【転職エージェント比較】20代第二新卒が使える8つの評判や求人を比較

【転職エージェント比較】20代第二新卒が使える8つの評判や求人を比較
今回のポイント

  1. 20代第二新卒が利用可能な転職エージェント、その中でも代表的なところをどこよりも分かりやすく詳しく比較
  2. 比較した項目は、20代第二新卒の転職エージェント選びには欠かせない「サポート対象者」「サポート実績」「サポート内容」「求人の数や質」「評判」の5つ
  3. 転職成功率を大幅にアップさせる秘訣は、1つのエージェントにこだわらず複数のところを利用し、実体験に基づいて自分で比較をすること

20代第二新卒向け転職エージェント徹底比較

今すぐ転職エージェントの比較をチェック

目次

転職エージェント選びで悩んでいませんか?20代第二新卒が使えるエージェントを比較しました!

エージェントの転職サポートを受けようと考えているあなた。

20代第二新卒の自分にはどのエージェントが合っているのだろう?
どこの転職エージェントを利用しよう?

と、悩んではいませんか?

20代第二新卒の若者が使える転職エージェントだけを見てもいろいろな種類がありますよね。

また、良いエージェントの条件、悪い条件もたくさんあります。

どこを利用するかは、総合的に色々な要素を比較してみなくてはなかなか判断することは難しいものです。

エージェントを使った転職活動を成功させるためには、20代第二新卒のあなた自身にもっとも合ったところを利用することが不可欠となります。

なので、最初の転職エージェント選びで失敗するわけにはいきません。

今回は、そんなエージェント選びに悩んでいる方に向けて20代第二新卒が使える転職エージェントを徹底比較したので紹介していきます!

比較する20代第二新卒向けエージェント一覧

ここで比較するのは次の8つの20代第二新卒向けの転職エージェントです。

これらは20代第二新卒といった若者を対象とした人材紹介業で一定以上の成果を上げているところで、知名度も高いことから今回の比較対象としました。

ここで比較しているエージェントはどなたでも無料で利用することができるので、まずは気軽にキャリア相談をしてみることをおすすめします。

  • 就職Shop
  • DYM就職
  • マイナビジョブ20’s
  • リクルートエージェント
  • 第二新卒エージェントneo
  • ハタラクティブ
  • UZUZ(ウズウズカレッジ)
  • いい就職ドットコム

各転職エージェントの公式サイトを確認する
CLICK

20代第二新卒向けの転職エージェントを比較し決定するための4つの手順

これから20代第二新卒の若者が使える転職エージェント比較を紹介しますが、この比較を見ただけではなかなかどこを利用するかを決断することは難しいかもしれませんね。

そこでエージェントを比較し利用するところを決定するための4つの手順を紹介していきます。

1.サポートの種類を選ぶ

サポートの種類には「エージェント型」「研修型」のおもに2つの種類が存在します。

まずは、あなたに一番合っているサポートの種類を選びましょう。

  • エージェント型:カウンセリング、書類添削、求人紹介、面接対策などの通常の個別サポートを受けたい方が利用する。
  • 研修型:通常のサポートに加え、研修を受けたい方が利用する。研修に参加することによって知識や能力を深めてさらに、キャリアの選択肢を増やしたり、いままでの空白期間のビハインドを埋めることもできます。

2.求人の数と質をみる

比較するときに次に大切な要素となるのは、求人の数と質です。

転職エージェントを利用した場合は紹介された求人へしか応募はできないのですが、それでも最初から求人の数が少ないよりは少しでも多いところに行ったほうがキャリアの選択肢が広がることは間違いありません。

さらに求人の質も重要で、いくら求人の数が多くても、ブラック企業や零細企業のものばかりを扱っているところはあまり利用はしたくはないですよね。

求人の数と質を比較したときに、20代第二新卒のみなさんにおすすめできるところは、『DYM就職』か『リクルートエージェント 』です。

3.転職成功率をみる

まだ「どれが良いか迷っているよ!」という第二新卒の方は、次は転職成功率を見ましょう。

転職成功率を比較したときに、20代第二新卒のみなさんにおすすめできるところは、『DYM就職』です。

4.実績をみる

1~3を見てもまだ決めきれていない方は、最後は実績を見ましょう。

悩んでいる候補のなかで実績がより優れているところを選び利用するようにしましょう。

転職エージェント比較のための項目一覧

こちらに記載している項目について、それぞれの20代第二新卒が使える転職エージェントを比較していきます。

なぜこれらの項目を比較対象としたのかも簡単に説明しているので、気になる方は確認してみてくださいね。

この比較項目一覧の紹介は少し長いので、全く気にならないという方は飛ばしてもらって大丈夫ですよ!

