既卒可求人の探し方5つ|それぞれの探し方のメリットやデメリットは?

既卒可求人の探し方5つ|それぞれの探し方のメリットやデメリットは?
今回のポイント

  1. 既卒可の求人の5つの探し方を紹介
  2. 既卒向けのエージェントを使うのが既卒可求人の探し方に一番適している。多くのメリットがある
  3. 就活サイトは新卒向けのものではなく、既卒向けのものを使う
  4. 転職サイトでは既卒可求人の数が限られてしまう。他の経験者と選考がかぶったときに勝てない
  5. ハローワークはその地域の求人が多いが、求人やサポートの質が低い

既卒可の正社員求人の探し方

既卒可求人の5つの探し方

それではさっそく既卒可求人の探し方を紹介していきたいと思います。

既卒可求人の探し方には、主に次の5つの方法があります。

既卒可求人の5つの探し方
既卒向け就職エージェントで求人を紹介してもらう
新卒の就活サイトで既卒可の求人を探す
既卒版の就活サイトで求人を探す
転職サイトで既卒可の求人を探す
ハローワークで既卒可の求人を探す

既卒可の求人の探し方について、それぞれのメリットとデメリットその探し方が向いている人という観点から紹介していきます。

またこの探し方のほかにも、企業の採用ページから自分で応募する方法なども考えられます。

が、”既卒”の方が正社員求人を探すとなったときには、自分で応募する方法はあまり適していないので今回はその紹介をはぶきます。

探し方1:既卒向け就職エージェントで求人を紹介してもらう

探し方1:既卒向け就職エージェントで正社員求人を紹介してもらう

1つ目の探し方は、既卒向け就職エージェントを利用してそこで求人を紹介してもらう方法です。

既卒向け就職エージェントを利用することの大きな3つのメリットは、「エージェントを通すと内定率が高まる」「既卒就活のノウハウを教えてもらえる」「積極的に既卒を採用している企業の求人を扱っている」の3点ですね。

普通の転職エージェントと違い、既卒の方を専門にしている就職エージェントはサポートが丁寧でしっかりしているところが多いのも特徴となっています。

 

就職エージェントを利用することのメリットとデメリットには次のようなものがあります。

メリット

  • 内定率が高い
  • 既卒就活のノウハウについて詳しい
  • 積極的に既卒を採用している企業の求人を扱っている
  • 新卒と同じ待遇で入社できる求人が多い
  • キャリアカウンセリングで不安や悩みを相談できる
  • 応募書類の添削をしてもらえる
  • 応募先企業ごとの面接対策をしてもらえる
  • 企業の内情について教えてもらえる
  • めんどくさいスケジュール調整をしてもらえる
  • ブラック企業の割合が低い
  • 求人票の信頼性が高い
  • モチベーションを保てる

デメリット

  • 取り扱いのない求人へは応募できない
  • 紹介された求人へしか応募できない
  • カウンセラーによってサポートの質にムラがある
  • 希望の条件に合う求人を扱っていない場合、ほとんど求人を紹介してくれない、または見当はずれのものばかり紹介してくる

さらに詳しくエージェントのメリットやデメリットについて知りたい方は『就職・転職エージェントの全22のメリットと10のデメリット』の記事を確認してみましょう。

 

そして、既卒向け就職エージェントを利用した求人の探し方が向いている人には次のような方が当てはまります。

向いている人

  • 既卒歴(卒業からのブランク)が長い人
  • 就活に不安や悩みがある人
  • 相談相手が欲しい人
  • 書類選考が苦手な人
  • 面接が苦手な人
  • 早く内定が欲しい人
  • ブラック企業に入りたくない人
  • プロのアドバイスをもらいながら就活を進めたい人
  • 研修で資格や経験を身につけたい人
この記事の下のところで『既卒が使える就職エージェント』を掲載しているので参考にしてみてくださいね。

探し方2:新卒の就活サイトで既卒可の求人を探す

探し方2:新卒の就活サイトで既卒可の正社員求人を探す

2つ目の探し方は、新卒の就活サイトで既卒可の求人を探す方法です。

ほとんどの人は、新卒のときにリクナビやマイナビといった大手の就活サイトを利用したことがあるのではないでしょうか。

そして、卒業して既卒になってしまってからでもそういった新卒向けの就活サイトは活用できます。

「既卒可」や「既卒歓迎」などのキーワードで求人を検索すると、既卒向けの求人を探すことができますよ。

しかし、あくまで新卒向けに展開されている求人サイトなので、そこまでたくさんの既卒可求人はありません。

そして選考の競争相手が新卒になってしまうので、既卒の方はどうしても不利になってしまいますね。

 

