30代の介護職のためのオススメ転職エージェント

介護職30代,エージェント,介護職

30代の介護転職エージェントおすすめ
筆者:きょう
筆者:きょう

30代での転職は、ハードルが高いと思われるかもしれませんが、心配はいりません。皆さんの介護経験を必要としている企業はたくさんあるからです。30代で転職を考えている方におすすめしたいのが、介護職の転職エージェントです。転職の相談やサポートはもちろんのこと、転職活動において、皆さんの心強いパートナーになってくれます。

本記事では、30代で転職を考えている皆さんに向けて、介護職の転職エージェントの選び方やメリット・デメリットの他、転職に役立つ情報を紹介していますので、転職活動の参考にしていただけると幸いです。

JOB HUNTING.com が選ぶ!30代の介護職のためのオススメ転職エージェント

※クリックで記事内のくわしい解説に移動します。

↓30代の介護職におすすめの転職エージェント

30代向け|介護職のための転職エージェントの選び方

介護職転職エージェント 30代の選び方と選ぶポイント

えま
えま
介護職の転職エージェントって言ってもたくさんありすぎて、どれを選んだらいいかわからないわ。
きょう
きょう
介護職の転職エージェントの選び方について紹介していくよ!

一口に介護職の転職エージェントと言っても、その数はたくさんあるため、どの転職エージェントを選んだらいいのか分からない方も多いと思います。30代で転職を考えている方が、安心して介護職の転職エージェントを利用していただけるよう、選び方について紹介していきます。

30代向け|介護職のための転職エージェントの選び方
  • 30代の求人取扱い件数の多い介護職の転職エージェントを利用する
  • 希望勤務地や職種、雇用形態など、目的の保有求人数がどのくらいあるか
  • 実際に介護職の転職エージェントを利用した方の声を参考にする
  • 転職エージェントの担当キャリアアドバイザーとの相性はどうか
  • 介護職の転職エージェントのサポート体制がしっかりしているか

30代の求人取扱い件数の多い介護職の転職エージェントを利用する

「求人取扱い件数=あなたにぴったりの転職エージェント」とは限りませんが、30代で転職を考えている方は、まずは30代の求人取扱い件数の多い転職エージェントから参考にしてみてください。多くの求人を扱っている転職エージェントでは、多くの相談や紹介実績があり、自分と似たような境遇で、転職を希望されている方への対応も、経験している可能性があります。そのため、経験談からアドバイスをしてもらうことで、自分の理想により近い転職先を見つけてもらえる可能性があります。

希望勤務地や職種、雇用形態など、目的の保有求人数がどのくらいあるか

利用したい介護職の転職エージェントで、30代の求人取扱い件数を把握したら、その中に希望勤務地や職種、雇用形態など、自分が必要としている求人情報が、どのくらい扱われているかを調べてみましょう。介護職の転職エージェントにおいて、対象地域が全国と謳われていても、求人が都市部に集中していたり、希望の職種が存在しないこともあります。しっかり情報を整理して、自分に合った介護職の転職エージェントを探してみてください。

30代は、家庭を持ち、小さいお子様がいる方も多く、行動範囲が限られている場合があります。転職エージェントを利用することで、たとえ良い職場に巡り合えたとしても、勤務地によっては働けないこともあります。行動範囲が限られているという方は、まずは希望勤務地の求人数が多い、転職エージェントを探してみると良いでしょう。

また、介護職の転職エージェントには「総合型」と「特化型」の大きく分けて2つがありますが、必ずしも介護特化型の転職エージェントに、希望の転職先が見つかるわけではありません。しかし、介護特化型の転職エージェントには、介護に精通し、業界内の事情もよく知っているキャリアアドバイザーも多いため、30代で転職を考えている方には、心強い相談相手になってくれます。

実際に介護職の転職エージェントを利用した方の声を参考にする

今はSNSの時代です。en人事のミカタによると、転職活動者の9割が「企業HP」、7割が「採用HP」から企業情報を収集すると回答しています。企業の概要や社風、方針などを知ることで、自分に合った転職エージェントを探す手掛かりになります。また、口コミを見ることで、実際に介護職の転職エージェントを利用した方のリアルな感想を聞くことができて参考になりますが、良いことも悪いことも、すべてを鵜呑みにしてはいけません。それは企業側のアピールや介護職の転職エージェントについて書き込みした本人の印象であって、万人共通の印象ではないからです。あくまでも参考に、介護職の転職エージェントの利用や転職活動のイメージに役立ててください。

転職エージェントに限りませんが、口コミや評判などには、一定数サクラレビューが存在しますので、好条件・高待遇の口コミを見てもすぐには飛びつかず、よく調べてから利用を検討するようにしましょう。

転職エージェントの担当キャリアアドバイザーとの相性はどうか

介護職の転職エージェントが決まったら、実際に登録をしてみましょう。ここからは実際に転職エージェントのサイトでは分からない、対人とのやり取りになります。

介護職の転職エージェントでは、担当のキャリアアドバイザーが、30代で転職を考えている方にも、安心して転職活動が行えるようにサポートしてくれます。そのため、もし「自分の要望を理解してもらえない」「調子が良くて信用できない」「せかせかしていて、きちんと相談に乗ってもらえない」など、転職エージェントの担当キャリアアドバイザーとの相性が悪いと思った時は、早めに変更を依頼するか、他の介護職の転職エージェントを利用することを考えましょう。

30代は、役職を持ったり、現場での経験が豊富な方も多く、転職エージェントの担当キャリアアドバイザーの上手い話しに、疑念を抱く方がいるかもしれません。「現場での経験がない/少ない人に、私たちの苦労が分かるわけない。」と思うことがあるかもしれません。だからこそ、疑問に思ったこと、分からないことはどんどん質問して、転職エージェントの担当キャリアアドバイザーとの信頼関係を深めていって欲しいと思います。

話しをよく聞いてくれて、何でも相談できて、必要があれば注意してくれる、そんな頼りになる転職エージェントのキャリアアドバイザーに巡り合えたら、転職活動にも自信が持てますね。

介護職の転職エージェントのサポート体制がしっかりしているか

介護職の転職エージェントによっては、面接対策や選考書類(履歴書・職務経歴書)の添削、面接の同行、転職後のサポートなど、30代で転職を考えている方にも、安心して利用できるサポート体制が整っている転職エージェントがあります。

転職の第一関門である書類選考ですが、リクナビNEXTが実施した独自のアンケート調査によると、20代~30代正社員の男女1000名の内、応募から書類選考までの通過率は約5割、面接からの内定率は約4割で、2人に1人は書類選考で落とされていることになります。30代で転職を考えている方で、選考書類の作成に自信のない方は、添削をサポートしてくれる介護職の転職エージェントを利用することで、内定率アップに繋げることができます。

よりよい転職活動のためにも、各々の介護職の転職エージェントに、どのようなサポート体制があるかを調べてみてください。

30代の介護職におすすめの転職エージェント

介護職におすすめの転職エージェント

30代の介護職におすすめの転職エージェントサイトを紹介!

数ある介護職転職サービスの中から、30代向けの求人やサポート内容が充実している転職エージェントを掲載しています。

介護職におすすめの転職エージェント

30代の介護職におすすめの転職エージェント|リッチマン介護

  • 学歴
  • 院卒
  • 大卒
  • 短大卒
  • 高専卒
  • 専門卒
  • 高卒
  • 応募資格
  • 未経験可
  • 資格不問
おすすめ料金無料
対象エリア全国
経歴・資格介護士 , 介護福祉士 , 介護職員実務者研修 , ケアマネージャー , ヘルパー2級以上 , 介護職員初任者研修 , 介護職員基礎研修 , 社会福祉士 , 社会福祉主事任用 ,
オンラインサポート

リッチマン介護

リッチマン介護のココがおすすめ

  • 介護の転職総合満足度№1
  • 日本最大級の介護求人数52,000件以上
  • 給与up成功率96%
  • 寮・引越代無料
  • 面接ごとに交通費1,000円支給
リッチマン介護とは

リッチマン介護とは

リッチマン介護は、ソースオブイノベーション株式会社が運営する、介護の転職総合満足度№1を獲得したエージェントです。

厚生労働省は2025年に約38万人の介護スタッフが不足し、全ての都道府県で人材難になると予測しています。そのような状況のなか、業界に特化したアドバイザーが、介護業界のノウハウやネットワークを活かして転職活動をサポートしてくれるので、あなたの希望通りの転職先が見つかること間違いなしです。

「他の転職サイトと比べて介護現場の内情や人間関係に詳しかったり、高給与の求人が非常に多かった」、「給与交渉をしていただき、月収が10万円近く上がり驚いた」、「オープンニング求人やリーダーや施設長などの役職求人も多くあり、同じ役職で転職できて給与も上がった」といった利用者からの声も聞けました。

リッチマン介護の特徴

リッチマン介護の特徴

  • 高給与求人専門だけに高給与の求人数はトップクラス
  • 無料で使える寮などの福利厚生が良い求人が多い
  • 引越し費用、不動産仲介手数料が無料(エリアによる)の求人が多い
  • 面接にかかる交通費を支給
リッチマン介護の主なサポート・機能

リッチマン介護のキャリアサポート・機能

  • 求人紹介
  • キャリアカウンセリング
  • 応募書類添削・アドバイス
  • 面接対策
  • 企業との交渉・調整(給与・日程など)
  • 寮・引越代無料
  • 面接ごとに交通費1,000円支給
リッチマン介護に関する#タグ
  • #おすすめ
  • #無料
  • #介護業界
  • #20代
  • #30代
  • #40代
  • #50代
  • #60代
  • #転職
  • #就職
  • #新卒
  • #院卒
  • #大卒
  • #短大卒
  • #高専卒
  • #専門卒
  • #高卒
  • #未経験可
  • #資格不問
  • #介護士
  • #介護福祉士
  • #介護職員実務者研修
  • #ケアマネージャー
  • #ヘルパー2級以上
  • #介護職員初任者研修
  • #介護職員基礎研修
  • #社会福祉士
  • #社会福祉主事任用
  • #全国

引用:リッチマン介護

30代の介護職におすすめの転職エージェント|マイナビ介護職

  • 学歴
  • 院卒
  • 大卒
  • 短大卒
  • 高専卒
  • 専門卒
  • 高卒
  • 応募資格
  • 経験者
おすすめ料金無料
対象エリア関東, 中部, 関西
経歴・資格介護士 , 介護福祉士 , 介護職員実務者研修 , ケアマネージャー , ヘルパー2級以上 , 介護職員初任者研修 , 介護職員基礎研修 , 社会福祉士 , 社会福祉主事任用 ,
オンラインサポート

マイナビ介護職

マイナビ介護職のココがおすすめ

  • 介護職転職支援サービスご利用認知度№1
  • 介護職専門キャリアアドバイザーがサポート
  • 登録は簡単1分。面倒な手続きは一切なし
  • 厚生労働省委託事業の「職業紹介優良事業者」
マイナビ介護職とは

マイナビ介護職とは

マイナビ介護職は、日本最大級の就職情報サイト「マイナビ」や「マイナビ転職」でおなじみの介護職の方のための転職・就職支援サービスです。

また、首都圏や関西圏、中部地方を中心に多くの好条件求人を取り扱い、満足度に徹底的にこだわったサービスを展開しているエージェントでもあります。

そして、40年近い実績があるからこその、細やかなフォローやアドバイスができるのも大きな特徴の1つです。

78項目の厳しい審査基準をクリアした「職業紹介優良事業者」の認定も取得していますので、安心して相談できるエージェントです。

マイナビ介護職の特徴

マイナビ介護職の特徴

  • 登録は簡単1分。面倒な手続きは一切なし
    応募書類の送付や、面接・見学日程の調整、入職日や諸条件の交渉、内定辞退の連絡等々、キャリアアドバイザーがあなたに代わって行います。また、ご希望によっては、面接対策や応募書類の添削などもお手伝いします。
  • 介護職専門のキャリアアドバイザーが希望条件等を聞いてくれます
    電話やメールにて希望条件の詳細を聞き、 エリア、業態(介護施設・訪問介護・病院など)、勤務時間やシフトなど、希望に合った転職先を紹介してくれます。
  • 取り扱い求人のうち約40%が非公開求人
    取り扱っている求人のうち、約40%は「マイナビ介護職」サイト上から閲覧できない「非公開求人」です。人気のある医療機関や企業が、求人を公にしてしまうと応募が殺到する場合があるからです。選考を効率良く行うために条件(経験、資格など)に合った人材のみの紹介を人材紹介会社に依頼するケースが増えています。
  • 転職活動を最後までサポートします
    「求人情報を一度紹介したらそれで終わり」ではなく、あなたの転職先が決まるまで転職活動をサポートします。
  • 転職・就職を強要することは一切なし
    仮に応募先から内定をいただいたとしても、本人が納得しない限り、内定を承諾する必要はありません。内定先への辞退の連絡も、キャリアアドバイザーが行いますので、ご安心ください。
マイナビ介護職の主なサポート・機能

マイナビ介護職のキャリアサポート・機能

  • 求人紹介
  • キャリアカウンセリング
  • 応募書類添削・アドバイス
  • 面接対策・模擬面接・面接同行
  • 企業との交渉・調整(給与・日程など)
  • キャリアアドバイザーにウェブでも相談できる
  • 退職交渉などのアドバイス
  • 転職後の悩み相談や長期的にキャリアアップを支援
マイナビ介護職に関する#タグ
  • #おすすめ
  • #無料
  • #オンラインサポート
  • #介護業界
  • #20代
  • #30代
  • #40代
  • #50代
  • #60代
  • #転職
  • #就職
  • #新卒
  • #院卒
  • #大卒
  • #短大卒
  • #高専卒
  • #専門卒
  • #高卒
  • #経験者
  • #介護士
  • #介護福祉士
  • #介護職員実務者研修
  • #ケアマネージャー
  • #ヘルパー2級以上
  • #介護職員初任者研修
  • #介護職員基礎研修
  • #社会福祉士
  • #社会福祉主事任用
  • #関東
  • #中部
  • #関西