利用できる転職エージェントか、サポート対象者を比較するための項目

まずは、あなたが利用できるかどうか、サポート対象であるかどうか、を判断するために次の3つの項目を比較対象としました。

  • 利用できる年齢層:20代前半、20代中盤、20代後半
  • おすすめできる層:未経験層、ロークラス層、ミドル層、ハイクラス層
  • サポート対象地域

転職エージェントのサポート実績を比較するための項目

サポート実績は、転職エージェント選びをするうえでとても大切な比較要素になってきます。

どれを利用しようか、複数の選択肢で悩んでいる場合は、なるべく実績が良いところから優先して利用するようにしましょう。

  • 累計利用者数
  • 最新の年間利用者数
  • 転職成功率
  • 運営会社の規模:大、中、小

サポート内容を比較するための項目

20代第二新卒のようなまだまだ経験が浅い若者が転職を成功させるためには、きちんとしたサポートを受ける必要があります。

なので、それぞれの転職エージェントがどんなサポートを提供しているのか、について確認することはとても大切です。

とくにこの中で「サポートの種類」が最大の比較ポイントです。

サポートの種類が、エージェント型か研修型かで、それぞれの利用者にとって合うか合わないかが大きく関わってきます。

  • サポートの種類:エージェント型、研修型
  • キャリアカウンセリングの有無
  • 求人紹介の有無
  • 応募書類添削の有無
  • 面接対策の有無
  • 各種セミナーの有無
  • 選考日程の調整
  • 企業側との条件交渉
  • 選考後のフィードバックの有無
  • 合同企業説明会実施の有無
  • 転職決定までの最短期間

扱っている求人を比較するための項目

扱っている求人数や質、特徴などもそれぞれの転職エージェントでさまざまです。

第二新卒向けのエージェント選びをするうえで、扱っている求人の比較もゼッタイに欠かしてはいけませんよ。

なぜなら、そこが扱っていない会社の採用選考は受けることができないからです。

また「入社後の定着率」を扱っている求人を比較するための項目になぜ入れたのかという理由についてですが、入社後の定着率からは次のようなことが読み取れるからです。

紹介先は健全な企業であるか?

ブラック企業の求人を多く扱っているエージェントを経由した場合は、もちろんこの定着率は下がります。

キャリアカウンセリングはきちんと行われているか?

