転職活動の進め方は?何からはじめる?転活の方法と手順

転職活動の進め方は?何からはじめる?転活の方法と手順
今回のポイント

  1. 転職活動でもっとも大切なことは、「心構え」と「計画性」
  2. じっくりと転職活動を進めるためにも、転職先はいまの会社をやめる前に見つけることが大切
  3. 転職することはけっして悪いことではない
  4. 転職活動の進め方が分からず「何からはじめる?」と悩んでいる方に向けて、3つの転活の方法とその手順を紹介

転活何からはじめる?就職、転職活動の方法と手順

転職希望者で、「転職活動の進め方が分からない」「転活といっても何から始めればいいのか分からない」という方のために、具体的な転職活動の方法、手順を解説していきます。

転職希望のあなたが満足できる内定を獲得するためには、転職活動の心構えと計画性がもっとも大切になってきます。

まずは、この記事内の ”転職活動で必要な心構え” を読んでみてください。

その心構えは、あなたが転職活動を進めていく上での基礎になるはずです。

そのあとで、紹介している転職活動手順を参考にして、転職活動の進め方の全体の流れを把握してください。

しっかりとスケジュールを立てて計画的に転職活動を進めていくことが、いまよりももっと良い会社へ転職するための近道です。

第二新卒(新卒で入社してから3年以内)の方の転職活動の進め方はこちら

▶ 第二新卒の転活、短期離職後の就活の進め方は?転職・就職活動の方法と手順

目次

進め方の前に、転職活動で必要な心構えを知ろう

就職活動・転職活動で必要な心構え

転職活動の心構え1:まずは何でも良いので行動に移す

転職活動と一言で言ってもやるべきことはたくさんあります。

あなたも頭の中では分かっていると思いますが、なかなか行動に踏み出せないでいませんか?

忙しい日々に追われて、「転職したくても転職活動をする時間がない」と考えている人は数多くいます。

そういった、いわゆる頭の中だけで「転職したい」と考えている人の大半は、結局転職をしないで惰性で今の会社に居続けます。

「転職をしたい」と思ったら、思い立った次の瞬間には何かアクションを起こしましょう。

転活サイトや転職エージェントに登録したり、とりあえず今考えている転職先をリストアップしてみたり、行動することはいくらでもあります。

惰性で今の仕事をあと何年続けるのでしょうか?

モチベーションのあがらない仕事や興味のない仕事を続けていて、あなたの能力や技術は向上するのでしょうか?

「転職したい」と思い立ったら、まずは何でも良いので行動に移しましょう。

どんなに小さい簡単な作業でも、それがあなたの転職活動の第一歩となります。

転職活動の心構え2:出来る限りの準備をする

転職活動の最大の敵は、「不安」です。

「将来に対する不安」「採用選考に対する不安」「働きながら、他の企業への転職活動をしている後ろめたさ」、このほかにも考えれば考えるほど不安になることはいっぱいあります。

