【転職面接の質問】「最近気になるニュースは?」の上手な答え方

転職面接

今回のポイント

  1. 「最近気になるニュースは?」という質問は、転職者の価値観や興味を知る目的がある
  2. この手の質問を転職面接の場で答えるときには「相手の会社」を意識する
  3. 転職活動中はこまめにニュースや新聞を見る癖をつけて、面接のネタを準備する必要がある

【転職面接の質問】「最近気になったニュースは?」の上手な答え方

転職面接では、仕事やキャリア以外のことを聞かれることがあります。

「最近気になるニュースはありますか?」という質問は、一見仕事とは関係のない質問に聞こえますが、実は仕事だけでなく人柄や興味まで幅広く転職者の内面を探ることができる良い質問です。

今回は、転職面接でよく聞かれる質問「最近気になるニュースはありますか?」の上手な答え方についてお話ししましょう。

転職面接で聞かれる「最近気になるニュースは?」の質問に隠された意図とは

転職面接では、聞きたいことをストレートに質問しないことがよくあります。

面接官
最近気になるニュースはありますか?

という質問は、言い換えれば

面接官
あなたが興味を持っていることは何ですか?
面接官
あなたはどんなことを大切に思いますか?

という質問になり、価値観や興味を知る意図があるのです。

また、ニュースを見て社会情勢を把握しておくことは社会人として大切な習慣です。

最近大きなニュースがあったにもかかわらず、見当違いなニュースの話をするようでは社会人としての質を疑われてしまいかねません。

転職活動中は、新聞やニュースをこまめにチェックして面接の話題に使えそうなネタを準備しておきましょう。

「最近気になるニュースは?」に賢く答えるコツ

「最近気になるニュースはありますか?」の質問には、毎朝ニュースを見ていればほとんどの人が過不足なく答えることができるでしょう。

しかし転職面接では、人並みに答えた程度では面接担当者の印象には残りません。

できれば「賢い答え方」をして、面接担当者の印象に残るようにしましょう。

「最近気になるニュース」の質問に、正直に「自分が気になるニュース」を答えてしまっては印象に残りません。

とくに芸能ニュースやファッションについて語ってしまうと、質問の意図が解釈できない人と思われてしまう可能性すらあります。

たしかに「気になるニュース」は、興味の対象や価値観を伝えることができます。

しかし、転職面接の場では「相手の会社」を意識しましょう。

自分の気になるニュースの中から、その会社とも関係がある話題を選び、仕事や業績などと結びつけます。

ニュースと仕事とを結びつけることで、面接官には「この人はできる人」というイメージがつくでしょう。

「最近気になるニュースは?」の上手な答え方の例

「最近気になるニュースはありますか?」と質問されたら、いつのどんなニュースなのか、またニュースを見て自分はどう感じたのか、を分かりやすくまとめて面接官に伝えるようにしましょう。

例えば、

面接官
最近気になるニュースはありますか?
転職者
今朝、無人販売のコンビニが誕生したというニュースを耳にしました。

御社でもAIの開発に力を入れているため、AIを使う分野に新たな可能性を感じました。

のように、ニュースとその会社と自分の考えを短く分かりやすくまとめます。

気になるニュースに関する質問は、さりげなく企業研究をしてきた成果をアピールするチャンスでもあるのです。

よくある失敗は、ニュースに対する自分の考えを上から目線で語ってしまうことです。

ニュースの解説者や評論家になった気持ちにならないように、素直な気持ちで答えてみましょう。

もしも、ニュースを見てこなかった場合でも「ニュースは見ません」「特にありません」という答えはいけません。

「ニュースは見ていません」という時点で、社会人経験のある転職者として物足りなさを感じてしまいます。

例え今朝のニュースを見ていなかったとしても、気になった過去のニュースを引き出して答えましょう。

まとめ|転職活動中はニュースを見る癖を付けよう

「最近気になるニュースはありますか?」という転職面接の質問は、職務経験について質問することがないときやいまいち人柄がわからないときによく出てくる質問です。

転職活動中は常日頃からニュースや新聞を見る癖をつけて、この手の質問に備える必要があります。

面接担当者に、少しでも自分のことを知ってもらう気持ちで積極的に答えるようにしましょう。

転職面接