カウンセリングがきちんと行われており、利用者の希望や適正を満たすだけの良い求人を扱っていれば、定着率が高まる傾向があります。

そして定着率が高く継続的に仕事を続けられていれば、それだけ利用者が満足いく求人を扱っている可能性が高いと判断できます。

  • 求人数
  • 非公開求人数
  • 求人の質
  • 求人の特徴
  • 得意な業界
  • 入社後の定着率
  • 扱っている求人の書類選考の有無

転職エージェントの評判を比較するための項目

転職エージェントについて、代表的な評判を他の信頼できる転職サイトや就職サイト、口コミサイトからの情報をもとに比較しました。

ここで比較対象とした項目は、20代第二新卒向けの転職エージェント比較には欠かせない「サポート内容」と「求人」の評判についてです。

それぞれの項目について、もっとも多く寄せられている良い評判と悪い評判を載せています。

  • サポート内容についての良い評判、悪い評判
  • 求人についての良い評判、悪い評判

20代第二新卒向け転職エージェント比較【サポート対象者(利用できる層か)】

それでは本題の20代第二新卒向け転職エージェントの比較をしていきましょう。

まずはそれぞれのサポート対象者の比較を紹介します。

利用を検討する前に、そこを利用できる年齢か、おすすめできる層か、サポート対象地域に住んでいるかなどを確認していきましょう。

転職エージェント利用できる年齢おすすめできる層サポート対象地域
就職Shop20代前半~後半未経験層
ロークラス層
ミドル層
関東
関西
DYM就職20代前半~後半どの層にもおすすめ全国
マイナビジョブ20’s20代中盤~後半ミドル層
ハイクラス層
関東
関西
東海
リクルートエージェント20代中盤~後半ミドル層
ハイクラス層
全国
第二新卒エージェントneo20代中盤~後半未経験層
ロークラス層
ミドル層
関東
関西
ハタラクティブ20代前半~後半未経験層
ロークラス層
ミドル層
関東
関西
中部
九州
UZUZ(ウズウズカレッジ)20代前半~後半未経験層
ロークラス層
ミドル層
関東
いい就職ドットコム20代前半~後半未経験層
ロークラス層
ミドル層
関東
関西
東海
サポート対象者比較のココに注目

  1. 20代中盤以降の第二新卒の人は基本的にどこでも利用することができます。その場合はおすすめできる層とサポート対象地域に当てはまるところを使いましょう。
  2. ハイクラス層はDYM就職か、マイナビジョブ20’s、もしくはリクルートエージェントを利用しましょう。
  3. 未経験層やロークラス層の第二新卒の方にはその他のところがおすすめです。
  4. 全国的にサービスを展開している20代第二新卒向けの転職エージェントはDYM就職とリクルートエージェントになります。その他はおもに関東や関西をサポート地域としています。

各転職エージェントの公式サイトを確認する
CLICK

20代第二新卒向け転職エージェント比較【サポート実績】

次にそれぞれのサポート実績を比較しました。

20代第二新卒の利用者がもっとも注目して見るべき実績は、累計利用者数と転職成功率になります。

累計利用者数が多ければ、その転職エージェントはそれだけの第二新卒の転職ノウハウを蓄積していることになります。

また、転職成功率は高ければ高いほど、良いサービスを受けれたり、良い求人を紹介してくれていると判断できるので要チェックです。

転職エージェント累計
利用者数
年間
利用者数
転職
成功率
運営会社
規模
就職Shop10万人以上10,000人以上不明
DYM就職5,000人以上不明96%
マイナビジョブ20’s不明5,000人以上不明
リクルートエージェント30万人以上不明不明
第二新卒エージェントneo15,000人以上不明不明
ハタラクティブ6万人以上不明80.4%
UZUZ(ウズウズカレッジ)約2万人不明86%以上
いい就職ドットコム10,000人以上不明不明
サポート実績比較のココに注目

  1. 人材大手のリクルートキャリアが運営している就職Shopとリクルートエージェントは実績という面では他を大きくリードしています。(累計利用者数は20代第二新卒以外の人も含みます。)
  2. 転職成功率は、低いとろこでも80%以上、もっとも高いところだとDYM就職の96%という比較結果になりました。不明のところでも記載は見つかりませんでしたが、少なくても80%以上の成功率があると予測できます。
  3. 20代第二新卒向けの転職サービスを展開している運営会社の規模は『中』が目立ちますが、中規模のなかでも比較的大きいところが多くなっています。

各転職エージェントの公式サイトを確認する
CLICK

20代第二新卒向け転職エージェント比較【サポート内容】

それぞれが提供するサポート内容について比較をしました。

第二新卒向けの転職エージェントが提供してくれるサポートはさまざまです。項目が多いので、エージェントごとに分けて紹介していきますね。

「〇」は有り(そのサポートを提供してくれる)、「×」は無し(そのサポートを提供してくれない)を意味しています。

就職Shop|未経験、ロークラス、ミドル層

就職Shopロゴ

サポートの種類キャリアカウンセリング求人紹介応募書類添削
エージェント型-(書類選考なし)
面接対策各種セミナー選考日程調整企業と条件交渉
×
選考後フィードバック合同企業説明会決定までの最短期間
×2週間

DYM就職|どの層にもおすすめ

DYM就職ロゴ

サポートの種類キャリアカウンセリング求人紹介応募書類添削
エージェント型-(書類選考なし)
面接対策各種セミナー選考日程調整企業と条件交渉
×
選考後フィードバック合同企業説明会決定までの最短期間
×1週間

マイナビジョブ20’s|ミドル、ハイクラス層向け

マイナビジョブ20’sロゴ

サポートの種類キャリアカウンセリング求人紹介応募書類添削
エージェント型
面接対策各種セミナー選考日程調整企業と条件交渉
選考後フィードバック合同企業説明会決定までの最短期間
×2週間

