も大切です。面接では、自分のアピールポイントをしっかりと伝え、自分がなぜその企業に入りたいのか、どんなキャリアアップを目指しているのかを明確にすることが求められます。そのため、自己PRの練習をしたり、面接前に企業に関する情報をしっかりと把握し、質問を用意することが大切です。

最後に、転職エージェントの活用も検討してみましょう。転職エージェントは、自分に合った企業を紹介してくれるだけでなく、面接対策や履歴書の書き方などのアドバイスもしてくれます。特に、転職活動に慣れていない人や、求人情報を収集する時間がない人には、転職エージェントの活用が非常に有効です。

以上のように、新卒1年目で転職する場合には注意が必要です。新卒1年目で転職する際には慎重に準備をして、リスクを最小限に抑えながら転職活動を行うことが重要です。

新卒1年目で転職を成功させるための準備

新卒1年目で転職を成功させるための準備

新卒1年目で転職を成功させるためには、準備が必要です。

上記の『新卒1年目で転職するときの注意点』と少し被るところもありますが、大切なことなのでもう一度確認しましょう。

新卒1年目で転職を成功させるための準備
  • 自分の希望や条件を整理する
  • 自己分析をしっかりやる
  • 企業研究をしっかりやる
  • 転職を成功させるために転職エージェントの力を借りる

自分の希望や条件を整理する

新卒1年目で転職を成功させるためには、自分が希望する職種や条件を整理することが重要です。自分がやりたいことや興味のある分野を明確にし、それに合った企業を選ぶことが大切です。また、勤務地や給与など、自分にとって重要な条件も考えておきましょう。

自己分析をしっかりやる

自己分析をしっかりと行うことで、自分がどのような人物であるか、得意分野や弱点、将来的にどのようなキャリアプランを持っているかなどを明確にすることができます。自己分析を行うことで、自分に合った転職先を見つけることができ、転職活動がスムーズに進むでしょう。

企業研究をしっかりやる

自分が興味を持っている企業を選ぶために、事前に企業研究を行うことが大切です。企業の特徴やビジョン、事業内容などを調べ、自分にとって魅力的な企業を選びましょう。また、面接前には企業のWebサイトやSNS、インターンシップなどを利用して、詳しく情報を収集することも重要です。

転職を成功させるために転職エージェントの力を借りる

転職エージェントは、求職者の希望に合った企業を紹介してくれるサービスです。自分自身で企業を探すのが難しい場合や、自分に合った求人情報を見つけるのが難しい場合は、転職エージェントを利用すると良いでしょう。また、面接対策や履歴書の添削など、転職活動に必要なサポートも受けられます。

新卒1年目で転職する際の履歴書・面接のポイント

新卒1年目で転職する際の履歴書・面接のポイント

新卒1年目で転職を成功させるための準備
  • 熱意ややる気をうまくアピールする
  • 新卒1年目で転職する際の履歴書のポイント
  • 新卒1年目で転職する際の面接のポイント

熱意ややる気をうまくアピールする

新卒1年目での転職活動では、自分の熱意ややる気をアピールすることが大切です。

転職を考えた理由や、前職での経験や成果、転職先でのやりたいことや目標などを具体的に伝え、自分が今後も成長し続ける姿勢をアピールしましょう。さらに、転職先の企業や業界に対する熱意や興味を持っていることをアピールすることで、自分自身をより魅力的に見せることができます。

新卒1年目で転職する際の履歴書のポイント

履歴書は、自分自身をアピールするための重要なツールです。

新卒1年目での転職活動では、前職での経験やスキルが少ない場合もありますが、自分が成長し続ける姿勢や、前職で培った能力、新たに身につけたスキルなどを明確に伝えるようにしましょう。また、履歴書には、簡潔かつわかりやすい文章で、自分の強みやアピールポイントを伝えるように心がけましょう。

新卒1年目で転職する際の面接のポイント

面接では、企業側が求める人物像や適性に合わせて自分自身をアピールすることが大切です。

事前に企業研究をしっかり行い、企業がどのような人物像や適性を求めているかを把握し、自分の経験やスキル、成果、目標などを伝えるようにしましょう。また、積極的に質問することで、企業に対する理解を深めると同時に、自分自身もより具体的に転職先のイメージを持つことができます。

最後に、面接での態度や言葉遣い、服装にも注意し、誠実さや礼儀正しさをアピールするように心がけましょう。

新卒1年目で離職するひとはどのくらいいる?