新卒の就活サイトを利用することのメリットとデメリットには次のようなものがあります。

メリット

  • 新卒のときに使っていた人は、操作性に慣れている
  • 別の就活媒体を選んで登録をするという手間をはぶくことができる

デメリット

  • 既卒可の求人が少ない
  • 新卒も使っているので、選考がかぶったときに不利
  • 書類選考で落とされる可能性が高い
  • 応募から面接日程、入社日などのスケジュール調整を個人でしなければならない
  • 書類・面接対策を個人で行う必要がある
  • サイト上で収集できる既卒関連の情報には限界がある
 

そして、新卒の就活サイトを利用した既卒可の求人の探し方が向いている人には次のような方が当てはまります。

向いている人

  • 新卒のときに就活サイトをフル活用していて、操作に慣れている人
  • すでに多くの新卒就活サイトのアカウントを持っているという人

探し方3:既卒版の就活サイトで求人を探す

探し方3:既卒版の就活サイトで既卒可の正社員求人を探す

3つ目の探し方は、既卒版の就活サイトで既卒可の求人を探す方法です。

既卒版の就活サイトとは、既卒可の求人のみを掲載している媒体です。

新卒向けのものとは違い、選考の競争相手も既卒の方なので同じ土俵で勝負することができますね。

また、既卒可の求人数も新卒向けの就活サイトよりも多く掲載されているので、既卒の方は下記の代表例のような既卒版就活サイトを利用するようにしましょう

既卒版就活サイトの代表例

いい就職ドットコム リクナビダイレクト既卒版Re就活など

 

既卒版の就活サイトを利用することのメリットとデメリットには次のようなものがあります。

メリット

  • 積極的に既卒を採用している企業の求人を扱っている
  • 好きな時間に気軽に検索できる
  • 検索機能が便利(地域・休日・残業時間・年収などの条件で検索可能)
  • 求人情報を自動で配信してくれる

デメリット

  • 応募から面接日程、入社日などのスケジュール調整を個人でしなければならない
  • 書類・面接対策を個人で行う必要がある
 

そして、既卒版の就活サイトを利用した既卒可の求人の探し方が向いている人には次のような方が当てはまります。

向いている人

  • 既卒可の求人にはどんなものがあるのかとりあえず調べたい人
  • 一人で就活を進めたい人
  • 求人情報を大量に集めたい人

探し方4:転職サイトで既卒可の求人を探す

探し方4:転職サイトで既卒可の正社員求人を探す

4つ目の探し方は、転職サイトで既卒可の求人を探す方法です。

転職サイトは、とにかく数多くの求人が掲載されているので企業・求人情報を大量に収集したいという方に向いている媒体です。

世の中にはどんな求人があって、どんな業界の会社が人材を欲しているのかを知るツールとしてはとても役に立ちます。

しかし注意が必要なのは、そのほとんどの求人は社会人経験のある転職希望者をターゲットとしているところです。

既卒の方が転職サイトを利用する場合は、あくまで情報収集のための媒体と割り切って使うことが重要ですね。

 

転職サイトを利用することのメリットとデメリットには次のようなものがあります。

メリット

  • 掲載されている求人の数が多い
  • 好きな時間に気軽に検索できる
  • 検索機能が便利(地域・休日・残業時間・年収などの条件で検索可能)
  • 求人情報を自動で配信してくれる

デメリット

  • 既卒可の求人が少ない
  • 社会人経験のあるほかの転職希望者も使っているので、選考がかぶったときに不利
  • 書類選考で落とされる可能性が高い
  • 応募から面接日程、入社日などのスケジュール調整を個人でしなければならない
  • 書類・面接対策を個人で行う必要がある
  • サイト上で収集できる既卒関連の情報には限界がある
 

そして、転職サイトを利用した既卒可の求人の探し方が向いている人には次のような方が当てはまります。

向いている人

  • 正社員経験が過去にある人
  • 資格やスキルを持っている人
  • 一人で就活を進めたい人
  • 求人情報を大量に調べたい人
この記事の下のところで『既卒が使える転職サイト』を掲載しているので参考にしてみてくださいね。

