【転職面接の質問】「あなたにとって仕事とは?」の上手な答え方

  • 2019.10.18
  • 更新日:2019.11.08
  • 転職
【転職面接の質問】「あなたにとって仕事とは?」の上手な答え方
今回のポイント

  1. 「あなたにとって仕事とは?」と聞かれたときには、冷静に語ることがポイント
  2. 「今までの自分にとっての仕事」と「これからの自分にとっての仕事」を話す
  3. 面接の前にしっかりと自分の「仕事への考え方」を言葉にできるようにする

【転職面接の質問】「あなたにとって仕事とは?」の上手な答え方

転職面接では、仕事への思いや考え方を問われることがあります。

「あなたにとって仕事とは?」の質問の意図は、仕事への熱意や将来の展望を知ることです。

この質問に的外れな答えをしてしまえば、この質問が足を引っ張る可能性もある、とても重要な質問です。

そこで今回は、転職面接でよく聞かれる質問「あなたにとって仕事とは?」の上手な答え方についてお話ししましょう。

「あなたにとって仕事とは?」は熱く語れば良いというものではない

面接官に「あなたにとって仕事とは?」という質問をすると、転職者の中にはとてにかく熱く仕事への思いを語りだす人がいます。

おそらく「自分は仕事をバリバリする人」「仕事とは人生です」と熱意をアピールしているのでしょう。

しかし、面接担当者は「仕事がすべて」という人は採用しにくかもしれません。

あまりにも転職に夢や理想をのせられてしまうと、採用後にがっかりしてしまい、再び転職活動をしてしまうのではないかと心配するのです。

なので、「あなたにとって仕事とは?」と聞かれたときには、冷静に語ることがポイントとなります。

「あなたにとって」がキーワード

「あなたにとって仕事とは?」の質問のポイントは「あなたにとって」という言葉です。

「あなたにとって」なので「仕事とは自分にとってこういうものです」と答えることができればいいでしょう。

例えば、

面接官
あなたにとって仕事とは?
転職者
すべての仕事は、自分の人生経験として糧になっています。

と答えれば「あなたにとって」というポイントをクリアしています。

一方で、

転職者
仕事は人生の一部です。
転職者
仕事とはパワーです。
転職者
仕事とは自分のすべてです。

のように、答えにインパクトはあるけれど、何を言いたいのかがわかりにくい返答は避けたほうがいいでしょう。

抽象的な答えは、インパクトはありますが面接担当者の心には残りません。

最後に「これからの自分にとっての仕事」についてを語る

質問に対する答えを話した後は「これからの仕事」について話してみましょう。

今までの自分にとっての仕事」と「これからの自分にとっての仕事」を話すことで、転職への意気込みや将来の展望を伝えることができます。

例えば、

転職者
今までは、仕事とは自分を成長させてくれるものでした。これからは、今までの私の経験を後輩にも伝えていきたいです。

と言えば、部下を育てる意欲やこれからの仕事への姿勢を伝えることができますね。

自分にとっての「仕事」の在り方という大きな枠で考える

転職面接では、つい「会社」についての質問が多いと思ってしまい、想定問答も「会社」という枠の中で答えを探しがちです。

しかし、最近の面接では「転職が当たり前」になり、会社の枠を超えた質問が増えています。

想定問答をするときには自分にとっての「仕事」の在り方という大きな枠にして答えを考えてみましょう。

転職面接では、仕事に対する姿勢を問われる質問が多くされます。

面接の前にしっかりと自分の「仕事への考え方」を言葉にできるようにしておきましょう。

転職カテゴリの最新記事