積もり積もった不安は、ストレスになります。

大きなストレスがあると何をしても上手くいかない、というのはほとんどの人に当てはまることだと思います。

そして、上で述べたような不安はおそらく、あなたが転職活動を無事に終えるまで消えることはないでしょう。

不安を消せないのだとしたら、ストレスを減らすしかありません。

この転活に対するストレスを少しでも軽減するためには、出来る限りの準備をするということはとても大切になってきます。

転職活動と一概に言っても、やるべきことはたくさんあります。

自己分析、業界・職種・企業研究、職務経歴書作成、履歴書作成、面接対策などなど、これらを考えただけで少しやる気が落ちてしまいますね。

しかしこれらの作業をやらないと、不安がつのり → ストレスが溜まり → さらにやる気がなくなる、というような悪循環にはまってしまいます。

わたしの知る限りでも、この悪循環を何回か繰り返したあげく、結局、満足のいかない今の会社に留まってしまったという人も決して少なくありません。

ほかの企業に転職するためには、これらの作業はいつか必ずやらなくてはなりません。

少しずつでもこれらの作業が進んでいけば、こころにゆとりができストレスが低い状態で、のびのびと転職活動ができるようになるはずです。

心が良い状態だと、おのずと結果(内定)も付いてくる可能性は高くなります。

このことをしっかりと頭に入れて、出来る限りの準備をして転職活動に挑みましょう。

転職活動の心構え3:利用できるものは利用する

転職活動に関してだけのはなしではありませんが、ズバリ利用できるものは利用しましょう。

転職者数が増加傾向にある現代社会において、転職者専用の転活サイトや転職エージェントなどさまざまな転活媒体も増加してきています。

これらの転活媒体は、あなたの代わりに、あなたのために働いてくれます。

求人情報を集めてまとめてくれていたり、業界・職種研究を載せてくれていたり、あなたの性格や能力に合った求人を紹介してくれたり、使っているひとなら知っていると思いますが、本当に便利なものです。

しかも、利用料金は基本的に転活サイトでも転職エージェントでもすべて無料です。

転職活動を有利に進めるために、これらの転活媒体は欠かさず利用するようにしましょう。

転職活動の心構え4:あきらめない、くじけない

転職活動がうまく行かないような人の典型的な特徴は、「転職を途中であきらめてしまう」「転活が思うようにいかずくじけてしまう」などの状態に陥っていることです。

しっかりと出来る限りの転活の準備をしてきたのにもかかわらず、あなたがまだ内定を獲得できていないとすれば、きっとそれは単に巡り合せ、運が悪いだけかもしれません。

そういう場合の簡単な対処法は、もう少し転活に対する視野を広げてみることです。

いままで全く興味がわかなかった企業や職種にもエントリーしてみましょう。

世の中にはあなたの知らない企業は無数にあります。

知名度が低い企業の中にも、優良企業、歴史のある企業、成長産業にたずさわっている企業、おもしろい事業を展開している企業、などなどあなたの知らない隠れた優良企業は数多くあります。

さらに、現在の世の中は「転職売り手市場」と言われている状況です。

「転職売り手市場」とは、1人の求職者に対して、1つ以上の求人がある状態のことです。

つまり、企業は人材不足で、「採用をもっとしたい」となっている状態のことです。

特に、転職をしたがっている20後半から30代の中堅の人材を企業は求めています。

つまり、あきらめない、くじけなければ、転職活動をしいく限りチャンスはそこら中にごろごろと転がっています。

転職という人生の節目を楽しく、ポジティブな気分で迎えられるよう、最後まであきらめず、くじけずに転職活動を継続していきましょう。

転職先はいまの会社を辞める前に見つけよう

転職活動はとても時間がかかります。

自己分析やキャリアの棚卸、業界・職種・企業研究、応募書類作成、面接対策、採用選考と、今ぱっと思いつくだけでもこれだけのやるべきことがあります。

一般的に、次の転職先が見つかるまでには、最低でも2~3ヶ月かかるといわれています。

そんな中、「いまの会社をやめてから転職活動をすればいいや」と考えるのは非常に危険です。

それはなぜなら、転職先の選択を誤まる可能性が大きくなるからです。

無収入のままで転職先がなかなか決まらないと焦りが出てきます。

転職活動に焦りがでると、その結果として妥協した転職先を選ぶリスクが高まります。

2~3ヶ月で転職先が決まる人はまだ良いかもしれませんが、例えば半年間無収入のままで転職先が決まらなかったらどうなるでしょう。

前の会社よりももっと条件の悪い転職先でも内定を貰えたからといって妥協してしまうかもしれません。

これではなんのために転職活動をしていたのか分からなくなってしまいますよね。

転職活動を焦らずに、もっと良い条件の会社探しをじっくりできるようにするためにも、転職先はいまの会社を辞める前に見つけましょう。

転職することは悪いことではない

転職することは悪いことではない

転職することを良く考えていない人は少なくありません。

あなた自身にもいまの会社や同僚を裏切る気持ちがあったり、影では裏切り者扱いではないだろうか、と考えたことはありませんか?

