フリーター、ニートの就職活動で必要な3つの要素

フリーター、ニートの就職活動で必要な3つの要素
今回のポイント

  1. フリーターやニートの就職活動で欠かせない3つの要素を紹介
  2. 3つの要素は『不利な状況を打開すること』『就職に対する姿勢を示すこと』『就職に対する心得を持つこと』
  3. フリーターやニートの方は将来の成長した自分自身を想像し、それに向かってあきらめずに就活を継続しよう

フリーター、ニートの就職活動で必要な3つの要素

「就活をいくら頑張ってもうまくいかない。」

と悩んでいるフリーターやニートの方は大勢います。

あなたもそんな悩みをもった中のひとりではありませんか?

そんな就活に対する悩みや不安を持っている人に、フリーターやニートの方が就職活動する上で絶対に外せない3つの要素をお伝えしたいと思います。

就活がうまく行かない方は、ここで紹介するこれらの要素を柱として就職活動に励むようにしてみましょう!

フリーター、ニートの就職活動で必要な3つの要素

フリーター、ニートの就職活動で必要な要素は次の3つになります。

  1. 不利な状況を打開|味方となってくれるエージェントを利用する
  2. 就職に対する姿勢|自分から進んで勉強をする
  3. 就職に対する心得|妥協しない

それでは、それぞれの要素について解説していきますね。

1.不利な状況を打開|フリーター、ニートの就職活動に特化した専門の就職エージェントへ登録

ご存知の通り、フリーターやニートの方は就職活動で非常に不利な立場に立たされています。

フリーターやニートの方が一人で就職活動をしても絶対に優良企業には受かりません。

辛いことを言いますが、内定をくれるとしたら深刻な問題を抱えている会社、人が定着しずらい飲食店やよく分からない商品の営業に力を注いでいる会社など、敷居の低い安定しない会社ぐらいでしょう。

そういったところから内定を貰ったからといって、果たしてあなたの人生に変化は訪れるのでしょうか?

これらの不利な状況を打開するために、フリーター、ニート専門の就職エージェントのサポートは必須です。

近年、こういった就職活動において不利な方に対するサービスが充実してきています。

このサービスを上手く使えば、以前の就職活動よりも苦に感じることは無くなりました。

また、優良企業だとしても人手不足に悩んでいる企業は意外に多く、フリーターやニートの方の人材確保は就職売り手市場の現在のニーズにあっている人材確保の方法となっています。

そしてそれらの企業は、主にどういうとこらから人材の確保をすると思いますか?

その答えは、専門の就職エージェントからです。つまり、フリーター、ニートの方にとって就職エージェントへの登録は必須となります。

また、優良な専門のエージェントは就職不利な方だからこその手厚いサポートをしてくれたり、きちんとした優良企業を紹介してくれます。

いまの不利な状況を打開するためにも、味方となってくれる就職エージェントへの登録を必ずしましょう。

ジョブハンティング.comでは、下記の記事のようにフリーターやニート専門のエージェントをランキング形式で紹介しているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

2.就職に対する姿勢|資格や専門知識などの勉強をする

<就職に対する姿勢>資格や専門知識などの勉強をする

専門の就職エージェントに登録したからといって必ず就職活動が成功するわけではありません。

次に必要なことは、勉強することです。

どこの就職エージェントに行っても、会社の面接に行っても必ず聞かれることが、「あなたが今取り組んでいることは何か」ということです。

なぜこのような質問をするのかという理由は、フリーターやニートの方が社会人になって築いてきたものは、他の社会人が築いてきたものよりも少ないとみなされているからです。

その劣っている部分をいまどのように補っているのか、またはこれからどのように補うのか、という就職や社会に対する姿勢を問いただすための質問です。

では、フリーターやニートの方はどのような勉強に取り組めば良いのでしょうか?

学校とは違い一般教養を勉強すれば良いということではありません。

他の社会人に追いつくためには、やはり何か専門的な資格であったり、知識を勉強する必要があると言えるでしょう。

いまで言えば、ズバリ狙い目は、IT情報系の資格になります。

IT情報業界はいまもっとも人材が不足している業界の1つであり、しっかりとした専門知識を養えば、将来仕事に困ることはありません。

IT情報系に全く興味が無いという方は、この勉強にこだわる必要は全くありませんが、将来自分の武器になりえるだろうという分野を見極めて、勉強している、するんだという姿勢を採用担当者に明確に示しましょう

3.就職に対する心得|敷居の低い職業で妥協しない、妥協せず数多くの企業選考に挑む

<就職に対する心得>敷居の低い職業で妥協しない、妥協せず数多くの企業選考に挑む

就職活動をするにあたり、最後にもうひとつ必要な要素は”妥協”しないことです。

フリーターやニートの方は、これまでの経緯から、自分を安売りする傾向にあります。

つまり、自分の能力はこの程度だと決め付けて、簡単に内定がもらえる企業に就職してしまうのです。

フリーター、ニートの方で就職しようと考えた方は、なぜ就職しようと踏み切ったのでしょうか?

理由はさまざまあると思いますが、いまの自分を変えたい、今自分が置かれている環境を変えたい、という気持ちから就職活動に踏み切ったのではないでしょうか?

どんな企業でも良いから就職できれば良いのでしょうか?

もう一度就職しようと思い立ったときの気持ちを良く考えてみてください。

フリーター、ニートの方の就職活動は非常に困難を極めます。

応募できる企業も新卒や転職の方よりもかなり限定されます。

そうすると、就職活動へ対するモチベーションを保つのが非常に困難になります。

モチベーションが保てないと、良い就職活動ができません。

良い就職活動ができないと、モチベーションも下がります。

このように悪循環に陥り、結局は敷居の低い職業で妥協してしまう方が多いのが現実です。

有意義な就職活動ができるかは、あなた自身の気持ちやモチベーションに依存するところが大きいのです。

いまの自分を変えるんだ、というしっかりとした気持ちを持ち、この気持ちを就職活動の基盤として、自分のできる最大限の努力をしましょう。

あきらめず、妥協せずに、数多くの企業選考を受け、その中で自分が最大限に生きる職場を見つけましょう

フリーター、ニートの方は3つの要素を守って就職活動を継続していこう

フリーター、ニートの就職活動で必要な3つの要素は以下の通りです。

現在の不利な状況を少しでも打開するために、1.フリーター、ニートの就職活動に特化した専門の就職エージェントへ登録

就職に対する姿勢や意欲を企業にアピールするために、2.資格や専門知識などの勉強をする

就職活動するに至ったあなた自身の気持ちを尊重しモチベーションを保ち続けながら、3.敷居の低い職業で妥協しない、妥協せず数多くの企業選考に挑む

これら3つのことを守れば、きっと良い就職活動ができるはずです。

フリーターやニートの方は将来の成長した自分自身を想像し、それに向かって就職活動をがんばりましょう!

フリーターカテゴリの最新記事