引用:マイナビ介護職

30代の介護職におすすめの転職エージェント|かいご畑

  • 学歴
  • 院卒
  • 大卒
  • 短大卒
  • 高専卒
  • 専門卒
  • 高卒
  • 応募資格
  • 未経験可
  • 資格不問
おすすめ料金無料
対象エリア北海道, 関東, 中部, 関西, 中国, 九州
経歴・資格介護士 , 介護福祉士 , 介護職員実務者研修 , ケアマネージャー , ヘルパー2級以上 , 介護職員初任者研修 , 介護職員基礎研修 , 社会福祉士 , 社会福祉主事任用 ,
オンラインサポート

かいご畑

かいご畑のココがおすすめ

  • 求人数約10,000件
  • キャリアアップ応援制度、0円で介護資格取得
  • 無資格・未経験者OK
  • 専任コーディネーターが徹底フォロー
かいご畑とは

かいご畑とは

かいご畑は、関東、関西、東海、中国、九州と全国のエリア毎に厳選された介護職の求人情報を約10,000件掲載しているエージェントです。

また、介護の資格を持っていない方や、無資格で働きながら資格取得をしたい方は「キャリアアップ応援制度」を利用することができ、講座受講料0円で資格取得が目指せます。

そして、様々なライフスタイルや価値観に合わせて、希望の求人を専任のコーディネーターが紹介してくれるので安心して利用できるエージェントでもあります。

かいご畑の特徴

かいご畑の特徴

  • 資格なし・未経験者OK
    お仕事を紹介した方の57%は無資格からのスタートです。働きながら、介護資格を実質0円でとれる「キャリアアップ応援制度」もありますので、これから手に職をつけたい方におすすめです。
  • 短時間・残業なしなどの人気求人が見つかる
    子育てとの両立やライフワークバランスを考える方向けの求人が多いのも特徴です。「短時間で働きたい!」「残業がないところが良い!」など、条件重視の方におすすめです。
  • 専任コーディネーターがサポート
    専任のコーディネーターが1対1であなたの就職をサポートします。コーディネーターは全員が介護の有資格者です。転職するかまだ具体的に決まっていない方など、ご相談だけでもOKです!
かいご畑の主なサポート・機能

かいご畑のキャリアサポート・機能

  • 求人紹介
  • キャリアカウンセリング
  • 応募書類添削・アドバイス
  • 面接対策
  • 企業との交渉・調整(給与・日程など)
  • 働きながら0円で介護資格が取れる
  • 介護資格を持つ専任コーディネーターがヒアリング&サポート
  • 応募前から職場見学
  • 給与日払いサービス
かいご畑に関する#タグ
  • #おすすめ
  • #無料
  • #介護業界
  • #20代
  • #30代
  • #40代
  • #50代
  • #60代
  • #転職
  • #就職
  • #新卒
  • #院卒
  • #大卒
  • #短大卒
  • #高専卒
  • #専門卒
  • #高卒
  • #未経験可
  • #資格不問
  • #介護士
  • #介護福祉士
  • #介護職員実務者研修
  • #ケアマネージャー
  • #ヘルパー2級以上
  • #介護職員初任者研修
  • #介護職員基礎研修
  • #社会福祉士
  • #社会福祉主事任用
  • #北海道
  • #関東
  • #中部
  • #関西
  • #中国
  • #九州

引用:かいご畑

30代の介護職におすすめの転職エージェント|ことメディカル

  • 学歴
  • 院卒
  • 大卒
  • 短大卒
  • 高専卒
  • 専門卒
  • 高卒
  • 応募資格
  • 経験者
ことメディカル(介護職の転職エージェント)
おすすめ料金無料
対象エリア滋賀, 京都, 大阪, 兵庫, 奈良
経歴・資格介護士 , 介護福祉士 , 介護職員実務者研修 , ケアマネージャー , ヘルパー2級以上 , 介護職員初任者研修 , 介護職員基礎研修 , 社会福祉士 , 社会福祉主事任用 ,
オンラインサポート

ことメディカル

ことメディカルのココがおすすめ

  • 関西を中心に約6400施設の紹介が可能
  • LINEで相談可能
  • 非公開求人多数あり
  • 地域密着・懇切丁寧がモットー
ことメディカルとは

ことメディカルとは

ことメディカル介護は、紹介エリアを関西に特化。京都府全域・大阪市内・大阪北摂地域・大阪河内地域においては、他社に紹介できてことメディカルで紹介できない求人はまずありません。

また、介護系の業界で働く方は、職住近接の傾向があることから、エリア内の地理感を把握することはとても重要です。その点、紹介エリアを特化しているので、通勤などライフスタイルに見合った提案をすることができるエージェントでもあります。

顔が見える紹介会社として、地理感を理解していること、リアルな施設情報・面接情報を蓄積していること、きめ細やかなサービスについては強みがあると言えるエージェントです。

ことメディカルの特徴

ことメディカルの特徴

  • 紹介エリアを関西に特化
    提供エリアを絞って展開しているサービスのため、地理的な制約はありますが、提供エリア内においては求人数No1。
  • 地域密着
    介護系の業界で働く方は、職住近接の傾向があります。エリア内の地理感を把握できていることで、通勤などライフスタイルに見合った提案をすることができます。また、施設に足を運ぶことで得たWEBには掲載が難しい面接情報などをお伝えすることで、内定獲得のサポートをします。
  • 面接には担当コンサルタントが同行
    担当コンサルタントが面接に同行するため、条件面、面接時の「言った言わない」の食い違い、面接で抜けがちな質問事項、伝えたいことの漏れを防ぐことができます。
ことメディカルの主なサポート・機能

ことメディカルのキャリアサポート・機能

  • 求人紹介
  • キャリアカウンセリング
  • 応募書類添削・アドバイス
  • 面接対策・面接同行
  • 企業との交渉・調整(給与・日程など)
  • お仕事の相談など、入職後のフォロー
ことメディカルに関する#タグ
  • #おすすめ
  • #無料
  • #オンラインサポート
  • #介護業界
  • #20代
  • #30代
  • #40代
  • #50代
  • #60代
  • #転職
  • #就職
  • #新卒
  • #院卒
  • #大卒
  • #短大卒
  • #高専卒
  • #専門卒
  • #高卒
  • #経験者
  • #介護士
  • #介護福祉士
  • #介護職員実務者研修
  • #ケアマネージャー
  • #ヘルパー2級以上
  • #介護職員初任者研修
  • #介護職員基礎研修
  • #社会福祉士
  • #社会福祉主事任用
  • #滋賀
  • #京都
  • #大阪
  • #兵庫
  • #奈良

引用:ことメディカル

30代の介護職におすすめの転職エージェント|ケアジョブ

  • 学歴
  • 院卒
  • 大卒
  • 短大卒
  • 高専卒
  • 専門卒
  • 高卒
  • 応募資格
  • 経験者
ケアジョブ(介護職の転職エージェント)
おすすめ料金無料
対象エリア北海道, 東京, 大阪, 岡山, 広島, 福岡
経歴・資格介護士 , 介護福祉士 , 介護職員実務者研修 , ケアマネージャー , ヘルパー2級以上 , 介護職員初任者研修 , 介護職員基礎研修 ,
オンラインサポート

ケアジョブ

ケアジョブのココがおすすめ

  • 利用したい介護職転職支援サービスNo.1
  • 地域最大級の求人数
  • ユーザーご利用満足度96.2%
  • 非公開求人数は全体の約70%
ケアジョブとは

ケアジョブとは

ケアジョブは、丁寧な対応で求職者の方一人一人との関係性の構築を大切にしており、好条件求人を多く有していることから利用満足度で好評価を得ているエージェントです。

また、地域の求人に精通した専任のキャリアアドバイザーがスピーディーに、丁寧・親切に対応し、より詳細な情報を提供してくれるのも特徴の一つです。

北海道、東京、大阪、広島、岡山、福岡を始め全国においても取引先が多く、人気の施設・企業・病院など豊富な求人を揃えているエージェントです。

ケアジョブの特徴

ケアジョブの特徴

  • 非公開求人が豊富
    求人案件が人気の高いものである場合、応募者が殺到する可能性があります。応募過多により通常業務に支障をきたすことなく、採用を完了するために非公開とする他、求めている人材が専門的な経験やスキルを必要とする場合に、求人側が応募条件に見合う人材のみと面接を行い、より効率的な採用活動を行うために非公開求人として募集を行います。
  • 専門のキャリアアドバイザーがあなたの理想の条件に合わせてご紹介
    あなたのご希望に合った求人が見つかるまで、担当のキャリアアドバイザーがしっかりと対応します。有給休暇取得率や残業、離職率など、なかなか聞きづらい情報も担当のキャリアアドバイザーがヒアリングをもとに、より詳細な情報をお届けすることに努めています。
  • 地域求人数は最大級!理想の求人がみつかる!
    人気の施設・企業・病院など、あなたのご希望を満たす職場をご提案します。 雇用形態などの一般情報だけでなく、求人情報からは読み取ることのできない、職場の雰囲気など気になる情報も伝えることができます。
ケアジョブの主なサポート・機能

ケアジョブのキャリアサポート・機能

  • 求人紹介
  • キャリアカウンセリング
  • 応募書類添削・アドバイス
  • 面接対策・面接同行
  • 企業との交渉・調整(給与・日程など)
  • 入職後のアフターフォロー
ケアジョブに関する#タグ
  • #無料
  • #オンラインサポート
  • #介護業界
  • #20代
  • #30代
  • #40代
  • #50代
  • #60代
  • #転職
  • #就職
  • #新卒
  • #院卒
  • #大卒
  • #短大卒
  • #高専卒
  • #専門卒
  • #高卒
  • #経験者
  • #介護士
  • #介護福祉士
  • #介護職員実務者研修
  • #ケアマネージャー
  • #ヘルパー2級以上
  • #介護職員初任者研修
  • #介護職員基礎研修
  • #北海道
  • #東京
  • #大阪
  • #岡山
  • #広島
  • #福岡

引用:ケアジョブ

30代の介護職におすすめの転職エージェント|MC介護のお仕事

  • 学歴
  • 院卒
  • 大卒
  • 短大卒
  • 高専卒
  • 専門卒
  • 高卒
  • 応募資格
  • 未経験可
MC介護のお仕事(介護職の転職エージェント)
おすすめ料金無料
対象エリア全国
経歴・資格介護士 , 介護福祉士 , 介護職員実務者研修 , ヘルパー2級以上 , 介護職員初任者研修 , 介護職員基礎研修 , 社会福祉士 ,
オンラインサポート

MC介護のお仕事

MC介護のお仕事のココがおすすめ

  • 介護の資格を持つプロによるキャリアコンサルティング
  • 業界トップクラスの求人数!
  • 就業開始前の職場見学を実施
  • お仕事決定までがスムーズでスピーディ
  • 面接同行や企業との交渉代行など、精神的な負担を軽減
  • 入社後の悩み相談など、充実のアフターサービス
MC介護のお仕事とは

MC介護のお仕事とは

MC介護のお仕事は、株式会社メディカル・コンシェルジュが運営する、介護従事者の為の介護職専門求人情報サイトです。

開設当初より医療・介護に特化したサービスを提供している転職エージェントだからこそ案内できる求人を多数取り揃えています。もちろん就業後もしっかりとフォローしてくれます。

会員登録をすると、求人への問い合わせや、介護職専任のキャリアコンサルタントに転職相談をすることができます。また、日々のお仕事の中で感じる不安や悩み等のご相談にも親身に応対致してくれます。

常勤として仕事がしたい!パートとして仕事とプライベートの両方を充実させたい!等、それぞれの方々の働き方別にお仕事を探すことができます。

また、介護老人保健施設・特別養護老人ホーム・有料老人ホーム・デイサービス・グループホーム・小規模多機能など、施設形態別にも検索することができ、皆様のご希望に沿ったお仕事を提案してくれます。

MC介護のお仕事の特徴

MC介護のお仕事の特徴

  • 介護の資格を持つプロによるキャリアコンサルティング
    15年以上の実績があることから、業界からの信頼度が非常に高く、多くの方が希望の転職を実現しています。
    介護の資格を持つプロのキャリアコンサルタントが、最適なキャリアプランつくりのお手伝いを致します。希望就業先に合わせた履歴書・面接対策もサポートします。
  • 業界トップクラスの求人数!
    全国25拠点のスケールメリットを活かし、色々な働き方をご提案!
    特別養護老人ホーム、有料老人ホーム、デイサービス、グループホーム等での介護業務から管理者の求人まで豊富に取り揃えております。1日単位のお仕事もご紹介中ですので色々な施設が経験でき、自分に合う理想の職場やワークスタイルを発見しやすくなります。
  • 希望する職場の実際をお伝えします
    職場の雰囲気、人間関係、休暇や給与などは、求人票だけではよく分からない、でも最も知りたい情報のひとつです。直接現場を見てきた担当者だからこそ、生の情報をお伝えできます。
    また、就業開始前に職場見学を実施しています。「面接する前にまずは見学だけ行ってみたい」という方にも、担当者がご一緒して職場見学を実施していますので、実際にご覧いただいてから、就業するかどうかを決める事が出来ます。
  • お仕事の案内が早い
    当社では、ご登録時に皆様のご要望を詳しくお伺いしたキャリアコンサルタントが、ご希望の施設と積極的に交渉致しますので、お仕事決定までがスムーズでスピーディです。
    もちろん、派遣契約満了後の「次のお仕事」に関してもお任せ下さい!
  • 転職時に感じる精神的負担を軽減
    求人紹介や日程調整の代行から、お給与・お休みなど、直接言い難い交渉まで代行します。
    面接時にはもちろん、担当キャリアコンサルタントが同行して、力強くサポートします。
  • 充実のアフターサービス
    お仕事開始した後に、業務内容や人間関係などで悩まれる事がもし出てきた際は、当社キャリアコンサルタントが「お仕事の良き相談相手」として、お悩み・ご相談をお伺いします。
    小さな疑問や職場で感じる悩みが後々大きくなることもあります。その為、何かご不安に感じるような事があれば早い段階でご相談ください。
    もちろんご相談内容を伺うだけではなく、必要に応じて就業先との交渉も行いますので、ご安心ください!
MC介護のお仕事の主なサポート・機能

