【転職面接の質問】「今までの仕事の中で感じた不満は?」の上手な答え方

【転職面接の質問】「今までの仕事の中で感じた不満は?」の上手な答え方
今回のポイント

  1. 「今までの仕事の中で不満はありません」という答えはマイナス評価に繋がることがある
  2. 不満を言ったあとは、必ず改善策を続けて言うようにする
  3. 想定外の質問を受けたときには、前向きな答えを考え出すことが大切

【転職面接の質問】「今までの仕事の中で感じた不満は?」の上手な答え方

転職面接では、新卒の就職面接のようなストレートな質問は減ります。

転職者の本心を聞き出すために、面接担当者は言葉をかえて緻密な質問をするのです。

今回は、転職面接の中でも転職者が油断しがちな質問「今までの仕事の中で感じた不満は?」の上手な答え方と失敗例についてお話しします。

「今までの仕事の中で感じた不満は?」の質問の意図とは

転職者は、社会人経験があるため、転職面接ではなかなか本心を打ち明けません。

とくに「不満」のような退職理由につながるようなことには、できるだけ触れないように注意する人がほとんどでしょう。

しかし、面接担当者にとって転職者が言いたがらないことこそ「知りたいこと」なのです。

面接担当者は、言葉をかえて巧みに転職者の本心に迫ります。

「今までの仕事の中で感じた不満は?」という質問の意図は「退職理由を知ることです。

転職するということは、転職者の心の中に前向きな理由のほかにも「不満」が隠れている場合がほとんどです。

面接担当者は「退職理由」という言葉をあえて使わずに、不満から本当の退職理由を聞き出そうとしているのです。

多くの転職者は、面接前に退職理由を考えてきます。

しかし「仕事に対する不満」は、準備してきていないことが多く、思わず本音がこぼれてしまうものです。

「不満」という言葉が落とし穴!

「不満は?」と聞かれたとき、「ありませんでした」と言ったらマイナス評価につながる可能性があります。

本当に不満が一切なかったとしたら、その人は「改善点をみつけられない人」ということだからです。

採用担当者は、現状に満足せず、常に改善点をみつけて改善策を考えられる人材を探しています。

つまり「不満はありません」という答えは、言ってはいけない失敗例の一つです。

転職者の中には、前の会社に対してたくさんの不満を抱えている人も多いものです。

そういう人は、つい「不満」という言葉に反応してしまい、面接の場ということを忘れて本音で語りだしてしまうこともあります。

しかし、面接の場で前の会社の悪口を言うことはご法度です。

「不満」は、口から出れば「悪口」として受け取られがちです。

前の会社に不満があったとしても、それを面接の場で口にすることはやめましょう。

「今までの仕事の中で感じた不満は?」の質問の上手な答え方

では、どのようにして「今までの仕事の中で感じた不満は?」に対して答えれば良いのでしょうか?

それを上手に答えるポイントは、不満を改善点に置き換えることです。

そして、不満点を上司や同僚などの人間関係から探すのではなく、業務内容や仕事のやり方から探すことがポイントになります。

例えば営業職の人ならば、

面接官
今までの仕事の中で感じた不満は?
転職者
新規開拓を優先して活動をしていましたが、もっと古くからのお客様ともっとつながりを強くしておけばよかったと思います。

のように、会社に対する不満ではなく、当時の自分に対する不満をあげるといいでしょう。

そして、不満を言ったあとは、必ず改善策を続けて言います。

この場合は、

転職者
目の前の営業成果だけではなく、もっと広い視野をもってお客様と向き合える営業マンになりたいです。

と続ければ、不満の中から改善点を見つけ出し、さらには目標まで見つけ出すことができたとアピールすることができるでしょう。

まとめ|転職面接で想定外の質問がきたときは、前向きに答える

転職面接を対策するためには、事前の想定練習がとても大切です。

今回紹介した「今までの仕事の中で感じた不満は?」という質問以外にも、転職面接では多くの想定質問が存在します。

しかし面接担当者は、できるだけ転職者の本心を聞き出すために、言葉をかえてさまざまな質問をしてきます。

想定外の質問を受けたときには、質問の意図を考え、前向きな答えを考え出すことが大切です。

転職カテゴリの最新記事