3年以内の新卒者の離職率

新卒1年目や3年以内で離職する人がどのくらいいるのか、興味がある方も多いのではないでしょうか。

ここでは、厚生労働省が公表している新卒者の離職率データを見ていきます。

新規学卒就職者の離職状況

学歴1年目
離職率
2年目
離職率
3年目
離職率
3年以内
離職率
高卒16.9%11.9%8.1%36.9%
短大等卒17.9%13.0%10.6%41.4%
大卒11.6%11.3%8.3%31.2%

引用:厚生労働省「新規学卒就職者の離職状況を公表します

10%以上の新卒は1年目で離職をしている

上記の表から、10%以上の新卒者が1年目で離職していることが分かります。

10人に1人以上が1年以内に離職をしているという状況となっており、新卒1年目で会社を辞めて転職活動をするという行為も決して珍しいことではありません。

3年以内の離職率は30%以上

3年以内の離職率は30%以上となっています。

このように、若手社員の離職割合はとても高く、企業側も採用後のフォローに力を入れるようになってきています。

また、転職者を採用する場合も、前職での不満や課題をしっかりと把握するための質問が飛んでくるので、求職者である私たちはそれを心得て転職活動の対策をする必要があります。

経験の少ない新卒1年目の転職サポートが充実している転職エージェント

経験の少ない20代におすすめの転職エージェント

20代の転職エージェント3選を紹介

ここでは「無料キャリア相談」や「無料転職サポート」があるのはもちろん、扱っている求人や面接対策などが充実している、みんなに人気のある転職エージェントを紹介します。

経験の少ない20代におすすめの転職エージェント

20代向け転職エージェント|キャリアスタート|20代の転職活動、地域の転職市場を熟知した面接対策

更新日:2024/05/24

  • 学歴
  • 院卒
  • 大卒
  • 短大卒
  • 高専卒
  • 専門卒
  • 高卒
  • 特化
  • 若年層
おすすめ料金無料
対象エリア全国 ,
経歴経歴不問 ,
オンラインサポート

キャリアスタート

キャリアスタートのココがおすすめ

  • 20代がおすすめする転職支援会社No.1
  • 内定率86%、年収アップ率83%
  • 徹底したマンツーマンフルサポート
  • サービス登録者数6万人以上
  • 未経験OK求人多数
キャリアスタートとは

キャリアスタートとは

可能性が花開く場所、キャリアスタートで見つけよう

キャリアスタートは、皆様のそんな思いに寄り添い、全員が輝ける仕事に就けるよう並走します。

-

あなたの可能性を広げる転職・就職を全面サポート!

キャリアスタートはこんな方におすすめ

キャリアスタートはこんな方におすすめ

  • 20代でも転職して年収アップを狙いたい
  • 残業の少ない長く続けられる仕事をしたい
  • 未経験からIT業界へチャレンジしたい
  • フリーターから正社員になりたい
  • 事務職につきたい
  • 自分に向いている職種、企業がわからない
キャリアスタートの主なサポート・機能

キャリアスタートのキャリアサポート・機能

  • キャリアカウンセリング
  • 求人紹介
  • 応募書類添削・アドバイス
  • 面接対策
キャリアスタートに関する#タグ

引用:キャリアスタート

20代向け転職エージェント|Re就活エージェント|Re就活が運営するエージェント。20代の転職・就職に強い

更新日:2024/05/24

  • 学歴
  • 院卒
  • 大卒
  • 短大卒
  • 高専卒
  • 専門卒
  • 高卒
  • 特化
  • 若年層
おすすめ料金無料
対象エリア全国 ,
経歴経歴不問 ,
オンラインサポート

Re就活エージェント

※その他のサービス:Re就活

Re就活エージェントのココがおすすめ

  • 転職エージェント 20代登録比率 3年連続NO.1
  • 20代転職・就職サポート 累計69,000名以上
  • 入社後定着率93%
  • 担当アドバイザーの80%は、第二新卒転職・既卒就職経験者
  • 将来の選択肢が広がる、20代未経験歓迎求人多数
Re就活エージェントとは

Re就活エージェントとは

私たちRe就活エージェントは第二新卒・既卒・フリーター・ニートの転職や就職活動を全力でサポートします。

今の環境やスキルに不安を感じつつ、転職・就職に踏み出す勇気がなく焦っていませんか?

