転職で「資格取得」と「ブランクなし」優先するならどっち?

転職で「資格取得」と「ブランクなし」優先するならどっち?
今回のポイント

  1. 資格取得を優先すべき転職とは、その資格があることでできる仕事の範囲が広がる転職
  2. ブランクなしを優先すべき転職とは、ブランクが空いてしまうと作業の感覚が鈍ってしまう仕事への転職
  3. 転職活動に「強み」として使える資格ならば、ブランクになっても価値ある資格

転職で「資格取得」と「ブランクなし」優先するならどっち?

転職を考えたとき、資格を取ってから転職活動をしようと思う人も多いのではないでしょうか。

しかし、資格によっては取得するまでに数ヶ月もしくは数年かかることもあります。

数ヶ月のブランクができてしまっても使える資格を身に着けてから転職活動をしたほうが結果的には「良い転職」ができるのか、それとも資格よりもブランクが空くことが不利になり「悪い転職」をしてしまうのか、とても迷うところでしょう。

今回は、転職をする場合に「資格取得」を優先すべきかそれとも「ブランクなし」を優先すべきかについてお話しします。

資格取得を優先すべき転職

転職活動を始める前に、資格を取得しておきたいと思うこともあるでしょう。

しかし、資格は「取ればいい」というものではなくなっています。

少し前までは、資格は強みになると言われていました。

しかし実際は、資格よりも実務経験のほうが重要視されることも多いのです。

一方、転職先に未経験の分野を考えている人は話が違います。

未経験の分野にチャレンジする人は、もちろん実務経験がゼロです。

そのままの状態で転職活動を始めても、実務経験がある他の応募者に勝つことはなかなか難しいでしょう。

実務経験がゼロの人は、せめてその分野に関係する資格を取得してから転職活動を始めたほうが効率的と言えます。

つまり資格取得を優先すべき転職とは、その資格があることでできる仕事の範囲が広がる転職です。

分かりやすい例で言うと、建設・建築業界への転職を考えている場合、フォークリフトや重機、電気関係などの資格を持っていると仕事の範囲が広がりますよね。

また、保育士や栄養士のように資格がなければできない仕事に転職する人は、ブランクよりも資格取得を優先すべきでしょう。

ただし、資格を優先するときには注意点があります。

それは資格の取得にかかる期間です。

数ヶ月程度ならば、転職活動の準備をしながらできるため不利にはなりません。

また、採用担当者も数ヶ月程度のブランクならば資格取得に必要な期間として深く突っ込んでくることはないでしょう。

しかし、資格取得までに数年間かかってしまった場合は問題です。

数年間のブランクは、明白なブランクです。

採用担当者が働く感覚が鈍っているのではないかと気にしてしまう可能性があります。

もしも資格取得がうまくいかず長丁場になりそうならば、一度転職できる場所に転職をしてから、同時進行で資格取得を目指してもいいのではないでしょうか。

ブランクなしを優先すべき転職

前の仕事を辞めてから、新しい転職先をみつけるまでの間をブランク(空白期間)といいます。

採用担当者は、ブランクの長さも気にしますが、ブランク中になにをやっていたのかも気にします。

「資格の勉強をしていました」と答えたとしても、採用担当者は素直には受け取りません。

採用担当者は「資格取得を前面に出しているけれど、実際は面接をいくつも落ちていたのではないか」と考えるかもしれません。

もしも資格を取得するために長いブランクが空いてしまったときには、単に資格取得の勉強をしていたと伝えるのではなく、通っていた専門学校や資格の学校名などをあげて生活のリズム」を伝えるようにしましょう。

転職は、一般的にブランクはあけないほうがいいと言われています。

長いブランクが空いてしまうと、働く感覚が鈍ってしまうと思われるからです。

とくに事務や営業、技術的な仕事はブランクが空いてしまうと感覚が鈍ってしまうのは明らかです。

つまりブランクなしを優先すべき転職とは、ブランクが空いてしまうと作業の感覚が鈍ってしまう仕事への転職のことです。

事務や営業、技術的な仕事へ転職する場合には、今までの実務経験を前面に出した転職活動を展開し、資格取得は同時進行もしくは転職後のプラスアルファとして目指してみるといいでしょう。

いま自分が目指している転職が、ブランクが空いても大丈夫なものなのか良く考えてから行動することが大切です。

転職活動中に資格を取得すると高評価

転職活動中に資格取得をしておくと、採用担当者の評価が高くなることがあります。

なぜならば、転職活動中は「今までの自分」で勝負しようと考える人がほとんどだからです。

わざわざ一から勉強して、新しい資格にチャレンジしようと思う人は、よほどの向上心の持ち主と言えるでしょう。

転職者を雇う会社は、即戦力や新しい風を吹き込んでくれるような活発な人を求めています。

今の自分に満足せず、転職中でも新しいスキルを身につけようとした姿勢は高く評価されるでしょう。

資格取得とブランクは究極の選択です。

難関の資格ほど長い通学や勉強期間が必要になり、お金もかかるでしょう。

転職するとき、資格取得とブランクを天秤にかけるときには「この資格を取ったとしたら」とイメージしてみるといいでしょう。

取得後の転職活動に「強み」として使える資格ならば、多少のブランクになっても価値ある資格なのではないでしょうか。

転職カテゴリの最新記事