栃木県のデータ(テーブル)

栃木県のデータ

 栃木県全国ランキング
人口195万人19位
GDP8.2兆円16位
事業所数(会社数)93,00019位
従業者数(労働者数)93.1万人19位
有効求人倍率1.01―(変動が激しいので省略)

(参考:「内閣府」「総務省統計局」「厚生労働省」 調査日:2021年2月)

栃木県は、日本の関東地方に位置する県。県庁所在地及び最大の都市は宇都宮市。

経済・産業
主要産業は、宇都宮市のほか上三川町、小山市、大田原市、真岡市、栃木市、足利市、鹿沼市、矢板市などに代表される内陸型近代工業で、これらは北関東工業地域の一部を形成している。ほか、農業も盛んであり、県北から流出する河川の豊かな水を利用した産業地帯で、米作が盛んなほか飲料工業も発達している。
商業は宇都宮市で盛んで、栃木県内年間商品販売額の約半分が宇都宮市で占められており、栃木県内第一の商業都市となっている。観光産業も盛んで、日光市や那須塩原市、足利市の歴史・自然遺産(日光の社寺、足尾銅山跡、足利学校跡、中禅寺湖、華厳滝、鬼怒川温泉、那須岳、那須高原、塩原温泉など)、宇都宮市の餃子やカクテル、ジャズ、茂木町のツインリンクもてぎ、栃木市の蔵の街なども観光資源となっている。
県庁所在地の宇都宮市は全国屈指の米産地であるほか、栃木県の年間製品販売額の約半分を占め、工業生産額も栃木県内市町村最大となっており、栃木県内最大の農商工業都市となっている。

(引用:wikipedia「栃木県」