MC介護のお仕事のキャリアサポート・機能

  • 求人紹介
  • キャリアカウンセリング
  • 応募書類添削・アドバイス
  • 面接対策・面接同行
  • 企業との交渉・調整(給与・日程など)
  • 入社後の相談サポート
MC介護のお仕事に関する#タグ

引用:MC介護のお仕事

30代の介護職におすすめの転職エージェント|介護JJ

  • 学歴
  • 院卒
  • 大卒
  • 短大卒
  • 高専卒
  • 専門卒
  • 高卒
  • 応募資格
  • 経験者
介護JJ(介護職の転職エージェント)
おすすめ料金無料
対象エリア全国
経歴・資格介護士 , 介護福祉士 , 介護職員実務者研修 , ケアマネージャー , ヘルパー2級以上 , 介護職員初任者研修 , 介護職員基礎研修 , 社会福祉士 , 社会福祉主事任用 ,
オンラインサポート

介護JJ

介護JJのココがおすすめ

  • 非公開求人をご紹介
  • 職場の雰囲気など、内部情報もご紹介
  • 入職までトータルサポート
  • 自分で応募するより良い条件で入職できる
  • サービスはすべて無料
介護JJとは

介護JJとは

介護JJは、医療介護業界で10年以上人材紹介を行ってきた実績があり、自社保有の求人だけでなく、医療機関や施設が直接募集している求人やハローワークの求人も掲載されています。

人材紹介サポートは経験豊富なキャリアアドバイザーがあなたのお仕事探しを無料でサポート!ご経験やご希望の条件(雇用条件・職場環境など)をお伺いし、最適な求人を紹介します。

介護JJの特徴

介護JJの特徴

  • 非公開求人をご紹介
    介護JJに無料登録すると、優良非公開求人をたくさん紹介してもらえます。
  • 職場の雰囲気など、内部情報も紹介
    「職場の雰囲気」「残業の有無」「休みのとりやすさ」「実際の給与」など、求人情報をみただけでは分からない内部情報も紹介できるので、安心して入職できます。
  • ご入職までトータルサポート
    気に入る求人があれば、採用面談の日程を調整します。ご希望の方には履歴書作成・面談等のアドバイスもしますので、就職活動が久しぶりの方も安心です。 また、雇用条件の交渉や入社日の調整、内定を辞退したい場合のお断りも代行します。
  • 自分で応募するより良い条件で入職できる
    経験豊富なプロの担当者が雇用条件の交渉を行いますので、自分で応募するよりも高い給与で入職できることがあります。また、勤務日や勤務時間などの希望も通りやすくなります。
介護JJの主なサポート・機能

介護JJのキャリアサポート・機能

  • 求人紹介
  • キャリアカウンセリング
  • 応募書類添削・アドバイス
  • 面接対策
  • 企業との交渉・調整(給与・日程など)
介護JJに関する#タグ
  • #無料
  • #オンラインサポート
  • #介護業界
  • #20代
  • #30代
  • #40代
  • #50代
  • #60代
  • #転職
  • #就職
  • #院卒
  • #大卒
  • #短大卒
  • #高専卒
  • #専門卒
  • #高卒
  • #経験者
  • #介護士
  • #介護福祉士
  • #介護職員実務者研修
  • #ケアマネージャー
  • #ヘルパー2級以上
  • #介護職員初任者研修
  • #介護職員基礎研修
  • #社会福祉士
  • #社会福祉主事任用
  • #全国

引用:介護JJ

30代の介護職におすすめの転職エージェント|クリックジョブ介護

  • 学歴
  • 院卒
  • 大卒
  • 短大卒
  • 高専卒
  • 専門卒
  • 高卒
  • 応募資格
  • 経験者
クリックジョブ介護(介護職の転職エージェント)
おすすめ料金無料
対象エリア全国
経歴・資格介護士 , 介護福祉士 , 介護職員実務者研修 , ケアマネージャー , ヘルパー2級以上 , 介護職員初任者研修 , 介護職員基礎研修 ,
オンラインサポート

クリックジョブ介護

クリックジョブ介護のココがおすすめ

  • 利用者満足度97%
  • 月間利用者数約10万人
  • 日本最大級求人数33,000件以上
  • 介護業界のハローワーク非公開レア求人を紹介
クリックジョブ介護とは

クリックジョブ介護とは

クリックジョブ介護は、医療介護業界に特化した転職支援サイトです。「豊かな高齢化社会の実現」をミッションとして、介護業界の高い離職率という問題に真っ向からチャレンジし、定着率の向上を目指しているエージェントです。

また、介護業界専門の担当者が丁寧にヒアリングしインターネットや求人誌には掲載されていない非公開求人を含めた多数の求人を紹介しています。

5年後・10年後の将来を見据え、長い目でみて本当にあなたにとってベストな職場をさがしてくれるエージェントです。

クリックジョブ介護の特徴

クリックジョブ介護の特徴

  • 職場の雰囲気など詳しい情報が先に分かる
    実際に働く上で大切なのは職場の雰囲気と自分が合致することです。足を運んでみないと分からない職場の雰囲気などの詳しい情報を、長年お付き合いのある法人や介護職員さんとのネットワークを活かした情報網で最新の情報を日々収集し保持しています。
  • 豊富な転職ノウハウでチャンスを逃さない
    介護業界専門の担当者が、履歴書の記入の仕方や面接対策、面接同行など最初から最後まで手厚く丁寧にサポートします。一人では難しい面接対策も、豊富な経験と蓄積されたデータを活かして具体的なアドバイスをするので転職が初めての方でも安心できます。
  • LINEで気軽に転職相談
    クリックジョブ介護では、LINEでも転職相談ができます。「電話では聞きにくい」「普段は忙しくて時間がとれない」方にオススメです。
  • 無資格・未経験者でも仕事を紹介します
    介護職の仕事は、応募条件に資格が必要な場合もありますが、無資格の方でも、経験者であればスムーズなお仕事のご紹介が可能です。また、未経験者でも有資格者であれば応募可能な求人は多数あります。未経験者として研修・入社後のフォローをきちんと行う職場を紹介します。
クリックジョブ介護の主なサポート・機能

クリックジョブ介護のキャリアサポート・機能

  • LINEでの転職相談
  • 求人紹介
  • キャリアカウンセリング
  • 応募書類添削・アドバイス
  • 面接対策・面接同行
  • 合否連絡・退職手続きの方法などの連絡業務・事務手続きの代行
  • 企業との交渉・調整(給与・日程など)
クリックジョブ介護に関する#タグ
  • #無料
  • #オンラインサポート
  • #介護業界
  • #20代
  • #30代
  • #40代
  • #50代
  • #60代
  • #転職
  • #就職
  • #新卒
  • #院卒
  • #大卒
  • #短大卒
  • #高専卒
  • #専門卒
  • #高卒
  • #経験者
  • #介護士
  • #介護福祉士
  • #介護職員実務者研修
  • #ケアマネージャー
  • #ヘルパー2級以上
  • #介護職員初任者研修
  • #介護職員基礎研修
  • #全国

引用:クリックジョブ介護

30代の介護職におすすめの転職エージェント|しろくま介護ナビ

しろくま介護ナビ
  • 学歴
  • 院卒
  • 大卒
  • 短大卒
  • 高専卒
  • 専門卒
  • 高卒
  • 応募資格
  • 経験者
しろくま介護ナビ(介護職の転職エージェント)
おすすめ料金無料
対象エリア全国
経歴・資格介護士 , 介護福祉士 , 介護職員実務者研修 , ケアマネージャー , ヘルパー2級以上 , 介護職員初任者研修 , 介護職員基礎研修 , 社会福祉士 , 社会福祉主事任用 ,
オンラインサポート

しろくま介護ナビのココがおすすめ

  • 労働環境の改善に積極的に取り組んでいる企業の求人だけ
  • 有休を取りやすい
  • 残業少なめ
  • お給料が充実
しろくま介護ナビとは

しろくま介護ナビとは

しろくま介護ナビは、介護職の就職・転職サポートを行っており、福祉・教育業界の人材紹介・派遣サービスを行う株式会社サクシードが運営しています。

残業が少なく、有給休暇が取りやすい、いわゆる「ホワイトな求人」を選んで紹介しており、実際にコーディネーターが介護施設に行き、事前にあらゆる項目を確認し調査した施設を紹介しているエージェントです。

介護業界には、いわゆる「ブラック」といえる企業がまだまだ多いのが現状ですが、「残業を減らす」「有給消化を積極的に促す」など、労働環境の改善に積極的に取り組んでいる企業の求人だけを紹介することにこだわっているエージェントです。

しろくま介護ナビの特徴

しろくま介護ナビの特徴

  • ほとんどの求人が非公開
    保有しているほとんどの求人がWEB上で公開できない「非公開求人」です。登録をしていただいた方には、非公開求人の中から希望に合ったお仕事を提案します。
  • 残業が少ないor時間外手当が出る
    残業が少なめの職場であればプライベートの時間を確保することができます。また、残業があっても手当がしっかりと出るのでやりがいにもつながります。
  • 風通しが良く有給が取りやすい
    気兼ねなく有給を取れる企業を紹介します。また、意見が言いやすい、利用者様も従業員のことも大切にしてるなど、風通しの良い職場を紹介します。
  • お給料が充実
    昇給、賞与(ボーナス)、手当があり、頑張りがしっかり評価される職場を紹介します。現職の給与を考慮して給与アップを狙うこともできます。
しろくま介護ナビの主なサポート・機能

しろくま介護ナビのキャリアサポート・機能

  • 求人紹介
  • キャリアカウンセリング
  • 応募書類添削・アドバイス
  • 面接対策
  • 企業との交渉・調整(給与・日程など)
しろくま介護ナビに関する#タグ
  • #おすすめ
  • #無料
  • #オンラインサポート
  • #介護業界
  • #20代
  • #30代
  • #40代
  • #50代
  • #60代
  • #転職
  • #就職
  • #新卒
  • #院卒
  • #大卒
  • #短大卒
  • #高専卒
  • #専門卒
  • #高卒
  • #経験者
  • #介護士
  • #介護福祉士
  • #介護職員実務者研修
  • #ケアマネージャー
  • #ヘルパー2級以上
  • #介護職員初任者研修
  • #介護職員基礎研修
  • #社会福祉士
  • #社会福祉主事任用
  • #全国

引用:しろくま介護ナビ

30代の介護職におすすめの転職エージェント|なでしこ介護士

なでしこ介護士
  • 学歴
  • 院卒
  • 大卒
  • 短大卒
  • 高専卒
  • 専門卒
  • 高卒
  • 応募資格
  • 経験者
なでしこ介護士(介護職の転職エージェント)
おすすめ料金無料
対象エリア全国
経歴・資格介護士 , 介護福祉士 , 介護職員実務者研修 , ケアマネージャー , ヘルパー2級以上 , 介護職員初任者研修 , 介護職員基礎研修 , 社会福祉士 , 社会福祉主事任用 ,
オンラインサポート

なでしこ介護士のココがおすすめ

  • 女性介護職のキャリアアップを応援
  • 正社員として就業できる施設のみをご紹介
  • 資格取得支援制度がある求人を多数ご用意
  • キャリアコンサルタントによるカウンセリングあり
なでしこ介護士とは

なでしこ介護士とは

なでしこ介護士は、「残業がない」「プライベートとの両立が図りやすい」 「育児・介護休暇がとりやすい」など、女性が長く働きやすい職場を、登録した 求職者に無料で紹介するサービスです。

履歴書作成のアドバイス、職場見学や 面接のセッティング、雇用条件の交渉、現職の退職サポートまでの、 一貫した転職・就職サポートをすべて無料で行います。

なでしこ介護士の特徴

なでしこ介護士の特徴

  • コーディネーターは全員女性
    転職サポートの経験豊富な女性コーディネーターが、求職者のライフプランや 現状の悩みなどをしっかりヒアリングします。 男性に言いにくいような「女性ならではの悩み」なども相談に乗ることができます。
  • ワークライフバランスが図れる職場を紹介
    保有している8万件以上の求人の中から、「定時で帰れる職場」 「突発的な休みを理解してくれる職場」「育児休暇や介護休暇が取りやすい職場」といった、 特色のある求人をピックアップして求職者に紹介します。 その際にも、職場の特徴などを「女性ならではの視点」で求職者に伝えていきます。
  • ミスマッチの少ないマッチング
    なでしこ介護士を運営する株式会社サクシードでは、企業側の担当と求職者の担当を分けず、 ひとりのコーディネーターが企業側・求職者側それぞれを担当することで、 求職者の希望と企業側の人材ニーズとのミスマッチを防いでいます。
なでしこ介護士の主なサポート・機能

なでしこ介護士のキャリアサポート・機能

  • 求人紹介
  • キャリアカウンセリング
  • 応募書類添削・アドバイス
  • 面接対策・面接同行
  • 企業との交渉・調整(給与・日程など)
  • 現職の退職サポート
なでしこ介護士に関する#タグ
  • #無料
  • #オンラインサポート
  • #介護業界
  • #20代
  • #30代
  • #40代
  • #50代
  • #60代
  • #転職
  • #就職
  • #新卒
  • #院卒
  • #大卒
  • #短大卒
  • #高専卒
  • #専門卒
  • #高卒
  • #経験者
  • #介護士
  • #介護福祉士
  • #介護職員実務者研修
  • #ケアマネージャー
  • #ヘルパー2級以上
  • #介護職員初任者研修
  • #介護職員基礎研修
  • #社会福祉士
  • #社会福祉主事任用
  • #全国

引用:なでしこ介護士

30代の介護職におすすめの転職エージェント|介護エイド

介護エイド
  • 学歴
  • 院卒
  • 大卒
  • 短大卒
  • 高専卒
  • 専門卒
  • 高卒
  • 応募資格
  • 経験者
介護エイド(介護職の転職エージェント)
おすすめ料金無料
対象エリア埼玉, 千葉, 東京, 神奈川
経歴・資格介護事務 , 介護福祉士 , 介護職員実務者研修 , ケアマネージャー , ヘルパー2級以上 , 介護職員初任者研修 , 介護職員基礎研修 , 社会福祉士 , 社会福祉主事任用 ,
オンラインサポート

