未経験職種への転職は難しい?未経験可求人に応募するときのポイント

未経験職種への転職は難しい?未経験可求人に応募するときのポイント
今回のポイント

  1. 企業が未経験の人を募集する目的を紹介
  2. 未経験可の求人に応募するときのポイントを紹介
  3. 未経験職種への転職は難しいが、以前にくらべればハードルはかなり下がっている

未経験職種への転職は難しい?未経験可求人に応募するときのポイント

転職をしようと考えてる人の中には、未経験の職種への転職を考えている人も多いのではないでしょうか?

そんなときに気になってくることは、”未経験可”という募集要項です。

即戦力が求められる中途採用市場において、未経験の職種への転職は果たして可能なのでしょうか?

未経験の人を募集する目的は?

中途採用の最大の目的は、即戦力になる経験者を採用することにより会社の地力を上げることです。

そんな中で、未経験者可の求人を出す企業の真意はなんなのでしょうか?

未経験の人を募集する理由は主に次の3つになります。

  1. 人手不足や新卒で補えなかった人材の補填
  2. 未経験のほうが企業のカラーに染めやすい
  3. そもそも経験者の数が少ないので未経験から育てるしかない

これらのことから分かる通り、基本的には入社後の研修や教育を前提として、未経験者を採用しているということを知っておきましょう。

また、育成面を考慮すると、未経験者の中でもより若い人の方が有利になることが分かります。

未経験職種への転職は難しい?

未経験職種への転職は難しい?

もちろん経験者と比べれば、未経験者は採用選考において不利になることは間違いありません。

経験者が優先されることは中途採用市場においてしかたがないことで、経験職種への転職を考えている方は不利な状況になることを覚悟しなくてはいけません

しかしながら、どこの企業も人手不足が叫ばれる現代において、経験可の求人が増加傾向にあることも事実です。

未経験可求人が多いのは例えば、次の職種です。

  • SE・プログラマー職
    経験者の採用が難しい場合が多い職種になるので、入社後の教育や研修を前提に基本的なパソコン技能や適正のある社会人経験者を求めています。
  • 営業職
    半端な商品知識や営業技術より、教育が困難なヒューマンスキルの高さを評価する傾向があります。
  • 販売職
    経験不問の場合が多く、未経験者の場合は社会人としての基礎力や接客適正による選考が中心となります。

他の職種についても、探せば結構未経験可で募集が掛かっている求人もあります。

どこの業界も人手不足で悩まされている現代だからこそ、経験者でなくても良いので人材を確保したいという動きが見えますね。

また、ある特定の職種につきたいという希望が強いのであれば、長期の転職活動になる覚悟を持って根気良く未経験可となっている求人を探しひとつひとつの選考に挑んでいく必要があります。

未経験可の求人に応募するときのポイント

未経験可の求人に応募するときのポイント

未経験可の求人に応募する場合、その業界や職種への専門的な知識をアピールすることは不可能です。

また、採用側もそんなことは求めてはいません。

では、一体どんなポイントをアピールすれば良いのでしょうか?

それは次の3点です。

  • 社会人としての基礎力
    コミュニケーション力、協調性、柔軟性、誠実さ
    ポイント:実例を交えて、上手く説明できるようにしておきましょう。
  • その職種に対する適正
    技能習得の早さ、業務の管理能力、顧客対応力、根気
    ポイント:このアピールポイントは前職の仕事に関する内容でも構いません。「前職の適正があり、それは応募職種の適正に通ずる部分がある」ので、「つまりは応募職種の適正もある」ということをアピールできるようにしましょう。
  • 仕事に対する意欲
    向上心、扱う商品やサービスへの関心、目標達成に対する意欲
    ポイント:その仕事に就くためにどういった勉強をした、どういった資格を取ったなどの行動実績を示せればさらにグッドです。

これらの3つのことについては、専門知識とは関係なく、採用先ですぐに活かせる経験となるので、未経験可の求人において人事評価も高くなる傾向があります。

「未経験職種への転職は難しい?」に対する回答

Q:未経験職種への転職は難しい?

A:はい。難しいです。しかし、どこの業界でも人手不足が問題となっており、採用基準の範囲が未経験者にまで広がりつつあります。以前に比べれば未経験職種への転職ハードルは下がっていると言えるでしょう。

また、未経験可の求人に応募する場合には、「社会人としての基礎力」「その職種に対する適正」「仕事に対する意欲」をアピールするようにしましょう。

転職カテゴリの最新記事