探し方5:ハローワークで既卒可の求人を探す

探し方5:ハローワークで既卒可の正社員求人を探す

5つ目の探し方は、ハローワークで既卒可の求人を探す方法です。

ハローワークの最大の特徴は、その地域の求人を大量に保有しているところです。

ですので、絶対に地元で働きたい、その地方で働きたいという方には適している媒体といえるでしょう。

しかし、ハローワークでは求人を無料掲載できるため質の悪い求人も集まりがちです。

さらに、求人票の信憑性という点でもハローワークは既卒の方にはあまりおすすめしません。

「既卒向けの就職エージェントや就活サイトを利用したのだけど、どうしても就職を決めることができなかった」という方が最後にとる手段がハローワークであると覚えておきましょう。

 

ハローワークを利用することのメリットとデメリットには次のようなものがあります。

メリット

  • その地域の求人が多い
  • 職業訓練が安く受けられる

デメリット

  • 求人の質が低い
  • ブラック企業の割合が高い
  • 求人票の信憑性に欠ける
  • 就職サポートの質が低い
  • 地域によっては混んでいる

さらに詳しくハローワークのメリットやデメリットについて知りたい方は『就職や転職でハローワークは使える?求人の数や質は?』の記事を確認してみましょう。

 

そして、ハローワークを利用した既卒可の求人の探し方が向いている人には次のような方が当てはまります。

向いている人

  • 地元の企業で働きたい人

既卒可の求人はブラックが多め?

既卒の方が応募できる求人はブラック企業のところが多いのでしょうか?
新卒や転職希望の社会人に比べればブラック求人の割合が高くなるのは仕方のないことです。

ブラック企業の正社員求人が少ない媒体を選んで、就職活動を進めていくことが一番大切ですね。

ブラック企業の求人割合が一番低い媒体は就職エージェントです。

エージェントごとに企業を調査していて、はじめからブラック企業を扱わないとしているところも多いからです。

ブラック企業の求人に気をつけなければいけないときは、転職・就活サイトとハローワークを利用するときですね。

転職サイトはお金さえ払えばどんな企業でも求人を載せることができますし、ハローワークに関しては無料で求人を掲載できるので質の低いものが集まる傾向にあります。

ですので、転職・就活サイトやハローワークを利用する場合は十分に警戒して求人を選ぶ必要がありますね。

ブラック企業を避けるためのテクニックとしては、募集要項の敷居が低い求人にはなるべく応募しないことですよ。

就職エージェントが既卒可求人の一番最適な探し方

正社員としての経験がない既卒の方には、就職エージェントを利用する求人の探し方をもっともおすすめします。

既卒可求人の5つの探し方をそれぞれのメリットとデメリットを交えて紹介してきました。

それらのメリットとデメリットの数を見ても分かるとおり、就職エージェントを使う方法が既卒可の求人の一番最適な探し方であることが分かります。

「既卒から正社員になりたい」と本気で考えている方は、まずは就職エージェントに相談をすることからはじめましょう。

既卒が使える就職エージェント

既卒が使える就職エージェントと一概にいっても、エージェントごとにサポート対象の地域や年齢、特徴などはさまざまです。

ここでは、求人を探している既卒の方におすすめできるエージェントをいくつかピックアップして掲載しました。

エージェントを複数利用することで効率的に就職活動をすすめることができるので、いろいろなエージェントを試してみましょう。

既卒が使える転職サイト

既卒可求人の探し方は就職エージェントを利用するのが一番であるとはいいましたが、転職サイトも使えないわけではありません。

既卒可の求人情報を収集するのには適した媒体ですからね。

転職サイトも就職エージェントと併用することで、より効率的に就活を進めることができますよ。

既卒求人はあせらずじっくりと見定めよう

既卒の就職活動で一番やってはいけないことは、早く内定がほしいとあせってしまい求人を見誤ることです。

入社後に「こんな会社だとは思わなかった」「待遇が悪い」「ブラック企業だ」という話は良く聞きます。

私の経験上こういう状態におちいっている人は、やはり就職をすることをあせっていた人が多いと感じます。

新卒の就活がうまくいかなかったことで、ついつい他の同期と比べてしまいあせってしまうのは仕方のないことだと思います。

が、それが既卒の就活において良い方向に作用することはありません。

そういう方は、今回紹介した既卒可求人の5つの探し方をうまく取り入れて、しっかりと準備をして就職活動を進めてみてください。

就職して正社員になることは人生のターニングポイントでもあります。

既卒だからといって質の低い求人で妥協するのではなく、あせらずじっくりと就職活動を進めていきましょう。

既卒カテゴリの最新記事