介護エイドのココがおすすめ

  • 人員配置に余裕があり、福利厚生も充実した職場をご紹介
  • コーディネーターが親身で、入職後もサポート!
  • LINEで気軽に連絡できる
  • 納得いくまで相談できる
介護エイドとは

介護エイドとは

介護エイドは、お仕事を紹介した介護スタッフの皆さんから、現場の雰囲気や人間関係についてのフィードバックをしてもらっています。現場からの口コミ情報によって、現場環境を把握した上での紹介ができるという強みがあります。

また、人材紹介会社ならではの独自ルートからの情報もあるため、人間関係の良い介護施設を厳選することができます。

介護エイドの特徴

介護エイドの特徴

  • 求人の質にこだわり、転職希望者に紹介する求人を厳選
    介護職についている方の転職理由の約8割は「人間関係の悩み」を原因とするものです。 そのため介護エイドでは「人間関係が比較的良好な働きやすい職場」を、 登録いただいた方に紹介することを心がけています。
  • ミスマッチの少ないマッチング
    介護エイド運営会社のサクシードでは、企業側の担当と求職者の担当を分けず、 ひとりのコーディネーターが企業側・求職者側それぞれの担当することで、 求職者の希望と企業側の人材ニーズとのミスマッチを防いでいます。
  • 入職後もサポートします
    入職後も連絡してもらえるように環境を整えています。施設に聞けない疑問、不安点、なんでもいつでも、気軽に相談していただけます。
  • LINEで気軽に連絡できる
    仕事をしながら転職したいけど、電話ができない時もある・・・そんな方には、手軽にやりとりできるLINEがオススメです。細かい相談から面接設定までLINEでできます。
  • 納得いくまで相談できる
    転職という人生の分岐点に、真剣に寄り添います。希望や条件をとことん聞き出し、あなたの理想とする施設への転職ができるまで徹底的にサポートします。
介護エイドの主なサポート・機能

介護エイドのキャリアサポート・機能

  • 細かい相談から面接設定までLINEでできる
  • 求人紹介
  • キャリアカウンセリング
  • 応募書類添削・アドバイス
  • 面接対策
  • 企業との交渉・調整(給与・日程など)
  • 職場見学のセッティング
  • 入職後も連絡できる
介護エイドに関する#タグ
  • #無料
  • #オンラインサポート
  • #介護業界
  • #20代
  • #30代
  • #40代
  • #50代
  • #60代
  • #転職
  • #就職
  • #院卒
  • #大卒
  • #短大卒
  • #高専卒
  • #専門卒
  • #高卒
  • #経験者
  • #介護事務
  • #介護福祉士
  • #介護職員実務者研修
  • #ケアマネージャー
  • #ヘルパー2級以上
  • #介護職員初任者研修
  • #介護職員基礎研修
  • #社会福祉士
  • #社会福祉主事任用
  • #埼玉
  • #千葉
  • #東京
  • #神奈川

引用:介護エイド

30代の介護職におすすめの転職エージェント|ココカイゴ転職

ココカイゴ転職
  • 学歴
  • 院卒
  • 大卒
  • 短大卒
  • 高専卒
  • 専門卒
  • 高卒
  • 応募資格
  • 未経験可
  • 資格不問
ココカイゴ転職(介護職の転職エージェント)
おすすめ料金無料
対象エリア関東, 関西
経歴・資格介護士 , 介護福祉士 , 介護職員実務者研修 , ケアマネージャー , ヘルパー2級以上 , 介護職員初任者研修 , 介護職員基礎研修 , 社会福祉士 , 社会福祉主事任用 ,
オンラインサポート

ココカイゴ転職のココがおすすめ

  • 応募フォームはチャット形式で簡単
  • 厳選&非公開求人が多い
  • キャリアパートナー全員が介護資格保持者
  • 未経験・無資格でもOK
ココカイゴ転職とは

ココカイゴ転職とは

ココカイゴ転職は、厚生労働大臣認可の介護求人に特化したサイトです。介護業界への転職を考えている方や介護の仕事にご興味のある方へピッタリの介護求人を提供しているエージェントです。

また、担当するキャリアパートナーは介護資格保有者ですので、介護の仕事の悩みや転職の疑問も徹底的にサポートしてくれます。

そして、求人情報には採用担当者への独自インタビューが掲載されています。職場の雰囲気や残業、年収など自分では聞きにくいけど気になる部分がわかりやすく紹介されているのが特徴です。

ココカイゴ転職の特徴

ココカイゴ転職の特徴

  • キャリアパートナー全員が介護資格保持者
    キャリアパートナー全員が介護資格をもっているので、介護ならではの専門的な相談も可能。また、求人検索や面接調整なども代行するので、現在の仕事を継続しながら転職活動を開始できます。
  • 厳選&非公開求人が多い
    日勤・常勤・高給与・管理職求人など人気の求人が多数あります。
  • 未経験・無資格でもOK
    担当するキャリアパートナー全員が介護資格保持者なので、無資格・未経験の方も安心して相談できます。
ココカイゴ転職の主なサポート・機能

ココカイゴ転職のキャリアサポート・機能

  • 求人紹介
  • キャリアカウンセリング
  • 応募書類添削・アドバイス
  • 面接対策
  • 企業との交渉・調整(給与・日程など)
  • 独自インタビューによる内部情報を掲載
  • 退職に関するアドバイス
ココカイゴ転職に関する#タグ
  • #無料
  • #オンラインサポート
  • #介護業界
  • #20代
  • #30代
  • #40代
  • #50代
  • #60代
  • #転職
  • #就職
  • #新卒
  • #院卒
  • #大卒
  • #短大卒
  • #高専卒
  • #専門卒
  • #高卒
  • #未経験可
  • #資格不問
  • #介護士
  • #介護福祉士
  • #介護職員実務者研修
  • #ケアマネージャー
  • #ヘルパー2級以上
  • #介護職員初任者研修
  • #介護職員基礎研修
  • #社会福祉士
  • #社会福祉主事任用
  • #関東
  • #関西

引用:ココカイゴ転職

30代向け|介護職の転職エージェントを利用するメリット

介護職転職エージェント 30代の利用する8つのメリット

えま
えま
介護職の転職エージェントの選び方がわかってきたわ!
きょう
きょう
お役に立ててなによりです
えま
えま
介護職の転職エージェントを利用すると、私の希望通りの求人が早く見つかりそう♪
きょう
きょう
その通り!介護職の転職エージェントを利用するメリットはたくさんあるよ!

ここでは、30代で転職を考えている方が、介護職の転職エージェントを利用するメリットについて紹介していきます。

30代向け|介護職の転職エージェントを利用するメリット
  • キャリアアドバイザーによる転職のサポートを無料で受けることができる
  • 面接対策や選考書類(履歴書・職務経歴書)の添削などのアドバイスを受けることができる
  • 転職エージェントを利用することで、転職活動に掛かる時間を効率的に利用することができる
  • 一般の介護職の転職サイトには公開されていない求人(非公開求人)を紹介してもらうことができる
  • 転職エージェントでは、キャリアについて相談することができる
  • 担当キャリアアドバイザーに給与や就業時間など、条件面での交渉事を代行してもらうことができる
  • 転職希望先の詳細な情報を教えてもらうことができ、転職後のミスマッチを防ぐことができる
  • 入社後のアフターフォローにより、悩みや疑問などを相談することができる

キャリアアドバイザーによる転職のサポートを無料で受けることができる

介護職の転職エージェントの運営会社は、企業からの転職の成功報酬によって運営されているため、無料で転職活動をサポートしてもらうことができます。

面接対策や選考書類(履歴書・職務経歴書)の添削などのアドバイスを受けることができる

介護職の転職エージェントでは、多くの相談や紹介実績があり、30代で転職を考えている方に合わせた、面接対策や選考書類の作成をアドバイスしてもらうことができます。「面接ではどのようなことを聞かれるか/それにどう応えたらいいか」「選考書類はどのように書けばいいか」など、30代で転職を考えている方で、転職活動に不安を感じている方は、介護職の転職エージェントの利用をおすすめします。

「30代向け|介護職のための転職エージェントの選び方」でも書きましたが、2人に1人は書類選考で落とされています。特に30代女性の方は、出産を機に退職を経験し、しばらくの間、家事や育児に専念する方も多いため、ブランクがあり、履歴書に書けるような職歴がない方もいます。そのような方にこそ、介護職の転職エージェントの利用をおすすめしています。転職のプロにアドバイスをしてもらうことで、より企業のニーズに沿った選考書類を作成することが可能になるからです。

また、介護職の転職エージェントによっては、面接日に同行してくれるところもあるため、面接に対する不安が解消され、30代でブランクがある方でも、集中して転職活動に臨むことができます。

転職エージェントを利用することで、転職活動に掛かる時間を効率的に利用することができる

30代は子育て中の方も多く、転職活動にあまり時間を取れない方もいます。そのような方には、効率的に転職活動を進めることができる、介護職の転職エージェントの利用をおすすめしています。希望条件を前もって転職エージェントの担当キャリアアドバイザーに伝えることで、情報収集や応募、面接日の調整など、転職に関わる全てをあなたに代わって行ってくれます

また、転職エージェントの担当キャリアアドバイザーが、あなたの希望条件に合った求人を紹介してくれるので、30代で、子育てなどで転職活動に時間が取れない方であっても、採用に結び付きやすく、効率的に転職活動をしたい方にはおすすめです。

一般の転職サイトには公開されていない求人(非公開求人)を紹介してもらうことができる

公開されていない求人とは、介護職の転職エージェントに登録している、会員にだけ紹介される求人情報のことを指します。好条件の求人も多く、一般公開することで応募が殺到してしまい、人事担当者の対応が追い付かなくなるという背景があります。また、介護職の転職エージェントから企業側の求める人材として紹介してもらうことで、積極的な姿勢で選考してくれることでしょう。

30代で転職を考えている方が、介護職の転職エージェントに登録することで、転職の幅が広がり、理想の転職先が見つかる可能性が高くなります。また、非公開求人は、介護職の転職エージェントによって異なるため、数社に登録しておくことで、よりよい条件での転職先が見つかるかもしれません。

転職エージェントでは、キャリアについて相談することができる

介護職の転職エージェントを利用することで、現在のキャリアを考慮した転職先の提案はもちろんのこと、介護福祉士や介護支援専門員(ケアマネージャー)、生活相談員など、将来的にキャリアアップを目指したいと考えている30代の人は、転職エージェントの担当キャリアアドバイザーに相談してみるといいでしょう。

「30代でこれからキャリアアップを目指す方におすすめの資格と取得方法」でも紹介していますが、介護に関する資格はたくさんあるため、30代で実務経験のある方は、比較的キャリアアップを目指しやすいと言えます。資格取得をサポートしてもらえる職場があったり、働きながらでも資格取得を目指せるため、職場に合わせたキャリアアップの方法を見つけて、挑戦してみてはいかがでしょうか?

キャリアアドバイザーに給与や就業時間など、条件面での交渉事を代行してもらうことができる

職場の雰囲気が良いことはもちろんですが、気になるのはそれだけではありません。給与や就業時間など、企業に相談したいことは色々あると思いますが、30代でブランクがある方などは、なかなか話しにくいものです。そんな交渉事も、介護職の転職エージェントを利用することで、担当のキャリアアドバイザーが間に入って代行してもらうことができます。

企業側の採用条件もあるため、「今より2倍の収入が欲しい」「夜勤や休日出勤はしたくない」「月火金の午前中だけ働きたい」など、希望のすべてが通るわけではありませんが、少しでも理想に近付くため、転職エージェントの担当キャリアアドバイザーに、ぜひ相談してみてください。

介護施設には色々な種類があり、勤務形態も様々です。通所介護であれば平日の日勤業務、夜勤がしたければ住宅系施設、訪問介護であれば訪問時間や件数を調整することで、ある程度、自分のライフスタイルに合わせて働き方を選ぶことも可能です。

転職希望先の詳細な情報を教えてもらうことができ、就職後のミスマッチを防ぐことができる

ミスマッチとは、企業と転職者間の考え方や価値観などのズレがある状態のことを指します。30代の退職理由として多いのは、介護求人ナビ調べ アンケートモニターによると「より給料の多い職場で働きたくて」「この職場では明るい未来がないと感じて」「上司・同僚の考え方や、ケア方法に不満」という結果になりましたが、転職後もそれらを避けて通ることはできません。

介護職の転職エージェントを利用することで、企業の詳細な情報や転職経験者のフィードバックなどを教えてもらうことができ、転職後のミスマッチを防ぐことができます

入社後もアフターフォローにより、悩みや疑問などを相談することができる

介護職の転職エージェントによっては、入社後も悩みや疑問などの相談に乗ってもらえるところがあります。30代でブランクがある方などは、新しい職場で上手くやっていけるか不安もあると思います。「実際に働いてみたけど、希望の条件と違う」「面接の時は良い雰囲気だと思ったけど、実際に働いてみたら印象が全然違う」など、働いてみて初めて感じるものがあるかもしれません。

働き始めてしまうと、なかなか言い出せないことも、転職エージェントに相談することで、企業の担当者に改善を求めることができます。30代でブランクがある方などは、アフターフォローが充実した介護職の転職エージェントを利用することもおすすめです。

30代向け|介護職の転職エージェントを利用するデメリット

介護職転職エージェント 30代の気をつけたい5つのデメリット

えま
えま
でもやっぱりメッリトばかりではないでしょ?
きょう
きょう
おっしゃるとおり!デメリットもよく知ったうえで賢く利用しよう!