リクルートエージェント|ミドル、ハイクラス層向け

リクルートエージェントロゴ

サポートの種類キャリアカウンセリング求人紹介応募書類添削
エージェント型
面接対策各種セミナー選考日程調整企業と条件交渉
×
選考後フィードバック合同企業説明会決定までの最短期間
×2週間

第二新卒エージェントneo|未経験、ロークラス、ミドル層向け

第二新卒エージェントneo(ネオ)ロゴ

サポートの種類キャリアカウンセリング求人紹介応募書類添削
エージェント型
面接対策各種セミナー選考日程調整企業と条件交渉
×
選考後フィードバック合同企業説明会決定までの最短期間
×2週間

ハタラクティブ|未経験、ロークラス、ミドル層向け

ハタラクティブロゴ

サポートの種類キャリアカウンセリング求人紹介応募書類添削
エージェント型
面接対策各種セミナー選考日程調整企業と条件交渉
××
選考後フィードバック合同企業説明会決定までの最短期間
×2週間

UZUZ(ウズウズカレッジ)|未経験、ロークラス、ミドル層向け

UZUZ(ウズウズカレッジ)ロゴ

サポートの種類キャリアカウンセリング求人紹介応募書類添削
エージェント型/研修型
面接対策各種セミナー選考日程調整企業と条件交渉
×
選考後フィードバック合同企業説明会決定までの最短期間
×2週間

いい就職ドットコム|未経験、ロークラス、ミドル層向け

いい就職ドットコムロゴ

サポートの種類キャリアカウンセリング求人紹介応募書類添削
エージェント型
面接対策各種セミナー選考日程調整企業と条件交渉
×
選考後フィードバック合同企業説明会決定までの最短期間
×2週間
サポート内容比較のココに注目

  1. 就職ShopとDYM就職の2つは書類選考なしの採用選考フローをもちいています。20代前半の第二新卒で経験が少なく書類選考に自信がない人に特におすすめです。
  2. 研修型の転職サービスを提供しているところはUZUZ(ウズウズカレッジ)になりますが、研修は基本的に平日の昼間に行われるため働きながらの転職を考えている人はこのサポートは受けることができません。研修型のサポートを受けたい第二新卒の方は退職後に利用しましょう。
  3. 基本的な転職サポート(カウンセリング、求人紹介、書類添削、面接対策など)はどこを利用しても受けることが可能です。
  4. 企業側との条件交渉を積極的におこなってくれるのはDYM就職とマイナビジョブ20’s、リクルートエージェントとなります。
  5. 転職決定までの最短期間が一番短いところはDYM就職です。その他のところも2週間程度なので、ほぼどこも大差ない比較結果となりました。

各転職エージェントの公式サイトを確認する
CLICK

20代第二新卒向け転職エージェント比較【求人】

それぞれの20代第二新卒向け転職エージェントが扱っている求人の数や特徴について比較をしていきます。

うえでも説明しましたが、そのエージェントが扱っている求人へしか応募ができないため、利用を開始する前にそこが扱っている求人数や質、特徴を知ることはとても大切になります。

求人の比較は「①:数/質/入社後の定着率」と「②:特徴/得意な業界/得意な職種」の2部構成になっています。

求人比較①:数/質/入社後の定着率

転職エージェント求人数(全体)非公開求人数求人の質(5段階評価)入社後の定着率
就職Shop9,0009,0004不明
DYM就職2,0002,0005不明
マイナビジョブ20’s2,0002,0004不明
リクルートエージェント10万以上全体の90%2.5~5
求人数が多く、質はさまざま
不明
第二新卒エージェントneo10,0009,0004不明
ハタラクティブ2,0002,0003.5不明
UZUZ(ウズウズカレッジ)2,0001,500493%以上
いい就職ドットコム3,0003,0003不明
求人比較①のココに注目

  1. リクルートエージェントが扱っている求人数が圧倒的に多い比較結果となりました。しかし、20代第二新卒向け以外の30代、40代向けの求人がメインになっているためこの数を参考にすることはできません。
  2. DYM就職は数こそ多くありませんが、一部上場企業やトップベンチャーなど厳選された求人のみを扱っており、質は一番高くなっています。
  3. UZUZ(ウズウズカレッジ)はブラック企業を完全に排除しているとうたっているだけあって、入社後の定着率が93%以上ととても高くなっています。