20代のあなたの可能性は、無限大です。自分では気づいてないあなたの魅力を、私たちが引き出し「新たなキャリアに賭ける想い」や「理想の自分を目指す気持ち」に応えます。

あなたが自信を持って新しいキャリアへの一歩を踏み出せるように、ひとりひとりに寄り添ったサポートすることをお約束します。

まずは私たちRe就活エージェントに相談してみませんか?

--

「初めての転職」を希望する20代を中心に、学生・若手求職者に選択肢(求人)を紹介

20代専門転職サイト「Re就活」ブランドとの相乗効果で、20代から圧倒的な支持を獲得。20代登録比率3年連続No.1(2021年~2023年 東京商工リサーチ調査 転職エージェント 20代登録比率 第1位)のエージェントとして、 「初めての転職」に挑戦する20代を中心に、20代の就職・転職を支援しています。

Re就活エージェントはこんな方におすすめ

Re就活エージェントはこんな方におすすめ

  • 初めての転職活動で不安
  • 残業の少ない会社で働きたい
  • キャリアの選択肢を明示してほしい
  • 第二新卒や既卒などの同じ経験をしたアドバイザーにサポートしてもらいたい
  • 地元の求人を紹介してもらいたい
Re就活エージェントの主なサポート・機能

Re就活エージェントのキャリアサポート・機能

  • キャリアカウンセリング
  • 求人紹介
  • 応募書類添削・アドバイス
  • 面接対策
Re就活エージェントに関する#タグ

引用:Re就活エージェント

20代向け転職エージェント|UZUZ(ウズウズ)|20代などの転職弱者のサポートに圧倒的強み

更新日:2024/05/24

  • 学歴
  • 院卒
  • 大卒
  • 短大卒
  • 高専卒
  • 専門卒
  • 高卒
  • 特化
  • 若年層
おすすめ料金無料
対象エリア関東 , 関西 , 愛知 ,
経歴経歴不問 ,
オンラインサポート

UZUZ(ウズウズ)

UZUZ(ウズウズ)のココがおすすめ

  • 20代専門だから内定率86%!
  • 他社の10倍時間をかける20代専門の就職・転職サポート
  • 厳正な自社基準でブラック企業を完全排除
  • 大手上場からベンチャーまで優良企業多数
UZUZ(ウズウズ)とは

UZUZ(ウズウズ)とは

第二新卒・既卒・フリーター・ニート

20代の就職を徹底サポート!

ウズウズのサービスは大手新聞社やメディアに数多く掲載されています!

UZUZ(ウズウズ)はこんな方におすすめ

UZUZ(ウズウズ)はこんな方におすすめ

20代で、第二新卒・既卒・フリーター・ニートだけど就職を成功させたい!ひと

  • やりたいことがなくて何となく卒業…
  • 気付けば2年間フリーター…
  • 20代半ばの今からでも就職できる?
  • 前職を3ヶ月で退職
  • 空白期間もある…
  • 書類選考や面接がとにかく不安!
  • 資格取得を目指して不合格続き…
  • 民間の就活をしたことがない
  • 何も知らない私でも大丈夫?
UZUZ(ウズウズ)の主なサポート・機能

UZUZ(ウズウズ)のキャリアサポート・機能

  • 求人紹介
  • キャリアカウンセリング
  • 応募書類添削・アドバイス
  • 面接対策
  • Youtubeなどの就職支援コンテンツ
  • 入社後フォロー
UZUZ(ウズウズ)に関する#タグ

引用:UZUZ(ウズウズ)

「新卒1年目の転職」以外の20代・第二新卒の転職活動に関するノウハウ

JOB HUNTING.comでは、20代の転職活動に関するノウハウ情報を提供しています。「20代の転職活動に関する情報を知りたい」という方は、ぜひこちらのコンテンツもチェックしてみてください。

20代・第二新卒の転職活動ノウハウ記事

まとめ|新卒1年目の転職は慎重に考えよう

新卒1年目の転職は、一般的にはあまり良いイメージがありません。しかし、転職することによって、自分に合った職種や環境に出会える可能性もあります。

そのために転職をする場合でも、十分な準備と考慮が必要です。自分の希望や条件を整理し、自己分析を行い、企業研究をしっかり行い、転職エージェントの力を借りることで、より良い転職が可能となります。

ただし、転職後も長期的に働き続けることができるかどうかは、自分自身がその企業で働くことを本当に望んでいるかどうか、また、その企業が自分にとって合っているかどうかを転職前に考える必要があります。

新卒1年目の転職は慎重に考え、自分自身のキャリアプランをしっかりと見据えた上で、判断することが大切です。