転職に有利な時期はいつ?最新の月別求人数、求人倍率の動きを見てみよう!

転職に有利な時期はいつ?最新の月別求人数、求人倍率の動きを見てみよう!
今回のポイント

  1. 「転職に有利な時期はいつか?」厚生労働省のデータを使って解説
  2. データから読み解く以外にも、転職時期を考えるのに大切な要素がある
  3. 転職時期が決まったら、3~4ヶ月前から転職活動をはじめよう

転職に有利な時期はいつ?最新の月別求人数、求人倍率の動きを見てみよう!

転職に有利な時期はいつなのでしょうか?

転職をするなら少しでも成功率が高くなる転職時期を選んで活動したいですよね。

今回は、厚生労働省より2017年3月31日に公表があった統計データ、月ごとの新規求人数、有効求人倍率の動きを見ながら解説していきます。

新規求人数からみる転職に有利な時期

以前までは新規求人数が多くなるのは3・4月、9・10月と言われてきました。

その理由は、年度切り替えに伴う退職者の補充や新規事業のスタートなどで、人材需要が生まれるからでした。

しかし最近(過去3年間)の求人数の動きはどうやら違うようです。

それでは下のグラフ(新規求人数)を見てみましょう。

新規求人数からみる転職有利な時期

引用元:厚生労働省 職業安定局雇用政策課

このグラフは、ここ3年間の中途採用に関する新規求人数を月ごとに表したものになります。

中途採用向けの新規求人数が増えるのは、1・2月、10月、7月のようです。

3・4月の求人数が減って、代わりに1・2月が増えていますね。

3・4月の新規求人数が減った理由として考えられるのは、既卒者採用に対する窓口が広くなったり、新卒者の後期採用が活発化しているからだと考えます。

企業の考え方として、中途を採用する代わりに既卒者や新卒者の採用数を増やして、一から育成しようというとでしょうね。

過去のデータを鵜呑みにして、いまだに3・4月が転職に有利な時期だと言っている転職サイトやエージェントもありますがその情報が誤りであることが分かります。

顧客である転職者の数が減る時期なので客寄せのためにそう言っているのかも?しれませんよ。

有効求人倍率からみる転職に有利な時期

新規求人数を見たときに有利な時期は 1・2月、10月、7月となりましたが、それらの求人数が増える時期は転職希望者の数が増え競争が激しくなるのが現実です。

つまりライバルの数も増えるわけです。

ライバルが少ない時期は有効求人倍率を見れば分かります。

求人倍率が高いほど、転職ライバルが少ないと言えます。

それでは下のグラフ(有効求人倍率)を見てみましょう。

有効求人倍率からみる転職有利な時期

引用元:厚生労働省 職業安定局雇用政策課

このグラフは、ここ3年間の中途採用に関する有効求人倍率を月ごとに表したものになります。 

中途採用者向けの有効求人倍率が高いと言えるのは、9~12月にかけてです。

4、5月を底に6~8月からは上昇傾向となります。

年度を境に心機一転として転職しようとする人が多いようですね。

自分の能力にあまり自信を持っていないという方は、ライバルの少なくなる9~12月に転職活動をすると良いかもしれません。

もっとも転職に有利な時期は?

勘のよい人ならもうお気づきだとは思いますが、新規求人数、有効求人倍率を考えたときにもっとも転職に有利になる時期があります。

それは求人数も多く、ライバルも少なくなる10月です。

転職希望先の業界や職種にとくにこだわりを持っていない方、今の会社が嫌でとりあえず転職したいという方などは10月くらいに転職活動を本格的に行うのがベストな選択です。

転職をするには前もっての準備が結構大変で時間も労力もかかります。

この10月を狙うのであれば、余裕をもって遅くても夏ぐらいには転職活動を開始するようにしましょう。

転職時期を考えるのに大切な要素

転職時期を考えるのに大切な要素

これらの厚生労働省のデータだけを考えると、転職有利な時期はだいたい9~2月ですね。

その時期に転職活動をすることは、転職成功率アップに繋がるでしょう。

しかし、転職時期を決定するためにはこれらのデータ以外にも大切な要素があります。

それは、社会全体の求人状況よりも、あなたが志望する業界の動向在職中の会社との調整といった要素になります。

このように、転職時期を決定するための要素は数多くあります。

あなた自身で良く考えて自分にふさわしい転職時期を見極めましょう。

転職に有利な時期は10月!その前に転職活動を開始しよう

Q:転職に有利な時期はいつ?

A:

求人数を考慮すると、1・2月、10月、7月。求人倍率を考慮すると、9~12月。両方を考慮すると10月です。

10月の転職を狙うのであれば夏ぐらいから転職活動に入るようにしましょう。

また、転職時期を決定する要因はこれらのデータだけではありません。自分にもっとも適した転職時期を良く考えてみてください。

転職エージェントを紹介

ジョブハンティング.comロゴ680×120

ジョブハンティング.comは、人材業界で実績を上げている転職エージェントを紹介しています。

下記のリンクから、あなたのキャリアにあったエージェントを確認してみましょう。

エンジニア・プログラマ

本当におすすめしたい
信頼と実績の転職エージェント6選

一般転職向け

 

 


20代向け(既卒やフリーターも利用可能)

 

 


エンジニア転職向け

 

転職カテゴリの最新記事