求人比較②:特徴/得意な業種/得意な職種

転職エージェント求人の特徴得意な業界得意な職種
就職Shop書類選考がない
100%取材した企業のもの
経験や学歴よりも人物本位の選考
メーカー
IT・通信
商社
サービス
不動産・建設
流通小売
営業
事務・企画
技術系
サービス
販売
DYM就職書類選考がない
一部上場企業やトップベンチャーなど、厳選されている
メーカー
IT
システム
不動産
人材
広告
営業
エンジニア
企画・マーケティング
販売・サービス
事務・管理
クリエイティブ
マイナビジョブ20’sすべてが20代対象
社会人経験3年未満OKのものが多数
不明不明
リクルートエージェントありとあらゆる求人を取扱っている全般全般
第二新卒エージェントneo未経験OKのものが多数不明不明
ハタラクティブ未経験OKのものが多数
100%取材した企業のもの
不明不明
UZUZ(ウズウズカレッジ)ブラック企業を完全に除外
若手人材を積極的に採用、育成している企業が多数
ソフトウェア通信
サービス/インフラ
広告/マスコミ
商社/流通・小売
金融
メーカー
情報処理
情報通信技術者
営業
製造技術
事務
マーケティング
いい就職ドットコム若手を採用したい企業が多数
離職率の高いところを除外
商社
メーカー
広告出版
IT関連
サービス
営業
企画・管理
アシスタント
経理
技術
SE
求人比較②のココに注目

  1. それぞれの転職エージェントごとに特徴はさまざまなので、利用を考えているところの求人の特徴は必ず確認しましょう。
  2. 未経験業界への転職を考えている第二新卒の方は、未経験OKの求人を多数扱っている第二新卒エージェントneoかハタラクティブがおすすめです。
  3. 得意な業界が判明しているところを見れば分かるとおり、メーカー、IT関連、商社を得意とするところが多いようです。それらの業界は人材の獲得に積極的な企業が多いので、不明のところもほとんど得意な業界はほぼ同じだと考えられます。
  4. 営業、エンジニア職、企画、事務を得意な職種とするところが多い比較結果となっています。

各転職エージェントの公式サイトを確認する
CLICK

20代第二新卒向け転職エージェント比較【評判】

最後にそれぞれの第二新卒向け転職エージェントでもっとも目立つ良い評判と悪い評判について比較します。

評判をチェックするうえで欠かすことのできない「サポート内容」と「求人」について比較をしました。

どのエージェントでも良い評判だけでなく、悪い評判ももちろんあります。

利用者層がさまざまなので、どんなに良いサービスを提供していても悪い評判が出てくることは避けられないことです。

また、評判を書き込む層は偏りがでる傾向があるので、この評判の比較は参考程度にとどめるようにしてくださいね。

サポート内容に関する評判の比較

転職エージェント良い評判悪い評判
就職Shop書類選考なしなので必ず面接を受けることができる
面接対策が丁寧でとても良い
担当者の能力にムラがある
DYM就職学歴や経歴に関係なくみんな平等にサポート
対応にスピード感があり安心できる
カウンセラーが積極的で、その積極性に合わない人もいる
マイナビジョブ20’s担当者の対応が丁寧特になし
リクルートエージェントカウンセリング力が高いカウンセラーが積極的で、その積極性に合わない人もいる
第二新卒エージェントneo第二新卒の転職市場に詳しい
求人や企業のメリットだけでなくデメリットも教えてくれる
若手のカウンセラーが多く対応に不安
ハタラクティブサポートが親切で丁寧
書類選考の通過率が大幅に上がる
特になし
UZUZ(ウズウズカレッジ)カウンセリング、面接対策をじっくり行ってくれる
研修内容が充実している
若手のカウンセラーが多く対応に不安
いい就職ドットコム利用者の希望を最も尊重してくれるカウンセラーが会社に詳しくない
サポート内容の評判比較のココに注目

