転職する?しない?根本の悩みを解決

転職する?しない?根本の悩みを解決
今回ポイント

  1. 転職をすると決めたらなるべく早いほうが良い
  2. 転職をしないというなら今抱えている不安を少しでも解消したほうが良い
  3. 転職をすることによって、今不安や不満に思っていることは解決、改善できるかをまず考える

転職する?しない?根本の悩みを解決

転職する?しない?

転職したほうがいい?しないほうがいい?と長い間悩んでいる方はいませんか?

悩みに悩み続けても、それを一人で解決するのはなかなか難しいのではないでしょうか。

もちろん、自分自身が納得できるように、”悩む”という作業が発生しているとは思います。

しかし、ずっと転職について考えていても何も始まりません。

転職するならなるべく早いほうが良いですし、転職しないというなら今抱えている不安を少しでも解消したほうが良いと思います。

そんな悩みを抱えている方のために、ここにアドバイスをまとめたので是非参考にしてみてください。

転職を考えている原因は?

まずは転職を考えている原因をもう一度考えて整理してみましょう。

転職を考えるようになるきっかけは、主に3つの要因によって引き起こされます。

1. 職場環境の問題(人間関係や給与面の待遇など)

2. 仕事内容の問題(仕事がつまらないなど)

3. 今の職場では将来の目標が達成できない

さて、あなたの転職理由はどれに当てはまったでしょうか?

転職せずに解決や改善ができる?

転職せずに解決や改善ができる?

1と2が転職要因となる場合

1と2が転職要因に当てはまった方は、それらの問題は転職先でも起こり得る問題なのでしょうか?

職場環境や仕事内容などの不満が原因となる転職は、上手くいかないことが多くなります。

転職により、職場環境や仕事内容が悪くなることも充分に考えられます。

不満というものはどこに行っても付き物なので、転職先でも同じような不満が起こる可能性は高いのではないでしょうか。

不満解消のために、転職というハイリスクな手段をわざわざ選ぶ必要は無いでしょう。

転職の要因が職場環境や仕事内容に関するものの場合、まずは、職場の上司と話し合ってみて、少しでも改善できるように動いてみましょう。

それでも改善されない場合には、転職という手段を選ぶかを考えましょう。

また、採用担当者は中途採用を募集する場合、その人物がネガティブな理由により転職活動をしているのかどうかを重要視しています。

なぜかというと、もしネガティブな転職理由であった場合、同じ理由でその会社も辞めてしまうというリスクが高くなるからです。

特に、転職を何度も繰り返している方は、職場環境の問題を抱えて転職してしまうことがほとんどです。

採用担当者の視点でみた場合、それは少なからず、その人物自体にも何かしらの問題があると考えるでしょう。

1と2が転職要因となる方は、転職活動に入る前に、問題の解決や改善をするために行動したかを示す必要が出てきます。

職場環境に対し不満を言っているだけでなく環境改善に努めたか、給与が低いという前に実績を積んだり、スキルアップをする努力をして給与アップのために自分で行動したか、を説明できるようにしましょう。

3が転職要因となる場合

3が要因となった方は、その将来の目標は転職することによって達成できる目標なのでしょうか?

その目標が転職に関係のないものなら転職する必要はないですし、わざわざハイリスクな選択をすることはありません。

現在携わっている職業に関する目標であり、今の職場環境や仕事内容では達成できないというのであれば、積極的に転職を考えていきましょう。

転職のメリットとデメリット

転職のメリットとデメリット

転職による主なメリットとデメリットをまとめました。転職活動をする際はこれらのメリットとデメリットを理解した上で、後悔のないように行動しましょう。

メリット 1. 職場環境(人間関係や給与面の待遇など)の改善、リセットができる可能性がある

メリット 2. 仕事内容の改善、別の業界や業種へ就職できる可能性がある

メリット 3. 将来の目標に合致した職場、職業に就ける可能性がある

デメリット 1. 転職活動には、時間や労力が掛かる

デメリット 2. 今まで築いてきたキャリアや人脈を活かせない可能性が出てくる

デメリット 3. 失業の備えとして、ある程度の資金の余裕が必要

転職を考える前に、アピールできる”売り”はある?

中途採用の場合、ほとんどの企業は、即戦力としての人材を求めています。

したがい、アピールできる”売り”は、経験や実績、スキルしかありません。あなたはそれらの”売り”を持っているでしょうか?

もちろん、その職業への適正、今後の成長性なども考慮はされますが、アピールポイントとしては少し弱いものになってしまいます。

そしてまた、それらの”売り”を買ってくれる企業が存在しないと、転職活動は成り立ちません。

アピールできる”売り”があったとしても、それに合致した求人を出している企業は存在するのでしょうか?

しっかりと、情報収集をして、その売り買いが成り立つと判断できた場合に、転職活動を開始するようにしましょう。

転職活動前に失業の備えはできてる?

転職活動前に失業の備えはできてる?

デメリット3で述べたように、転職活動を開始するにはある程度の金銭的な余裕が必要です。

それはなぜなら、働きながらの転職活動はほぼ不可能となるからです。

働きながらの転職活動を行う場合、時間も取れず、労力も非常に掛かるので、転職活動を途中でやめてしまうか、あまり望んでいない転職先で妥協してしまうリスクが高くなります。

つまり、転職活動は今の職場を辞めてから本格的にはじめるべきで、つまり働いていないということは収入がゼロの期間となるので、金銭的な余裕が必要となります。

また、自己都合が退職理由の場合、失業給付を受け取るまでに3ヶ月間の待機期間が発生します。

無収入で3ヶ月間は暮らしていけるかどうかを、転職活動に入る前の金銭的な最低ラインとして考えましょう。

ちなみに、3ヶ月くらいの働いていない空白の期間があっても転職活動では不利になりません。

半年以上の期間を空けなければ問題ないですし、空白期間の理由として、転職活動の情報収集、スキルや資格の勉強、習得期間とでも答えれば、むしろ転職のプラス要因となることがほとんどです。

もちろん、働きながらの転職活動をするのも可能ですが、それをひとりでやろうとすると、とても大変です。

平日はほとんど転職活動に時間を割けないですし、かといって、休日に中途採用のための面接などの時間を取ってくれる企業はほとんどありません。

したがい、体力的にも時間的にも折り合いがつかず、妥協しがちな転職活動となってしまいます。

それでも金銭的余裕がないために、働きながらの転職活動を選択するしかないという方には、働きながらの方でも転職活動をサポートしてくれる転職エージェントを利用することをおすすめします。

転職エージェントって何?という方は、次の記事を参照してください。

転職する?しない?に対する回答

いかがでしたでしょうか?

少しは転職に対する悩みの解消になりましたか?

では、まとめとして「転職する?しない?」に対する回答です。

Q:転職をするほうがいい?しないほうがいい?

A:転職という手段を取る前に、まずは今抱えている問題を解決、改善するために行動しましょう。そして、最終判断として、転職がベストな選択であるという場合には、そのメリットとデメリットをしっかりと理解した上で行動するようにしましょう。

転職エージェントを紹介

ジョブハンティング.comロゴ680×120

ジョブハンティング.comは、人材業界で実績を上げている転職エージェントを紹介しています。

下記のリンクから、あなたのキャリアにあったエージェントを確認してみましょう。

エンジニア・プログラマ

本当におすすめしたい
信頼と実績の転職エージェント6選

一般転職向け

 

 


20代向け(既卒やフリーターも利用可能)

 

 


エンジニア転職向け

 

転職カテゴリの最新記事