いえいえ、転職することは全然悪いことではありません。

むしろ今の社会には必要なことであると私は考えています。

仮に、転職活動をしているあなたのことを悪く言っている人がいたとしても、あなたの次の人生のステップを応援できないようなこころの狭い人はほうっておけば良いです。

あなたの人生の選択は、あなたの意思によって決められるべきです。

また、経済的観点からも転職は必要なものです。

日本の労働生産性はとても低いと言われています。

それはなぜでしょうか?

それは人材の流動性がほぼ無い(転職が活発に行われていない)からです。

いまの日本では、生産性の低い人でも会社をクビになることはないですし、年功序列のために能力があっても年上の人よりも出世することはなかなか難しい状態です。

それらが起因して、やる気のある若手層や能力のある中堅層のモチベーションの低下にも繋がっています。

実際私もそのような思いをしたことがあります。

比較的大規模の企業だったから仕方の無いことなのかもしれませんが、それでも大した能力のない人が自分の上司になっているのが嫌で仕事に対するモチベーションが上がりませんでした。

このように日本の労働生産性が低いことを日々体感している人もいるのではないでしょうか?

なかなか転職ができない(=人材の流動性がない)ことは、自分の適している職場に巡り合うチャンスを減らしているということです。

それが労働生産性の低下に繋がっており、日本経済にとっても良いことはありません。

転職をすることにより、より良い条件の、モチベーションの上がる職場で働ける環境を作ることが労働生産性を上げることにも繋がります。

忙しくて転職活動に時間を取れない、けど転職したい場合は?