ここでは、30代で転職を考えている方が、介護職の転職エージェントを利用するデメリットについて紹介していきます。

30代向け|介護職の転職エージェントを利用するデメリット
  • ただ「転職に興味がある」だけの人には、転職エージェントは向いていないサービスである
  • 担当キャリアアドバイザーからの電話やメールの頻度が多く、不快に感じることがある
  • 担当キャリアアドバイザーとの相性により、転職活動がスムーズにいかないことがある
  • 転職エージェントでは、長期的(1年以上)なサポートを受けることは難しい
  • 地方で転職を希望している方の転職エージェントの利用には少し難がある

ただ「転職に興味がある」だけの人には、転職エージェントは向いていないサービスである

介護職の転職エージェントの運営会社は、企業からの転職の成功報酬によって運営されています。そのため、転職意識が低い場合や転職のビジョンが明確でないと、運営が成り立たなくなってしまうため、ただ「転職に興味がある」だけでは、転職エージェントからの積極的な支援を受けにくくなってしまいます。

担当キャリアアドバイザーからの電話やメールの頻度が多く、不快に感じることがある

介護職の転職エージェントにおける一番の目標は、転職を成功させることにあります。そのため、転職エージェントの担当キャリアアドバイザーは、転職希望者に合った求人を見つけると、その都度連絡をするため、電話やメールの頻度が多くなり、人によっては不快に感じることがあるかもしれません。

しかし、人気の求人ともなれば、転職希望が集中することが予想されるため、連絡する側も一生懸命になるのは必然と言えます。「仕事中に電話されても困る」「四六時中電話が鳴って落ち着かないので、メールで連絡してほしい」という方は、転職エージェントの担当キャリアアドバイザーにあらかじめ連絡方法や時間帯を伝えておくことで、気持ちよく転職活動を進めることができます。

担当キャリアアドバイザーとの相性により、転職活動がスムーズにいかないことがある

介護職の転職エージェントの利用にあたり、必ずしも、担当のキャリアアドバイザーの交渉力やアドバイス力、コミュニケーション能力などが一律ではありません。対人間であるため、性格など相性の問題もあります。自分に合わない担当者が付くことで、転職活動がスムーズにいかないことがあります。

「自分の要望を理解してもらえない」「調子が良くて信用できない」「せかせかしていて、きちんと相談に乗ってもらえない」など、担当のキャリアアドバイザーとの相性が悪いと思った時は、転職エージェントに連絡して、早めに担当者の変更を依頼するか、利用する転職エージェントを変更することを考えましょう。

転職エージェントでは、長期的(1年以上)なサポートを受けることは難しい

介護職の転職エージェントの運営会社は、企業からの転職の成功報酬によって運営されているため、1年を超える長期的な支援を受けることは難しいと言えます。担当のキャリアアドバイザーによっては、転職を急かされ、ストレスを感じてしまうかもしれません。それは、サービスの提供期間が決まっていたり、キャリアアドバイザー自身のノルマがあるためです。30代で初めて転職エージェントを利用する方、30代でブランクがある方などは、一方的な支援によって大きな負担を感じ、ゆっくり考える時間もなく、希望とかけ離れた職場に転職する可能性も出てきます。

たとえ転職を急かされたとしても直ぐには決断せず、提示された内容を隅々までよく確認し、分からないことは必ず転職エージェントの担当キャリアアドバイザーに質問するようにしましょう。もし提示された内容が自分に合わないと感じた時は、再度条件を確認し、改めて探してもらえるように伝えましょう。

地方で転職を希望している方の転職エージェントの利用には少し難がある

地方の求人が全くないと言う訳ではありませんが、希望職種の求人や未経験の求人も、都市部に比べるとかなり少なくなっています。転職エージェントによっても差があるため、各々の転職エージェントのサイトで確認すると良いでしょう。

30代向け|介護職の転職エージェントを活用するポイント

介護職転職エージェント 30代の活用するためのポイント

えま
えま
介護職の転職エージェントについて、少しずつ分かってきたわ!
きょう
きょう
それはよかった!ここからは、介護職の転職エージェントを上手に活用するためのポイントについてお話ししていくよ!
えま
えま
それは是非知りたいわ!

希望の求人を紹介してもらうため、30代で転職を考えている方は、次に挙げるポイントを参考にして介護職の転職エージェントを上手に利用しましょう。

30代向け|介護職の転職エージェントを活用するポイント
  • 担当のキャリアアドバイザーから連絡が来たら、できるだけ早く連絡を取る
  • 相性の良い転職エージェントの担当キャリアアドバイザーを見つける
  • 担当のキャリアアドバイザーには、職歴・スキルは正確に伝える
  • 希望条件やキャリアビジョンははっきりさせておく
  • 介護職の転職エージェントは複数登録する
  • いつでもあなたが主人公であるべきです

担当のキャリアアドバイザーから連絡が来たら、できるだけ早く連絡を取る

転職エージェントの担当キャリアアドバイザーから連絡が入ったら、できるだけ早く連絡を取りましょう。求人の紹介はもちろんですが、連絡のやり取りによって、社会人としての基本的なマナーができているか、仕事を紹介するのに適正であるか、転職意欲があるかなども見られています。あなたの対応一つで、転職エージェントの担当キャリアアドバイザーとの信頼関係が深まり、優先的に良い求人を紹介してもらえる可能性が高くなります。

また、選考書類の提出や面接日の調整など、企業とのやり取りも行ってくれるため、連絡をスムーズに行うことで企業からの信頼も獲得でき、内定率アップに繋げることができます。

紹介してもらった求人が自分に合わないと感じた時も、必ず連絡を入れることを忘れずに!コミュニケーションが一方通行にならないように、しっかりとキャッチボールをするようにしてください。

早めに・こまめに・必ず(HKK)を意識して、転職活動を有利にすすめていきましょう

相性の良い転職エージェントの担当キャリアアドバイザーを見つける

転職エージェントの担当キャリアアドバイザーが自分に合わないな、と感じたら我慢せず変更してもらいましょう。次のような転職エージェントの担当キャリアアドバイザーだったら変更を申し出ましょう。

  • 希望から外れた求人をすすめてくる
  • 高圧的な態度で接してくる
  • 特定の求人をすすめてくる
  • 連絡が多いor少ない

転職希望者に寄り添ったサポートができない、転職エージェントの担当キャリアアドバイザーでは、希望通りの転職先は見つかりません。

キャリアアドバイザーの変更は、転職エージェント宛にメールや電話をすることで簡単にできますが、何が合わないと感じるのかなど、不快に感じたことを転職エージェントに伝えることも忘れずに。要望を伝えることで、より相性の良い担当のキャリアアドバイザーを付けてくれる可能性が高くなります。

担当のキャリアアドバイザーには、職歴・スキルは正確に伝える

介護職の転職エージェントを利用するにあたって、担当のキャリアアドバイザーには、職歴やスキルは正確に伝えましょう

嘘を言ったり、スキルを盛ったりしてしまうと、その誤った情報をもとに転職エージェント側は仕事を探してしまいます。希望する転職先を見つけるためにも、偽りなく介護職の転職エージェントを利用することをおすすめします。

希望条件やキャリアビジョンをはっきりさせておく

自分がどのような職場で働きたいのか、どのような仕事をしたいのか、例えば次のようによく考えておくことが重要です。

  • 人間関係の良い職場
  • 残業月??時間以内
  • 通勤時間??分以内
  • OJTやOff-JTなどのキャリアアップ研修が整っているか
  • ?年後にはケアマネになりたい

希望条件をはっきりとさせておきましょう。さらに優先順位をある程度決めておくことで、転職エージェントの担当キャリアアドバイザーが希望通りの転職先を紹介しやすくなります。

介護職の転職エージェントは複数登録する

介護職の転職エージェントによって、求人情報は異なります。そのため、「30代向け|介護職の転職エージェントを利用するメリット」でも書きましたが、好条件の多い非公開求人も転職エージェントによって異なるということです。選択肢を増やせば、希望通りの転職先を見つけやすくなるので転職エージェントの複数登録はおすすめです

しかし、転職エージェントを複数登録することに時間がかかってしまう、複数の転職エージェントから1つの企業へ応募してしまう、という点に注意が必要です。

いつでもあなたが主人公であるべきです

転職の主人公はYOU(転職エージェント)でも、WE(転職エージェントと転職者本人)でもなく、I(転職者本人)でなければいけません。

キャリアアドバイザーは転職のプロですが、意見の全てがあなたにとって正しいとは限りません。30代で初めて転職エージェントを利用される方、人の意見に流されやすい方などは、特に注意が必要です。仕事を紹介してもらうため、どうしても立場が下のように感じてしまいますが、キャリアアドバイザーの意見に左右されすぎてしまうと、転職後に後悔する可能性が高いからです。

「理想の職場はこんなはずではなかった。あのキャリアアドバイザーがここをすすめたから。。。」人に敷かれたレールの上を歩いていると、何か壁にぶつかった時に、他人に責任があると思ってしまいます。そうならないためにも、情報を収集・整理し、アドバイスを求めながらも、最終的な決断は自分で行うようにしましょう。「転職の主人公はいつでもあなた」だと言うことを理解してください。

30代向け|介護職の転職を成功させるために必要なこと

介護職転職エージェント 30代の成功させるために必要なこと

えま
えま
今の職場は人間関係が良くなくて退職したいと思ってるんだけど、次の転職先が見つかるまでやっておくことってありますか?
きょう
きょう
もちろんあるよ!介護職の転職を成功させるため、自分の考えをまとめてみよう!

ここでは、30代で転職を考えている方が、介護職の転職を成功させるために必要なことを説明していきます。

30代向け|介護職の転職を成功させるために必要なこと
  • 転職の目的は何ですか?
  • 未来のなりたい自分を想像してみよう
  • 転職に向けて計画を立てよう
  • 自分の思考のクセを知ろう
  • 希望条件すべてを満たす職場は存在しません
  • 特定の希望条件だけで、安易に転職先を選択しない

転職の目的は何ですか?

転職するにあたって、まずはどうして転職しようと思ったのかを考えてみましょう。「人間関係が嫌になったから」「頑張っているのに評価してもらえないから」「一生懸命働いても給料が上がらないから」「残業や夜勤が多くて自分や家族との時間が持てないから」「育児に理解のある職場で働きたいから」人それぞれ、転職を考える理由は異なると思います。

「職場の雰囲気が嫌だから」「仕事が大変で疲れるから」「そもそも何のために働いているのか分からなくなったから」と漠然とした転職理由はやめましょう。転職を成功させるために一番重要なことは、面接で企業への意気込みを語ることでもなく、模範解答のような選考書類を作ることでもありません。「どうして転職したいのか/しようと思ったのか」を明確にすることです。

「ぶれない軸(転職理由)を持つこと」それが転職成功のカギになります。

en人事のミカタが行ったアンケート調査によると「直近3年以内に、貴社では35歳から55歳までのミドル人材を採用しましたか?」との質問に対して、79%の企業が「はい」と回答しました。採用した方の72%が「役職なし」となっています。ミドル人材の採用については、「積極的に採用したい」「いい人がいれば採用したい」と回答したのは86%で、「優秀であれば年齢は関係ない」という回答が多くありました。一方で「これまでのやり方に固執する」という理由で、ミドル人材の採用にネガティブな企業もありました。

以前は「35歳の壁」などの言葉もありましたが、30代でも企業が求める人材であれば、今は積極的に採用される時代となってきています。企業への明確な転職理由を転職エージェントの担当キャリアアドバイザーと一緒に考えていきましょう。

未来のなりたい自分を想像してみよう

転職の明確な理由を考えたら、次は「未来の自分」を想像してみましょう。3年後、5年後、10年後、自分はどんな職場で、どんな人たちと、どんな仕事をしていたいか。「まだ転職もしていないのに、そんなことまで考えている余裕なんかない」と思われるかもしれません。

しかし、今の職場で悩んでいる人は、転職してもまた同じことで悩む場合が多いです。「転職を考える今の自分」が「理想の転職を叶えた未来の自分」に近付くためにはどうしたらいいか、考えを巡らせてみてください。未来を想像することは、介護職の転職エージェントを利用する際の、希望条件にも繋がっていきます。

30代の皆さんは、これからリーダーや管理職として働けるだけのキャリアを積むことができます。自分が、その企業で、どんな風に成長していきたいのかをしっかり考えて、充実した転職活動を行ってください。

転職に向けて計画を立てよう

計画を立てる前に、まずは「やることリスト(行動の一覧表)」を作ってみましょう。行動を具体化することで、転職に向けての意識が高まります。次はそこに日付や時間など、具体的な数字を書き込み、行動の順番を時系列に並べてみてください。できれば、どこで、誰と、どんなことをしているか、行動の理由付けや転職の目的などを書き込むことで、転職がより現実のものになってきます。

介護職の転職エージェントを利用される場合には、転職準備開始~転職完了までの期間を3ヶ月程度で設定しておきましょう。介護職の転職エージェントでは、長期的なサポートを受けることが難しいこともあります。半年~1年と中長期ともなれば、転職活動自体に集中できなくなってしまうからです。

そして忘れてはいけないのが、転職活動中であっても、現在勤めている職場での仕事は、きちんとこなすようにしましょう。「もうすぐ辞めるから、ほどほどにやればいいや」と半端な気持ちで終わることがないよう、最後までプロ意識を持って行動してください。

自分の思考のクセを知ろう

「他人を受け入れる/批判する」「物事を客観的に考える/主観的に捉える」「何事にも柔軟に対応できる/1つの物事に囚われてしまう」「他人の考えに同調したり、一緒に考えられる/決めつけてしまう」「間違いは素直に謝れる/目には目を歯には歯を」「最善を考える/最悪を考える」「価値観を共有する/押し付ける」「論理的/直観的」

転職を決めた時、自分は何を考え、何を思ったのか。自分のどういう思考や性格がそうさせたのかを考えてみてください。自分と向き合うことで、自分の強みや自分に足りないものが見えてきて、今後の仕事や成長に役に立つと思います。

30代は、結婚や子育てなど、家庭での環境に変化があったり、職場でリーダーを任されるなど、20代の時にはなかった責任を担う場面が多くなります。多くの経験の中で、自分なりの仕事に対する考え方や強さを身に付けていきますが、自己主張が強くなり、自分の意見や想いを押し付けてしまうことがあります。同僚や上司との感情のズレが、転職を考えるきっかけになったりするため、まずは冷静になり、自己分析することから始めましょう。

希望条件すべてを満たす職場は存在しません

介護職の転職エージェントを利用したからといって、担当のキャリアアドバイザーが希望条件すべてを満たす求人を探してきてくれるとは限りません。希望に近いものはあっても、100%一致することは、ほぼないと思ってください。希望条件を一覧にして、「ここは絶対に外せないという条件」「できたら叶えて欲しいという条件」を10個以内でまとめてみましょうその中で優先順位を付けることで、転職エージェントの担当キャリアアドバイザーが求人を探す手助けになります。

年齢や仕事でのキャリアを積むにつれて、企業側に求める条件が高くなりがちですが、それにより、応募できる求人はほとんどなくなり、余程の強みがない限り、紹介してもらうことは難しくなります。「妥協せずとも追及しすぎないこと!」何事もバランスが大切です。

また転職したことで、不安や不満が解消できることも多いですが、その反対もあることを忘れないようにしましょう。「あなたにとって完璧な職場は存在しない」ということを肝に銘じてください。

特定の希望条件だけで、安易に転職先を選択しない

早く転職したいという焦りから、よく調べたり確認せずに、転職先を決めてしまう方がいます。給与や待遇、勤務形態、勤務地など、良さそうな求人を見つけても即決はせず、すべての内容によく目を通すようにしてください。そこに書かれていること以外にも、気になることは転職エージェントの担当キャリアアドバイザーに相談して、細かく情報収集を行いましょう。また施設見学を行っているところもありますので、そういった機会を利用するのもいいでしょう。

介護職の転職エージェントの利用から転職までの流れ

介護職転職エージェント 30代の利用から転職まで

えま
えま
実際に介護職の転職エージェントに登録してみようと思ってるんだけど、どうしたらいい?
きょう
きょう
おまかせあれ!介護職の転職エージェントの登録から転職するまでを紹介するよ!

