転職面接では「お金の話」をしてもいい?しないほうがいい?

転職面接では「お金の話」をしてもいい?しないほうがいい?
今回のポイント

  1. お金の話については、面接担当者から話しだすタイミングを待つ
  2. 転職面接の場で具体的な金額をあげてしまうと、会社の予算や予定と合わなかった場合にチャンスを逃す
  3. お金の話はしてもいいけれど「言い方」に気を配る必要がある

転職面接では「お金の話」をしてもいい?しないほうがいい?

転職面接では、待遇や給与についての具体的な話が出ることがあります。

お金の話は大切なことではありますが、どこまでハッキリと話していいのか難しいものです。

今回は、転職面接で悩む「お金の話」についてお話しします。

お金の話は面接担当者から話しだすタイミングを待つ

転職動機は採用面接では必ず聞かれる質問です。

本当の転職の動機が「お金」であったとしても、そのまま正直に「お金が目的です」と答えてはいけません。

面接担当者は、働く目的が「お金を稼ぐこと」であることはわかっています。

それをそのまま伝えてしまっては、面接担当者の印象に残らないばかりか印象を悪くしてしまう可能性もあるでしょう。

しかし、どうしても前の給与よりも高い給与を希望している人やお金の話に触れる必要がある場合には、自分から唐突にお金の話を切り出すのではなく、面接担当者から話しだすタイミングを待ってみましょう

例えば、面接担当者から

面接官
参考までに以前の会社の年収を教えてください。

と言われるかもしれません。

そのときには、前の会社の年収を具体的な数字で答えたうえで

求職者
前の会社では400万円程度頂いていましたが、今回の転職を機に、より高い年収を目指したいと思っています。

とつけたしてみるといいでしょう。

一番よくない切り出し方は、面接の最後に「質問はありますか」と面接担当者から聞かれたときに「年収のことですが」と切り出すことです。

面接の最後の「質問はありますか」という場面では、転職者が一番知りたいことや疑問に思っていることがあらわれます。

その場面で「年収についてお聞きしたいことがあります」と切り出せば、一番気にしていることは仕事内容ではなく、お金のことと受け取られてしまうでしょう。

雇う側と雇われる側には必ずお金の問題がありますが、やはり転職面接の場では仕事内容ややる気のアピールを全面に出したほうがプラスの結果を生むのではないでしょうか。

具体的な金額はできるだけ言わない

会社によっては、面接の場で「ご希望の年収はありますか」と聞かれるかもしれません。

そこで「はい。600万円程度です」と答えてしまうと、せっかくのチャンスを逃がしてしまう可能性があります。

転職者には、それまでに培った経験とスキルがあります。

それ相当の報酬を求めることは悪いことではありません。

しかし、採用する会社にも都合があります。

600万円支払ってもいいスキルと経験の持ち主が目の前にいても、予算が500万円しかなければ採用することはできないのです。

転職面接の場で具体的な金額をあげてしまうと、万が一会社の予算や予定と合わなかった場合にチャンスを逃します

少しでもお互いが寄り添って採用につなげられるようにするためには、具体的な金額を出さずに幅広い受け取り方ができる言い方をしておくほうが無難でしょう。

例えば、

求職者
前の会社で頂いていた年収と同等以上ならばうれしいです。

と伝えれば「条件によっては同等以上でなくてもいい」という受け取り方もでき、採用面接を優位に進めることができる可能性もあります。

少なくともお金の話は内定をもらった後にもできますし、そこで条件が合わなければ内定を辞退するというのも選択肢のひとつです。

転職面接ではお金の話はしてもいいけれど「言い方」に注意!

「転職面接でお金の話をしてもいいのか」と聞かれれば、答えはイエスです。

面接では、面接担当者が転職者を評価するだけでなく、転職者が自分の希望を伝えて会社と折り合いがつくのかを話し合うことが大切です。

そのためにも、お金のことが気になるようであれば、面接でお金の話をしてもかまいません。

ただ、お金についてのことは面接を受ける前に調べれば、ほとんどのことがわかる時代です。

ハローワークや転職サイトを使って転職活動をしているならば、求人票にお金に関することは記載されています。

不明点があったとしても、インターネットで検索すればほとんどの情報は手に入れられるでしょう。

ただ、インターネットで情報収集する場合は、情報をそのまま鵜呑みにせず、信憑性についてきちんと判断しましょう。

転職エージェントを通して転職活動をしている人は、できれば面接の場ではお金の話をせず、面接の前や後にエージェントを通じて聞いてみたほうがいいかもしれません。

転職に限らず、働くことにはお金の話がつきものです。

お金の話というと汚いイメージがありますが、会社によっては、そのことを利用して言いにくいことは採用後にサラッと伝えてくることもあります。

働き出した後のトラブルを避けるためにも、不明点や疑問点については、たとえお金の話であっても面接の場でしっかりと確認しておくことが大切です。

当記事では、「年収」や「労働条件」など、自分の希望を率直に伝えてしまうのはあまり印象が良く映らないと説明してきました。

しかし、不明点や疑問点をそのままにしてしまうのも問題があります。

言い方に気を配りながら面接官に確認をして、働きだした後に後悔をしないようにしましょう。

転職カテゴリの最新記事