「日々の仕事や生活が忙しくて転職活動に時間が割けない、でも転職したい」という方は次の3つのことだけは必ずやっておきましょう。

1.転活サイトに登録しておく

転職活動サイトに登録をしておけば、求人情報や転活イベントのメールが送られてきたりします。

また、あなたの職務経歴に興味を持ったヘッドハンティング業者から連絡がくることもあります。

全く興味の無い連絡や情報は無視してもかまいません。

登録さえしておけば、勝手に転職や業界に関する情報を提供してくれるので、情報収集の手間を大幅に削減できます。

2.一度は転職エージェントでプロのキャリアコンサルティングを受けてみる

転職エージェントに登録をすれば、無料で転職のプロであるキャリアコンサルタントが相談にのってくれます。

転職活動を自分ひとりだけで行っている人も多く、客観的な意見を聞ける機会はあまりありません。

そういったときに便利なのが転職エージェントです。

あなたの知らないような業界の情報や、あなたの市場価値などを聞ける絶好のチャンスを提供してくれます。

無料で相談できるので、一度は転職エージェントを利用してみることをおすすめします。

その転職エージェントが気に入らなかったら利用を継続しないでもまったく問題ありませんし、気に入った場合は転職サポートを受けてみれば良いと思います。

転職エージェントをまだ利用していない、もっと利用したいという方は、下記の記事をチェック

3.毎日必ずスキマ時間を見つけて転職活動に必要な情報を収集する

通勤の時間やお昼の休憩時間、休日など、一日10分でもいいので必ず毎日転職活動に必要な情報を収集するクセをつけましょう。

毎日転職活動に関する行動を取ることは、あなたの転職意思を継続させるためにも、転職のモチベーションを保つためにもとても重要なことです。

転職活動の方法

就活、転活方法

転職活動の方法は主に3つあります。

転活に対しさまざまなアプローチを取っていくことが、転職活動の成功率を上げるためには必要となります。

また、転職活動においてもっとも大切なことは、転活媒体をうまく利用することです。

転職活動方法1:転職エージェントを使う

転職エージェントを利用して企業の求人に応募する方法です。

転活サイトとの大きな違いは、求人を自分で見つけるのではなく、求人を紹介されるという点です。

転職のプロがキャリアカウンセリングなどを通し、あなたの性格や職歴、学歴、キャリアプランに合った求人を紹介してくれます。

職務経歴書作成、履歴書作成、面接対策、日程調整まで、転職活動において必要なすべての工程で、なにかしらの手助けをしてくれます。

さらに、転職エージェントは、企業の公式ホームページの「中途採用情報」にも載ってないような、いわゆる非公開求人を扱っています。

企業が中途採用をするとなったときに、まず求人を載せてもらえるように依頼するのは転職エージェントなのです。

公式に企業ホームページで募集をかけるよりも採用コストを大幅に削減できるので、ほとんどの企業(大企業からベンチャー企業まで)は中途採用を転職エージェントに頼っています。

こういった非公開求人を紹介してもらえるのは、転職エージェントを利用する上でもっとも大きなアドバンテージの1つとなります。

したがってこの方法1の “転職エージェントを使う” 方法は、初めて転職活動を行う方、転職活動に大きな不安を抱えている方や、転職先がなかなか決まらないという方におすすめしたい転活方法です。

転職エージェントをまだ利用していない、もっと利用したいという方は、下記の記事をチェック

転職活動方法2:転活サイトを使う

リクナビやマイナビといった大手転活サイトから企業の求人に応募する方法です。

また、こういった転活サイトでは転活イベント情報なども満載で、そういったイベントに参加し選考のステップに進む方法もあります。

転職活動方法3:自分で応募する

企業ホームページの「中途採用情報」等で応募方法を調べて、自分で応募する方法です。

転職活動手順

以下は基本的な転職活動の進め方になります。

転職活動をはじめた時期や、利用している転活媒体(転活サイト、転職エージェントなど)によって前後の手順が入れ替わったり、同時に進めなければならないという可能性もでてきます。

転職活動の進め方は、そのときその状況に応じて臨機応変に対応していきましょう。

転職活動手順チャート

転職活動手順1:自己分析

転職活動において、もっとも大切になるのは自己分析です。

自己分析は必ず一番初めに行い、自分の過去の経験や業務内容を整理したり、自分の性格や能力を見極めるようにしましょう。

また、大手転活サイトなどでは、自己分析と業界・職種・企業研究は同時に行うと説明しているところもあるようですが、この手順はあまりおすすめできません。

それはなぜなら、自己分析に先入観が入ってしまうからです。

例えば、企業研究が進んでくると「あの企業に応募するにはこんな点をアピールしたいから、あの過去の出来事や仕事内容を自己分析に盛り込もう。」なんてことを考えてしまうかもしれません。

これでははっきり言って自己分析の意味がありません。

企業ごとにアピールしたいポイントなどは、職務経歴書や履歴書などを書くときに考えれば良いことです。

まずは、転職活動をぬきにして自己分析だけを行い、これまでの自分を見つめなおしてみてください。

自己分析をしているのとしていないのでは、明らかに話の質や深さが変わってきます。

例えば、面接時に過去の挫折について聞かれたとします。

そのときに、より詳しく(どういった経緯や背景で)客観的に説明できたほうが、採用面接官にもより説得力のあるはなしができることは容易に想像がつきますよね。

転職活動において、応募書類作成や面接など自己分析が役立つ場面はさまざまです。

「自己分析」のやり方については下記の記事を参考にしてください。

転職活動手順2:業界・職種・企業研究

世の中には数多くの業界や職種、企業があり、ひとつひとつにおいて様々な特徴があります。

あなたが今知っているもの、たずさわっている業界や職種、企業は社会全体のほんの一部にしかすぎません。

また、応募する企業やその業界について精通していることは、転職の採用選考においても大きなアドバンテージとなります。

全ての業界、職種について研究するとなると、時間がいくらあっても足りません。

効率的に業界・職種・企業研究を行い、自分の知識と興味を深めていきましょう。

転職活動手順3:企業選択

自己分析と業界・職種・企業研究が終われば企業選択にはさほど苦労しません。

安定性、将来性のある自分に合った企業を選択し、転職の採用選考に備えましょう。

転職活動手順4:応募書類作成(エントリーシート・履歴書・職務経歴書など)