ここでは、30代で転職を考えている方がイメージをしやすいように、介護職の転職エージェントの利用から転職までの流れを説明していきます。

介護職の転職エージェントの利用から転職までの流れ
  • 介護職の転職エージェントの公式ページで求人情報を確認し、登録手続きを完了する
  • 転職エージェントからの連絡が来たら、希望勤務地や職種、転職時期などの希望条件を伝える
  • 転職エージェントの担当キャリアアドバイザーと希望条件などの詳細について面談する
  • 希望条件に合う求人が見つかったら、担当のキャリアアドバイザーから電話やメールで連絡がくる
  • 転職希望先が決定したら、面接対策や選考書類の作成など、面接の準備を進めていく
  • 書類選考に通ったら、担当のキャリアアドバイザーを通じて、面接日を調整し、面接に臨む
  • 採用が決定したら、担当のキャリアアドバイザーを通じて、勤務についての条件交渉や調整を行う

介護職の転職エージェントの公式ページで求人情報を確認し、登録手続きを完了する

利用したい介護職の転職エージェントが決まったら、実際に登録手続きをしていきましょう。個人情報に加えて、所有資格や勤務形態、転職希望時期などの希望条件を入力していきます。転職エージェントのサイトで実際にやってみて、登録画面に進むまでにかかった時間は5分程度で、30代で初めて利用される方であっても、簡単に登録することができます。

転職エージェントからの連絡が来たら、希望勤務地や職種、転職希望時期などの希望条件を伝える

介護職の転職エージェントに登録完了後、数日以内に転職エージェントのキャリアアドバイザーから電話やメールで連絡がきます。そして、転職エージェントのキャリアアドバイザーから、希望勤務地や職種、転職希望時期、所有資格や経験年数、希望年収などの確認があり、その後、面談の日程調整を行います。

突然、知らないメールアドレスや電話から連絡が来ると、怪しんだり、ビックリされることも考えられるため、予めメールアドレスや電話番号などを登録しておくとよいでしょう。

転職エージェントの担当キャリアアドバイザーと希望条件などの詳細について面談する

面談では、転職エージェントの担当キャリアアドバイザーから、事前に伝えた希望条件を改めて確認されたり、「どうして転職しようと思ったのか」「どんな職場に転職したいか」など、より心情に迫ったことも聞かれます。自分の情報や思っていることなど、転職エージェントの担当キャリアアドバイザーに正しく伝えて、30代で転職を考えている皆さんに合った求人を見つけてもらいましょう。ここでの嘘偽りは、自身の信頼だけではなく、紹介者である転職エージェントの信頼も落とすことになるので注意してください。

初回は転職までのスケジュールなどを確認する必要があるため、1時間以上はかかります。体調を整えて面談に備えましょう。

希望条件に合う求人が見つかったら、担当のキャリアアドバイザーから電話やメールで連絡がくる

転職エージェントの担当キャリアアドバイザーは、希望条件に合う求人を複数社紹介してくれます。職場の雰囲気や待遇などの情報も教えてくれるので、しっかりと確認しましょう。紹介された求人が思っていたものと違った時には、具体的にどこが違うのかを転職エージェントの担当キャリアアドバイザーに伝えると良いでしょう。

30代で初めて転職エージェントを利用される方は、分からないことも多く、転職エージェントの担当キャリアアドバイザーに全てを任せてしまいがちですが、ただ連絡を待つだけではなく、自分でも希望条件にあった求人がないか探したり、履歴書や職務経歴書を作成するなど、時間を有効に活用しましょう。何をしたらいいのか分からない時は、転職エージェントの担当キャリアアドバイザーに相談してみてください。

転職希望先が決定したら、面接対策や選考書類の作成など、面接の準備を進めていく

転職希望先が決定したら、いよいよ面接や書類選考の準備に取り掛かります。「応募するためには、どのような書類が必要か」「企業はどのような人材を求めているか」などを、転職エージェントの担当キャリアアドバイザーとともに確認し、サポート体制がある介護職の転職エージェントであれば、ぜひ添削などを依頼してください。

30代でブランクがある方や転職活動に自信のない方が、一人で不安を抱えながら準備するよりも、転職エージェントのキャリアアドバイザーにサポートしてもらうことで、書類選考や面接に通る可能性が高くなり、内定率も上がります。

書類選考に通ったら、担当のキャリアアドバイザーを通じて、面接日を調整し、面接に臨む

書類選考に通ったら、いよいよ面接です。転職エージェントの担当キャリアアドバイザーとともに、二人三脚でようやくここまでたどり着きました。転職のために頑張って準備してきたことを思い出して、胸を張って面接に臨んでください。

誠実に、自分の言葉で、準備してきたことをすべて出し切りましょう。介護職の転職エージェントによっては、面接日に同行してもらえるところもありますので、ぜひ相談してみてください。

採用が決定したら、担当のキャリアアドバイザーを通じて、勤務についての条件交渉や調整を行う

採用の決定については、転職エージェントの担当キャリアアドバイザーから連絡が来ます。採用が決定したら、就業開始日や待遇、勤務形態などの条件交渉を、転職エージェントの担当キャリアアドバイザーを通じて調整してもらってください。

また、退職に係る書類関係に不安がある方もいると思いますので、そちらも転職エージェントの担当キャリアアドバイザーに相談してみてください。

30代でこれからキャリアアップを目指す方におすすめの資格と取得方法

介護職転職エージェント 30代のキャリアアップおすすめ資格

えま
えま
じつは…介護職の経験はあるけど、介護職の資格を持っていないの…
きょう
きょう
でも大丈夫!介護職には色々な資格があるので、チャレンジしてみてね。

介護の仕事は資格がなくてもできますが、介護業界でキャリアアップを目指したいと考えているならば、資格取得は必須となります。

ここでは、30代で将来キャリアアップを目指している方、介護についてもっと知りたい、もっと学びたいと考えている人に向けて、どんな資格があるかを紹介していきます。

資格の種類受験資格受講費用
 (テキスト代等除く) 
受講時間合格率
(令和3年)
介護職員初任者研修
(旧ホームヘルパー2級)
特になし無料~10万円程度130時間ほぼ100%合格
介護福祉士実務者研修
(旧ホームヘルパー1級)
特になし8~15万円程度450時間ほぼ100%合格
介護福祉士
(ケアワーカー)
実務経験3年以上
+実務者研修
72.3%
介護支援専門員
(ケアマネージャー)
医療・介護等の一定の職種
実務経験5年以上
2~8万円程度87時間23.3%
生活相談員
(ソーシャルワーカー)
特になし
社会福祉士・精神保健福祉士、
社会福祉主事任用等の資格を
保有する実務経験者
(自治体により異なる)
社会福祉士 社会福祉士の資格取得方法
(厚生労働省HP参照)

50~400万円程度
(福祉系大学、短期養成施設、
一般養成施設等、ルートにより
異なる)
ルートにより
異なる
29.3%
備考)業務内容
  • 介護職員初任者研修(旧ホームヘルパー2級):介護事業所での身体介護・生活援助など、訪問介護での身体介護・生活援助・通院介助など
  • 介護福祉士実務者研修(旧ホームヘルパー1級):介護事業所ので身体介護・生活援助など、訪問介護での身体介護・生活援助・通院介助など、たん吸引や経管栄養などの医療行為
  • 介護福祉士(ケアワーカー):介護事業所での身体介護・生活援助など、訪問介護での身体介護・生活援助・通院介助など、たん吸引や経管栄養などの医療行為、本人・介護者などへの相談・助言、チームマネジメントやチームケア
  • 介護支援専門員(ケアマネージャー):施設や居宅でのケアプラン作成・給付管理、本人とサービス事業者の連絡・調整
  • 生活相談員(ソーシャルワーカー):本人・介護者などへの相談・助言、地域との連絡・調整、介護職員やケアマネージャーのサポート、契約書や計画書の作成
  • 社会福祉士:介護事業所での身体介護・生活援助など、福祉・介護等についての相談・助言、利用サービスの見直し・調整、行政や医療機関等との連携

他にも、認定介護福祉士、医療介護福祉士、認定ケアマネージャー、主任ケアマネージャー、認知症介護基礎研修、認知症介護実践者研修、認知症介護実践リーダー研修、認知症ケア専門士、認知症ケア指導管理士、レクリエーション介護士、介護予防運動指導員、福祉用具専門相談員、ガイドヘルパー(移動支援従業者)、福祉環境コーディネーター、介護事務実務士、介護事務管理士、ケアクラーク、介護事務士、介護報酬請求事務技能検定試験、介護保険事務士等、介護に関する資格は多数存在します。それだけ、介護に関する専門的な知識と技術が求められている時代ということです。

資格によっては、転職までの準備期間に取得することも可能ですが、転職先で資格取得をサポートしてくれるところもあるので、事前に転職エージェントの担当キャリアアドバイザーに確認してみると良いでしょう。また闇雲に資格取得を目指すのではなく、転職先がキャリアアップできる環境にあるかその資格が転職先で求められているものか等、しっかり検討した上でチャレンジしていきましょう。

志望動機から見える人物像

介護職転職エージェント 30代の志望動機の書き方

えま
えま
履歴書に書く志望動機ってどんなことを書いたらいいの?
きょう
きょう
採用担当者に自分を知ってもらう大切な項目なので、ていねいに書くことをオススメするよ!

志望動機はなぜ必要なのでしょうか?あなたがどれだけ素晴らしい人材かをアピールするため?いいえ、違います。それは、企業にとってあなたが求める人材かどうかを知るためです。どんなに優れた資格を持っていても、どんなに素晴らしいキャリアがあったとしても、「企業の求める人物像」と合わなければ、当然、書類選考で落ちることもあります。

志望動機で一番重要なことは、「企業の求める人物像」「自分の人物像」を比較した時、あなたが企業に即した人物であるかどうか、ということです。

ただ「介護が好きだから」「収入を増やしたいから」「夜勤や残業を減らしたいから」という理由だけでは、転職には成功しません。自分の長所やどんな想いで仕事をしてきたか、どんな仕事に携わってきたか、それを企業でどのように活かしていけるか、この企業でなければならない理由は何なのかなど、できるだけ詳細に、紙に書き出してみましょう。

転職したい企業が見つかったら、まずは、その「企業の求める人物像」を調べたり、分からない時は転職エージェントの担当キャリアアドバイザーに教えてもらい、企業との一致点を探すことから始めましょう。一致点を探す中で、「企業の求める人物像」と合わない、と感じることもあるかもしれませんが、転職のプロから見たら、意外な一致点が見つかるかもしれません。

志望動機はあなたを映す鏡です。「企業の求める人物像」と照らし合わせて、ていねいに仕上げていきましょう。

ここからは、30代で転職を考えている方のために、志望動機の書き方のポイントについて紹介します。

  • 一つ目は、「退職理由=志望動機」にしてはいけません。もちろん、人間関係や待遇、仕事内容といったことが、転職を考えるきっかけだったとしても、採用する側にとっては全く関係のない話しだからです。
  • 二つ目は、「前職を辞めるための志望動機ではなく、転職後に活きる志望動機を書きましょう。」将来のビジョンを見据えて、企業への貢献やキャリアアップについてアピールしていきましょう。
  • 三つめは、「志望動機は前向きな言葉で書きましょう。」前職を悪く言いたくなる気持ちも分かりますが、気持ちを切り替えて、自分の経験を糧として、前向きな姿勢を伝えていきましょう。

介護職転職の現在と将来の動向

介護職転職エージェント 30代の介護職の転職現在と将来

えま
えま
介護職って将来性あるのか気になるわ。
きょう
きょう
働き手の不足が社会問題になってるね。この先介護業界がどうなっていくのか紹介するよ。

働き手の不足が深刻な問題となっている介護業界ですが、現在と将来の転職事情について、厚生労働省等のデータを基に紹介していきます。

介護職転職の現在と将来の動向
  • どう見る?介護職の有効求人倍率
  • 介護職の3年未満の離職率は?
  • 介護関係の仕事をやめた理由とは?
  • 高齢化率の上昇と要介護者数の推移
  • 介護サービス事業を運営する上での問題点は?
  • 今後、介護職員はどのくらい必要なの?

