【転職面接の質問】「あなたを採用した場合のメリットを教えてください」の上手な答え方

  • 2019.11.03
  • 更新日:2019.11.08
  • 転職
【転職面接の質問】「あなたを採用した場合のメリットを教えてください」の上手な答え方
今回のポイント

  1. 「採用した場合のメリット」を答えるには、採用される側からする側の立場になることが一番のポイント
  2. 「私が入社したら御社は良くなる」というような、相手の会社を否定するような言い方をしないように注意
  3. 難易度の高い質問をされるときは、採用を検討しているというサイン

【転職面接の質問】「あなたを採用した場合のメリットを教えてください」の上手な答え方

転職面接では、就職面接よりも突っ込んだ質問が繰り返されます。

中でも「転職者を採用するメリット」についての質問は意外と返答に困るものです。

今回は、転職面接でよく聞かれる「あなたを採用した場合のメリットを教えてください」に上手に答える方法をお話しします。

メリットを答える場合は「採用する側になって答えること」が一番のポイント

転職面接では「この人を採用するべきか」を採用担当者が判断します。

そして、この判断を逆に転職者に投げかける質問が「あなたを採用した場合のメリットを教えてください」なのです。

採用した場合のメリットが多ければ多いほど採用に近づくことはできるでしょう。

この質問を受けたとき、まず採用される立場から採用する側の立場になることが一番のポイントです。

もしも自分が採用する側ならば、どんなメリットがある人を採用したいかを考えればいいのです。

例えば、

採用担当者
あなたを採用した場合のメリットを教えてください。

と聞かれたら、

転職者
私は、たくさんの部下の指導を経験しています。採用いただいたら、今までの経験を部下に伝えながら指導することができます。

のように具体的なイメージがわくように話をしてみましょう。

ポイントは「やりたいこと」ではなく、今までの実績をベースにして話をすすめることです。

実績を持ち出すことで、よりメリットが採用担当者に伝わりやすく現実的にみえてくるでしょう。

返答に困ったときには「採用のメリット」=「自己PRを求められている」と解釈する

採用する立場になり切ることができればいいのですが、転職面接の場では緊張していまい頭が真っ白になってしまうかもしれません。

自分に自信がない人は「採用するメリット」なんて言われると「メリットなんてあるのかな」と思ってしまうでしょう。

そんなときには「自己PRをすればいい」と簡単に考えてみましょう。

転職面接では「自己PRをしてください」というストレートな言い方ではなく自己PRを求められることがよくあります。

「採用するメリット」という言葉も「自分の強みがメリットに直結」と考えればいいのです。

自己PRは、転職面接で必ずすることです。

自己PRはどんなに緊張しても無意識でも言えるくらいに練習をしておきましょう。

そして、最後に「これが私を採用するメリットだと思います。」と付け加えれば、質問に答えたことになるでしょう。

自分をアピールするあまり、メリットが自慢話にならないように注意する

自分に自信を持っている人は、「採用するメリット」という言葉を聞いたとたんに言葉がたくさん頭に浮かぶかもしれません。

しかし「採用するメリット」をあまりにもたくさん言ってしまったり、言い方を間違えてしまったりすると採用担当者に「自慢している」と誤解されてしまうかもしれません。

採用するメリットを話すときには、2つか3つにポイントを絞り、上から目線で話しをしないように気を付けましょう。

上から目線に思われたり、自慢話に聞こえないようにするためには相手の会社を間接的に否定するような言い方をしないように注意しましょう。

相手の会社を否定している悪い例:

転職者
入社したら御社は良くなる。
転職者
私を採用することで会社はいい方向に変わる。

たとえそれが図星であっても、自分の会社を否定されて気持ち良く感じる人はいませんよね。

まとめ|「採用するメリット」を聞かれることは採用を検討しているというサイン

「採用するメリット」をズバリ転職者に問う質問は、かなり難易度の高い質問といえるでしょう。

しかし難易度の高い質問をされるということは、採用を検討しているというサインでもあります。

今回のこの記事で述べたポイントを意識し、最後まで誠意をもって素直な言葉で答えるようにしましょう。

転職カテゴリの最新記事