自己分析と業界・職種・企業研究が終わっていれば、自分の性格や能力を把握できていて、ある程度固まった自己PRと志望動機があるはずなので、あとはそれを文章に起こすだけです。

転職活動手順5‐1:転職エージェント/転活サイトからエントリー

転職活動を有利に進めたい場合には、必ず転職エージェント、もしくは転活サイトを利用していきましょう。

様々なサポートや情報を提供してくれるので、転職の成功率が大幅にアップします。

また、転職活動をするにあたって、リクナビやマイナビなどの大手の転活サイトを使ってるから安心だと考えている方は少し考え方を改めたほうが良いかもしれません。

(決してリクナビやマイナビの転活サイトだけでは不充分と言っているのではありませんが。)

それはなぜなら、企業はこれまでの採用方法のみならず、様々な媒体を通して積極的に採用活動を行っているからです。

いまの少子高齢化社会において企業の人員不足というのは非常に大きな問題になっていて、これまでの採用方法だけでは人材の充分な確保が望めなくなっているようです。

したがって、複数の媒体を通して転職活動をしたほうが圧倒的に有利で、内定数や内定率が高まるという事実を覚えておきましょう。

また、転職エージェントに関しては、忙しくて時間がなかなか取れないという方のために、採用選考のスケジュール調整をしてくれたり、あなたの適正にあった求人の紹介、書類添削、面接対策などもしてくれて非常に便利です。

転職エージェントをまだ利用していない、もっと利用したいという方は、下記の記事をチェック

転活サイトは知ってるけど、転職エージェントって何?と疑問に思う方は下記の記事をチェック

転職活動手順5‐2:企業HPの中途採用からエントリー

企業の公式ホームページで必要な中途採用の応募書類を確認します。

応募書類をすべて揃えたら、応募手順の指示にしたがってエントリーしましょう。

転職活動手順6:採用選考

転職の場合、採用選考は基本的に次の順番で行われます。

書類選考 → (筆記試験) → 面接

企業により筆記試験の前に一次面接が行われる場合もあります。

各選考の日程をしっかりおさえて、対策を怠らないようにしましょう。

転職活動手順7:内定の承諾/辞退

内定通知を受けたら、一定期間内に承諾か辞退かを伝えなくてはなりません。

他の選考との兼ね合いもあると思うので、細心の注意を払って承諾か辞退かの最終選択をしましょう。

転職活動は心構えと計画性がもっとも大切

転職活動の進め方を、心構え、方法、手順を交えて紹介しましたが、頭の中である程は転職活動の全体の流れを掴めたでしょうか?

冒頭でも述べた通り、転職活動には心構えと計画性がもっとも大切になってきます。

流れをイメージできたら、早速いまからでも計画を立ててみましょう。

一旦計画を立ててしまえば、あとはその通りに転職活動を進めていくだけです。

転職活動は長い道のりだとは思いますが、最後まであきらめずしっかりとゴールを見据えて継続してきましょう!

転職エージェントを紹介

ジョブハンティング.comロゴ680×120

ジョブハンティング.comは、人材業界で実績を上げている転職エージェントを紹介しています。

下記のリンクから、あなたのキャリアにあったエージェントを確認してみましょう。

エンジニア・プログラマ

本当におすすめしたい
信頼と実績の転職エージェント6選

一般転職向け

 

 


20代向け(既卒やフリーターも利用可能)

 

 


エンジニア転職向け

 

転職カテゴリの最新記事