どう見る?介護職の有効求人倍率

30代で初めて転職を経験される方、30代で転職経験者の方にとっても、あまり聞き慣れない言葉だと思いますが、「有効求人倍率」というものがあります。有効求人倍率とは、有効求職者数(ハローワークに登録して仕事探しをしている人数)に対する有効求人数(ハローワークに登録されている求人数)の割合で、雇用動向を示す指標となります。厚生労働省が全国のハローワークの求職者数と求人数を基に算出し「一般職業紹介状況(職業安定業務統計)」で、毎月公表しています。有効求人倍率は、有効求人数を有効求職者数で割って算出します。求職者1人に対して何人分の求人があったかを示すもので、倍率が1を上回れば求職者数よりも求人数が多く、就職がしやすいことを表しており、倍率が1を下回れば求職者数の方が多く、就職が難しいことを表しています

有効求人倍率(介護関係職種)の推移

【出典】令和4年版高齢社会白書(全体版)より

 

 全体介護
有効求人倍率(令和4年10月)1.353.79

上の表からも分かるように、介護業界では、一人あたり3~4件の求人数があるということです。全体から見ても、介護業界は常に働き手を探しており、就職先に困ることはまずありません。ではなぜ、介護業界は常に働き手を求めているのでしょうか?

介護職の3年未満の離職率は?

一つは介護職の離職率の問題があります。1年間(令和2年10月1日から令和3年9月30日まで)に離職した者の勤務年数をみると、訪問介護員、サービス提供責任者、介護職員の3職種(無期と有期)離職者のうち3年未満が58.7%となっています

介護職の離職者の勤続年数

【出典】介護労働安定センター「令和3年度 介護労働の現状について」より

 

介護関係の仕事をやめた理由とは?

では、どのような理由で転職しようと思ったのでしょうか?介護関係の仕事をやめた理由については、全体では「職場での人間関係に問題があったため」が23.9%でした。男女別で比較した場合、男性では「自分の将来に見込みが立たなかったため」が最も多く、女性では「結婚・妊娠・出産・育児のため」が最も多くなっています。

介護関係の仕事をやめた理由

【出典】介護労働安定センター「介護労働の現状について」より

 

介護職は働き手の年代の幅が広く、様々な価値観に触れることができるのも魅力の仕事ですが、それが負担に感じてしまうこともあります。また、利用者様やそのご家族、医療や福祉分野の人と関わる機会が多く、人間関係に疲れてしまうこともあります。30代でも転職を考える理由として、人間関係は常に上位に位置しています。

人間関係等の理由で離職率が増えれば、不足した人材を補充するため、働き手を求めるのは必然と言えます。

高齢化率の上昇と要介護者数の推移

もう一つは、高齢化率の上昇です。内閣府の「高齢社会白書」によると、令和2年10月1日現在、65歳以上人口は、3,619万人となり、総人口に占める割合(高齢化率)が28.8%となっています。また15~64歳人口は、7,449万人となり、総人口の59.3%となっています。今後は、「団塊の世代」の高齢化や総人口の減少等により、高齢化率は上昇を続け、令和18年に33.3%で3人に1人が65歳以上人口となります。令和47年には38.4%に達して、約2.6人に1人が65歳以上の者となることが推測されています。

高齢化率が上昇することで、高齢単身世帯や高齢夫婦世帯、認知症高齢者等、要介護対象者も増加するため、今後も介護業界での働き手の不足が続くことが予想されます。ちなみに、厚生労働省が公表している「介護保険事業状況報告(令和4年9月分)」によると、令和4年9月現在、要介護者は約697万人となっていて、介護保険スタートの2000年時点と比較すると、約3.2倍となっています。

令和47年には65歳以上の者1人に対して1.3人の現役世代という比率になり、家族だけで介護を担うことが、より難しい時代がやってきます。よって訪問介護員や施設介護職員の増員は必須であり、介護士の需要は今後ますます高まっていきます。

これからの高齢化時代を支えるために、介護業界をけん引できる、経験豊かな30代の皆さんの力を企業は必要としています。

要介護度別認定者数の推移

【出典】令和4年版高齢社会白書(全体版)より

 

介護サービス事業を運営する上での問題点は?

そして最後に介護職の雇用の難しさです。介護士は大変な仕事の割に給料が安く、忙しくて休みも取れない等、まだまだマイナスイメージが強く、他の職業と比べると人気が少ないかもしれません。

株式会社リクルートキャリアHELPMAN JAPANグループが行った「福祉・介護に関する意識調査結果とイメージの変化」によると、ネガティブイメージとして「体力的にきつい仕事の多い業界だと思う 61.0%」「精神的にきつい仕事の多い業界だと思う 53.8%」「給与水準が低めの業界だと思う 48.0%」と、予想通りの結果となりました。しかし「社会的に意義の大きい仕事だと思う 38.8%」「今後成長していく業界だと思う 30.9%」「資格や専門知識を活かすことができる業界だと思う 29.8%」 とのポジティブイメージもあげられています。

介護という仕事は、社会からの期待と将来性があり、キャリアアップを目指すことで、仕事だけではなく、実生活でも生かせる魅力のある仕事です。30代の皆さんが、今までの現場経験で培ってきた知識やスキルを20代の若い世代に伝えていって欲しいと思います。

介護サービス事業を運営する上での問題点

【出典】介護労働安定センター「令和3年度 介護労働の現状について」より

 

今後、介護職員はどのくらい必要なの?

今後、ますます働き手を必要とする介護業界ですが、将来的にどのくらい介護職員が必要なのでしょうか?

令和3年7月9日に第8期介護保険事業計画の介護サービス見込み量等に基づき、都道府県が推計した介護職員の必要数を公表しました。それによると、2019年度(211万人)と比較して、2023年度には約233万人(+約22万人(5.5万人/年))、2025年度には約243万人(+約32万人(5.3万人/年))、2040年度には約280万人(+約69万人(3.3万人/年))の介護職員を確保する必要があると推計されています。

第8期介護保険事業計画に基づく介護職員の必要数

【出典】厚生労働省「第8期介護保険事業計画に基づく介護職員の必要数について」より

 

以上のことから、今後も介護職での転職は安泰と言えそうです。まだまだ「きつい・汚い・給料安い」というネガティブなイメージが根強く残っていますが、国が処遇改善対策を明示し、介護事業所でも処遇改善に取り組むところが増えてきています。

また、再就職準備金貸付事業というものがあり、介護保険サービス事業所等で1年以上の勤務経験のある方(介護福祉士の資格を持っている、実務者研修を修了している、介護職員初任者研修を修了している)を対象に、いくつかの条件を満たした方には、40万円以内(介護の仕事に復帰するための費用)を貸付してもらうことができ、貸付後に介護職員等として業務に2年間勤務することで返済が全額免除されます。【詳細は厚生労働省「介護職として再就職をお考えの方、初めて働くことをお考えの方へ(再就職準備金、就職支援金のご案内)」をご覧ください。】

介護という仕事は、年齢や性別、学歴等には関係なく、誰でも活躍することができ、未経験からであってもキャリアアップを目指せる職種となっています。今後の需要拡大に伴い、ますます処遇改善も進んでくることでしょう。決して楽な仕事ではありませんが、やりがいと今後の将来性ある介護という仕事が、30代の皆さんに選ばれる仕事になることを願っています。

介護職の給与

介護職転職エージェント 30代の介護職の給与

えま
えま
介護職って体力的にきついけど、それに見合ったお給料がもらえるのかな?
きょう
きょう
年々介護職のお給料は増えているよ!国もお給料アップのために色々な制度を設けているよ!

ここでは介護職の平均月収について紹介していきます。

下の表から、介護職の平均給与額は315,850円となっています。これは基本給182,260円に手当として78,440円と一時金55,150円を含めた金額です。また、パート・非常勤の平均時給は1,110円で、手当や一時金を含めると平均給与額は112,500円となっています。全産業の平均月給は約32万円(令和3年賃金構造基本統計調査より)ですので、介護職の給与はやや低めであると言えます。

 令和2年2月
正社員 平均給与額315,850円
 うち、基本給182,260円
 うち、手当(職務手当、処遇改善手当、通勤手当、家族手当、時間外手当など)78,440円
 うち、一時金(賞与等)55,150円
パート・非常勤 平均給与額112,500円
平均時給1,110円

【参考 令和2年度介護従事者処遇状況等調査結果の概要】

 

介護職は今後、ますます需要が伸びていくと言われています。しかし、介護職は仕事内容のわりに給与が安いというようなイメージもあり、介護職人材は一向に増えません。この社会問題を解決しようと厚生労働省はいくつかの制度を設けています。

介護職員等ベースアップ等支援加算は、令和4年10月から臨時の報酬改定を行い、処遇改善加算Ⅰ~Ⅲのいずれかを取得している事業所に対して、審査を経て国保連より加算が支払われる制度です。これにより介護職の収入を3%程度(月収平均9,000円)引き上げることが可能となります。

また、介護職員処遇改善加算介護職員等特定処遇改善加算は、介護職員や経験・技能のある介護職員に対して、特定の要件を満たし都道府県等に計画書を提出すると加算される制度です。

これらの制度によって加算される前の平成31年と、された後の令和2年の給与を比べてみると下記の表のとおり増えていることがわかります。また、勤続年数に関わらず増えていることもわかります。

 令和2年2月平成31年2月差(令和2年-平成31年)
介護職員315,850円300,120円15,730円
看護職員379,610円372,940円6,670円
生活相談員・支援相談員343,310円332,980円10,330円
理学療法士、作業療法士、言語聴覚士又は機能訓練指導員358,560円349,190円9,370円
介護支援専門員357,850円347,460円10,390円
事務職員311,120円303,710円7,410円
調理員267,930円261,180円6,750円
管理栄養士・栄養士319,680円310,720円8,960円
 令和2年2月平成31年2月差(令和2年-平成31年)
全体(平均勤続年数8.1年)315,850円300,120円15,730円
1年(勤続1年~1年11か月)283,480円258,260円25,220円
2年(勤続2年~2年11か月)287,940円271,770円16,170円
3年(勤続3年~3年11か月)291,010円277,120円13,890円
4年(勤続4年~4年11か月)296,700円282,210円14,490円
5年~9年307,980円294,020円13,960円
10年以上350,820円333,980円16,840円

【参考 令和2年度介護従事者処遇状況等調査結果の概要】

30代が知っておきたい!介護現場と業務内容

介護職転職エージェント 30代の介護現場と業務内容

えま
えま
介護士の働ける職場って、どんなところがあるの?
きょう
きょう
介護士として活躍できる職場はたくさんあるよ!ぜひ参考にして、自分に合った職場を見つけてね!

ここでは、30代で転職を考えている方のために、介護現場と業務内容などについて紹介していきます。

介護士が働ける職場はたくさんありますが、どんな介護をしたいのか、どんな働き方をしたいのか、自分のライフスタイルに合っているか、などを考えて職場選びをする必要があります。自分に合った職場を選ぶことで、そこでの仕事を長く続けることができ、将来キャリアアップを目指すことも可能になるからです。

30代は20代に比べると、結婚や子育てなど、生活環境が変化する方が多く、働き方も多様になります。現職と同じ施設形態を選択することで、働き出しはスムーズかもしれませんが、自分の今のライフスタイルに合っているかなど、転職する前にもう一度よく考えてみてください。

介護現場特徴仕事内容 こんな方におすすめ平均給与(常勤)
介護老人福祉施設
(特別養護老人ホーム)
寝たきりや認知症などで、常に介護が必要で
自宅での生活が難しい方のための施設
・食事、入浴、排せつなど日常生活上の介護
・バイタルチェックなど日常生活の健康管理
・相談援助、レクリエーションなど
・利用者様への継続的な介護をしたい人
・介護スキルを磨きたい人
・他の施設と比べると待遇が良い
・キャリアアップが目指せる
345,590円
通所介護
(デイサービス)
日中、老人デイサービスセンターなどに通ってもらい、
食事、入浴、その他の必要な日常生活上の支援や
生活機能訓練などを日帰りで提供するサービス
・食事、入浴、排せつの介護
・健康管理
・日常生活動作訓練
・レクリエーション ほか
・聞き上手で、話し上手な人
・体操など、身体を動かすことが好きな人
・初めて介護の仕事を経験する人
・仕事とプライベートを両立させたい人
278,180円
訪問介護
(ホームヘルプサービス)
利用者の居宅を訪問して、入浴、排せつ、食事等の
介護や調理、洗濯、掃除等の家事を行うサービス
・入浴、排せつ、食事等の介護(身体介護)
・掃除、洗濯、調理等の家事(生活援助)
・生活等に関する相談及び助言
・その他の日常生活上の世話
・聞き上手で、話し上手な人
・一人ひとりに合わせた介護を行える人
・判断力や責任感がある人
・状況に合わせた対応ができる人
314,590円
小規模多機能型居宅介護通いによるサービスを中心にして、利用者の希望
などに応じて、訪問や宿泊を組み合わせて、入浴、
排せつ、食事等の介護、その他日常生活上の世話、
機能訓練(リハビリテーション)を行う
・食事、入浴、排せつの介護
・調理、洗濯、掃除等の家事
・生活等に関する相談・助言
・健康管理
・機能訓練(リハビリテーション) ほか
・利用者様への継続的な介護をしたい人
・状況に合わせた対応ができる人
・聞き上手で、話し上手な人
・介護スキルを磨きたい人
289,520円
認知症対応型共同生活介護
(グループホーム)
認知症の高齢者が共同で生活する住居において、
入浴、排せつ、食事等の介護、その他の日常生活
上の世話、機能訓練を行う。
・食事、入浴、排せつの介護
・機能訓練(リハビリテーション) ほか
・認知症について知識や対応を身に付けたい人
・注意力、観察力がある人
・聞き上手で、話し上手な人
・忍耐力、柔軟性がある人
291,460円
介護医療院長期的な医療と介護のニーズを併せ持つ高齢者を
対象とし、「日常的な医学管理」や「看取りや
ターミナルケア」等の医療機能と「生活施設」と
しての機能を兼ね備えた施設
・食事、入浴、排せつなど日常生活上の介護
・機能訓練(リハビリテーション)
・ターミナルケア
・多職種連携を学びたい人
・医療ケアを学びたい人
・看取り介護などに携わりたい人
・観察力があって、状況判断ができる人
307,550円
介護老人保健施設入所者に対してリハビリテーションなどの医療
サービスを提供し、家庭への復帰を目指す施設
・食事、入浴、排せつなどの日常生活上の介護
・相談援助、レクリエーションなど
・介護スキルを磨きたい人
・リハビリテーションに興味がある人
・多職種連携を学びたい人
・医療ケアを学びたい人
338,390円

企業求人で確認しておきたい内容

介護職転職エージェント 30代の求人情報確認ポイント

えま
えま
求人情報って、どんなことに注意して確認すればいいか分からないわ!
きょう
きょう
そうだよね。勤務時間や勤務地の確認はもちろんだけど、見るべきポイントは他にもあるよ!

