転職に学歴はどれくらい影響する?学歴に自信がない方へ

転職に学歴はどれくらい影響する?学歴に自信がない方へ
今回のポイント

  1. 新卒採用のときとは違い、学歴はあくまでも評価対象の1つ
  2. 転職で重要なのは、学歴よりもスキルや経験
  3. それでも学歴に自信が持てないときは転職エージェントを利用する

転職に学歴はどれくらい影響する?学歴に自信がない方へ

就職活動では、学歴がとても大切です。

学歴フィルターという言葉が良く聞かれるように、学歴が足りないがために書類選考すら通過できなかったという人も多いのではないでしょうか。

そして学歴は、一度社会に出てしまうとなかなか積み重ねることが難しいものです。

せっかく転職しようと思っても、就職活動のときに体験した「学歴の壁」を思い出してしまい、二の足をふむ人もいるようです。

そこで今回は「転職に学歴はどれくらい影響するのか」についてお話ししましょう。

学歴に自信がない人ほど転職すべき

就職活動は、みんなが職歴を持っていないため、学歴の比重がとても大きくなります。

とくに新卒採用は、大学などの教育機関を通じて募集を出されることも多く、学校によっては出会えない企業や求人も多いものです。

なんとか就職できたとしても、就職先に満足できなかった人は、ずっと心の中にもやもやとしたものを抱え続けているのではないでしょうか。

しかし学歴が足りず満足できる就職ができなかった人でも、転職することによってキャリアアップをかなえられる可能性があります。

なぜならば、転職は新卒の就職とは違い、学歴よりも職歴やスキルを重視するからです。

学歴が高い人であっても、同じ仕事を続けてきただけではスキルや経験が年齢の割に乏しいかもしれません。

一方、学歴が足りず満足できる就職ができなかったとしても、その会社で幅広い仕事や責任ある立場をこなした体験をしていれば即戦力となれる能力が身についているでしょう。

基本的に、転職者の採用担当者は「即戦力」を求めています。

学歴が高い人よりも、即戦力として使える人が優先されることが転職の醍醐味でしょう。

学歴の不足分は経験で補える

とはいっても、学歴が募集条件と大幅に違っているときには学歴の不足分を補う必要があります。

学歴が足りないことは、募集条件にあわないだけでなく、本人が自信を持てずに転職活動をすることにもなりかねません。

できることならば、転職先の条件にある学歴を獲得してから転職活動に入る方が、条件を満たせるだけでなく、自分に自信をつけることもできるでしょう。

しかし、一度社会に出てから新たな学歴を積み重ねることは時間的にも経済的にも難しいことです。

そんなときには、学歴に匹敵するようなスキルや経験を身に着けておくといいでしょう。

例えば、大学を卒業していなくても流ちょうに英語が話すことができれば、英語学部を卒業しているにもかかわらず英語が話せない人よりも転職活動で有利にることは明らかですよね。

また、資格取得をしていなくても、前職で実際にやっていた業務の中で一番自信があるものをアピールしてもいいでしょう。

就職活動と転職活動とでは、評価されるポイントが大きく違います。

学歴の不足分は、転職活動ではさまざまな形で補うことができるのです。

学歴不足で応募できない会社には転職エージェントを通す

転職の求人でも応募条件に学歴が記載されている場合があります。

しかし、実際の採用では新卒の採用ほど学歴は「足きり」または「フィルター」として使われることはないでしょう。

もしも学歴が不足していて応募に自信が持てない時には、直接応募するのではなく、転職エージェントを通じて応募してみるといいかもしれません。

なぜならば、転職エージェントの担当者は転職者の魅力を上手に採用担当者に説明することができるからです。

採用担当者もエージェントの担当者という第三者から話を聞くことで、率直に質問したり受け入れたりすることができます。

直接応募のメリットは、本人が熱くアピールできることですが、採用担当者からみれば本人を目の前にするため、どうしても身構えてしまうのです。

転職エージェントを通すことで、お互いに冷静に話を聞くことができ、学歴だけでなく広い視野で転職者を見極める余裕が生まれます。

転職において学歴はあくまでも評価の1つでしかない

転職活動では、学歴よりも職歴やスキルのほうが重要視されます。

新卒採用のときとは違い、学歴はあくまでも評価対象の1つでしかありません。

学歴に自信がない人でも、社会人生活の中でスキルアップをする努力や経験をしていれば、転職活動でも学歴が不利に働くことはないでしょう。

転職によるキャリアアップを目指している方は、「学歴に自信がない」と心配ばかりせずに、ひとつひとつ自分のスキルや経験を日々磨くことに集中していきましょう。

転職カテゴリの最新記事