  1. サポート内容でもっとも目立つ評判は「サポートが丁寧」というものです。経験の少ない20代第二新卒の若者を相手にしているだけあって、どこも丁寧な対応を心がけている印象です。
  2. 評判の比較をするためにもっとも目立つ評判だけをピックアップしましたが、全体的に良い評判に関してはどこも大差が無いようでした。
  3. 他の転職エージェントの目立つ良い評判とちょっと傾向が違うなと感じたところは、DYM就職の「対応にスピード感がある」とリクルートエージェントの「カウンセリング力が高い」とUZUZ(ウズウズカレッジ)の「研修内容が充実している」の3つでした。
  4. 悪い評判で目立つのはほとんどが担当になったカウンセラーに関することです。転職サポートは一対一の個別となるのである程度の担当者の当たり外れは避けられません。もし担当者と合わなかった場合は、別の担当者に変更をしてもらうか、別のところを使うようにしましょう。

求人に関する評判の比較

転職エージェント良い評判悪い評判
就職Shop企業の採用意欲が高い
若さが武器になるところが多い
紹介してくれる数が少なめ
事務の募集があまりない
DYM就職質がとても良い
紹介してくれる求人数が他のところに比べて多い
特になし
マイナビジョブ20’s経験の少ない第二新卒でも転職できるところが多い大手で期待していたが思っていたよりも数が少ない
リクルートエージェント数や種類がとにかく豊富希望のところを必ず紹介してもらえるとは限らない
第二新卒エージェントneo経験の少ない第二新卒でも転職できるところが多い大企業が少ない
ハタラクティブ未経験向けのものが豊富関東のものしかない
※現在は大阪の求人もあり
UZUZ(ウズウズカレッジ)経験の少ない第二新卒でも転職できるところが多い
ブラック企業が少ない
紹介してくれる数が少なめ
東京のものしかない
いい就職ドットコム経験の少ない第二新卒でも転職できるところが多い大企業が少ない
求人の評判比較のココに注目

  1. 20代第二新卒層を扱っている転職エージェントだけあって、そういった経験の少ない若者でも転職できる求人を扱っているという評判が全体的に目立ちました。
  2. 質に関して、唯一良い評判が目立ったのはDYM就職でした。
  3. 悪い評判で目立ったものは、紹介してくれる求人数が少ないや大企業が少ないというものでした。
  4. 評判の比較をするためにさまざまなサイトを参考にしましたが、DYM就職だけは求人に関する悪い評判は見つかりませんでした。

各転職エージェントの公式サイトを確認する
CLICK

20代第二新卒向け転職エージェントの公式サイトはこちら

公式サイトへのリンクを掲載しておきます。比較を見て気になった20代第二新卒向け転職エージェントについては、公式サイトで詳細を確認してみましょう。

ここで比較しているエージェントはどなたでも無料で利用することができるので、まずは気軽にキャリア相談をしてみることをおすすめします。

転職エージェント選びで悩んだときは一度利用してみる!20代第二新卒の武器はその若さ

20代第二新卒が使える転職エージェントの比較を紹介しましたが、あなたに合った転職エージェントは見つかりましたか?

このエージェント比較を見たうえで、「まだ悩んでいる…」という方もたくさんいると思います。

しかし、20代第二新卒の転職の最大の武器は、その『若さ』や『勢い』です。

いつまでも悩んでいると時間だけが過ぎ、その武器をさび付かせてしまうことになってしまうので、思い立ったらすぐ行動に移すことが大切です。

そんなときの解決策は、少しでも気になっているところがあれば一度利用してみることです。

「その転職エージェントが気に入らなくても、一度登録してしまったらサポートは最後まで受けなくてはならない。」なんて決まりはありません。

ダメだったら、すぐに別のところに乗り換えをすれば良いだけです。

そのときは、また当サイトのエージェント比較のページにお越しくださいね。

最新の20代第二新卒向けの転職エージェント比較データをご用意して待っています!

20代第二新卒向け転職エージェントの評判を募集しています 

ジョブハンティング.comでは、あなたの利用した20代第二新卒向けエージェントの口コミを募集しています。

あなたと同じ境遇の方に少しでも役立つエージェント比較の情報を発信できるように、評判やご意見を有効活用させていただきます。

みなさまからのより多くの投稿をお待ちしています!

エージェントの評判を投稿する

20代第二新卒カテゴリの最新記事