ここでは、30代で転職を考えている方のために、求人情報の確認ポイントを紹介していきます。

  • 給与:基本給の中に「みなし残業代」が含まれているか、残業代が支払われているかを確認しましょう。また給与設定が高かったり、基本給の上限下限の差が大きかったり、要相談などと曖昧な表現がある場合も確認が必要です。
  • 昇給制度:定期昇給制度やベースアップなどがあります。厚生労働省の調査によると、定期昇給なしの会社の割合は、管理職では25.5%、一般職では16.9%となっており、全体でみると、2割を超える企業で定期昇給がないという結果となりました。【参考 令和3年賃金引上げ等の実態に関する調査の概況】
  • 有給休暇取得率:有給休暇取得率とは、有給休暇の付与日数に対して、労働者が一年間に実際に有給休暇を取得した日数の割合を指し、 一年間の取得日数合計÷付与日数×100(%)となります。厚生労働省の調査によると、労働者全体の有給休暇取得日数の平均は10.1日で、平均取得率が56.3%という結果となりました。ここでは、有給休暇制度の有る無しだけではなく、必ず取得率を確認するようにしましょう。また職場見学ができる企業であれば、職場の雰囲気も併せて確認しておきましょう。【参考 厚生労働省 令和2年就労条件総合調査の概況】
  • 休日:完全週休2日制と週休2日制があります。完全週休2日制は、毎週必ず2日間の休みがありますが、曜日の表記がない場合は、何曜日が休みなのかを確認する必要があります。週休2日制は、「月に1回以上、2日間の休みがある週があり、それ以外の週は1日以上の休みがあること」とされています。週休2日制は、主な週休制の形態をみると、「何らかの週休2日制」を採用している企業割合は82.5%で、「完全週休2日制」を採用している企業割合は44.9%となっています。【参考 令和2年就労条件総合調査の概況】また年間休日総数の1企業平均は109.9日、労働者1人平均は116.0日となっています。
  • 離職率、平均勤続年数:人数や年数によって計算結果に違いが出るため、必ずしも参考にはなりませんが、会社の雰囲気を把握するための一つの指標になります。就職四季報などにも掲載されているため、気になる企業があれば調べてみてもよいでしょう。参考までに「離職率=離職人数÷従業員数×100」「平均勤続年数=従業員の勤続年数の総和÷従業員数」となっています。
  • 出産・育児や介護支援制度の取得実績:結婚や出産を考えている方や、家族の介護をしながら働きたいと考えている方は、こちらの内容もしっかり確認しておきましょう。
  • 欠員補充?業務拡大?:欠員補充のための募集の場合、できるだけ早く人を雇い入れたいという企業側の想いと、役職によっては即戦力となる人材を求めている可能性があります。業務拡大のための募集の場合、新規事業所の立ち上げなどがあり、雇い入れまでには比較的時間の余裕があり、若手や未経験の方でも入職しやすい状況にあると言えます。
  • 資格取得支援制度の有無:将来キャリアアップを目指したいと考えている方は、資格取得のためのサポートがあるか、キャリアアップがしやすい環境にあるかなどを確認しましょう。
  • 人員配置基準:介護施設には、それぞれに人員配置基準が設けられているため、職場見学を通じて確認するとよいでしょう。人員ギリギリでやっている場合、一人当たりの仕事量が多くなり、利用者様への対応が疎かになったり、事故のリスクが高くなります。

30代向け|転職に関するアンケート調査

介護職転職エージェント 30代の転職についてのアンケート

かいご畑を運営する株式会社ニッソーネットが、介護事業所を対象として実施したアンケート調査で「中途採用で介護職員を採用する際に最も重視する点は何ですか?」と質問したことに対して、約6割の事業所が「人柄」と回答しました。仕事に対する想いや素直でまじめな姿勢、利用者様とどういう関りをするか等が、経験やスキル、資格の有無を大きく上回る結果となりました。

職員を採用する際に最も重視する点

【出典】株式会社ニッソーネット「第5回 介護人材の採用と活用に関する調査」より

 

RSメディアが、30代を対象として実施したアンケート調査で「なぜ転職エージェントを利用したのですか?」と質問したことに対して、約47%の人が「サポートが欲しかった」と回答しました。30代で転職を考えている方は、一人での転職活動に対して何らかしらの不安を抱えており、誰かの助けを必要としていることが分かります。また、30代は家庭を持ったり、育児をしたりと、転職活動に時間を避けない方もあり「時短・効率化のため」との意見も聞かれています。

なぜ転職エージェントを利用したのですか?

【出典】RSメディア「なぜ転職エージェントを利用したのか」より

 

きらケア研究所が、サービス登録者を対象として実施したアンケート調査で「介護の仕事にやりがいを感じていますか?」と質問したことに対して、8割以上が「やりがいを感じている」「どちらかといえばやりがいを感じる」と回答しました。また勤続年数が長くなるにつれてやりがいが増加しています。

30代の皆さんには、これまで培ってきた経験を20代の若い世代に伝えるとともに、自分自身もキャリアを積みながら、利用者様一人ひとりに合わせた介護を実践していって欲しいと思います。

介護の仕事にやりがいを感じていますか?

【出典】きらケア研究所「介護の仕事に関する意識調査」より

30代向け|介護職の転職エージェントに関してよくある質問

介護職転職エージェント 30代のよくある質問

Q1.30代で介護職未経験や資格が無くても、介護士に転職することはできますか?

Q1.30代で介護職未経験や資格が無くても、介護士に転職することはできますか?

30代で介護職が未経験・無資格でも転職はできます。しかし、資格がないとできない仕事もあるため、求人を探す際は注意しましょう。転職エージェントを利用して、30代で介護職が未経験・無資格の求人を探してみましょう。働きながら資格取得をサポートしてくれる企業もあるため、将来的にキャリアアップを考えている人は、キャリアアドバイザーに相談してみてください。

Q2.介護職転職エージェントと転職サイトでは何が違いますか?

Q2.介護職転職エージェントと転職サイトでは何が違いますか?

転職エージェントでは、一人一人に担当のキャリアアドバイザーが付いて、あなたに合った転職先を探してくれたり、面接の日程調整や書類作成のアドバイス等をしてくれますが、転職サイトでは、それらすべてを自分で行う必要があります。

Q3.転職の内定率を上げるためにはどうしたらいいですか?

Q3.転職の内定率を上げるためにはどうしたらいいですか?

転職の内定率を上げたいと考えている人は、転職エージェントの利用をおすすめします。それは、転職サイト等では、記載内容以外の情報を得ることは難しく、企業がどんな人材を求めているかを十分把握することができないためです。一方、転職エージェントでは、企業の内情や求める人材をあらかじめ把握しているため、自分に合った転職先を探してもらうことができ、転職の内定率UPに繋げることができます。

Q4.複数の転職エージェントに登録しても大丈夫ですか?

Q4.複数の転職エージェントに登録しても大丈夫ですか?

複数の転職エージェントに登録することをおすすめします。転職エージェント1社から紹介される転職先は数件程度です。複数の転職エージェントに登録することで、選択肢が増えて、自分に合った転職先を見つけやすくなります。また、色々なキャリアアドバイザーに関わっていただくことで、違った視点からアドバイスをもらうこともできます。リクナビNEXTによると、転職決定者は転職エージェントを4.2社利用したとの調査結果も出ています。しかし、複数登録することで、情報整理やスケジュールの調整が難しくなったり、同じ求人に応募してしまったり、断る機会も増えるため、転職活動自体に負担を感じてしまう人がいるかもしれません。あらかじめ複数の転職エージェントに登録していることを担当のキャリアアドバイザーに伝えておき、利用していくなかで、自分に合った転職エージェントに絞っていくことをおすすめします。

Q5.相談だけでも転職エージェントを利用することはできますか?

Q5.相談だけでも転職エージェントを利用することはできますか?

相談だけでも転職エージェントを利用することができます。介護業界の転職事情や自分は転職すべきかどうか、自分の経験やスキルがあれば、どのような企業に転職できる可能性があるか等、まずは相談したいと思うことは自然なことです。転職エージェント側もそれを承知しており、最初から転職をすすめたりはしません。転職エージェントを利用する側のマナーとして「転職について相談したい」という意思表示ははっきりさせておきましょう。

Q6.30代で転職を考えていますが、いつ転職するのがおすすめですか?

Q6.30代で転職を考えていますが、いつ転職するのがおすすめですか?

人間関係などで悩んでいて転職を考えているのであれば、介護職の転職エージェントを利用して、転職先に内定をもらってからがおすすめです。しかし、介護職のキャリアを考えて転職を考えているのであれば、勤続3年目以降が無難です。「勤続3年目以内では転職に不利だ」という考えを持つ採用担当者も少なくないようでしたが、近頃ではそういった考え方も薄れ、仕事をする上での基本的なマナーやスキルは身についているだろうと判断されるようです。

Q7.30代の転職回数はどのくらいですか?

Q7.30代の転職回数はどのくらいですか?

30代になると転職経験が無い人は約50%で、1~2回は約40%、3回以上は約10%です。(参考:リクナビNEXT)3回を超えると採用担当者に多いという印象を与えてしまうようです。しかし、転職回数の多さを自覚し、ポジティブに変換し、採用担当者に伝えることが重要です。介護職の転職エージェントを利用すれば、担当のキャリアアドバイザーが対策を一緒に考えてくれるので、履歴書の書き方や面接対策でつまずくことはないでしょう。

Q8.30代で派遣やパート希望でも転職エージェントを利用することはできますか?

Q8.30代で派遣やパート希望でも転職エージェントを利用することはできますか?

30代で派遣やパート希望でも転職エージェントを利用することができます。転職エージェントによって、雇用形態の取り扱いが異なるため、必ず公式サイトで確認してください。自分にはどんな雇用形態が合っているか分からない場合であっても、ライフスタイルに合わせて、キャリアアドバイザーがアドバイスをしてくれるので、ぜひ相談してみましょう。

Q9.転職エージェントを利用したら、必ず転職しなければいけませんか?

Q9.転職エージェントを利用したら、必ず転職しなければいけませんか?

転職エージェントを利用したからといって、必ず転職する必要はありません。担当のキャリアアドバイザーとの面談や求人を紹介された時、選考途中、企業との面接、内定決定後等、諸事情や転職に対する気持ちが変化し、断ることがあるかもしれません。転職エージェントを利用していくなかで、転職の意思に変化があった時には、早めに担当のキャリアアドバイザーに連絡しましょう。音信不通になったり、一方的なキャンセルは、社会人としての信用を損なうことになるため、謝罪と感謝の言葉をきちんと伝えるようにしましょう。

Q10.夜勤をしなくても介護士として働くことはできますか?

Q10.夜勤をしなくても介護士として働くことはできますか?

夜勤をしなくても介護士として働くことはできます。その場合は、日勤のみの求人を希望していることを転職エージェントに伝えておきましょう。介護職は夜勤が多い職種ですが、介護施設では働き手の不足が依然として深刻な状況ですので、夜勤ができなくても施設側は採用したいと考えています。派遣やアルバイトであれば都合の良い曜日や時間帯、夜勤のない求人が選びやすいと思います。しかし、夜勤なしの職場が見つかっても、給料が低くて納得できないなど、新たな問題が発生することもあります。

Q11.30代で介護が未経験であったり、パート経験しかない人でも、正社員になることはできますか?

Q11.30代で介護が未経験であったり、パート経験しかない人でも、正社員になることはできますか?

30代で未経験でもパート経験しかなくても、正社員になることはできます。介護資格や現場での経験があった方が、即戦力として活躍することはできますが、介護業界は働き手の不足が続いているため、他の業種に比べて正社員になりやすい環境にあります。転職エージェントを利用する際は、未経験や無資格者歓迎と書かれたところを探してみましょう。たとえ書かれていない場合であっても、キャリアアドバイザーに相談することで、お探しの求人が見つかることもありますので、まずは相談してみましょう。

Q12.転職エージェントとの面談の時の服装や持ち物はどうしたらいいですか?

Q12.転職エージェントとの面談の時の服装や持ち物はどうしたらいいですか?

服装は、面談の時に履歴書の写真を撮る転職エージェントもありますので、スーツが無難でしょう。持ち物は、書類を渡されることもあるので、A4サイズが入るバッグや筆記用具を持っていくといいかもしれません。

介護職の転職エージェントに関連するおすすめの記事

JOB HUNTING.comでは、さまざまな「介護職」に関する情報を発信しています。

介護職の就活・転職活動に関するおすすめの記事

各介護職向けエージェントの解説・評判

このコンテンツは準備中です。

その他の記事についてはカテゴリページ『介護職』のページをご覧ください🙂

30代向け|介護職のための転職エージェントのまとめ

ここでは、30代介護職のための転職エージェントについて紹介してきました。介護業界は常に人材不足のため、30代の方でも転職しやすい状況にあります。今まで培ってきた知識やスキルが評価されるケースも多く、将来キャリアアップを目指せることも30代の強みです。ここでおすすめした以外にも、たくさんの介護職の転職エージェントがありますが、まずは活動年数や実績、サポート体制等を参考に選んでみてください。よりよい転職をするためには、転職エージェントを利用するなどして、第三者にアドバイスを求めることも大切です。それにより、不安や悩みが解消され、自分に合った職場を見つけられる可能性が高くなります。利用して自分に合わないと感じた時は、転職エージェントに担当キャリアアドバイザーの変更をお願いしたり、他の介護職の転職エージェントを利用することもできます。転職の主役は皆さん自身です。これからの将来をしっかり考えて、自分が納得できる転職先を探していただければと思います。色々な理由で転職を考えているみなさんが、転職で後悔しないために、今回の記事を参考にしていただけると幸いです。